NHKマイルC(GI)2012:マイネルロブストは本当は強いのだ!

 注目馬として挙げたウインバリアシオンが3着に入ったものの、オルフェーヴルは11着に敗れたということで、少しもやもやが残っています。しかしあの展開でも最後までばてなかったウインバリアシオンは真正のステイヤーだと思いますね。ギュスターヴクライもパフォーマンスとしては不利がありながら頑張った5着で、ハーツクライ産駒ステイヤー説は自分の中では結構有力になりました。

 

 さて、今回はNHKマイルCです。実はここに2歳の札幌からずっと見続けてきて、2歳の段階ではダービーの本命だった馬がここに登録しています。そう、札幌2歳S3着馬マイネルロブストなんですね。敢えてこの書き方をしたのには理由があって、勝ち馬はスプリングS勝ち馬で、皐月賞の中心だったグランデッツァ。そしてその皐月賞を制覇したゴールドシップが2着。それと差のない3着に入り込んだのがこのマイネルロブストという馬。ちなみに4着は京成杯馬ベストディールもこれはロブストから0.3も離されています。まずはダービーはこの馬だと俺に思わせてしまったこのレースから分析してみましょう。

札幌1800m良

 

1:50.8 12.3 - 11.8 - 12.3 - 12.6 - 12.6 - 12.6 - 12.7 - 11.6 - 12.3

 

 まずまずのスタートから抑えて下げて中団よりやや後方で競馬。ちょうどマカハの後ろにつけるような形で追走して3角。3角で外から一気に押し上げていき、好位集団に取り付いていく。4角で大外、先頭に並びかけるような形でグランデッツァやヒーラと並んで直線。平均ペースで勝負所でじわっと競馬をしたグランデッツァに対して、ラップが緩いところだったとはいえ、コーナーが緩いところで大外をブン回して外から一気にポジションを押し上げる脚を使ったあとに、脚を溜めていたゴールドシップに内からすくわれての3着ならかなり強い競馬と言えますよね。距離もあって本来もう少し先行できる馬なのですが、ここは抑えて後ろから行ったという感じです。このパフォーマンスはかなり高いと思っています。実際ここで抑えているベストディールと京成杯でワンツーしてますしね。ここでは札幌では一般的に不利と言われる大外ぶん回しをしたうえでの僅差の3着というところを評価したい。これはキレの持続力やトップスピードの高さを示していると思います。

 

 では次にその京成杯でベストディールに先着を許したところを分析。

中山芝2000m良

 

2:00.8 12.4 - 10.8 - 11.9 - 12.3 - 13.0 - 12.7 - 12.3 - 11.8 - 11.7 - 11.7

 

 スタートは五分。そこからもう前に行くこともなく後方から競馬を進める。中だるみがあって向こう正面で馬群凝縮で3角。ベストディールを見ながら中目追走、4角でその外に出して中団で直線。序盤でベストディールに1馬身ほど離されるが、L1で逆にその差を1馬身以上縮めてきての2着。斤量が1kg重かったことを考えれば悪くない競馬でしょう。差し有利の展開ではあれど、アドマイヤブルーやアーデント辺りは完封していますし、ラップも落としていない。ただこのパフォーマンスはそれほど高いものだとは思っていません。大体先着していたベストディールにも負けているわけなので。ただし、ここは中だるみに対応してしっかりと直線伸びてきた点。これは距離が伸びても大丈夫だろうという思いを更に確信に近いものに変えてくれましたね。ここで緩んでも折り合いを欠くところが無かったというのは、距離延長でも折り合っていける良い指標だと思うので。

 

 あとは重馬場でノメッテいるところをyoutube取ってきてまで流しても仕方ないので、クローバー賞のレースを見たいと思います。これがこの馬が走ってきた中で、一番マイルに近い距離なので。

札幌芝1500m良

 

1:33.2 6.7 - 12.0 - 12.5 - 13.0 - 13.3 - 12.9 - 11.5 - 11.3

 

 五分のスタートからすっと二の脚に乗って先行争い。抑えるような形で好位馬群の中で競馬を進める。この時はまだ走るのに前向きでスローということもあり、やや折り合いを欠く競馬。3~4角で内目追走も、前が壁となり追い出せない状態で直線に。序盤にしっかり外の馬を弾いて進路を作るとそこからすっと加速して一気に先頭に立って押し切る。実はこれのポイントがこの馬の持ち味の一つと言える瞬発力ですよね。なんせ12.9-11.5のところで馬群の中で苦労していたわけなので、ここから進路を作ってスッと抜け出すってことはかなりの瞬発力をもっていると言えると思います。12.9-11.5とレース全体が1.4もペースアップしている中で、大きく追うことなく馬群に取り付いているというのは実は結構すごいこと。そこからしっかりと進路を作って抜け出す反応の良さ。これがある程度距離をこなせそうな印象を持った最初のレースですね。今までのゼンノエルシド産駒にない強烈な加速力。

 

 ちなみにこのレース、決してレースレベルは低くない...どころかかなり高いんですよね。2着はニシノスタイル(5下フローラルウォーク賞勝ち、OP橘S3着)3着オメガホームラン(OPジュニアC勝ち)4着サンレイレーザー(5下平場勝ち)先行して最下位に沈んだコスモルーシーすら既に500万下の芝で勝ち上がってます。ここからも、このレースで一頭抜けた競馬をしてのけたというのは、やはりちょっと力が違うなと改めて思いました。

 

 個人的に一番評価していない朝日杯FSは...

中山芝外1600m良

 

1:33.4 12.2 - 11.0 - 11.3 - 11.4 - 11.9 - 12.0 - 11.7 - 11.9

 

 好スタートから先行争いが長引きそうになったので下げて好位の内で競馬。ここは折り合いに苦労していた。3~4角ではうまくアルフレードの後方を突き、最内ロスなく進んで好位で直線。アルフレードが抜け出したところを抜けてきての2着ということで、器用さは見せたけど個人的にはちょっと物足りない競馬だった。これは序盤少し掛かったことがあったかもしれないし、4角で前のスペースがなかった分、加速するタイミングが遅かったかも。それでも終い伸びきれていない点はなんとも。それでも高速馬場の早い時計に対応できているのはプラスだし、本来もう少し前で競馬をしようと思えばできる馬。

 

 東京ならいずれにせよこの馬のトップスピードと瞬発力が活きてきそうで、個人的に相手は揃ったがここは恥ずかしい競馬は出来ない。ここも本命で勝ってダービーで本命にしたいのだが。やはりこれまで中距離路線を進んできたことによるポジショニングの不安はぬぐいきれない。ただし、器用な馬ではあるので、外枠で力でねじ伏せる競馬よりは、内で好ポジションを確保して4角~直線序盤の勝負所で優位に立つ競馬が出来れば面白い。平均ペースよりは少し緩んで決め手と瞬発力を活かす競馬が良さそうなのはクローバー賞から見て取れるので、その辺りは中山よりも東京向きではないか。とにかく道悪では良さが全く出ない馬。良馬場なら巻き返す力は十分にあるぞ。個人的に知人と競馬にいったとき、この条件のロブストが単10倍以上つくなら絶対に抑えておいた方が良いと言うぐらい自信あります(普段は聞かれないと言わない方針)

 

 最後に...是非追い切り見てください。本当に惚れ惚れする走りをします。追い切りの出来が良ければ絶対に本命にする予定です。


能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ