秋華賞2015予想会議ログ~最終予想編~穴は紫苑S組ホワイトエレガンス

ホワイトエレガンス

カピバラ1
その2頭相手にローズSで3着のトーセンビクトリーはどうでしょう。

アキ
まずタッチングスピーチはローズSは完璧に嵌った形だったしこの展開で馬場読み切れてないルメールだと差し届かない、来たらしょうがないで消し。

カピバラ1
アキさんこんばんはー。

アキ
ミッキークイーンは本命近い評価だったんですけど枠順で減点ですね。縦長の隊列だと置かれてしまう、雁行状態だと外を振らされると大外枠は良いことないので押さえ止まり。

あみー
アキさん、こんばんは~。 >トーセンビクトリー 父キングカメハメハの分、平坦でのトップスピードでやや劣る印象があります。それを補える内枠であれば良かったのですが...

アキ
展開は、ットフォーマルはこの枠なら行ききって内に入りたいしハナはこだわる可能性ありますね。レッツゴードンキはフラットに進めても今の馬場なら59秒 切ってもスローバランスの可能性ありで、1つ展開が乱れるならスピード自体は持っているココロノアイが最内枠で休み明け、ノリなのでスタートさえ出れば気 に任せて行ってしまうかも。そうなるとペースは上がりますが。

カピバラ
トーセンビクトリーは反応が良すぎるのが気になるんですよね。武豊騎手がそう見せているだけかもしれないですけど、持ったまま直線へ向かって、見た目ほどは伸びないというレースをしています。なんとなくイスラボニータに近いタイプに感じます。

アキ
で、トーセンビクトリーはギアチェンジが巧くない馬なので消耗戦の方がいいし、ポジショニングとって自力で動く形ならいいですけど内枠に前で出し抜きたい馬が多い中で前目を意識できるか難しいので消しかギリギリ拾うくらいですね。


カピバラ1
レッツゴードンキはどうですか?

恵三
私は展開的に厳しい状況と思います。

キス
出来と騎手の相性は不安ですけど消去法で本命なりましたね。この馬自体逆転材料が増えたわけではないですけど、他の馬の良い材料が減ったので。馬場はやっぱり大きいです。

あみー
> レッツゴードンキ 本命です。前走はハイペースを逃げ粘っての4着。ペースを前走より遅く出来そうですし、差し・追い込み馬のコースロスが増える大回り→ 小回り、斤量増の影響が人気馬の中でもっとも小さい、やや内有利の馬場を利せそう...など、好意的に捉えられる材料が多いです。

カピバラ1
私も評価高めです。ローズSは阪神1800mでワンペースの押し切りを狙ったものですし、仕掛けもやや早め。苦しい展開でインを回ったクイーンズリングやアンドリエッテの末脚を削っています。これは底力が無いと出来ない芸当です。

カピバラ1
気性に難がありますから、ノットフォーマルら先行勢にマークされたらまた苦しくなりますが...。

カピバラ1
ココロノアイはどうでしょう?

アキ
もともと気性難のある馬で休み明け・スタンド前のゲート・最内枠はギャンブル的要素高いですね。ノリなのであっさりこなしてくるか大敗するかどちらかになりそうですけど。

あみー
>ココロノアイ 最内枠は有利ですが、キレ(=トップスピードと急加速力)でやや劣りそうです。よほど上手い「展開や仕掛け」を考えないと厳しいかと。でも、横山典弘騎手はそういうの上手いんですよね...

カピバラ1
ココロノアイは結構脚がしっかりしてるんですよね。馬体は大きくありませんが、やはりステイゴールド産駒らしく時計がかかる条件の方が良さそうです。実績もそうですし。

@カピバラ1
ピッチ走法のクイーンズリングはどうですか?小回り向きの印象ですが。

@あみー
>クイーンズリング 小回り向きですが、良い脚が一瞬なので内枠が欲しかった。前目・内目を上手く確保できればあるいは...といった評価です。

アキ
対抗評価ですね。本命で迷ったのはペースが上がりきらない中での器用さ。ただデムーロなので出負け込みですし、内枠なら遅れてもフラットに押し上げるんですけどちょっと外かなあという枠なので。

@カピバラ1
前走レッツゴードンキを差せなかっただけにインで脚をギリギリまでため込みたいところですが、中枠。デムーロ騎手は上手いですが、持続力が無いこの馬で出負けをすれば取り返せないロスとなるでしょうね。印は打ちにくいです。

@カピバラ1
アンドリエッテはどうですか?こちらもドンキを差せなかった一頭です。


キス
春のこの馬のレースなら消しなんですけど前走ノリでポジションとってきたのがここで活かされるかもという点ですね。ポジションとってフラットに後半勝負してくれば怖いので押さえに。

あみー
>アンドリエッテ 春のレース内容を考えれば、ローズステークスのレース内容は成長に物足りなさを感じました。上位互換と言えるタッチングスピーチがいますし、消すことを前提に考えています。

カピバラ1
能力の優位が無く、上位人気馬と同じかそれ以上に適性も合わなそうなので、難しいでしょうね。

カピバラ1
さてさて、人気所は見ましたね。他に注目したい馬はいますか?

あみー
>他に注目したい馬 今回はいません。1~3人気が上位を独占するシーンまで考えています。

カピバラ1
私はホワイトエレガンスを推します。洋芝と中山ばかり走っているクロフネ産駒が高速馬場に対応できるかは怪しいですが、それでも紫苑Sの内容は横綱競馬に近い2着。2走前も大逃げを追いかけて勝利していますし、コーナーでのペースアップに耐えられる馬だと思います。


アキ
紫苑Sの1・2着(クインズミラーグロ・ホワイトエレガンス)・アスカビレン・ディープジュエリーあたりですね。前3頭は今の馬場で怖い前受けで出し抜く馬、ディープジュエリーは待機策でもいい枠を引いたのでインベタは警戒ですね。

カピバラ1
なるほど。意見は出揃いましたね。他になにかあるでしょうか?

あみー
ちょっと長くなりますがひとつ。

カピバラ1
はい!

あみー
某コラムにて『「高速持続力適性」が最も強く要求されるため、スピードの持続性が問われる1400mの実績、経験が(特に穴馬にとって)強力なオプションになるのです。』とありました。

カピバラ1
それ、複数か所で私も読みました!

あみー
近年は該当馬がよく好走していますが、まったく当てはまらなかった年が2009年。今年と同じくローズステークスがハイペースで、本番の秋華賞は1~3人気で上位決着。

あみー
ローズステークスがハイペース(≒「高速持続力適性」が強く要求される展開)なら、そこでの上位馬や春の実績上位馬が小回りの秋華賞でも強く、他馬の逆転が難しいのではないか...と考えています。

カピバラ1
そ の考察は鋭いですね。更に補足すると、その年のローズSの3・4着馬(クーデグレイス、ミクロコスモス)が秋華賞でも4・5着と上位に走っているんですよ ね。レッドディザイアとブロードストリートもそのまま秋華賞で好走していますし、このメンツに食い込めたのがブエナビスタただ一頭というのも象徴的です。

キス
あ りえる意見ですけど、1つ思うのは2009年は極端な後方待機ではなかったブロードストリート・レッドディザイアと前で引っ張ったクーデグレイスだったの で展開に対応できる馬で信用できたのもあるかなと。同じ年でも差し込んできたミクロコスモは本番差し届かずだったし、不良馬場とはいえ2013年のデニム アンドルビーとシャトーブランシュ、2008年のマイネレーツェルみたいに差し込んでくる馬は本番では立ち回り不足になるのでうかつに過信する材料でもな いかなと。

カピバラ1
今回レッドディザイア級の馬はいないですし、追走力という観点からもアキさんの指摘通り今年のローズS追い込み3頭だとやや位置が極端過ぎます。トーセンビクトリーはやや前を意識した競馬でしたが、差されています。

あみー
アキさんのご指摘通り、「上位馬が後方待機でなかった」という点で、2009年の方が上位馬のレベルは上ですね。ただ、急坂+道悪から平坦+良馬場は、キレ(=トップスピードと急加速力)不足が前面に出てしまうので、除外して考えたいです。

カピバラ1
ということでレッツゴードンキが上手いレースをすればまず好走すると思うんですよね。気性が不安なのでそもそも上手いレースになるのかは微妙ですが。

アキ
ま あ2013年は馬場が悪すぎましたしね。ただ、ローズSが阪神外回りになりたての時とは逆に今は京都の馬場が替わりすぎていると。阪神外1800mは仕掛 けは早くなりがちですし、京都2000m内回りもそうですけどこの条件でも最近はレースの仕掛けがかなり遅い時もありますし。

あみー
>最近はレースの仕掛けがかなり遅い時もありますし そうなんですよね。レベルの高い展開になれば、先ほどの考え方で人気馬が強いとなるんですが、スローペースだとちょっとした差で着順が変わるので...。

カピバラ1
ペースを作る騎手もやや不安ですしね。

アキ
で、おまけに今回はローズSの上位2頭が動く競馬が上手くないルメール、変なとこで動く癖のある浜中ですしね。そこも不安。

カピバラ1
何度も秋華賞の舞台で跳ね返されてきた紫苑S組が遂に好走を見せるかもしれません。

カピバラ1
ちなみにここには出ていませんが、ローデッド(フラワーC、フェアリーS共に直線までに押し上げる)のように、コーナーで動ける馬というのは秋華賞で前進するケースが多いですね。無事に出走していればこの馬がねらい目の一頭だったと思います。

カピバラ1
この辺りですかね。最後に秋華賞の傾向についても考察出来てとても良かったです!

アキ
こちらこそ。

あみー
鋭い意見をどうもです~。

カピバラ1
考察がぶつかり合う秋華賞、とても楽しみです。ありがとうございました!

あみー
また来週の菊花賞で~

タグ: ,

能勢俊介元TMの秋華賞2015予想

大西直宏元Jの秋華賞2015予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ