メルボルンカップ 日程 騎手 出走馬データ

競馬ナンデ想定班(2014年11月 1日 16:40)
<メルボルンCウィリアムヒルオッズ>
アドマイヤラクティ  5.0倍
プロテクショニスト  7.0倍
ジオファー      8.0倍
ルシアヴァレンティナ13倍
フーショットザバーマン14倍
フォークナー     21倍
ペールミモザ     26倍
エスティメイト    26倍
ダンディーノ     26倍
キャバルリーマン   26倍
レッドカドー     34倍

日程:2014.11.4 発走時間:日本時間14:40
最大出走馬:18頭 [メルボルンカップ2014解説]
 メルボルンカップ2014前哨戦コーフィールドカップをアドマイヤラクティが58キロのハンデを克服して、低評価を覆す見事な差し切りで快勝!ブックメーカー・ウィリアムヒル社もこれを受けてオッズを修正し、単勝5倍の1番人気に推した。
 アドマイヤラクティは天皇賞春でも好走歴があり長距離戦は滅法得意で、オーストラリアの馬場も合う。長期滞在しての遠征で、デルタブルース以来の日本馬のメルボルンカップ制覇に期待が高まる。
 外国馬は同距離のシドニーカップを制した地元オーストラリアのジオファーなどが人気。天皇賞春にも参戦して日本でお馴染みのレッドカドーらも出走予定だが、全体的に外国馬が手薄で、日本馬アドマイヤラクティ勝利の公算は高くなった。凱旋門賞では史上最強と言われた3頭が消化不良の結果に終わっただけに、日本競馬界は沸いており、グリーンチャンネルやニコニコ生放送などでも放送の可能性がある。
 日本の競馬ファンなら、馬券を買って、日本馬を応援して楽しみたい。
 海外では日本馬は総じて軽視される傾向にあり、思わぬ高配当にありつける場合もある。実は2006年のメルボルンカップをデルタブルースが制したときには、あるブックメーカーでは単勝18倍もの高配当がつき、ブックメーカー経由で馬券購入していた日本の競馬ファンからは、美味しい馬券を獲れた!との声も。私も今年はもちろん、アドマイヤラクティを狙うつもりです!


そこでメルボルンカップ2014の馬券を購入するにはどうすればいいのか、、

最も簡単なのが→ウィリアムヒル(英国公認ブックメーカー)

現在の最新オッズを確認!

 このブックメーカーサイトが昨年から日本進出し、完全に日本語訳化された。
 格段に簡単な手続で海外競馬の馬券購入ができるようになったとネット上で話題だ。
 さらに日本での顧客獲得のため、25ドル分のポイントが貰えてフリーベットでお試しで賭けられるキャンペーン中なので、この機会を活かしたいところ(もちろん配当は現金化できます)。

 海外のブックメーカーなので手続きが面倒かと思っていたのだが、私が実験してみたところ手続自体の所要時間は30分程度。
 基本的にはネット上で全て手続を済ませられるので、JRAのPAT等に入会するのに比べればずっと楽です。

 今回登録しておけば、11月のブリーダーズカップや来春のドバイワールドカップデー2015(ワンアンドオンリー出走予定)など海外の主要レースの馬券も購入できるようになる。(もちろん、田中将弘登板のメジャーリーグ野球や、サッカーワールドカップや錦織圭の全豪オープンといったスポーツ全般、そしてオンラインカジノも楽しむことができる。)
 日本馬の海外遠征が増えてきている昨今では、競馬ファンにとって必須となってきているとも言える。


キャンペーンで貰える25$をフリーベットするまでの手順を大まかに説明する。
1、ウィリアムヒル(ブックメーカー)に登録。数分。(25$ゲット!)
3、日本の銀行からネッテラーに25$を入金。数分。 
4、ネッテラーからウィリアムヒルに25$を入金。数分。

以上の4ステップ。必要なのはネッテラー口座開設時の本人確認で必要な、「普段使っている日本の銀行口座」「運転免許証などの身分証明書」だけです。
ウィリアムヒルとネッテラーに登録し、入金すれば、馬券を買えるようになるのです。


まずウィリアムヒルに登録(プロモーションコード「JP25」入力で$25フリーベット)


次にネッテラー(海外ネット銀行)に口座開設(今お持ちの日本の口座から入金)


海外ネット銀行ネッテラーの口座開設手順はこちらから。わかりやすいです。↓↓
唯一面倒なのは、本人確認のために免許証画像を添付して送信するというところだけ。


日本の銀行→ネッテラーへの入金手順はこちら。わかりやすく、簡単です。↓↓


ネッテラー→ウィリアムヒルへの入金手順も簡単↓↓以上で完了です!
 
 今後も日本馬の海外遠征は増えるだろうから、いつかは海外ブックメーカーにも登録しておかないと、、であればこの機会に重い腰を上げてみませんか、、?
 私はやってみたら意外と簡単で、もうバンデ(出走回避しましたが、、)の馬券もすぐに買えてしまったので、、↓↓
 あとはもう中継を待つのみ!メルボルンの直線でアドマイヤラクティの末脚が炸裂するか、本当に楽しみです♪
 せっかくの機会、事前にウィリアムヒルで準備しておき、メルボルンカップ2014中継で盛り上がりましょう!


リスト表示する