京都記念2018 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2018年2月 9日 12:33)

京都記念2018出走予定馬・予想オッズ

京都競馬場 芝2200m
日程:2018.2.11 出走馬頭数:18頭
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)
前走成績
1.9 レイデオロ バルジュー 藤沢 キングカメハメハ JC2
6.7 アルアイン 川田 池江 ディープインパクト 菊花賞7
6.8 モズカッチャン デムーロ 鮫島 ハービンジャー エリザベ1
7.9 ディアドラ 福永 橋田 ハービンジャー エリザベ12
10.4 クリンチャー 藤岡佑 宮本 ディープスカイ 菊花賞2
11.3 クロコスミア 岩田 西浦 ステイゴールド エリザベ2
20.5 ミッキーロケット 松若 音無 キングカメハメハ 日経新春4
81.4 ケントオー 小牧太 西橋 ダンスインザダーク 中山金杯8
115.9 アクションスター 太宰 音無 アグネスタキオン 日経新春9
124.1 プリメラアスール 酒井学 鈴木 スペシャルウィーク チャレンジ9
馬連予想オッズ
馬名 馬名 馬連オッズ
レイデオロ モズカッチャン 3.6
レイデオロ アルアイン 5.0
レイデオロ ディアドラ 10.1
レイデオロ クリンチャー 11.4
レイデオロ クロコスミア 12.6
馬単予想オッズ
馬名 馬名 馬単オッズ
レイデオロ モズカッチャン 5.6
レイデオロ アルアイン 7.9
モズカッチャン レイデオロ 8.3
レイデオロ ディアドラ 13.3
レイデオロ クリンチャー 14.8
 G1馬4頭が集まる豪華な京都記念になりそうだ。しかもハイレベルと言われる4歳のG1馬が集結しそうで、2018年最初の注目カードになりそう。
 レイデオロは初めての京都コースになるが、距離は問題なし。癖のないコースでもあり問題ないだろう。モズカッチャンは同コースのエリザベス女王杯を勝っており得意な条件。アルアインは菊花賞は馬場と距離が敗因とハッキリ。2200なら巻き返せるはず。クリンチャーは逆に菊花賞で2着健闘も、馬場と距離に恵まれた感があり、ここでどれくらい頑張れるか。狙いはひとつ先の天皇賞春という感もあるが、、。
 予想オッズからは、馬券をどこから買おうか迷う京都記念になった。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓



↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに昨秋のセントウルステークスは憶えていますか?

その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、

06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

↓↓

【結果】
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓

うまコラボ:12月28日(木)的中率結果
=========================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 三連複:54.2%
三連単54.2%
=========================================

うまコラボ:12月24日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:41.7%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:12月23日(土)的中率結果
=========================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 三連複:25.0%
三連単25.0%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。
 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)


京都記念2018予想オッズ雑感/モズカッチャン@デムーロ騎手で過剰人気?ディアドラ福永騎手馬券妙味!

人気 馬名 予想オッズ
1 レイデオロ 1.8
2 モズカッチャン 3.3
3 アルアイン 5.1
4 クロコスミア 11.1
5 ディアドラ 12.2
6 ミッキーロケット 14.8
7 クリンチャー 15.9
8 ケントオー 192.7
9 プリメラアスール 346.8
10 アクションスター 770.7
 レイデオロの1.8倍は妥当だろう。ただ、先週は松若騎手に乗り替わったダノンマジェスティが大敗を喫したのを受けて、バルジュー騎手への乗り替わりに不安が広まる可能性があり、そうなると若干オッズが上振れする可能性もありそう。
 モズカッチャンがここまで人気を集めるとは若干意外。たしかにエリザベス女王杯では同コースでG1勝ちしているが、牡馬一線級相手は初めて。休み明けでどこまで食い下がれるか、試金石だとも思える。
 ディアドラがここまで人気を落とすのも少々意外。秋華賞ではモズカッチャンを退けていて、福永騎手と相性が合えば一発もありそうで、馬券妙味はありそう。
 クリンチャーも菊花賞2着馬の割には人気が薄い。たしかに菊花賞は距離と道悪に恵まれた感はあった藤岡騎手が遂に手の内に入れたのではと思える積極策。今回も一発が怖い。道悪ならさらに。


京都記念2018第111回の歴史を知る。日本最古の重賞競走?今年もレイデオロ出走で盛り上がる

 今年の京都記念はなんと第111回目。日本ダービー馬レイデオロが出走予定し盛り上がりを見せていますが、、。
 111回ってすごいですよね。そんなに長い歴史があるとは。日本最古のレースなのかな?ちょっとおかしいですよね。
 ということで調べてみましたところ、京都記念は、1947年から1983年まで、春秋2回施行されていたのですね。知りませんでした。知っていた方はかなりのオールドファンだと思われます。

 でも、さらに疑問は尽きません。よく考えてみてください。秋の京都には、京都大賞典がありますよね。京都2200と京都2400でほとんど同じ条件ですよ。よく調べてみると当時は京都記念も2400だったようなので、まったく同じ条件を1か月後に行っていたようです。
 後から設置されたのが京都大賞典なのですが、JRAの人たちは疑問に思わなかったのでしょうか?そういえば1か月後に京都記念あるよね?と思わなかったのかな。
 
 そして時は流れて昨年新設G1大阪杯が設置されて、宝塚記念と似た条件じゃないかと批判されていますが、まあ200m違うし、2か月半離れていますからね。京都記念と京都大賞典に比べれば、、と考えることもできそうです。


京都記念2018「兄貴は大丈夫か?」アルアインが弟の雪辱へ予想オッズ2番人気!

 先週の競馬終わりはダノンマジェスティの話題で持ち切り。松若騎手に批判が殺到したり、いや、悪いのは口向きを矯正できなかった音無調教師では?など、圧倒的1番人気を裏切ったダノンマジェスティの敗因探しとなりました。
 そして今週注目の京都記念にはそのダノンマジェスティの兄アルアインがエントリー。「兄貴は大丈夫か?」
 因みに競馬ファンにはお馴染みの「弟は大丈夫だ」とは杉本清アナウンサーがナリタブライアンが菊花賞を勝ったときに使ったフレーズ。直前にナリタブライアンの兄ビワハヤヒデが天皇賞秋を惨敗し屈腱炎を発症したのを受けて発した言葉です。
 この兄弟というと、ビワハヤヒデが京都記念、ナリタブライアンが共同通信杯と同一週に重賞を勝ったこともありましたね。なんて昔話で脱線してしまいましたが話を戻しましょう。
 兄貴アルアインにとってはここは試金石というよりは正念場。正直皐月賞を勝ったあとは伸び悩んでいて勝ち星なし。今回は距離短縮し、地元京都でもあり言い訳は許されません。弟と違って口向きなどに問題はなく力は出し切れるタイプ。レースぶりも自在です。今度は「兄貴は大丈夫だ」とアナウンサーが叫ぶのか、にも注目したいところです。


京都記念2018レイデオロ鞍上バルジュー騎手は大丈夫?過去全重賞騎乗データを検証

 2018年に入ってからの最大注目レースといって京都記念。なんといって注目はダービー馬レイデオロの始動。そしてルメール騎手騎乗停止で急遽コンビを組むことになったバルジュー騎手がどんな手綱さばきを見せるかに注目が集まる。
 バルジュー騎手決定の報を聞いてネット上では、「ああ、、あのキングカメハメハを飛ばした騎手か」と不安視する声の方が大きい。そこでバルジュー騎手は本当に信頼できるのか過去の実績を調べてみたところ、、バルジュー騎手が1番人気で重賞に出走したのは下記の4回だけ。

年月日 レース名 馬名 騎手 枠順 人気 着順
2003.12.21 フェアリG3 マルターズヒート バルジュー 8 1 1
2004. 1.18 京成杯G3 キングカメハメハ バルジュー 4 1 3
2004. 3.21 スプリンG2 コスモサンビーム バルジュー 13 1 5
2014. 3.30 マーチSHG3 エーシンゴールド バルジュー 10 1 4

 たしかに3回飛ばしてしまっている、、。さらに重賞全体でいうと78回騎乗し4勝。勝率は5%とかなりイマイチといってよい。因みに4勝のうち3勝は中山コースで挙げたもので、京都コースでは6回騎乗し一度も掲示板に載ったことがない。
 他に日本人で良い騎手がいくらでもいるのではないかという声も上がって当然ではあるが、バルジュー騎手はかなりの親日家。何度も来日しており日本語もある程度しゃべるようになり、日本の騎手試験も2度受験しているほど。日本語のツイートも読めますので悪口はぜひやめましょう!


京都記念2018人気馬レイデオロ&ルメール騎手に鬼門!ウオッカ・ハープスターら惨敗の波乱重賞

 2018年最初の大きな注目レースは京都記念だろう。キタサンブラックが引退し、次に日本競馬界を背負っていくと目されるレイデオロがどのような競馬を見せるか注目は高まる。

 しかし、レイデオロが初戦に選んだ京都記念は、人気馬が次々と馬券圏外に吹っ飛んでしまう、名馬には鬼門のレースだ。

 2008年ウオッカ 6着
 2013年ジャスタウェイ 5着
 2014年ジェンティルドンナ 6着
 2015年ハープスター 5着
 2016年レーヴミストラル 9着
 2017年マカヒキ 4着

1番人気はここ5年で全て連対していないという恐ろしい記録だ。

京都記念がここまで波乱を呼ぶ理由はどこにあるのだろうか。ひとつは、雪が降りやすく馬場が荒れやすいということもあるだろう。冬場で馬体が絞りにくい時期というのもあるかもしれない。また、斤量が比較的メリヘリがつく計算方法で、人気馬が重い斤量を背負うこともあるかもしれない。ただ、それだけでは説明しきれない何かがありそうなのがこの京都記念。

レイデオロは当然1番人気に推されるだろうから、今年もこのジンクスが当てはまってしまうのか、、注目が集まる。


京都記念2018騎手型予想:クライスト教授本命レイデオロ@バルジュー騎手「藤沢師は鞍上選択を誤らない」

◎=レイデオロ(バルジュー)
ルメールの代わりが日本人騎手だったら2着も起り得ただろうが、鞍上選択を誤らない藤沢和雄師がキチンと外人を手配したからにはこの一戦は負けられないはず。
したがって、この時点でも出走取り消しとレース中の事故でも起きない限り同馬の1着は不動と見るしかない。
・・・あとはバルジューが宝塚記念の武豊のような安全消極騎乗で二度と呼ばれなくなる失態だけしない事を祈るのみ!

○=モズカッチャン(ミルコ)
エリザベス女王杯で秋華賞の敗戦が落鉄だった事を示したからには、鞍上さえ変わらなければ最低でもディアドラに劣る事はないと判断。
ただし、同馬はこれまでの実績では伏兵として好走しているので、人気の一角として臨んだ場合に秋華賞トライアルのようなズッコケも考えられるので、ミルコの騎手力に敬意を表しても2着までと判断。
・・・それでも、残りの騎手たちとの騎手力差は歴然であるので2着最有力のはず。

▲=アルアイン(川田)
皐月賞馬の看板は評価するが、セントライト記念で敗れたミッキースワローがその後一息である事を考えると鞍上の実力からも勝ち負けを期待するのは酷だろう。
それでも、残りの馬と残りの鞍上比較からミルコに次いで好走する一番手なら同馬と思われるので▲と判断。

その他=ディアドラ
秋華賞馬の看板は評価するが、鞍上が変わる上にその鞍上が福永ではたとえここで好走しても先々は尻つぼみするのは必定。
ただし、ジャパンカップを勝たせて貰った馬主が主催者へのお返しとして同馬に福永を乗せる事を許したと考えられるからには、これまで数多の複勝仕込みから3着入賞はあり得るためやむなくその他=掲示板候補に置いた。
・・・この鞍上はいるだけで周りの手抜きや仕込みを考慮しなければいけないので本当にやっかい。
当人では勝ち切れない馬が乗り変わるとことごとくG1勝ちしているのに何故か見切られないのがとにかく不思議。全く困った調教助手である。

その他=ミッキーロケット(松若)
一応古馬の代表格である点は評価するが、和田の代役が後輩になるのは大きな減点材料。
おまけに、ただでさえ同期の古川が今季で引退するのではと思われるほど活躍している変な時期なのに、今回はディアドラに福永という和田の同期まで配される状況ではただでさえ先週ダノンマジェスティを御せずに終わった松若では普通に考えても福永より下に置かざるを得ない。
・・・たとえ純粋な騎手力では福永に優っていても、年齢差による重賞経験値と親の知名度による主催者優遇の差は早々補えなるモノではなく、せいぜい(弟の方が騎乗自体は上位の)藤岡雄介に先着するくらいが限界であるはず。

消し馬=クリンチャー(藤岡佑)
菊花賞馬キセキのその後の惨敗ぶりから菊花賞2着はマグレと評価。
鞍上的にも推すべき強調材料もなければ、そもそも弟以下の実力でしかないのでは現時点でも消し馬には同馬が筆頭に挙げられる。
・・・ぐちゃぐちゃ馬場にでもならない限り同馬に3着以内を取られたら、正直他の日本人中央ジョッキーは給料だけ世界一の調教助手の集団としか評せなくなるだろう。


京都記念2018データ予想:INDEX氏本命レイデオロ「ダービー馬年明け初戦全て馬券圏内の法則」

2000年くらいからのデータで十分だと思いますが、
ダービー馬の年明け初戦の結果を記しておきますよ。

スペシャルウィーク AJC  ①
アグネスフライト  京都記念 ②
ジャングルポケット 阪神大賞典②
ネオユニヴァース  大阪杯  ①
ディープインパクト 阪神大賞典①
メイショウサムソン 大阪杯  ①
ディープスカイ   大阪杯  ②
エイシンフラッシュ 大阪杯  ③
オルフェーヴル   阪神大賞典②
ワンアンドオンリー ドバイ  ③
ドゥラメンテ    中山記念 ①
マカヒキ      京都記念 ③

年明けずに引退した馬は削除していますが、
載ってないのはロジユニヴァースとウオッカです。

ロジユニヴァースは日経賞に出走し⑥着でしたが、
10カ月の骨折明けでした。
ウオッカはダービー勝利後に3歳で宝塚記念に出走し、
秋も他のダービー馬とは違うG1を4戦と、
超ハードなローテのあとの休み明けでした。
京都記念をステップにドバイ遠征が決定してもいましたので、
完全な「叩き」レースでした。

さて今年の該当馬レイデオロですが、
昨年の秋は、G1はジャパンカップ1戦のみでした。
疲れは間違いなくありません。
そして、藤沢氏も言っているようですが、
「京都記念での結果次第ではドバイ遠征も視野」

という事で、
同じドバイ遠征でも「決まっているか決まっていないか」は、
全くの大違い。

アグネスフライトはジャパンカップでやらかし、
最近ではマカヒキが凱旋門賞でやらかし、
そういった苦境に立たされていても、
ダービー馬はダービー馬としての最低限の結果を残してきた。

レイデオロが過去の先輩達にあらゆる面で劣っているのならば結果はついて来ないだろうが、それ程弱いダービー馬では無いとジャパンカップでの結果が表している。

悲観的で批判的な予想もあっていいが、
ここは歴代のダービー馬達を尊重して、
迷うことなく本命候補です。

書いておかないと不安になるファンもいるでしょうから、
知ってる限りのデータを手を広げてお見せしておきます。

◎レイデオロ(ダービー馬)


言っちゃあなんだが、
持ち時計を3秒も一気に短縮できる馬はそうそういない。





京都記念2018予想ツイキャス生放送配信!日程:前日10日22時~騎手型予想家アキ

 2月10日土曜日22時からは、騎手型予想家アキが京都記念2018予想ツイキャス配信!
 豪華メンバーが揃い、予想オッズは大混戦の様相の京都記念2018をアキさん独自の視点からズバっと斬っていただきます。乞うご期待!また、みなさんのコメントでの意見も参考にさせてください。質問もどんどんお願いいたします。
 ツイッターアカウントをお持ちの方はコメント参加をぜひお願いいたします。競馬ナンデユーザーに限らずどなたでもご参加お待ちしております。

競馬ナンデ放送部ツイキャス 
日程:2月10日(曜) 22:00~
http://twitcasting.tv/c:nandecas

ツイッターユーザーの方はコメントで参加できます。競馬ナンデトップページからも閲覧可能。


京都記念1番人気馬過去10年結果データ

京都記念 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2008年 アドマイヤオーラ 安藤騎手 1着
2009年 サクラメガワンダー 福永騎手 2着
2010年 ブエナビスタ 横山騎手 1着
2011年 トゥザグローリー リスポリ騎手 1着
2012年 ダークシャドウ 福永騎手 2着
2013年 ジャスタウェイ 内田騎手 5着
2014年 ジェンティルドンナ 福永騎手 6着
2015年 ハープスター 川田騎手 5着
2016年 レーヴミストラル 川田騎手 12着
2017年 マカヒキ ムーア騎手 3着
2018年
 ここ5年間1番人気馬が連対できず苦しんでいる。というのも3回は雨や雪が影響しての道悪馬場で行われていることが影響している。この時期の京都地方は天気が崩れやすいため馬場には注意が必要だ。

京都記念過去10年歴代優勝馬データ

京都記念 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2008年 アドマイヤオーラ 安藤騎手 1番人気
2009年 アサクサキングス 四位騎手 3番人気
2010年 ブエナビスタ 横山騎手 1番人気
2011年 トゥザグローリー リスポリ騎手 1番人気
2012年 トレイルブレイザー 武豊騎手 5番人気
2013年 トーセンラー 武豊騎手 6番人気
2014年 デスペラード 横山騎手 6番人気
2015年 ラブリーデイ 戸崎騎手 3番人気
2016年 サトノクラウン デムーロ騎手 6番人気
2017年 サトノクラウン デムーロ騎手 3番人気
2018年

有力出走予定馬参考動画

ジャパンカップ2017:シュヴァルグランが最後までしぶとく伸びて初G1勝ち。ただ、キタサンブラックのは左前脚を落鉄していた分踏ん張りが利かなかったもので、力負けとは言い切れない。

エリザベス女王杯2017:ミッキークイーンは直線で大外から鋭い伸び。内を回った2頭を差し切れなかったが、内容は一番強かった。

チャレンジカップ2017:サトノクロニクルがゴール前の叩き合いを制した。ブレスジャーニーも距離短縮で巻き返し。ただ全体のメンバーレベルは劣る。

有馬記念2017:キタサンブラックが貫禄の逃げ切り勝ち。シュヴァルグランは不利がなければ2着があった。スワーヴリチャードは右回りで内に寄れる弱点を露呈。

アルゼンチン共和国杯2017:スワーヴリチャードの完勝。デムーロ騎手のロスのない競馬運びも鮮やか。

京都記念2017:サトノクラウンがマカヒキを破る!海外G1勝ちの実力が本物であると証明。渋った馬場も得意。

天皇賞秋2017:キタサンブラックの強さが際立った。出遅れて内から追い上げ最後は重の鬼サトノクラウンも振り切った。強い!

リスト表示する