有馬記念 2017 予想まとめ(追い切り・サイン・データから競馬ナンデ予想陣が誇る集合知予想)

有馬記念2017予想

有馬記念2017ラップデータ過去10年傾向から展開予想:今年もスローペース?追い込み馬も台頭可能?

2017有馬記念の予想用ラップデータ
有馬記念2017の予想用ラップデータ
競馬をやって何が悪い カタストロフィ

 有馬記念の過去10年ラップデータから予想、分析していく。


 まずは全体のペースだが、基本的にはスロー~平均の間で収まりやすい。過去10年でかなりのスロー以上が4度(全て3秒以上の極端なスロー)、ややスローが1度、平均が4度となっている。ドリームジャーニーの年はかなりのハイまで上がっているがリーチザクラウンの大逃げではあったので何とも。スローになるときは極端にスローにもなり得るのでその辺りは意識が必要。

 仕掛けどころだが、過去10年で見てL2最速が6度、L5最速3度、L4最速1度、向こう正面でペースが上がる可能性が高いレースではあるし、そこで上がり切らずに直線入りでもう一段の2段階加速になりやすいレースでもある。完全なポテンシャル戦には最近はなりにくい印象で、L2でもう一段の鋭さを引き出せるかどうかも馬場によっては重要。今年は先週でようやく少し時計が掛かってきたかな、というぐらいなので恐らく雨でも降らなければ2段階加速になる可能性は高いんじゃないかなと。もちろん前半のペース次第ではあるけど。

 脚質別だが両極端。追込み馬が5勝しているように後方から向こう正面でのロンスパでしぶとく脚を使ってくるポテンシャルタイプが結果を出しているのは確か。近年はどうしてもゴールドアクターやキタサンブラックのイメージが強いが、しっかりと前目から小出しに脚を使えるタイプも強く、ダイワスカーレットも有馬記念では2年連続の連対。ある程度の位置から進める馬でもある程度ポテンシャルを持っていて、そこからもう一段の脚を引き出せるかどうかが重要。今年は朝日杯週までの馬場で考えるとL2のトップスピード面もある程度問われる可能性が高いと思うのでその辺りも意識したい。サトノクラウンを狙う場合はムーアが向こう正面で上げ切れるかどうかがポイントだと思う。


有馬記念2017追い切り調教データ:キタサンブラックずるさ出た?シュヴァルグラン・ヤマカツエース物足りず

2017有馬記念の1週前追い切り・調教評価一覧
有馬記念2017の1週前追い切り・調教評価一覧
競馬をやって何が悪いカタストロフィ

◎:キタサンブラック
...ハードに全体で速い時計、そこから併走馬相手に食らいつきつつ強めに追われてしっかりと負荷。フットワークの力強さは抜くまでは結構あって、前に出るとやめるような感じ。ずるさが出てきているとは思うが全体の動きとしては良かったと思う。


〇:サウンズオブアース
...終い重点での追い切りで、併走馬が仕掛けてから促しつつピッチを上げてしっかりと力強いフットワークで反応はした。いつも動く馬だし、ラップ推移的にはもう一段上なら言うことなしという感じでまずまず。


〇:サトノクラウン
...ハードに追われて頭は少し高いがいつも通り、前肢を伸ばせていたし反応も悪くない。軽いポリなので何ともだがこの馬としては動けていると思う。


△:シュヴァルグラン
...終い重点というほどではないが、内目を立ち回って直線外の併走馬相手に抵抗できずに終わったのはちょっと不満かな。時計的にもラップ的にも少し物足りない。フットワークは悪くなかったが。


◎:スワーヴリチャード
...内目を回ったのはあるがそれでも余裕をもって迫力あるフットワークで入ってきたし追い出される前に手前を換えて課題も克服。終い重点ならもう少し前肢の伸びが目立つ馬だが、このペースでしっかりと最後まで力強く走り切れたのは好感。


〇:ヤマカツエース
...動きとしては悪くないかなと。前肢の掻き込みも力強いし全体の時計もまずまず。ただこの馬の比較で見るともう少し全体の時計、ラストのラップを上げてきてほしいというのはあるかな。及第点。


〇:ルージュバック
...馬なりで抑えているというような感じで一応加速ラップだがそこまで取り立てるほどのラップ推移ではない。動きとしてはしっかりと前肢を伸ばせているし、後は直前でどの程度の動きができるか。


〇:レインボーライン
...リズミカルな感じで入ってきて、ラストまで特に追われずに淡々と、いつも通りという感じかな。前肢の伸びはそれほどでもないが力強く駆け抜けたしまずまずの気配。


有馬記念2017サイン予想も◎キタサンブラック!世相馬券2017年はひふみん馬券で一二三のサイン

00"~10"  「12月24日はクリスマスイブです」

25"~28"   有馬記念はオトナのお祭り!

これだけで予想は十分だと思います。

CM予想解説

12月24日と12月25日の有馬記念(G制開始以降)

88年 25日 1番人気2着 タマモクロス
89年 24日 1番人気5着 オグリキャップ
94年 25日 1番人気1着 ナリタブライアン
95年 24日 1番人気5着 ヒシアマゾン
00年 24日 1番人気1着 テイエムオペラオー
05年 25日 1番人気2着 ディープインパクト
06年 24日 1番人気1書 ディープインパクト
11年 25日 1番人気1書 オルフェーヴル
16年 25日 1番人気1書 サトノダイヤモンド

すごいメンバーの名前が並びました。
7冠馬が多いですね。

オグリキャップとヒシアマゾンは飛びましたが、
他との違いは言わなくてもわかるでしょう。

という事で、
CMで大きな声でこちらに訴えかけている意味が解ったと思います。
  
そして最後に「オトナのお祭り」

はい。

◎キタサンブラックです。



~~~~~
そして今年流行ったものといえば、ひふみんですよね。
加藤一二三。

キタサンブラックは一昨年の着順が三
昨年が二
今年は一

はい。
◎キタサンブラック


~~~~~


有馬記念はファン投票があるグランプリレースですが、
一部データを晒そうと思います。
晒すも何もどこかに行けばどこにでも有りそうなデータですけどね。


ファン投票1位馬のデータ

勝率  25.9%
2着率 22.2%
3着率 13.0%
連対率 48.1%
複勝率 61.1%
こういう感じです。



そして、
ファン投票1位の馬が、
当日も1番人気になった場合のデータ

勝率  36.1%
2着率 22.2%
3着率 11.1%
連対率 58.3%
複勝率 69.4%
こういう感じです。

他は変わりませんが、
勝率が10%も上昇します。
これがいつも言っている「馬はファンの期待に応える」
ってやつです。
応援されないと馬は走りません。


そして、極めつけは、
武豊が1~3番人気以内だった場合は、
複勝率 76.9%

驚異的です。
こんな率はイチローでも出せません。


100%ではないのですし、
23.1%も隙があるので、穴予想は可能でしょう。
逆らうのも有馬記念かもしれないので、
やってみてもいいでしょう。

ただ、私はしませんけど。

◎キタサンブラック



【有馬記念なので世相馬券】


昨年は、PPAPが流行り、
必ず来ると確信していた〇サトノダイヤモンド。
母マルペンサ、母の父orpen
ペン、パイナポー、アッポー、ペン
トランプ現象の「ダイヤ」も含まれていた。
マルターズアポジーは来なかったけどね。

レース結果は1,2,3番人気で決着し、
11番1番1枠と、神がかった結果となりました。


で、今年はと言うと、

インスタ映え
忖度
Jアラート
ひふみん
フェイクニュース
プレミアムフライデー


〇〇ファースト
とろサーモン



こんなところでしょうか。
個人的には、
けものフレンズが一番なんだけどね。

で、
いろいろ考えました。

ひふみん(一二三)  →ライン
プレミアムフライデー →ステイゴールド、ゴールデンサッシュ
〇〇ファースト    →レインボーファースト、ファーストファミリー
※レインボーライン(岩田)


〇〇ファースト    →母ファーストバイオリン
※サウンズオブアース   



忖度(有力馬回避)  →キタサンブラック

※キタサンブラック


Jアラート      →ブレスJャーニー
※ブレスジャーニー


他にも「金」がらみの金成とか父キングカメハメハとか、
シャケ(サーモン)とか、いろいろあるんですが、
インスタ映えがピント来ないので、
昨年の神がかったレース結果の様に、
インスタ映えするレース結果が出現するかもしれないな、
なんて思ってる。


一二三番人気で決着よりも、
一二三番号で決着する方がインスタ映えするのかな。

ファーストだから、1番人気馬が勝ちそうだけど、
選挙ではファーストも希望も無かったんですよねw

不倫とかいろいろ騒いでたけど、
女性が問題起こしてた年でもあったよね、
蓮舫とか、朴とか、小池とか、ハゲーって言った人とか、船越のアレだれでしたけ、アノ人とか。

どんどん色々とバレていくのが見てて面白かった。
ミッキークイーンが何か起こすのかな?トーセンビクトリーかな?



有馬記念2017Mの法則予想:予想オッズ上位人気3頭を過去データから分析「JC有馬記念連続好走は酷」

キタサンブラック  前走ジャパンC3~5着馬は過去10年で17頭出走して(2,1,3,11)、10頭が6着以内、人気より着順がよかったのは5頭、相性は悪くない
 前走3角9番手以降馬は9頭いて(0,0,2,7)、5頭が6着以内、人気より着順がよかったのは2頭、活性化されている方がよさそう、複勝圏を確保した馬が出た年は上がり3F36秒掛かるようなペースが速い年だった
 複勝圏を確保した6頭の内連対馬3頭を含む4頭は当日3角5番手以内、当日3角6番手以降馬は9頭いて(0,0,2,7)、5頭が6着以内、人気より着順がよかったのは2頭、ある程度機動力がある方が無難
 前走3番人気以内馬は7頭いて(1,0,2,4)、5頭が掲示板を確保、人気より着順がよかったのは1頭のみ、複勝圏を確保した3頭含む前走3番人気以内馬6頭は2走前に天皇賞で3着以内または2200m以上のG2で連対、2走前の疲労・ストレスで前走軽く負けた馬は好走率が高い
連対馬3頭が出た年は上がり3Fが35秒以下のペースが速くない年で、唯一の非良馬場の年07年の出走馬3頭は全て人気を裏切って8,11,12着、摩擦のない方がいいか
 キタサンブラックは前走1番人気を裏切って3着、2走前にG1天皇賞を勝っていて昨年のゴールドアクターや14年ジェンティルドンナなどに近い、活性化の不安はなく、脚質の不安もない


シュヴァルグラン
 前走ジャパンC連対馬は過去10年で10頭いて(0,2,0,8)、7頭が掲示板を確保、人気より着順がよかった馬は1頭もいない、相性はかなり悪い
連対した2頭は前走1番人気の4歳馬2頭、生涯鮮度があって充実していて人気に応えたタイプでないと厳しいか
 大崩れする馬は少ないがジャパンC→有馬記念と連続好走するのは至難の業、5歳馬で人気薄激走後のシュヴァルグランにそれを求めるのはハッキリ言って酷です


スワーヴリチャード
 前走アルゼンチン共和国杯出走馬は過去10年で5頭出走して(1,0,0,4)、3頭が6着以内、人気より着順がよかったのは2頭、記憶に新しいが15年ゴールドアクターは8番人気という低評価を覆して1着になっているがそれ以前は1頭も複勝圏を確保した馬はいなくて相性がいいとは言えない
 唯一勝ち切ったゴールドアクターは2走前が準OP、3走前が1000万下という鮮度馬、2走前がOP特別で3走前が準OPとゴールドアクターほどではないが鮮度があった10年トーセンジョーダンも7番人気5着と人気を上回って掲示板を確保、同距離臨戦でストレスがある臨戦なので2走前に凡走していて蓄積疲労がなかったり、2走前が条件戦で鮮度があるという疲労軽減材料があったりした方がよさそう、データが少なく判断しづらいが活性化の有無や前走が極端な脚質でなかったかなどは見ておいた方がいいと思う
 スワーヴリチャードは3歳馬と生涯鮮度があるのはプラス材料だが2走連続2400m以上の距離を使った点はよくない、道中のペースが上がると追走に苦労すると思うので後半勝負になる方がいいと思う


有馬記念2017予想:騎手型クライスト教授本命サトノクラウン「ムーア騎手&堀調教師は優秀」

◎=サトノクラウン(ムーア)
当初ミルコがスワーヴリチャード騎乗という事で騎手未定だった時には不安視していたが、ムーア起用という事で逆に今回は大いに巻き返しできるとの期待が高まった。何せ堀&ムーアのコンビ(正確には堀&外人の名手)は優秀極まりないので。
ジャパンカップの負けには落胆させられたが、こんな馬じゃないと思われるからには堀&ムーアのコンビが巻き返してくれると診て現時点の本命に指名。

○=スワーヴリチャード(ミルコ)
激戦の秋天の影響が出たジャパンカップの結果からも、別路線でもここ目標に臨戦してくる騎手力上位の馬に利があると判断。
レイデオロのジャパンカップ好走と騎手力の高さから現時点の2着最有力は同馬と診て対抗に指名。

▲=シュヴァルグラン(ボウマン)
ジャパンカップの結果から有力視されて当然の馬だが、今回は前走ほどノーマークにならないと予想。
また騎手力そのものは全く不安はないが、いくら前走で結果を出したボウマンであっても、独特な中山コースの経験値の面でムーアとミルコに見劣る点が不安のため現時点では単穴と予想。

△=キタサンブラック(武豊)
騎手力うんぬんは別としても、秋天の激走やジャパンカップの結果から人気に応えられるだけの体力が残っているかが何より不安。
これに騎手力、厩舎の程を考慮すると、ヤラセがない限りは良くて3着目までとしか思えないため現時点では仕込み含みでの複穴と予想。

現時点でも消し馬=ブレスジャーニー(三浦皇成)
正直、関西に転厩させられただけでも変な馬なのに、ここに来て柴田善臣を降ろしてケガ復帰後はすっかり追えなくなって逃げ好走しかできない三浦皇成にする意図のどこに良い点があるのか全く分からない。
いずれにしても、ただでさえ馬の調子も不安であるのに騎手動向まで変であるからには現時点でも消し馬にしかならない。
・・・こんなニセ天才を下手に乗せて大きな事故でも起こらないかの方が大いに心配。
主催者と調教師に助けられて新人記録を作らさせて貰ったが、結局所属調教師は事件を起こしたとして強制引退させられ、その影響から2年目以降は実力が発揮されて成績も急降下。
ケガして長期療養となって「こんな福永祐一のコピーなどいなくなって却って良かった!」と思っていたら、戻ってきてすぐに逃げ切りで勝ち星を挙げさせて貰うというヤラセ丸出しのエセ騎手。こんな者を有馬記念に乗り変わりで乗せるなど、主催者の愚かな固執=妄執としか思えない。
このままでは、いくら馬の員数合わせであってもただでさえ斜行屋の浜中が居て危険度が増すのに、この上ケガ上がりのエセ騎手を乗せて危険度をいや増しするなどバカげた行為。
それとも、直前になって馬を回避させる計画なのかも・・・それならこの騎乗変更も全く関係なくなるので!
(それでも柴田善臣を乗せて引退レースにして上げた方が何千億倍も道理に適う事だろうに・・・いくら(私的予測として)回避させるとしても恥知らずとはまさにこの騎手起用に他ならない!)


有馬記念2011で人生変えた?過去三連単180万円的中!競馬芸人キャプテン渡辺の予想は?

 今やウイニング競馬でおなじみのキャプテン渡辺さんは、実は2011年の有馬記念で180万円の3連単馬券を的中しています。なんと、これにより競馬芸人として名を上げることに成功し、2012年からウイニング競馬のレギュラーを獲得。まさに有馬記念で人生を変えた男なのです。
 このときは圧倒的1番人気のオルフェーヴルを1着固定にして穴馬に流した3連単で782.6倍の馬券を的中しています。番組では当たらない連敗ダメ予想キャラで通っていますが、競馬知識は豊富で意外と予想の実力もしっかりとしています。
 予想自体はいつもガチで真面目。馬券妙味まで考えて、狙いもしっかりとわかりやすく説明した予想をしています。そのせいか最近では馬券が当たり始めてしまっていて、何連敗というような当たらないネタで笑いを取ることができず迷走気味の感さえあります。そこまで含めて憎めないキャラクターとして競馬ファンに受け入れられている感もあります。
 的中した2011年はクリスマス開催で、2017年はクリスマスイブ開催で、何かを予感させます。今年はどんな予想をしてくるのでしょうか?きっと渾身の予想を披露してくれるはず。注目の予想発表は23日土曜日のテレビ東京系15:00~ウイニング競馬の放送にて。

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ