2020年の繁栄血統を探る(その1)

| コメント(1)

2020年といえば、8年後ですか。種牡馬状況が現在と大きく変わるということはあまり考えられませんが、それでも新しい動きが出てくる頃でしょう。少し長めの視点で見ていきたいと思います。

 

【サンシャイン牧場の執念-フィガロ産駒の活躍】

今年の東京ダービー、フィガロ(1995生)産駒、プレティオラスとプーラヴィーダのワン・ツーフィニッシュでした。この世代にはパンタレイもおり、産駒数が少ない中、想定外の大活躍といったところです。

フィガロといえば、グラスワンダーが勝った朝日杯3S3着馬ですが、このレースを最後に引退しました。全成績は2-0-1-0

この年の朝日杯上位馬は、というかこの世代自体が「最強世代」なのですが、そうそうたるメンバーです。

01着 グラスワンダー(Silver Hawk半沢

02着 マイネルラヴ(Seeking the Goldラフィアン

03着 フィガロ(Future Storm伊達秀和

04着 アグネスワールド(Danzig渡辺孝男

 

上位馬はみな外国産馬で、馬主や生産者の間に第2のサンデーサイレンスを探そうという意欲があふれていた時代といえるでしょうか。まだバブルの余熱も残っていたか。

ちなみに、この年の朝日杯3Sには次の外国産馬及び持ち込み馬が出走しています。

 

05着 マイネルメッサ(Diesisラフィアン

07着 アイアムザプリンス(Summer Squall堀紘一

08着 マウントアラタ(Mt. Livermore前田幸治

09着 メインボーカル(Sultry Song・野田博己)

12着 マチカネサンシロー(Diesis・細川益男)

13着 シンボリスォード(Green Desert・シンボリ牧場)

14着 ダイイチレーサー(Storm Cat・谷川吉介)

15着 ユーワケンタッキー(オジジアン・ユーワ)

 

出走15頭中12頭が外国産及び持ち込み馬である。おそらく日本で施行されたレースの中で、外国産馬(持ち込み馬を含む)の頭数が最も多かったレースではないでしょうか。隔世の感あり。

 


コメント(1)

2020年というと、順調ならディープインパクトが18歳でまだまだ存命ですね。
日本競馬の至宝であり、第2のサンデーサイレンスに育てたそうな社台グループの意図を感じるディープインパクトの牙城は健在でしょうかね。
個人的には健在と予想します。
ディープインパクト後の展望としては、SS系が更に発展するのか、もしくは衰退しの運命を辿るのか。。
常識的に考えれば種牡馬の方は衰退ですが。。
社台グループがどういう1手を打ってきますかね。

SS系以外だと、やっぱりアメリカ寄りなんですかね。
フランスから買ったチチカステナンゴの産駆がどのくらい活躍するかによって、8年後種牡馬を求める産地が変わってくるかもしれませんね。

イギリスはちょっと違いすぎるので(ラムタラといい、サドラーズウェルズ系といい、ことごとく日本と合わない印象があります)、ドイツから最初は安いのでいいので輸入してくれないかな・・・と思ってます。

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ