キーンランドカップ2017 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2017年8月23日 16:10)

キーンランドカップ2017出走予定馬・予想オッズ

札幌競馬場 芝1200m
日程:2017.8.27 出走馬可能頭数:16頭
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統(父馬) 前走成績
3.0 モンドキャンノ 戸崎 安田 キンシャサノキセキ NHK9
3.3 ソルヴェイグ 川田 鮫島 ダイワメジャー Vマイル5
6.0 シュウジ モレイラ 須貝 キンシャサノキセキ 函館SS10
10.1 エポワス ルメール 藤沢 ファルブラヴ UHB賞7
11.6 ブランボヌール 三浦 中竹 ディープインパクト 函館SS9
12.1 ナックビーナス 石川 杉浦 ダイワメジャー 高松宮8
15.9 ヒルノデイバロー 四位 マンハッタンカフェ UHB賞2
17.8 イッテツ 藤岡 斉藤 インヴィンイブル UHB賞1
20.1 フミノムーン 勝浦 西浦 アドマイヤムーン BBC1
25.5 ネロ 中野 ヨハネスブルグ アイビス10
39.8 ノボバカラ 田辺 天間 アドマイヤオーラ 函館SS7
78.6 メイソンジュニア デムーロ 渡辺 Mayson CBC賞12
79.1 ライトフェアリー 内田 石毛 サムライハート HBC賞1
 ソルヴェイグは昨年のこのレース4着も、不運な出遅れを克服してのもので内容は良かった。函館スプリントステークス勝ちもあり洋芝はかなり得意。
 モンドキャンノは昨年の函館2歳ステークスが強い内容の2着。もともとスプリント戦でもかかり気味に行くくらいの気の良さとスピードを兼ね備えた馬で、1200で能力をフルに発揮できる可能性がある。
 予想オッズからはどこから買おうか悩ましいキーンランドカップになった。
 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手は実際にカルストンライトオでスプリンターズステークスを制するなど、1200m戦の勝ち方を熟知している。曰く、、「波乱の主役はあの馬しかいない」と言い切る!↓↓


注目度は低いが

条件がピッタリの穴馬↓

第12回キーンランドC(G3)
『ここが絶好の走り頃』

先週北九州記念14番人気ナリタスターワンをスクープ

【NEW】馬連でも1万5940円ズバリ!【NEW】


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
先週は衝撃の【41万馬券】的中!
毎週他ではマネできないスクープを公開中!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

《先週日曜小倉2R》◎メイショウサチシオ
【41万0370円】的中!!!
――――――――――――――――――――
《先々週土曜新潟11R》◎アポロノシンザン
【10万2190円】的中!
――――――――――――――――――――
《先々週日曜新小倉12R》◎ミヤジヴィジェ
【5万34200円】的中!
――――――――――――――――――――
《先週日曜小倉12R》◎テルペリオン
【4万3590円】的中!
――――――――――――――――――――
《先週日曜小倉9R》◎グレイトチャーター
【2万8650円】的中!
――――――――――――――――――――
《先週日曜札幌12R》◎ココファンタジア
【2万1580円】的中!

※その他的中多数!

今週も必見の穴馬無料で教えます!

        ↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。


大西直宏とは
~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。





キーンランドカップ2017netkeiba予想オッズ雑感/シュウジモレイラ騎手5.3倍は過剰人気!2強人気を予想

人気 馬名 予想オッズ
1 ソルヴェイグ 3.9
2 モンドキャンノ 3.9
3 シュウジ 5.3
4 ブランボヌール 7.7
5 エポワス 10.6
6 イッテツ 11.2
7 メイソンジュニア 13.5
8 ネロ 13.9
9 ナックビーナス 14.7
10 ヒルノデイバロー 17.6
11 フミノムーン 27.7
12 ノボバカラ 38.6
13 ライトフェアリー 106.4
14 マユキ 663.4
 ソルヴェイグ・モンドキャンノの評価は妥当なものだろう。いずれも北海道洋芝に実績があり信頼できる。
 シュウジの人気はやはりモレイラ騎手人気だろう。シュウジ自身は今年に入ってから絶不調で1番人気8着、4番人気15着、2番人気10着と人気を裏切っている。前走では武豊騎手に代わったものの甲斐なかった。さらにモレイラ騎手も先週はかなり豪華な乗り馬が集まった割にはという騎乗成績で、日本では重賞勝ち実績もない。そろそろ人気も落ち着くはずで、ここまで人気はしないだろう。
 続くブランボヌールも今年絶不調の馬。たしかに昨年の勝ち馬で適性はたしかだが、前走は実績ある函館スプリントでも大敗しており、ここまでの信頼はできないだろう。
 かといってそれ以下の馬も地味であり、消去法的に上位2頭により人気が集まると予想する。だいたい3倍ちょうど程度までは下げると考える。


キーンランドカップ過去10年歴代優勝馬データ

キーンランドC 歴代勝ち馬 勝利騎手 単勝人気
2007年 クーヴェルチュール 横山典騎手 4番人気
2008年 タニノマティーニ 秋山騎手 16番人気
2009年 ビービーガルダン 安藤騎手 2番人気
2010年 ワンカラット 藤岡騎手 2番人気
2011年 カレンチャン 池添騎手 1番人気
2012年 パドトロワ 安藤騎手 3番人気
2013年 フォーエバーマーク 村田騎手 4番人気
2014年 ローブティサージュ 三浦騎手 3番人気
2015年 ウキヨノカゼ 四位騎手 8番人気
2016年 ブランボヌール 戸崎騎手 2番人気
2017年 ??



リスト表示する