4/28 4/29
4/21 4/22
新着予想>阪神大賞典2018結果回顧一覧

阪神11R 阪神大賞典 2018年3月18日(日)
芝3000 4歳上GII 曇良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
1110987654321馬番
ヤ
マ
カ
ツ
ラ
イ
デ
ン
ア
ル
バ
|
ト
ム
イ
ト
オ
ブ
リ
ガ
|
ド
ク
リ
ン
チ
ャ
|
レ
イ
ン
ボ
|
ラ
イ
ン
サ
ト
ノ
ク
ロ
ニ
ク
ル
コ
ウ
エ
イ
ワ
ン
マ
ン
カ
レ
ン
ミ
ロ
テ
ィ
ッ
ク
シ
ホ
ウ
ス
|
パ
|
マ
ッ
ク
ス
ト
ミ
ケ
ン
ス
ラ
|
ヴ
ァ



馬名



牡6 牡7 牡4牡4牡5牡4 牡7 セ10 牡7 牡4 牡8性齢
56 57 55565655 56 56 56 55 56斤量
松
å±±
弘
福
æ°¸
藤
岡
佑
æ­¦
豊
岩
田
康
川
田
将
四
位
æ± 
æ·»
小
牧
太
å±±
口
勲
秋
å±±
真
騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
………狙危……狙………陸
……………狙……………ヨルゲンセ
………狙…………………ぐつん
…狙…狙危危……………クライスト
  <予想家の色:◆馬場型 ◆展開型 ◆血統型 ◆騎手型 ◆パドック型 ◆調教型> <背景濃色=自信度S・A>

タイム 3:03.6 4F 48.2 3F 36.4
単勝7番560円(3人気)
複勝7番140円(3人気)6番150円(4人気)8番110円(1人気)

競馬予想型   陸西前頭六枚目 予想歴11年 回収率% 底力がない馬には厳しいレース
171PV

小額で勝負するしかないレースだし仕方ない


予想


◎4枠4番カレンミロティック
〇6枠7番レインボーライン
▲8枠10番アルバート
△7枠8番クリンチャー


結果


1着〇レインボーライン
2着無サトノクロニクル
3着△クリンチャー
4着▲アルバート
5着◎カレンミロティック


締まった流れで底力がない馬には厳しいレースに





レインボーライン
想定通りペースが上がってハマった

サトノクロニクル
展開には恵まれたがこのペースで差し込んでこれるならトップクラスでもやっていけそう

クリンチャー
強い競馬だった、最後はサトノクロニクルにも離されたが最後まで追いすがっていて強い内容、本番でも切れない

アルバート
展開的には向いたはずだが動けなかったということはストレスの影響だろうか

カレノミロティック
頑張ってくれてはいたが

ヤマカツライデン
中距離でも使ってほしい

ムイトオブリガード
重賞クラスで戦える馬ではない

トミケンスラーヴァ
展開に恵まれないとこのクラスでは厳しい

予想:https://ameblo.jp/gunxsword2015/entry-12361095117.html
有力馬分析:https://ameblo.jp/gunxsword2015/entry-12360357345.html

https://ameblo.jp/gunxsword2015/
→次走狙い馬:クリンチャー,カレンミロティック
→次走危険馬:レインボーライン  

競馬予想型   ヨルゲンセン西前頭十二枚目 予想歴10年 回収率% 4歳勢をおさえて
3拍手
222PV



クリンチャーは お手馬。
菊花賞での◎指名があったので。
思い入れは強い。

ただ、前走はともかく
今回の この人気の危なっかしさは
なんとも。。

応援で買うのも躊躇われるオッズだった。

実際、頭獲りは阻まれたワケだが
結果的には、
最低限の3着を確保したので
単や連でなければ軸で正解。

しかし、
どうしても
ココから行く気にはなれんかったなぁ。。


勝ち馬のレインボーラインには
月曜段階で▲を配していたが
最終的には印を落とした。
ら
その印を落とした馬が勝つ結果に;


そして、最終印を配した馬が
2 3 4 5着


上位入線4頭は 上位人気4頭の並び替えで
穴ならコレしかないと目したカレンミロティックは
5着まで。


穴狙いとしては
良い線をいっていたと思いたいが
レインボーラインの印を下げたのは
予想としては 痛恨だった。
なんせ 勝ち馬なのでね;


------------------------------------


ペースに関しては
コレがなかなかに 想定した通り
この距離にしては 流れる形。
予想段階で示した通り
位置取り指数の全体値は
3000m超の長距離重賞と比べて かなり高く、
中距離戦でよく見られるような値だった。


しかしながら 問題は
折角ペース算出がハマっても
ラップパターンの絞り込みは難しかったという点。

A・Bからだと
カレンミロティック
アルバート
クリンチャー

Cパターンでなんとか
◎レインボーライン

サトノクロニクルは どこにも挙がっていない。


更には、
実際のラップで評価を出すと
◎トミケンスラーヴァ
○コウエイワンマン
▲ムイトオブリガード
▼ヤマカツライデン

…チョット待ってくれ。。;;

まぁ コレに関しては 仕方のない部分はある。
頻出のパターンでこの結果だと厳しいが
今回はよくあるラップ推移なワケではないし
そもそも試行回数の多い施行条件でもないので。

ちなみに、Aパターンは
実際のラップに比較的近かったので
それだけを見れば、ココを本線に据えたのは正解だった。
ただ、Aパターンの3頭は4・5着までで
馬券対象が出ていない。。

その辺は どうしても
解析ツールとしては難しかった模様。



--------------------------------



調教適性評価では

AB両項目に該当した4頭から
(サトノクロニクル、クリンチャー、アルバート、ヤマカツライデン)
2頭が馬券に。

あとは
サトノクロニクルが Aの上位(▲)

レインボーラインと
クリンチャーは
B項目の上位2頭(★)


ピックアップ馬が多い点に関しては何ともだが
ラップ適性解析評価よりはまともに馬券対象が出ている印象で
複数項目該当馬と上位印の馬に絞って狙いを立てれば悪くなかったか。



-----------------------------



血統や各種データなどに関しては
精査している時間が一切なく。。


ラップ適性解析の方では全くだったサトノクロニクルに関しては
メンバー見た時の第一印象で目についた馬だった点と
人気もそこそこだったところから
思い切って印を回した。

それに関しては
功を奏したらしい。
→次走狙い馬:サトノクロニクル       

競馬予想型   ぐつん東幕下九枚目 予想歴34年 回収率% 来年への指針
183PV

継続サイン=阪神大賞典=

・JRAHP出走馬情報掲載馬から[勝ち馬]
→
アルバート、クリンチャー、サトノクロニクル、
「レインボーライン」、トミケンスラーヴァ、カレンミロティック、
ヤマカツライデン、シホウ

==============================

<今年2018年1着賞金6200万以上のG2>

・AJCC 1着(4歳)
・京都記念 1着(4歳)
・中山記念 1着(4歳)
・金鯱賞  1着(4歳)
・阪神大賞典2着(4歳)

★4歳が[連対]
→
②スーパーマックス「⑥サトノクロニクル」
⑧クリンチャー⑨ムイトオブリガード

==============================

<10年以上継続しているサイン>

・正逆2、7が[3着以内]
→
②スーパーマックス⑤コウエイワンマン
「⑦レインボーライン」⑩アルバート

・正逆13、18が[3着以内]
→
②スーパーマックス⑤コウエイワンマン
「⑦レインボーライン」⑩アルバート

・前年エプソムC3着以内正番が[3着以内]
→正7、10、12が候補
①トミケンスラーヴァ「⑦レインボーライン」⑩アルバート

==============================

<2013年~>

・前年秋以降のG1かG2で
3着か4着経験馬が[連対]
→
「⑥サトノクロニクル」「⑦レインボーライン」

==============================
→次走狙い馬:クリンチャー       

競馬予想型   クライスト教授東関脇 予想歴39年 回収率148% この展開でよく残った…
3拍手
155PV

レースレベル3・・・
勝ったレインボーラインは、さすが福永で菊花賞2着した能力を実力上位の岩田が本気で乗って後続に差を付けての完勝。
人気のクリンチャーが前に行き過ぎてくれたおかげで展開が向いたサトノクロニクルが離された2着に食い込む。
序盤で掛かった事で後続の的になったクリンチャーだったが、何とか馬の地力で3着に残った。
展開は向いたものの鞍上の控えすぎのため3着に届かなかったアルバートが4着。

序盤の折り合いで後続の的になった人気のクリンチャーは、この展開でよく3着に残れたという内容で人気は裏切った格好も馬は力のある所を示した。
ただし、やはり勝ったジョッキーを降ろして武豊を乗せるという変な起用のバチが当たった点は騎手視点での減点材料なので平均並みの3(春天では複勝候補までの養成レース)と評価。

次走狙い馬=クリンチャー(武豊)
ヤラセの必勝レースかと思いきや、逆に「よくぞこんな展開で3着に残った」と改めて馬は長距離戦で能力ある所を見せたと判断。
今回は岩田の騎手力に劣ったが、春天では人気も落ちて楽な立場で走れると推察して次走狙い馬一番手に挙げる。

次走狙い馬=アルバート(福永祐一)
ペースが向いたおかげで後方追走でも僅差4着まで来れた。
同馬も長距離戦での能力ある所を見せたが、今回は横山典弘のモノマネ騎乗をした鞍上の決め打ちの度が過ぎての4着。
これなら次走ちゃんと外人を乗せれば馬券対象になれると判断できるので次点の狙い馬と評価する。
ただし、春天では勝ち負けできないので次走がその他の長距離レースである事が狙いの条件。
…今回同馬を買った人はさぞ「もっと勝つための騎乗をしろよ」と思っただろう!

次走危険馬=レインボーライン(岩田康誠)
完勝と言える内容だけ見れば次走狙い馬どころか春天の有力にも挙げられるが、今回が本気の岩田であったので次走はもしかすると福永に回される可能性がある事が懸念材料。
すでに福永が乗った事があるだけでもG1戦では低評価せざるを得ない事を思うと同馬は次走危険視せざるを得ない。

次走危険馬=サトノクロニクル(川田将雅)
岩田が先に抜け出してクリンチャーを振り切ってくれたおかげでの2着と評価。
したがって、同馬の2着こそ次走危険視すべき一番の結果と言えるため春天では用無しと判断。

※クリンチャーの春天での巻き返し好走に期待する。
レースレベル:3
→次走狙い馬:クリンチャー,アルバート
→次走危険馬:レインボーライン,サトノクロニクル



競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
夜明けのばぁた
04/26 07:46

POGで楽しみましょう!ついでに冠名もよろしくお願いします!

編集長おくりばんと
04/23 14:41

POGの所有馬は掲出のとおり全て決定いたしました あとはデビューを待つのみですね!楽しみです!

編集長おくりばんと
04/21 20:25

今日はセリに来てくれる人がどれくらいいるのだろうか?とても心配です

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

陸>>

>>陸


04/23 18:52

ムトト>>

>>陸


04/22 19:02

クライスト教授>>

>>クライスト教授


04/18 01:45

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社