オールカマー2017 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2017年9月20日 12:03)

オールカマー2017予想オッズ

中山競馬場芝2200m 日程:2017.9.24 出走馬可能頭数:18頭
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)
前走成績
2.6 ステファノス 戸崎 藤原 ディープインパクト 安田記念7
4.8 タンタアレグリア 蛯名 国枝 ゼンノロブロイ AJCC1
6.9 ルージュバック 北村宏 大竹 マンハッタンカフェ Vマイル10
6.9 アルバート 石橋 アドマイヤドン 天皇賞春5
9.4 モンドインテロ 田辺 手塚 ディープインパクト 札幌日1
12.9 カフジプリンス 矢作 ハーツクライ 新潟記3
36.7 グランアルマダ 津村 西園 ダイワメジャー 日本海1
37.6 ブラックバゴ 内田 斉藤 バゴ 五稜郭1
41.1 ツクバアズマオー 吉田豊 尾形 ステイゴールド 札幌記11
48.9 デニムアンドルビー 吉田隼 角居 ディープインパクト 鳴尾記6
57.8 ディサイファ 小島 ディープインパクト 札幌記12
66.6 マイネルミラノ 相沢 ステイゴールド 函館記11
87.1 マイネルサージュ 鹿戸 ハービンジャー 丹頂S4
107.6 マイネルディーン 鹿戸 ダンスインザダーク 福島TV5
112.6 ショウナンバッハ 柴田善 上原 ステイゴールド 関屋記念9
224.1 トルークマクト 大野 尾関 アドマイヤジャパン 新潟記17
 ステファノスは札幌記念を体調が整わず直前で回避してここへ。ただやはり使いたかったのは札幌記念だろう。というのも2200の距離は若干長く、2度使われたことがあるが、4着と5着に敗れている。
 タンタアレグリアはAJCCでのこのコースで重賞制覇している。休み明けとはいえ狙ってきている一戦で侮れない。
 アルバートは長距離ばかり使われてきていて久々に中距離に出走。この時期は馬場も軽くスピードも要するだけに、距離への対応がカギ。
 ルージュバックはこの秋はエリザベス女王杯を目標にしてオールカマーから。ただ、東京コースの長い直線に実績がある馬だけに、コース適性は疑問。
 予想オッズからはどこから買おうか悩ましいオールカマーになった。
 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手は実際にサニーブライアンで皐月賞を制するなど、中山コースの勝ち方を熟知している。曰く、、「今週も人気の盲点になっているオイシイ穴馬がいる...」とのこと!↓↓


先週同コース重賞も完全的中

ステファノスを脅かす穴馬教えます

第63回オールカマー(G2)
『人気馬と決まっても
馬連想定30倍以上』


◆得意の中山重賞で高配当的中!
先週のセントライト記念は予告通り
ミッキースワローから完全的中!!
3連単【7230円】GET!!
――――――――――――――――――――
紫苑ステークスも◎ディアドラから!
3連単【1万1870円】的中!
――――――――――――――――――――
※その他的中多数!

阪神2日目9R新涼特別
◎ディーズプラネット
2万9820円的中

中山3日目3R
◎セイウンクールガイ
2万1290円的中

中山2日目12R
◎チュラカーギー
1万9780円的中

中山2日目9R木更津特別
◎ダイワドレッサー
1万4230円的中

中山1日目6R
◎ラストプライドワン
1万2010円的中


中山重賞はこの男に任せるしかない!

        ↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。


大西直宏とは
~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。






オールカマー2017netkeiba予想オッズ雑感/タンタアレグリア3.5倍過剰人気?馬券妙味診断

人気 馬名 予想オッズ
1 タンタアレグリア 3.5
2 ステファノス 3.6
3 モンドインテロ 4.7
4 アルバート 5.5
5 ルージュバック 8.7
6 ツクバアズマオー 14.3
7 カフジプリンス 18.2
8 ブラックバゴ 18.8
9 デニムアンドルビー 23.6
10 マイネルミラノ 45.3
11 ディサイファ 104.9
12 グランアルマダ 110.7
13 ショウナンバッハ 172.5
14 マイネルサージュ 183.4
15 パリカラノテガミ 261.0
16 マイネルディーン 345.1
17 トルークマクト 399.2
 タンタアレグリアを1番人気とするのはいかにもnetkeibaユーザーらしいオッズ。AJCCでこのコースで重賞勝ちしているコース適性の高さが大きく評価された形だ。ただ、休み明けで、AJCC当時に比べると7~8割の状態とされ、ここまで信頼してよいものかは疑問。
 逆にステファノスが嫌われたのは距離実績のなさだろう。ただ、2200を走ったのはセントライト記念の一度だけで、差のない4着でもあり、適性がないともわからない。実績からするとここでは間違いなくナンバーワンで、このままなら馬券妙味はありそう。ただ、実際は2倍台近くまで下げてくるのではないか。
 昇級したばかりのブラックバゴが穴人気しているのもnetkeibaらしい。この馬は中山コースでホープフルステークス3着、京成杯2着と、コース適性が高いことを評価された形だろう。ただ、外回り2200は初めてで鵜呑みにはできない。



オールカマー過去10年歴代優勝馬データ

オールカマー 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2007年 マツリダゴッホ 蛯名騎手 1番人気
2008年 マツリダゴッホ 蛯名騎手 1番人気
2009年 マツリダゴッホ 蛯名騎手 3番人気
2010年 シンゲン 藤田騎手 5番人気
2011年 アーネストリー 佐藤騎手 1番人気
2012年 ナカヤマナイト 柴田善騎手 2番人気
2013年 ヴェルデグリーン 田辺騎手 9番人気
2014年 マイネルラクリマ 戸崎騎手 2番人気
2015年 ショウナンパンドラ 池添騎手 3番人気
2016年 ゴールドアクター 吉田隼騎手 1番人気
2017年 ??

リスト表示する