セントウルステークス2017 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2017年9月 5日 12:50)

セントウルステークス2017出走予定馬・予想オッズ

阪神競馬場 芝1200m
日程:2017.9.10 出走馬可能頭数:16頭
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統(父馬) 前走成績
3.1 ダンスディレクター 浜中 笹田 アルデバラン 阪急杯1
3.1 フィドゥーシア 石橋 松元 medagliadoro アイビス2
5.6 メラグラーナ 戸崎 池添 Fastnetrock CBC10
8.8 ラインミーティア 西田 水野 メイショウボーラー アイビス1
9.9 ファインニードル デムーロ 高橋 アドマイヤムーン 北九州5
25.4 スノードラゴン 大野 高木 アドマイヤコジーン CBC賞5
40.1 アルティマブラッド 藤岡康 音無 シンボリクリスエス 北九州6
41.1 ヒルノデイバロー 四位 マンハッタンカフェ キーンランド12
50.0 プレイズエターナル 池添 安田 アドマイヤムーン 北九州9
70.9 ナガラオリオン 大根田 アドマイヤマックス 北九州12
76.5 ラヴァーズポイント 川須 高橋 マイネルラヴ 北九州10
78.6 ミッキーラブソング 和田 橋口 キングカメハメハ 北九州14
79.9 ワキノブレイブ 清水 マイネルラヴ オーロC9
80.3 アドマイヤゴッド 北村友 須貝 ハーツクライ UHB賞5
90.5 ツィンクルソード 小牧 松永 デュランダル 北九州15
132.0 ワキノヒビキ 清水 オンファイア テレビユー8
 ビッグアーサーは昨年の香港遠征大敗後、一頓挫ありここまで復帰が伸びた。騎手は藤岡康太騎手に戻りリフレッシュを図る。衰えがなければだが。
 ダンスディレクターも阪急杯を勝ったものの骨折が発覚しての休養明け。ただ、骨折は重いものではなく、競走能力に影響はなさそう。ここも展開がはまればになる。
 メラグラーナはCBC賞を大敗したが、恐らく中京1200コースが不得手。右回りに戻って本領発揮なら差し脚はここでも通用。
 ラインミーティアはアイビスSDで重賞初制覇。ただ、直線巧者で、西田騎手の騎乗もはまり、外枠にも助けられた感。ワンターンの1200でどこまで通用するかは微妙なところ。
 予想オッズからはどこから買おうか悩ましいセントウルステークスになった。
 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手は実際にカルストンライトオでスプリンターズステークスを制するなど、1200m戦の勝ち方を熟知している。曰く、、「ビッグアーサー回避ならあの馬が浮上する」と言い切る!↓↓


ビッグアーサー回避なら

本命はあの馬しかいない↓

第31回セントウルS(G2)
『絞りに絞った3連想定300倍』


◆得意のスプリント重賞で高配当的中連発中!
北九州記念14番人気ナリタスターワンをスクープ!
【1万5940円】的中!!!
――――――――――――――――――――
キーンランドカップ12番人気エポワスをスクープ!
【4570円】的中!
――――――――――――――――――――
アイビスSD8番人気ラインミーティアをスクープ!
【7210円】的中!
――――――――――――――――――――

※その他的中多数!

スプリント重賞はこの男に任せるしかない!

        ↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。


大西直宏とは
~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。





セントウルステークス2017netkeiba予想オッズ雑感/ファインニードル3.4倍過剰人気馬券妙味診断

人気 馬名 予想オッズ
1 フィドゥーシア 3.0
2 ファインニードル 3.4
3 メラグラーナ 4.3
4 ダンスディレクター 4.5
5 アルティマブラッド 18.1
6 スノードラゴン 19.5
7 ラインミーティア 23.0
8 ミッキーラブソング 28.6
9 ヒルノデイバロー 37.7
10 アドマイヤゴッド 59.4
11 ラヴァーズポイント 67.8
12 ナガラオリオン 113.3
13 ツィンクルソード 139.6
14 ミッキージョイ 171.3
15 プレイズエターナル 172.7
16 ワキノブレイブ 180.1
17 ワキノヒビキ 702.5
 フィドゥーシアはここのところ安定しており妥当な評価だろう。
 ただ、ファインニードルに関してはここまで人気にはならないのではないか。前走はたしかに直線で前が開かなかったものの着順は5着。斤量も今回は56キロとなる。netkeibaユーザーは競馬通が多いため、この馬が阪神1200で速い時計で勝ち上がったことを評価しているものと思われる。たしかに、いまのオッズはコース適性を重視する傾向にあるが、さすがに3.4倍まではいかず、メラグラーナ、ダンスディレクターと同じかそれ以下の6倍くらいまでは上がると思われる。
 逆にラインミーティアは直線コースで実績を挙げているため、コース適性を疑われての低評価。ただ、このメンバーで重賞勝ちの実績は貴重で、15倍くらいまでは下げてくるのではないか。


セントウルステークス過去10年歴代優勝馬データ

セントウルS 歴代勝ち馬 勝利騎手 単勝人気
2007年 サンアディユ 川田騎手 11番人気
2008年 カノヤザクラ 小牧騎手 3番人気
2009年 アルティマトゥーレ 松岡騎手 5番人気
2010年 ダッシャーゴーゴー 川田騎手 4番人気
2011年 エーシンヴァーゴウ 田辺騎手 2番人気
2012年 エピセアローム 武豊騎手 6番人気
2013年 ハクサンムーン 酒井騎手 2番人気
2014年 リトルゲルダ 丸田騎手 4番人気
2015年 アクティブミノル 藤岡騎手 10番人気
2016年 ビッグアーサー 福永騎手 1番人気
2017年 ??



リスト表示する