宝塚記念2017ファン投票制度改革案~路線整備で形骸化・誰も出走しないグランプリレース~

 私は台湾人の友人を有馬記念に連れて行ったことがある。そのときに訊ねられた。
「この、ファン投票1位ってなんですか?」
「ああ有馬記念はファンの投票で出られる馬を決めるんだよね」
「すごい!日本人は投票で決めるのが好きですね。AKBもそうです。」
「ああ、、そうだね、、」

(うそを言ってしまった)

 でも実情はここで説明しだすとややこしくなると思ったので、話さなかった。

 競馬ファンならだれもが知っていることだが、グランプリの出走馬をファン投票で決めるなんて建前だが、実際はまったくそんなことはない。大ウソだ。

 なんでこんなことになってしまったのか?

 かつては、グランプリレースに投票で選出されることは名誉であっただろうし、そもそもグランプリレース以外に出たいと思うようなレースの選択肢というのはなかっただろう。有馬記念・宝塚記念が創設された当時には、ダート路線もスプリント路線もマイル路線も海外遠征もなかった。
 でも今はそれらすべてがある。だから有馬記念や宝塚記念に出たい馬というのはほんの一部にすぎない。選ばれたって出たくない馬がほとんどなのだ。


~つづく~




宝塚記念 2017の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >