サマーチャンピオン(Jpn3)の予想 No.18

佐賀11R サマーチャンピオン(Jpn3)
ダ1400m 発走:16:40


今回は過去傾向は省略させていただき、トシキャンディの適正について。
この馬の1600万下に昇級してからの過去5戦のラップに、この馬の適正が良く出ています。

前走 プロキオンS(G3)
12.0-10.7-11.3-11.6-11.5-11.9-13.6
12番人気1着 逃げて押し切り

2走前 京葉S(OP)
11.8-10.2-11.2-11.7-11.9-12.6
6番人気6着 逃げるも直線失速

3走前 春風S(1600万下)
12.2-11.2-11.8-12.1-11.8-12.5
2番人気1着 逃げて押し切り

4走前 山科S(1600万下)
12.4-10.9-11.7-12.2-11.9-12.5
2番人気11着 逃げれずに直線もサッパリ

5走前 アクアラインS(1600万下)
11.7-10.6-11.3-12.0-11.6-12.5
4番人気2着 逃げ粘るも差される

勝っているレースの共通点は、逃げていることは当然ですが、直線に入る前(ラスト3F)に一度緩んでいます。(青色の部分)

負けているレースは、ラスト3F緩まない消耗戦か逃げれなかったかになります。

そして今回は直線が短く仕掛けが早い佐賀なので、後者の消耗戦が濃厚。
またプロキオンS逃げ切って勝った1番人気の馬が逃げているなら、後ろ仕掛けがさらに早くなるのは確実です。

そうなれば4角まで何とか我慢しますが直線では失速すると思っています。
なので頭からは買いません。


本命は、スーニ
去年は58.5kgで圧勝した舞台なので、59.5kgなら問題ない。
状態は去年ほどではないものの、前走よりは確実に勝負度高い仕上げ。
4番手から4角で先頭になるぐらいの、去年のような強気の競馬を期待。

対抗は、テイクアベット
前走はトシキャンディが速く逃げれなかったが、逃げれなくても0.3秒差6着。
逃げないと勝てない馬だが、逃げなくても粘れるタイプ。
トシキャンディと違って消耗戦は問題ないので、枠的に2番手から粘る競馬で残るはず。

3番手は、トシキャンディ
消耗戦で失速しても、この相手なら残る可能性あるので。

4番手は、ラブミーチャン
最近はズブくなってきたので1400mは合うと思うが、今回は相手が強い。
トシキャンディが失速してきたのを拾えたら上出来。

<予想>
◎4スーニ
○6テイクアベット
▲5トシキャンディ
△11ラブミーチャン

<予定買い目>
3連単(3点)
4→6→5
4→6→11
4→5→6

馬単もオッズ良ければ買うかも。

クラスターカップは3連単2点買いで的中!!
初戦に続いて2戦目も!


能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ