4月の表紙

ジェニュインが勝った1995年の皐月賞。
渋いレースを選んでみた。

なぜなら、
現在ある日本競馬は、このレースによって幕を開け、
今もなお、このレースの延長線上にある
といっても過言ではないと思うからだ。



今年の皐月賞は、ロジユニヴァース、アンライバルド、リーチザクラウンの3強対決。
いずれ劣らぬ強豪で、これらがすべて順調にキャリアを重ねて皐月賞に集ってきた。
競馬ファンにとってこれ以上楽しみなことはない。


ただ、この楽しみさえ、
サンデーサイレンスという1頭の馬がもたらしたことを、
私たちはもうすでに当たり前すぎて、感じ取れなくなってしまっている。


サンデーサイレンスとはどれほど偉大な馬だったというのか・・


1995年の3歳世代には、フジキセキという絶対的なサンデーサイレンスの初年度産駒のエースがいて、
そのフジキセキが屈腱炎により突然の引退、という失意の中、
それでもやはり皐月賞を制したのは、サンデーサイレンス産駒の2番手クラスだったジェニュインであり、
それどころか2着のタヤスツヨシまでもがサンデーサイレンスの子で、ワンツーをしてしまったのだ。
その後、日本ダービー以降のことも説明を要さないだろう。


あれから14年の月日が流れ、
サンデーサイレンスは数年前にすでにこの世を去ったが、
そういった状況は今もなお変わらない。
いや、さらに進んだとも言える。


【2009皐月賞】ロジユニヴァース、アンライバルド、リーチザクラウンの3強対決に寄せて~カミノマゴたちはみな踊る~
今年の3強は全て、
サンデーサイレンスの孫たちなのだ。

それに次ぐ人気のナカヤマフェスタもベストメンバーもアントニオバローズもメイショウドンタクもトライアンフマーチも、
もうみんながみんな、
サンデーサイレンスの孫たちだ。


ウィーアーカミノマゴ。
そういうことなのだ。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

最近のブログ記事

【東北関東大震災被災地支援競馬】馬券払い戻し機脇に募金箱設置を【ACCM「思いやりは見える」?】
コンビニのレジに並んでいるときのこと。ひ…
反ツイッターメディア・長文メディア・web論壇の先駆けとして【競馬ナンデとは何か】
最近はツイッターが大流行している。企業も…
【2009毎日王冠デーの東京競馬場の風景】ハンソデバンド&武豊騎手、ジュニアレジデント&西田雄一郎騎手など
ハンソデバンド&武豊騎手ジュニアレジデン…