夏競馬からの注目馬(その1)

夏競馬からの注目馬(その1)

 

エバーローズ 3 父ウインクリューガー 母クレバーピーチ(母父スピードワールド)

 

前走の500万平場戦で2着馬に6馬身差の圧勝。しかもタイムが54.0と、アイビスサマーダッシュより2秒も速いという圧倒的なレースで、ここ(稲妻特別)も楽勝だろうと見ていましたが、5馬身差の圧勝。来年のアイビスの有力候補に躍り出ました。これまで、ダート戦中心に使われていて成績も上がっていませんでしたが、芝転向後2連勝(デビュー2戦目にハクサンムーンに1.3秒差の11着がある。今ならハクサンムーンともいい勝負をするのでは)、1200mでも問題ないでしょう。サンアディユのレベルまで期待。

 

父ウインクリューガはG1(NHKマイル)重賞(アーリントンC)各1勝。父タイキシャトルに最初のG1勝ちと重賞勝ちをプレゼントしました。G1馬としては異例の障害入りをした経歴を持っています。

 

母インヴァイトは、ディープインパクトと同じハイクレア系、ウインドインハーヘアーの5歳上の半姉にあたります。

 

この姉妹、先にインヴァイトが日高に導入されたんですよね。眼の付けどころは良かったけど、美味しいところを社台にとられたというところでしょうか。

 

でも、ウインクリューガーは運の強い馬です。ディープインパクトの活躍が種牡馬入りに一役かったことは間違いなく、ディープインパクトの一族でなければ種牡馬にはなれなかったでしょう。初年度産駒はわずか15頭。2年目の産駒は7頭にすぎません。

少ない初年度産駒からエバーローズがでたことで、僅かな光明が灯ったといえそうです。

もう一つ、運が強いと思うのは、ウインレーシングクラブのオーナーが大迫氏から岡田繁幸氏に代わったその年に、グループの代表的スプリンター種牡馬マイネルラブが亡くなったこと。後継種牡馬として白羽の矢が立つ可能性も十分ありそうです。

 

 

Highclere 1971

Burghclere 1977 fBusted

||Capo Di Monte 1982 fFinal Straw、重賞競走1勝)

||インヴァイト Invite 1986 fBe My Guest

|||リザーブシート 1995 fクリエイター

||||ソリッドプラチナム 2003ステイゴールド、重賞競走1勝)

|||ウインクリューガー 2000 cタイキシャトル、重賞競走1勝、GI競走1勝、種牡馬)

||ウインドインハーヘア Wind in Her Hair 1991AlzaoG1競走1勝)

|||ヴェイルオブアヴァロン Veil of Avalon 1997 fサンダーガルチ、重賞競走1勝)

|||レディブロンド 1998 fSeeking The Gold

||||ゴルトブリッツ 2007 c スペシャルウィーク、重賞競走3勝、現役)

|||ブラックタイド 2001 c(サンデーサイレンス、重賞競走1勝、種牡馬)

|||ディープインパクト 2002 c(サンデーサイレンス、GI競走7勝、種牡馬)

|||オンファイア 2003 c(サンデーサイレンス、種牡馬)


能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ