-->

皐月賞 2017 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2017年4月11日 18:09)

皐月賞2017出走予定馬・予想オッズ

中山競馬場 日程:2017.4.16 出走馬可能頭数:18頭
レコード:1:57.9(ディーマジェスティ)
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統(父馬) 前走成績
3.4 ファンディーナ 岩田 高野 ディープインパクト フラワーC1
5.0 スワーヴリチャード 四位 庄野 ハーツクライ 共同通1
6.0 カデナ 福永 中竹 ディープインパクト 弥生賞1
6.9 レイデオロ ルメール 藤沢 キングカメハメハ ホープフル1
8.5 ペルシアンナイト デムーロ 池江 ハービンジャー アーリントン1
10.5 ウインブライト 松岡 畠山 ステイゴールド スプリン1
15.9 アウトライアーズ 田辺 小島 ヴィクトワールピサ スプリン2
18.1 アルアイン 松山 池江 ディープインパクト 毎日杯1
18.9 サトノアレス 戸崎 藤沢 ディープインパクト スプリン4
29.0 アメリカズカップ 松若 音無 マンハッタンカフェ きさら1
41.1 ダンビュライト 武豊 音無 ルーラーシップ 弥生賞3
54.4 アダムバローズ 池添 角田 ハーツクライ 若葉S1
79.0 プラチナヴォイス 和田 鮫島 エンパイアメーカー スプリン3
82.1 マイスタイル 横山典 ハーツクライ 弥生賞2
88.0 コマノインパルス 江田 菊川 バゴ 弥生賞6
92.8 トラスト 柴田大 中村 スクリーンヒーロー 毎日杯5
93.9 クリンチャー 藤岡佑 宮本 ディープスカイ すみれ1
125.1 キングズラッシュ 柴田善 久保田 ルーラーシップ 東スポ4
 ファンディーナが69年ぶりの牝馬制覇に挑む。たしかにフラワーカップは追うところがなく大楽勝だったが、強い相手とここまで対戦しておらず、いきなりの牡馬一線級相手でどこまでやれるのか。圧倒的人気であれば嫌って妙味。
 レイデオロは皐月賞と同じ中山2000での2戦が圧巻。後方から大外を回して立ち木を交わすかのごとく凄まじい切れ味で差し切り。楽々と差し切ったコマノインパルスが京成杯で勝っているように、レベルの高さも実証されている。ただ、ソエが悪化しており弥生賞を使えず直行になったため調整過程がどうか。
 サトノアレスは朝日杯を勝ち2歳チャンピオンに。ただ、メンバー構成的にそこまで評価できないのと、切れ味で勝負するだけに、2000mに伸びてキレが鈍らないかがカギ。
 アメリカズカップはきさらぎ賞でサトノアーサーを破る大金星。ただ、馬場と展開が味方した面はあった。また、きさらぎ賞で大きく減った馬体が戻ってくるかどうか、初めてのツーターンの中山2000で力を出せるか、出遅れ癖は出ないかと課題は多い。松若風馬騎手はクラシック初騎乗となるが、気負うところなく初勝利となるか。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手は実際にサニーブライアンで皐月賞を制していて、中山2000Mコースを熟知しており、騎手ならではの観点で勝馬を見抜けるのだという。
 曰く、、「今年の牡馬戦線は見えているので自信あり」。皐月賞で買うべきは、この2頭だけでよいとのこと!↓↓


ファンディーナの取捨は?

皐月賞騎手大西が教えます

第77回皐月賞(G1)
『狙うのは帯封』

◆牡馬戦線を見抜けているのがこの証拠↓

第66回スプリングS(G2)
△ウインブライト(5番人気)
◎アウトライアーズ
○プラチナヴォイス(6番人気)
馬連:1350円的中
3連複:6670円的中

第54回 弥生賞(G2)
◎カデナ
△マイスタイル
馬連:4360円的中

◆いま絶好調!勝負情報で大きく獲った↓

第47回高松宮記念(G1)
△セイウンコウセイ
◎レッツゴードンキ
○レッドファルクス
馬連:2150円的中
3連複:3230円的中

第31回 フラワーC(G3)
◎ファンディーナ
△シーズララバイ(8番人気)
馬連:2370円的中

第51回 フィリーズレビュー(G2)
◎レーヌミノル
○カラクレナイ
△ゴールドケープ
馬連1点目:450円的中
3連複:2220円的中
3連単:9570円的中


牝馬ファンディーナ本当に強い?

休養明けレイデオロの仕上りは?

この春急成長中の牡馬がいる?


皐月賞のことは皐月賞ジョッキーに聞け!

        ↓↓↓↓↓↓

→大西騎手の皐月賞◎-穴無料←
※メール送信後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。


大西直宏とは
~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。



リスト表示する