桜花賞 2017 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2017年4月 7日 12:22)

第77回桜花賞2017出走予定馬・予想オッズ

日程:2017.4.9 賞金順出走馬可能頭数:18頭
場所:阪神芝1600M レコード:1:33.3(アパパネ)
予想
オッズ
馬名 枠順 騎手 厩舎 血統(父馬) 前走成績
2.0 ソウルスターリング 7枠14 ルメール 安田 フランケル チューリ1
4.6 アドマイヤミヤビ 7枠15 デムーロ 友道 ハーツクライ クイーンC1
9.8 ミスエルテ 1枠1 川田 池江 フランケル 朝日杯4
10.3 リスグラシュー 3枠6 武豊 矢作 ハーツクライ チューリ3
15.8 ミスパンテール 8枠16 四位 昆貢 ダイワメジャー チューリ2
18.8 カラクレナイ 4枠8 田辺 松下 ローエングリン フィリーズ1
22.9 アエロリット 6枠12 横山典 菊沢 クロフネ クイーンC2
27.7 ライジングリーズン 1枠2 丸田 奥村 ブラックタイド アネモネ1
30.4 レーヌミノル 5枠10 池添 本田 ダイワメジャー フィリーズ2
54.4 ヴゼットジョリー 7枠13 福永 中内田 ローエングリン アーリントン4
80.2 ジューヌエコール 2枠4 北村友 安田 クロフネ フィリーズ4
160.6 ディアドラ 8枠17 岩田 橋田 ハービンジャー アネモネ2
176.9 カワキタエンカ 8枠18 和田 浜田 ディープインパクト 500万1
189.1 ゴールドケープ 5枠9 丸山 荒川 ワークフォース フィリーズ3
223.8 アロンザモナ 6枠11 西浦 ストリートセンス チューリ7
396.9 ショーウェイ 4枠7 松若 加藤 メイショウボーラー アネモネ7
487.8 ベルカプリ 3枠5 藤岡佑 西浦 ダイワメジャー フィリー16
 ソウルスターリングはチューリップ賞では阪神JFと異なり堂々と外を回って突き放し、最後は抑える余裕。成長力の違いを見せつけた。フランケル産駒はどこまで強いのか。底が見えない。
 逆に阪神JFでは外を回って強かったリスグラシューだが、直線では一杯に追われたものの伸びを欠いた。予想家によっては早熟説を唱えるものもいて、不安が先立つ前哨戦となった。
 ミスエルテは使うごとにコントロールが利かなくなってきているとのことで、レース前に消耗してしまっていたようで、精神面の課題が露呈した。その意味で、桜花賞に直行したのは良い判断。フレッシュな状態で能力全開なら逆転も。
 アドマイヤミヤビは強いメンバーが揃ったクイーンカップを快勝し、マイルにも対応できるスピードを見せた。ただ、ここまで4戦全て騎乗していたルメール騎手がソウルスターリングを選択し、デムーロ騎手と初コンビになるのはマイナスか。
 メンバーが豪華すぎてどこから買おうか迷う桜花賞になった。
 そこでぜひご紹介したいのが、
"競馬の神様"大川慶次郎が創設し、東信二元騎手、能勢俊介TM率いる実績と信頼の「ホースメン会議」
 現代競馬予想会社の先駆けとされ、今も情報力で不動のトップを譲らない最老舗が2017年GⅠシリーズは大盤振る舞い!桜花賞が3点で当たらなければ「4/30まで1日1鞍渾身予想を特別無料配信」のキャンペーンを実施!予想会社が初めてという方も導入としてオススメしたい安心のサービスを一度実感してみてください↓↓

★桜花賞記念出走馬全頭徹底分析★
━━━━━━━━━━━━━━━━━
"競馬の神様"故・大川慶次郎が創設
 創業36年【ホースメン会議】
実力を知って頂く為の特別無料配信!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
~ソウルスターリングが絡んでも~
30倍が狙える馬券教えます!

《100名限定 特別無料配信》
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日1鞍~3鞍の厳選提供から
3/26 高松宮記念 2万3880円的中
3/26 中山11R 1万0760円的中
3/26 阪神8R  2万0920円的中
3/20 中京10R 3万2610円的中
3/18 阪神7R  2万2750円的中
3/12 中山6R 1万7430円的中
3/11 中京11R 5万6390円的中
3/11 中山6R 2万7940円的中

■7割当たるとユーザー絶賛の1鞍渾身予想■
■実力を知って頂く為の無料配信■
↓↓↓


レース前に開催されたトラックマン合議
ホースメン会議とは~wikipediaより引用~
 1981年に、かの"競馬の神様"大川慶次郎氏らが中心になって設立。大川を総監督に据え、当初から複数のトラックマンによる合議制による予想を提供する方式でスタートした。
 1999年に大川が亡くなると当初は伊藤友康(元ダービーニュース編集長)を総監督に起用するが、2001年夏には大川唯一の弟子能勢俊介に総監督を交代。
 中でも当時注目を集めたのが「ホースメン会議・100の実験」と題された資金投下方式。「資金3分割3倍法」とも呼ばれるこの方式は、下記のような方式を取った。
 1、馬券が的中する場合
 ・資金が10万円の場合、最初の推奨レースにその1/3(3万3千円)を投じて馬券を購入。
 ・馬券が的中して15万円の配当を得る。(基本的に配当は購入額の3倍以上を目指す)
 ・資金は21万7千円となるので、次の推奨レースにその1/3(7万2千円)を投じ馬券購入。
 2、馬券が外れる場合
 ・資金が10万円の場合、最初の推奨レースにその1/3(3万3千円)を投じて馬券を購入。
 ・馬券が外れる。
 ・資金は6万7千となるが次レースでこの1/3(2万2千)ではなく前回額(3万3千円)購入。
 以上の手順を繰り返し、100レースが終了した時点で資金を100倍にすることが可能かどうかに挑む、というこの方式は、後に多くの予想会社が(多くの場合は何らかのアレンジを加えた上で)取り入れられ、ホースメン会議は現代の競馬予想会社の先駆けとされている。


リスト表示する