6/23 6/24
6/16 6/17
新着予想>フィリーズレビュー2018結果回顧一覧

阪神11R フィリーズレビュー 2018年3月11日(日)
芝1400 3歳GII 晴良 平均レースレベル2.5

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番
ア
リ
ア
ラ
ブ
カ
ン
プ
|
ギ
ン
コ
イ
エ
レ
ジ
|
コ
|
デ
ィ
エ
ラ
イ
ト
ア
ル
モ
ニ
カ
メ
イ
シ
ョ
ウ
コ
ゴ
ミ
ス
ウ
ォ
ナ
|
レ
ナ
デ
ィ
ア
リ
バ
テ
ィ
ハ
イ
ツ
ア
ン
コ
|
ル
プ
リ
ュ
ビ
リ
|
バ
|
モ
ル
ト
ア
レ
グ
ロ
ア
マ
ル
フ
ィ
コ
|
ス
ト
イ
サ
チ
ル
ル
ン
ル
ン
レ
ッ
ド
シ
ャ
|
ロ
ッ
ト
マ
ド
モ
ア
ゼ
ル
デ
ル
ニ
エ
オ
|
ル
ア
ン
ヴ
ァ
ル



馬名



牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3牝3牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3牝3 牝3性齢
54 54 54 54 54 54 54 545454 54 54 54 54 54 5454 54斤量
丸
å±±
元
松
å±±
弘
古
川
吉
和
田
竜
川
田
将
秋
å±±
真
大
å±±
真
鮫
島
克
駿
北
村
友
藤
岡
康
杉
原
誠
人
田
辺
浜
中
国
分
恭
横
å±±
典
松
田
大
岩
田
康
藤
岡
佑
騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順着順
…………狙…………………………………BC爺
……狙………………狙……………………陸
……………………危狙…危…………狙…711
…………………………………………狙…ヨルゲンセ
……………………危危………………狙…クライスト
  <予想家の色:◆馬場型 ◆展開型 ◆血統型 ◆騎手型 ◆パドック型 ◆調教型> <背景濃色=自信度S・A>

タイム 1:21.5 4F 47.8 3F 36.1
単勝10番2230円(8人気)
複勝10番460円(8人気)9番190円(2人気)2番360円(5人気)

競馬予想型   BC爺西前頭一枚目 予想歴17年 回収率91% フィリーズレビュー2018回顧
740PV

勝ったリバティハイツは中団から差し切り。確かに安定してますし、血統も悪くない割に人気がそれほどなく盲点でしたね。全く気にならなかったわけではないですが、着眼点が合いませんでした。

2着アンコールプリュは後方から追い込み。血統的には合わないんですけど、やはり勢いがある時のディープですから来ても不思議はないかなとは思っていました。

メイショウコゴミは中団から全く伸びず。やはり力的に少し無理があったのと、過去に来たダート組は前走で勝ってたので、好走とは言え3着では勢いが足りなかったのでしょうね。

次走で面白そうなのは順番的に勝つ番のアルモニカですかねぇ。今回も外枠先行で悪くない内容でしたし。
レースレベル:3
→次走狙い馬:アルモニカ       

競馬予想型   陸西前頭五枚目 予想歴11年 回収率% レベルは高かった
646PV

デルニエオールからの馬券買っといたらよかった


予想


◎8枠18番アリア
〇4枠7番モルトアレグロ
▲1枠1番アンヴァル
▲1枠2番デルニエオール
△2枠4番レッドシャーロット
△3枠6番アマルフィコースト
△5枠10番リバティハイツ


結果


1着△リバティハイツ
2着無アンコールプリュ
3着▲デルニエオール
4着▲アンヴァル
5着無ギンコイエレジー

10着〇モルトアレグロ
12着◎アリア


上がりは掛かったがペースが速く勝ちタイムも悪くない、レベルは高かったと思う





リバティハイツ
メンバー中上がり4位だが上がり上位の馬が4角12番手以降と後方に位置取っていた馬なのでいい脚を使ったと思う

アンコールプリュ
リバティハイツには敗れてしまったが、3角16番手から4角12番手と徐々に押し上げて上がり1位で2着は強い内容

デルニエオール
スプリント戦のペースへの追走力がどれくらいあるかが不安だったので評価を上げ切れなかった

ギンコイエレジー
この馬ベルカントみたいに実はスプリント能力ありました、のパターンかも、長い目で見てみたい

レッドシャーロット
リバティハイツと一緒に差し馬として警戒してアンコールプリュに次ぐ上がり2位、目の付け所は悪くなかった

モルトアレグロ
ハイペースを前に行ってしまう騎乗ミス

アリア
雰囲気よさそうだったが伸びず、非常に残念

マドモアゼル
また馬体を減らしてしまった

イサチルルンルン
活性化不足

コーディエライト
前走G1組の馬は信頼度低い、スプリント性能ある馬を積極的に狙いたい

予想:https://ameblo.jp/gunxsword2015/entry-12359273144.html
有力馬分析:https://ameblo.jp/gunxsword2015/entry-12358515645.html

https://ameblo.jp/gunxsword2015/
→次走狙い馬:アンコールプリュ,ギンコイエレジー     

競馬予想型   711東十両一枚目 予想歴7年 回収率% 桜花賞に向けて ~フィリーズR編~
1拍手
737PV

俺データ備忘録

 繰り返す。私は何度でも繰り返す。過去のレースを何度も巡り、乾坤一擲の当たりを探る。わたしを、負け犬の運命から救い出す馬券を…。

 ;-ω-) 消し馬が2着で、▲○がクビ、ハナの3、4着…勝ち馬は当たったのにね。まあ、悔しいことは悔しいけれど、これを来年の予想に活かして行こう。回を重ねるごとに俺データは充実していくのだから。
 7-ω-) 俺データ予想&俺データ回顧に拍手をしてくれた、そこのYou!ありがとう!Youのために、今回も俺データ回顧を書き込みます。したがって、You以外は読まないでね…と、クギを差しても読んでるか。てゆーか厚顔無恥?

 さて、あと約2ヶ月でオークス、ダービーとなりますね。目標が近づき、使うレースとその結果の重みは、大きなものとなります。・・・ということで、フィリーズRを使用した馬のクラシックについて、俺データではどのような評価となるのか、備忘録として今年も記しておきます。

 繰り返しになりますが、3歳この時期の馬体重は体調や調整状態の優秀なインジケーターとして見て良いと考えています(俺は馬体の良さ、調教が全く分からないので断言までは出来ませんが、過去のレース結果からはそのように言えます。)。

 桜花賞の前走で、10キロ以上の馬体重減があった馬は馬券になる見込みはありません。
   ここから桜花賞に直行した場合は消し→ イサチルルンルン、ビリーバー

 フィリーズR組みで着差0.5以上に負けた馬の桜花賞成績は、馬券になった例外が極少数あるだけです。
   消し→ アマルフィコースト、アリア、イサチルルンルン 、コーディエライト、スウォナーレ、ナディア、マドモアゼル、メイショウコゴミ、モルトアレグロ、ラブカンプー、

 多くの馬は浅いレースキャリアで桜花賞に臨むことになりますが、勝ち数、前走の着差や人気も重要です。
 芝で3勝以上または前走が重賞で1馬身以上の着差勝ちを除き、芝を3回以上使って、前2走が芝かつ前走6番人気の馬は、馬券になった例外が極少数あるだけです。
   ここから桜花賞に直行した場合は消し→ アリア、アルモニカ、イサチルルンルン、ギンコイエレジー、コーディエライト、ナディア、ビリーバー、マドモアゼル、ラブカンプー、リバティハイツ、レッドシャーロット

 また、前々走芝1200から前走芝1400のレースを使用して桜花賞へ向かう馬は馬券になる見込みはありません。
   ここから桜花賞に直行した場合は消し→ アンヴァル

 さて、今年のフィリーズR組みで残った、アンコールプリュ、デルニエオールの2頭についてです。

 他の消し俺データに両馬とも該当がなく、馬券内が期待できると見ています。
 ということで、次走狙い馬はアンコールプリュ、デルニエオール、次走危険馬は(消し馬のうちフィリーズRの勝ち馬と一番人気だった)リバティハイツ、モルトアレグロといたしました。



 7-ω-) いつも読んでいただき、ありがとうございます。それでは皆様、良い競馬を。
→次走狙い馬:アンコールプリュ,デルニエオール
→次走危険馬:リバティハイツ,モルトアレグロ

競馬予想型   ヨルゲンセン西十両八枚目 予想歴10年 回収率% Revue の Review
4拍手
706PV



コレまた イイ感じに荒れてくれたが
またまた 狙いとは違い。。

リバティハイツは
注目血統ではあって、調教適性にも名前が出ていたが
実際に馬券を組む段階に至っては 一度消しかけた存在。
結局、この馬の穴情報入ってきたから それで一応残したんだが…

頭で来るのねw



-----------------------------------



ペース算出は想定通り。
位置取り指数の高さが示す通りのハイペースになった。
それに関しては、
指数が安定しない3歳戦にしては良かった。

が

問題は実際のラップ推移で
今回のラップは、実は本来想定していたパターンの1つなんだが
なんと このラップパターンで評価を出すと
適合する馬が出ないという。。

コレはミスとかバグという話ではなくて
若駒戦特有のキャリアの浅さが要因で
要するに 仕様。
その辺は、このツールの弱味でもある。

なので、今回の実際のラップを基に評価を出しても
ピックアップされる馬はいない。
何とかしたいトコだが、どうしたもんかね。。


一応、予想段階で出していたラップ適性解析評価の中では
アンコールプリュが B○ 
だけ。
リバティハイツ と デルニエオール は
完全無印になっていた。



------------------------------



調教適性からは
2つの項目両方に該当した唯一の馬である
アンコールプリュが連対。(A○ B★)

あとは、リバティハイツが B項目下位グループの1頭(☆印)

デルニエオールが B項目上位グループの1頭(★印)


この感じだと、
絞り込んで狙いを定められるとしたら
人気のアンコールプリュぐらいかも知れない。

ただ、B項目の6頭の中から
馬券になった3頭が全て出ていて、
2ケタ人気で掲示板に載ったギンコイエレジーも
6頭の中にいる。
あとは落馬したアマルフィコーストと
2ケタ人気2ケタ着順のイサチルルンルン。

調教適性のいずれかの項目のピックアップ馬5~6頭の中から
馬券対象馬が全て出る っていう このパターン。
ちょこちょこあるんよな。。;



---------------------



血統的には
リバティハイツが唯一のキングカメハメハで
(ロードカナロアも同系ではあるが)
単純な評価なら 狙いやすくはあった。

アンコールプリュは、母方の血に注目していたが
そこまで強気に推せる感じでもなく。


ロードカナロア と ダイワメジャー
良さそうなこの舞台で
数がこんだけいて
結局1頭も馬券にならんかったね。;



---------------------



データを精査した感じでは
ラップ適性の方と評価馬が似通っていたので
コレは解析結果を割と信用してイイんじゃないかと思ってしまったのが
運の尽き。


調教適性の方だけで馬券を組んでれば
綺麗に獲れてた可能性も十分ある。


あとは、
想定ラップパターンに適合馬がいなかったのも痛いところ。
評価算出法を変えねば何ともならんか。



デルニエオールは
良くなっていくのはコレからだと勝手に思っていて
違う舞台で見てみたいというのも含めて
今後 注目。






------------------------------------
→次走狙い馬:デルニエオール       

競馬予想型   クライスト教授東関脇 予想歴39年 回収率85% 浜中俊、終焉レース!
1拍手
799PV

レースレベル2・・・
鞍上の北村友一はとても上手く乗ったので上位入線馬だけ見れば平均的と言えるが、伏兵リバティハイツの優勝は展開が向いただけで決して地力が高いとは言い切れない。
つまりは、1・2着は流れが向いての差し嵌り、3・4着は枠順の好さも馬込みに揉まれて伸び足らずの結果。
何より、勝ち馬が伏兵馬である時点でこの後の桜花賞で勝ち負けできるレベルではないと評価して2とする。

次走狙い馬=デルニエオール(岩田康誠)
結果は3着で2頭の先着馬はいるが、鞍上を強化して権利を獲れたのはこのメンバーで唯一桜花賞での好走が見込める良い材料と評価。
鞍上はこのままで桜花賞での3着穴目を期待する。

次走危険馬=リバティハイツ(北村友一)
ラッキーライラックとアーモンドアイのどちらかが予想以上に弱ければ話は別だが、浜中が自滅したお陰で急に持ち上げられた感の見受けられるこの鞍上レベルで桜花賞で勝ち負けできるとは到底思えない。福永祐一のような縁故もないのだから。
また、今回の結果から人気の一角に推される事になるだろうが、特に上手い訳でもない騎手がいくら馬との相性が良くても外人相手に急に勝負になる訳がなく、おまけに同馬は外人が乗った時だけ負けている事から逆に外人二人は同馬の能力のほどを知っている訳で、ここを勝ったからと人気なってそれに応えられるとはまったく思えない。
よって、桜花賞ではある程度人気になっても4・5着で終わると診て危険馬確定と評価。

次走危険馬=アンコールプリュ(藤岡康太)
末脚が嵌った点と騎手未熟と言う点は勝ち馬と同じ。
下手をすれば馬込みから出れずに4着だった兄騎乗馬アンヴァルの方が桜花賞では伸びしろがあるかも知れない。外目をスムーズに追ってきた同馬より厳しい所にいたので。
また、いくら成績が良くて厩舎も優秀でも、所詮、藤岡康太は縁故がなければ何もできなかった現役時代の武幸四郎と同じく血族の次男坊でしかなく、池添の弟よりはマシと言う程度の騎手でしかない。今回のように人気馬でも伏兵に負ける辺りがその証拠である。
ただし、逆に桜花賞では人気が落ちて彼レベルが穴好走する良い条件で臨める可能性があるので、その点が北村友一より有利と診て次点の危険馬までとする。

※浜中俊の終焉レース!
大外枠から果敢に先手を取った松山もよく見せ場を作り、揉まれながらも岩田も権利を取り、馬のお陰ながらも藤岡兄弟も揃って好走し、北村友一は平場で人気を裏切りながらもここで大きな仕事をした。

そんな中で、ただ一人浜中俊はスタートで落馬。
ダッシングブレイズでのケガが発端で、斜行は体感の狂いだから萎縮せずに乗れるまで時間を掛けて立て直すべき所をせず、その挙句がその後3度の斜行。
しかも、3度目の斜行も大甘裁定で僅か1日の騎乗停止でここに乗せた挙句がスタート落馬で観客に別の意味でどよめかせるというズッコケぶり。
まともな人間であればこれで元のように騎乗できる訳がない。
(…いるとすれば、そんな事も気づかず厚顔無恥でいられる福永の息子だけだろう)
いずれにしても、この落馬で浜中俊は完全に騎手としての人生が終わった。

非情な言い方に聞こえるだろうが、私はマイルCSでの斜行の際に「突然の斜行は、ケガによる体感の狂いなので騎乗を控えて立て直すべき」と説いていたので、この醜態はもう擁護するレベルにない(すでに手遅れ)と思っているからこういう言い方しかできない。これは浜中自身が招いた自業自得なのだから。

また、その代わりに今回北村友一が台頭したのなら、今の下手をしなくても一般人がちょっと練習すれば騎乗できる程度の騎手界としては別に大した影響もない。これも事実。

浜中俊には不幸な事だが、これも自業自得だけに、あとは主催者がヤラセの感動物語でも作ってくれない限りは「騎手浜中俊は終焉」になるだろう。

…浜中俊の新しい人生に幸あらん事を願ってやまない。
レースレベル:2
→次走狙い馬:デルニエオール  
→次走危険馬:リバティハイツ,アンコールプリュ



競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
ドリームパスポート
06/18 12:34

夏競馬をする人ってかなり少ないですね。配当還元率あげれば良いのに。

陸
06/17 19:52

G1なかったら見る人減っちゃうな

まじん
06/09 15:51

よっしゃ

競馬ナンデ編集部
06/08 15:46

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

編集長おくりばんと>>

>>守屋丞蔵


06/18 22:17

アキ>>

>>アキ


06/10 18:43

編集長おくりばんと>>

>>まじん


06/10 18:08

編集長おくりばんと>>

>>アキ


06/10 18:07

アキ>>

>>アキ


06/10 15:40

@マーメイドS あー相手がないっ!!笑

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社