シルクロードステークス2017 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2017年1月22日 01:02)

シルクロードステークス2017出走予定馬・予想オッズ

日程:2017.1.29 出走馬頭数:18頭
場所:京都競馬場芝1200M
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統(父馬) 前走成績
3.0 ダンスディレクター 武豊 笹田 アルデバラン 阪神C4
3.1 ソルヴェイグ デムーロ 鮫島 ダイワメジャー スプリ3
6.6 ブランボヌール 中竹 ディープインパクト スプリ11
7.1 セイウンコウセイ 松田 上原 アドマイヤムーン 淀短1
7.2 セカンドテーブル 崎山 トワイニング 淀短2
19.9 ラインスピリット 松永 スウェプトオーヴァーボード 淀短3
20.5 アットウィル 高橋 アドマイヤムーン 淀短4
25.9 ヒルノデイバロー 四位 マンハッタンカフェ 淀短6
27.7 ブラヴィッシモ 須貝 fastnetrock 京阪杯7
30.9 ローレルベローチェ 中井 飯田 サクラバクシンオー 淀短7
48.1 サドンストーム 西浦 ストーミングホーム 淀短9
50.7 フミノムーン 西浦 アドマイヤムーン 淀短10
50.7 アースソニック 中竹 クロフネ ラピスラ13
51.0 ダイシンサンダー 須貝 アドマイヤムーン 京都金10
52.8 テイエムタイホー 鈴木 ニューイングランド 京都金11
 ダンスディレクターはスワンステークス、阪神カップと4着で安定感がある。昨年のこのレースの勝ち馬で、寒い時期にも強い。阪神カップに引き続き武豊騎手とのコンビ継続で、連覇へ向けて人気になりそう。ここ2走1400を使っているため、後手に回ると危険な可能性もある。
 ソルヴェイグはスプリンターズステークスで僅差3着の大健闘。今回はデムーロ騎手との新コンビでどのような競馬を見せるか。前に行けないと脆いタイプだけに、デムーロ騎手がゲートが苦手なのは気がかりな点。
 セイウンコウセイは人気薄を覆すように京都1200で2連勝。再度同じコースなら初重賞でも崩れることはなさそう。あとは、楽なペースで逃げられるか。
 セカンドテーブルは前走武豊騎手との初コンビでうまく導かれ2着好走。今回は武豊騎手はダンスディレクター騎乗のため、鞍上弱化は仕方ないところか。
 ローレルベローチェは昨年のシルクロードステークス2着馬。しかし、その後は大敗続き。今回もセイウンコウセイといった同型も出てくるため、楽逃げはかなわなそうで、厳しいか。



シルクロードステークス過去10年歴代優勝馬

シルクロードS 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2007年 エムオーウイナー 小牧騎手 7番人気
2008年 ファイングレイン 幸騎手 3番人気
2009年 アーバンストリート 福永騎手 7番人気
2010年 アルティマトゥーレ 横山騎手 3番人気
2011年 ジョーカプチーノ 藤岡騎手 1番人気
2012年 ロードカナロア 福永騎手 1番人気
2013年 ドリームバレンチノ 松山騎手 2番人気
2014年 ストレイトガール 岩田騎手 2番人気
2015年 アンバルブライベン 田中騎手 2番人気
2016年 ダンスディレクター 浜中騎手 2番人気
2017年 ??


シルクロードステークス2016動画:ダンスディレクターは枠順を利していつになく前めの位置をとることができ、直線では危なげなく逃げ馬を捉えてゴールの完勝。ただ枠に恵まれた感もある。ローレルベローチェは楽な単騎逃げに持ち込めた

淀短距離S2017:セイウンコウセイは無理なハナ争いは避けてローレルベローチェを直線に入るまで大名マーク。逃げなくても競馬ができるところを見せ、レースぶりに幅が出てきた。このレースからは10頭近くがここにもエントリーしており、見直し必須のレース。ただ、今回違ってくるのはBコースに変わるため、ほとんどグリーンベルト部分がなくなること。差しも利く馬場にはなりそう。

リスト表示する