天皇賞春2018京都競馬場芝3200Mコース詳細解説:高速馬場は必然も逃げ馬不利のタフコース?

 天皇賞春というと毎年高速馬場が話題となるが、これはコースの使い方からして必然。天皇賞春開催時はCコースで行われるが、Cコースは冬場に4日程度しか使われず傷みが少ない。阪神コースのようにA・Bコースしかないのと違い、A・B・C・Dと4コースを使い分けダメージを分散させるため、綺麗に生えそろった芝の上で施行できるため、毎年高速馬場になる。
 形状的にも向こう正面から3コーナーで3mほど登って下る以外はずっと平坦でスピードが出やすい。高速決着になるのは頷ける。ただ、3200mに関してはモロに坂を2度上り下りするのでスタミナがない馬は脱落する底力を要するコース。
 逃げ馬が不利のコースとしても有名。距離が長いので、逃げ馬は大体どこかで息を入れるためにペースダウンする。大体はそのときに後続馬にハナを入れ替わられて精神的にも体力的にも消耗するからではないかと考える。思い切って行ききってしまえばイングランディーレ石橋脩騎手のような逃げ切るケースも出てこよう。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ