オークスには魔物が住んでるの?

| コメント(3)

ひっさしぶりにグリーンベルトに筆を。

 

今週来週と牝馬の花咲くレースが続きますね。

ヴィクトリアマイルは実力馬が好走しますが、オークスとなると荒れるレースのひとつ。

それもここでしか咲かない牝馬がいて、特別でもありやっかいな1戦で魔物が住むとさえ思えるのです。

まさに生涯の晴れ舞台と言えましょう

各馬には疑惑ありき(-- 予想のブレブレありき(^^:

で、今年はどうなりましょうか?

 

晴れ舞台と言えば古くはノアノハコブネをはじめ、昨年のエリンコート、サンテミリオンにローブデコルテとその後不振となるケースが・・・

あの同条件ダービー参戦ウオッカの宝塚へ参戦は、無理使いの何ものでもない。

この時期の3歳牝馬にとって東京2400mG1がどれだけ負担が大きいかを物語っています。

 

2000m以下の成績しかない馬が多い中、予想も困難となりますね。

それ以上に陣営の判断もそれなりに悩みの種となるレースじゃないでしょうか。

 

近年は桜花賞1600mが阪神外回りへのシフトで成績がオークスに連動していてわかりやすくはなっています。

が、種牡馬の世代交代による距離適性が問われることもあり、道悪にでもなれば混迷は極まってきます。

 

今年はハナズゴールが桜花賞を回避、NHKマイルへ参戦で桜の力関係をどこまで信用していいものか?

2冠確定的だったレーヴディソール不在のオークスは人気薄エリンコート&ピュアブリーゼが、最強世代ダイワスカーレットとウオッカ不在ではこれも人気薄ローブデコルテが。

 

今年の桜花賞が仮想主役不在だったとしたら、仕切り直しの様相を考えてしまいます。

今年は連動するのか、他の路線からの方に目を向けるか、悩みます。

 

種牡馬の変わり身で言えば、アパパネ世代の桜花賞時はキングカメハメハが攻勢で、オークスではゼンノロブロイが反撃したように距離で適性が変化してきました。

今年はディープインパクト優勢世代で、桜は文字通りジェンティルドンナとヴィルシーナのワンツー独占。

 

そんでオークスは?

昨年はディープ組マルセリーナが破れたよね。

なら別路線の中距離組、フローラSはタニノギムレットのミッドサマーフェアにステイゴールドのアイスフォーリスに、スイートピーSのハーツクライのダイワズームと反撃組のメンツは揃っています。

それとも忘れな草のディープ産駒キャトルフィーユが包囲網を形成するのか。

 

主役不在??だった桜花賞に加えて、種牡馬の変化の動向が・・・

皐月賞はディープ軍団を突き破り、非ディープのゴールドシップに軍配。

 

なんだか今年は平穏なオークスじゃない気がする・・・

ウ~ン願望かもね(マル)

 


コメント(3)

僕のイチオシのメイショウスザンナをスザンヌと間違えても、気にしません!

僕のイチオシのメイショウスザンナは1週前調教では動きが硬かったけど気にしません!

僕のイチオシのメイショウスザンナなんてアグネスデジタルです。デジタル産駒で2400に実績のある馬は皆無のようですが、気にしません!

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ