ジャパンダートダービー(Jpn1)の予想 No.15

2012年7月11日(水)
大井11R ジャパンダートダービー(Jpn1)
ダ2000m 3歳 定量 20:10発走


今後数年ダート界を引っ張って行く可能性を感じる好メンバー!
かなり楽しみ!

<過去3年の3着以内馬近3走>
2011年
グレープブランデー
ダ(3,2,0,0)
すみれS(2,2)→いぶき賞(1,1)→ユニコーンS(1,2)※上がり1位
ボレアス
ダ(2,3,1,0)
毎日杯(8,12)→いぶき賞(3,2)→ユニコーンS(2,3)※上がり3位タイ
タガノロックオン
ダ(2,0,0,0)
スプリングS(18,17)→橘S(13,4)→あおぎりS(8,1)

2011年
マグニフィカ
全日本2歳優駿(8,11)→東京湾C(5,1)→東京ダービー(3,3)
コスモファントム
ダ(1,0,3,0)
ラジオNIKKEI杯(2,2)→京都新聞杯(2,2)→ダービー(11,10)
バトードール
ダ(3,1,0,1)
伏竜S(3,7)→端午S(6,1)→ユニコーンS(2,2)※上がり7位

2009年
テスタマッタ
ダ(2,0,0,0)
500万下芝(8,12)→500万下(7,1)→出石特別(5,1)
シルクメビウス
ダ(4,1,1,1)
くすのき賞(1,1)→端午S(3,1)→ユニコーンS(1,1)※上がり1位
ゴールデンチケット
ダ(2,0,0,0)
皐月賞(13,11)→兵庫CS(3,1)→ダービー(12,7)

<傾向>
ローテ的にはユニコーンS2番人気以内かつ3着以内の馬が、過去3年では馬券に絡んでいる。
またそのユニコーンSが最速上がりなら信頼度上がる。
中央ダート成績で4着以下がある場合は、距離が短い1400m以下かOP特別のみで、古馬1000万下勝ちまたはOPクラス2着以内は必須。



3 ホッコータルマエ
ダ(3,0,1,3)
500万下(5,1)→端午S(7,3)→青梅特別(1000万下)(1,1)※上がり2位

4 フリートストリート
ダ(3,0,0,0)
新馬(1,1)→くすのき賞(2,1)→ヒヤシンスS(1,1)※上がり3位

7 トリップ
ダ(初)
弥生賞(3,2)→皐月賞(12,18)→ダービー(16,7)

9 ストローハット
ダ(2,0,0,0)
スプリングS(7,8)→500万下(1,1)→ユニコーンS(1,1)※上がり3位タイ

10 オースミイチバン
ダ(3,1,0,0)
500万下(1,1)→兵庫CS(1,1)→ユニコーンS(2,2)※上がり1位タイ

11 ハタノヴァンクール
ダ(4,0,0,0)
500万下(1,1)→伏竜S(3,1)→端午S(1,1)※上がり2位






ローテでは相性がいいユニコーンS2番人気以内かつ3着以内の馬ですが、ユニコーンS1着馬に限定するとやや結果が違ってきます。

<ユニコーンS1着馬のJDD成績>

年 JDD人気着順 馬名 ユニコーンS人気
2011年 未出走 アイアムアクトレス(3番人気)
2010年 1番人気6着 バーディバーディ(1番人気)
2009年 2番人気2着 シルクメビウス(1番人気)
2008年 未出走 ユビキタス(1番人気)
2007年 1番人気3着 ロングプライド(1番人気)
2006年 1番人気4着 ナイキアースワーク(4番人気)
2005年 1番人気1着 カネヒキリ(1番人気)
2004年 未出走 トップオブワールド(5番人気)
2003年 1番人気2着 ユートピア(1番人気)
2002年 未出走 ヒミツヘイキ(地方)(7番人気)

このようにユニコーンS→JDDを連勝した馬は、過去10年でカネヒキリのみ
他の馬は(0,2,1,2)と2頭が馬券圏外。
バーディバーディは単勝1.5倍で馬券圏外の6着でした。

この成績を見るとユニコーンS1着の「ストローハットは2着までなのかな?」と正直思ってしまいます。




<有力馬前走評価>
06/03 ユニコーンステークス(G3)
12.4-11.0-11.6-12.1-12.6-12.3-12.1-12.4

1着ストローハット
...スタートやや遅れて10番手から。馬郡が切れていたので、前が3馬身ほどあいていてストレスなく楽に追走。4角では馬郡の真ん中に入れると勝って下さいとスムーズに前が開き後はまっすぐ走るだけ。出遅れ以外は全て完璧と言っていいくらい上手く行った印象。

2着オースミイチバン
... スタートは思いっきり出遅れて最後方から。押して3角ではストローハットの後ろの外から4角では大外へ。直線長くいい脚使うが先に抜け出したストローハットまでは届かず1.3/4馬身差2着まで。スタートで遅れで、斤量1kg重く、4角大外を考えると勝ち馬と同等の評価していい内容。



-----------

06/03 青梅特別(1000万下)
12.5-11.5-12.6-13.1-12.2-11.8-11.7-11.9

1着ホッコータルマエ
... 好スタートから2番手を確保。ペースがかなり緩んでいたら外からコスモイーチタイムが外から動いてきてペースが一気に上がり、4頭横並びで直線に入る。残り300mで早くも先頭に立って外からエアハリファが追い込んできて残り150mで1馬身差以内になるがそこから差は縮まらずそのまま勝利。時計的にはユ ニコーンS9着とほぼ同じだがスローから上がり3F11.8-11.7-11.9な事を考えると時計以上に評価される内容。



----------

04/29 端午S(OP)
12.2-11.4-12.4-12.8-13.3-12.0-12.1-12.0-12.7

1着ハタノヴァンクール
... スタートは普通だったが行き脚つかないタイプなのでいつものように後方から。後方2番手から向う正面から徐々に進出し3角では5番手。直線では4番手で先頭のグッドマイスターとは5馬身差あったがじわじわ迫り、相手脚止まった残り100mから一完歩毎に差を縮めクビ差抜け出したところがゴール。1kg重い 状態だったので伏竜Sより早く動きしっかり勝ったのは評価。

3着ホッコータルマエ
...外枠だったが好ダッシュで4番手から追走。グッドマイスターが一気に加速して先頭に出たらすぐに追いかける勝ちに行く競馬。直線では2馬身離されていたがじわじわ迫りクビ+ハナ差のタイム差なしで3着。追いかける形だったが最後もしっかり伸びて先行すればしぶとい。



----------

02/18 ヒヤシンスステークス(OP)
12.2-11.0-11.8-13.0-13.2-12.9-11.9-12.7

1着フリートストリート
... スタートすっと出てすんなり5番手から追走。3角~4角かなり緩んで直線だけの勝負。残り400~200mの11.9秒の時に先頭に出て、残り200mは1馬身抜け出して粘って粘って勝利。3連勝したが、あのペースだったのにラスト1Fの0.8秒の減速は、やや物足りない。




レースレベルは以下の順の評価しています。

端午S≧ユニコーンS>青梅特別>>>ヒヤシンスS

ヒヤシンスSは2月なので時計的に物足りないのは仕方ない。5ヶ月でどれでけ成長しているかがフリートストリートが上位に来れるかのポイント。


本命は、ハタノヴァンクール
伏竜Sはあえて仕掛けを遅らせながらラスト200mは1頭違う脚で完勝し、前走端午Sは1kg重い斤量でスローで早めに動いた馬を追いかける形だったが、きっちり差して勝利したのは評価。
またこのレースの2~4着馬は次走1000万下を全て1番人気で勝利して、この馬の強さが更に際立つ結果になった。

端午Sから直行は過去10年勝ち馬いないローテだが、芝駄目だし、距離短縮していい馬ではないので疲れを残さない事を考えると個人的にはプラスと考えている。
調教は、約1ヶ月前から毎週1回一杯に追って6日には栗坂で自己ベスト出しているので状態は問題ない。
行き脚つかないのでペースが緩いと不安あるが、相手関係なく早めに動けば勝てるはず。

未勝利戦での向う正面から仕掛けて4角先頭でそのまま突き放して4馬身差つけてしまう長くいい脚を見て、500万下、伏竜S、端午Sと全て本命にしている馬。
この馬にはここも通過点なのかもしれない。

対抗は、オースミイチバン
前走はあの内容で1.3/4馬身差2着なら、距離延長でスタート普通に出れば先着できるし、調教と競馬ラボの川島信二騎手のインタビューからも状態は前走以上なのがうかがえる。
長くいい脚が使えるのは本命馬と一緒なので、先行してペース次第でチャンスある。

3番手は、ストローハット
前走は出遅れ以外全て上手く行ったレース。
前走以上に上手く行かないはずで、血統・気性的に距離延長はプラスにはならない。
ローテ的にもユニコーンS1着馬は勝てない傾向もあり、この評価。
能力的には今年でなければ楽勝できるレベルと思うが、今年は相手が悪い。

4番手は、ホッコータルマエ
ローテ的・実績では他馬に見劣るが、端午Sのタイム差なし3着はかなり評価できる内容。
距離延長はこの馬の粘りが活きると思うので、先行力が活きる流れになれば上位に来れる力ある。

<予想>
◎11ハタノヴァンクール
○10オースミイチバン
▲9ストローハット
△3ホッコータルマエ

<予定買い目>
3連単(8点)
11→10→9 (29.1倍)
11→10→3 (74.6倍)
11→9→10 (25.1倍)
11→9→3  (45.4倍)
11→3→10 (88.1倍)
11→3→9  (66.4倍)
10→11→9 (38.4倍)
10→11→3(104倍)

※買い目の、「3」と書かないといけない箇所が「4」に誤って記載していたので、修正しました。すいません。

大作で疲れました。
これが当たれば最高なのですが、さてどうなる?!


能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ