10/20 10/21
10/20 10/21
新着予想>京都記念2018結果回顧一覧

京都11R 京都記念 2018年2月11日(祝)
芝外2200 4歳上GII 晴重 平均レースレベル4.0

87654321枠番
10987654321馬番
ア
ル
ア
イ
ン
ミ
ッ
キ
|
ロ
ケ
ッ
ト
ア
ク
シ
ョ
ン
ス
タ
|
ク
ロ
コ
ス
ミ
ア
レ
イ
デ
オ
ロ
モ
ズ
カ
ッ
チ
ャ
ン
ク
リ
ン
チ
ャ
|
デ
ィ
ア
ド
ラ
ケ
ン
ト
オ
|
プ
リ
メ
ラ
ア
ス
|
ル



馬名



牡4 牡5 牡8 牝5牡4 牝4牡4 牝4 牡6 牝6性齢
57 56 56 5457 5455 54 56 54斤量
川
田
将
松
若
太
å®°
岩
田
康
バ
ル
ジ
デ
ム
|
ロ
藤
岡
佑
福
æ°¸
小
牧
太
酒
井
å­¦
騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
………………危………陸
……………狙…………ヨルゲンセ
…………狙……危……クライスト
………………狙………ぐつん
  <予想家の色:◆馬場型 ◆展開型 ◆血統型 ◆騎手型 ◆パドック型 ◆調教型> <背景濃色=自信度S・A>

タイム 2:16.3 4F 48.5 3F 36.3
単勝4番1050円(4人気)
複勝4番180円(4人気)10番170円(3人気)6番110円(1人気)

競馬予想型   陸西前頭五枚目 予想歴11年 回収率% 短縮馬3頭で決まった
1169PV

今年もダービーが敗れた


予想


◎8枠9番ミッキーロケット
○8枠10番アルアイン
▲3枠3番ディアドラ
△6枠6番レイデオロ


結果


1着無クリンチャー
2着〇アルアイン
3着△レイデオロ
4着無モズカッチャン
5着無ケントオー


結局短縮馬3頭で決まった





クリンチャー
データを信用して安易に切ってしまった

レイデオロ
どんな展開になっても問題なかったので一番軸向きでした

アルアイン
良馬場なら切ろうと思っていたが雨が降ったため抑えざるをえなかった

モズカッチャン
現状4歳牝馬ではコイツがトップかな

ミッキーロケット
こんなに弱いとは…

予想:https://ameblo.jp/gunxsword2015/entry-12351829374.html
有力馬分析:https://ameblo.jp/gunxsword2015/entry-12351134572.html

https://ameblo.jp/gunxsword2015/     
→次走危険馬:クリンチャー  

競馬予想型   ヨルゲンセン西十両十三枚目 予想歴10年 回収率% "決定打"は馬場重化
1284PV




毎度の通り 色気を出して
それなりに穴目を狙ってみたが

さすがにGⅠ級の馬が揃っただけはあって
荒れず。

ただ、断然人気が取りこぼす
という形にはなった。



クリンチャーは
予想段階で書いた通り
菊花賞で自信の◎を打って
爆当たりの主役になった存在なので
当然 思い入れは強く、
予想は別にしても 応援必至の存在。


ただ
さすがに みんな狙っていたようで
人気がジリジリ上がって
馬券的には多少買いにくい存在にはなっていた。。


馬場が渋った点など含めて
今回もこの馬に向いたところはあったと思うが
当時、菊花賞の好走をフロック視する声が結構多かったので
それを多少は払拭できたかなと思う。


まぁ 
これまでの実績や
対戦成績を
額面通りに受け取ったとしたら
単純計算で ココも十分足りると言えたし

馬場が違えば結果も違った可能性は高いが
一定の評価は下したいと思う。




------------------------------




ペース算出に関しては
2秒程度のスローだろうという結論で
これが 正解。

馬場が渋った分で どうなるかと思ったが
前後半差の数字だけで言えば
馬場は関係なく想定通りだった。


クリンチャー  B(指数E  5.1)(機動D 12.6)
アルアイン   D(指数D  5.5)(機動C 13.2)
レイデオロ   B(指数C  6.9)(機動C 13.4)
モズカッチャン E(指数B 10.8)(機動B 13.7)
ケントオー   E(指数E  1.0)(機動E  2.8)


位置取りのタイプに関して
頭数が少ないと
B・C・Dは該当する数が減るので
全体的に位置取り想定の安定感は下がる。
あとは馬場が渋った分のズレもありそう。





-----------------------------------------




ラップ解析は

馬場の影響もあってか
綺麗に不発。
両パターンで上位に該当したモズカッチャンは
出負けが痛かったかな とも思うが

何にせよ
穴目も来ていないし
好走した人気馬も
レイデオロの名前があるだけ。





----------------------



馬場の影響を考慮して
高変速・上がりバランスのランキングを出したが

コレはチョット失敗だったかも。

もっと単純に
時計がかかる点だけに注視した数値をだしていれば
少なくともクリンチャーは上位だった。


今回出したランキングからは
上位入線馬が
レイデオロ
アルアイン
モズカッチャン

とはいえ、
全部人気馬だし
アルアイン以外は
そもそも人気ほど走れていない。





-------------------------------



調教適性は好走馬をピックアップしていたようで

Aパターンは
クリンチャー
レイデオロ
アルアイン

Bパターンでも
クリンチャー


両パターンに該当した馬が勝ったのと
Aパターン上位の馬達で決まったので

コレは 割と綺麗にハマったと言えそう。


今回の評価は 
信頼度が高そう
と書いた通りになってくれた。




--------------------------------




血統評価では、
まず
ストレートにディープは走る としたものの

今回唯一のディープ産駒であるアルアインは
母方の米国指向性の強さが気になると書いた。

が、そんなコトは問題にならず。
むしろ、それが活きたかも知れない。


さらには
欧州型が優勢 と 目していたが

それもクリンチャーが一蹴した。




------------------------------



堅かったので仕方ないところもあるが
ペース算出以外
解析的なところは不発。

調教適性の評価に見るべきところがあった点だけが救いか。


お手馬 クリンチャーは
もちろん 馬券も買っての応援だったので
その点、この結果は喜ばしいが

予想 という点だけで言えば
良かったとは言い難い。



ミッキーロケットは
人気も斤量も落ちるなら
狙うしかないだろうと思っていたが、、
またもや不発で 何とも。。

条件は 悪くはないと見ていたんだがね。


まだ あまり見限りたくはないんだが、
一線級相手の戦場では
なかなか 厳しげではある。






-------------------------
→次走狙い馬:モズカッチャン       

競馬予想型   クライスト教授東関脇 予想歴39年 回収率0% 状況が敗因!
1151PV

レースレベル4・・・
G1馬を尻目に勝ったのがクリンチャーという事で、簡単に言えば馬場適性の巧拙が結果につながったと評せるだろう。
ただし、騎手動向で見ると、初遠征の代打バルジュー鞍上でかかり気味の競馬になってしまったレイデオロ、馬主の温情で乗せて貰っているのに見せ場すら見せられなかった福永騎乗のディアドラ、苦肉の策でインを突いたもののゴール直前で追うのを控えたミルコ騎乗のモズカッチャンの3人の騎手がそれぞれお粗末だったので4と評価する。
もちろん良馬場だったらこんな結果にならなかった事もあるので。

次走狙い馬=レイデオロ(バルジュー)
今回の敗戦にはガッカリだが、それでも臨戦状況と馬場状態からルメールの代打であるバルジューは責められない。
逆に、向こう正面で掛かってしまったのを必死に抑えて3着に残れた事(ミルコのゴール前追わずのお陰でも)を高評価できるだろう。
結果から見ても、通常であれば差されて負ける相手じゃない馬に差されているので、今回の状況が如何に同馬に不利(掛かって早目の競馬になって直線半ばで先頭に立たされてしまった)に働いたかを示したと言える。
よって、今回の3着を悪く捉えるより、よくぞこの不利な状況で3着に入れたと思えるので次走狙い馬なら同馬しかいないと評価する。

次走危険馬=ディアドラ(福永祐一)
馬主の温情で同馬に乗せて貰っているのに、この鞍上は期待に応えるための騎乗をするでもなく、ただただいつも通りの後方待機の着狙い騎乗をして騎手の実力差からキッチリ見せ場もない負け方で同馬を終わらせてしまった。
私がこの騎手を騎手と思えないのが今回にようにどんな馬でも同じ乗り方しかできない=モンキー乗りができれば誰でもできる騎乗しかできない者だから。
結果でも示されているが、馬場が味方してなおかつ目標馬をキチンと自覚して乗れば今回の藤岡佑介や川田将雅のようにレイデオロを負かすまでの大仕事をする事もあるのに、この鞍上は根本的な技術力も思考力も低すぎるのに「必死に人事の期待に応える」という我武者羅さ=絶対に勝つんだという心根がない。
これが親の名声だけでよい馬に乗せて貰っている縁故者の腐った根性の表れであり、「福永」の苗字に泥を塗っているだけの下手くそだからこそ騎手だと思っていないのである。
いずれにしても、同情心からの騎乗であったにしても、馬がこれ以上の活躍が望めないと薄々感じているからこそ福永祐一のような助手を同馬に乗せた事が示されたのでは次走危険馬は同馬しかいないと言えるだろう。

競馬には「買わないと来る、買うと来ない」がよく起こるが、少なくとも人事の期待に応える姿勢と心構えのない者を私は騎手とは認められないので、やはり福永祐一は一日も早く騎手を辞めるべきだと断言する。

縁故だけで実力のない者が国内の地縁だけで優秀な馬に乗せられる時代にも道理にも適わない愚かな風習である事は誰もが分かっている事だが、福永祐一とはその最たる存在であり、世界に広がる日本競馬の発展を阻害するウィルスのようなもの。
ハンセン病やペストが駆逐されて人類が発展していくように、悪疫は駆逐されなければ発展は望めない。
福永とは中央騎手界にとっての悪疫である事を今回のディアドラが証明したと私は思っている!

ただ、この視点で見れば、福永の登場を招いた武豊の存在も今では中央騎手界のお荷物となってしまうのも残念でならない。
騎手が優遇される始まりはたしかに武豊のお陰だが、それまでの騎手の待遇があまりに低かった事を考えると武豊の活躍は弊害よりも貢献の方がはるかに大きいので武豊を邪魔者とはできないが、武豊のモノマネしか出来ない上に成果は半分にも満たない福永祐一など、今すぐ消えても問題はおろか騎手界にとって良い材料でしかない。
実力がなくても良い馬に乗れて勝ち星が詰める者の存在は、女というだけの話題だけの藤田ナナコくらいしか良い目を見ない愚かしい事と、きっと多くの人が気付いているからこれだけ外人騎手が呼ばれるようになったのだとつくづく思い知らされた2018年度の京都記念だった。
レースレベル:4
→次走狙い馬:レイデオロ  
→次走危険馬:ディアドラ  

競馬予想型   ぐつん東幕下八枚目 予想歴34年 回収率% 来年の為に
1373PV

継続サイン=京都記念=

<2018京都重賞サイン>

京都金杯3着(正7)

シンザン記念2着(正7)

日経新春杯1着(正7)

シルクロードS2着(正7)

きさらぎ賞3着(逆7)

京都記念1着(逆7)

★正逆7が[3着以内]

<2013年以降>

・前年の忘れな草賞
連対逆番が正番で[連対]
→逆○、○だったので正○、○が候補

・前年のテレ玉杯連対逆番が逆番で[3着以内]
→逆○、○だったので逆○、○が候補
→次走狙い馬:クリンチャー       



競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
雨龍泥舟
10/12 23:35

すごい動画発見! https://www.youtube.com/watch?v=55NE29sWHCU

競馬ナンデ編集部
10/12 18:19

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

クライスト教授
10/11 09:12

石橋脩は残念だが代わりが北村友一なのは思わず笑った。指定の厩舎付き騎手では絶対に被らないはずの騎手が起用されたから。これで来たらアーモンドアイは危ないって事か?(苦笑)...

ドリームパスポート
10/09 14:24

ラッキーライラックに友一君なんだ。脩君残念。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

ゼータ>>

>>ゼータ


10/20 21:49

編集長おくりばんと>>

>>ゼータ


10/20 15:51

編集長おくりばんと>>

>>ゼータ


10/20 15:49

雨龍泥舟>>

>>編集長おくりばんと


10/17 10:42

ぷみを>>

>>クライスト教授


10/16 21:39



19
秋華賞
◎アーモンドアイ
○カンタービレ
三連単11-13-2番
5,600円 的中

ぷみを
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社