2009年12月アーカイブ

PAT成績を晒してみる

| コメント(1)  買い目情報

暇だ。

2009年のPAT成績でも晒してみようかな。

 

と思ったのですが、

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Club A-PAT年末年始メンテナンスのお知らせ

誠に申し訳ございませんが、Club A-PATサービスは
ただいまメンテナンス中のため、ご利用いただくことができません。

【Club A-PATメンテナンス期間】

平成21年12月28日(月)17:30~平成22年 1月 4日(月)10:00

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

有馬の次の日から金杯の前までメンテって・・・いつ1年を振り返ればいいのですか?

 

当たり前のこと聞くけど、JRAってバカなの?

エイシンフラッシュ 藤原英

エリカ賞は強かった。新馬勝ちこそできなかったが夏の阪神デビューということで使い出しが早かったということで。未勝利で接戦で負かした相手は東スポ杯3着のレッドスパークルだし、エリカ賞で負かした相手はオークス勝ちますからね(ヤバい、断言しちゃった)。

次走は京成杯らしいです。

 

ヒルノダムール 昆

デビュー戦は遠征だったし、負けた相手がアリゼオなら納得。負けた2戦はいずれもやや時計のかかる馬場だったことを考えれば高速馬場で面白そう。ラジオNIKKEIはややヴィクトワールピサに外をフタされた部分があったし、出負け気味でまだまだ勝負付けは済んでいないと判断できるのはあのレースではこの馬だけ。

 

 

レッドスパークル 藤岡健

東スポ杯で大外を回って3着まで来たのは立派。エイシンフラッシュに負けた未勝利戦も負けて強だし、勝ち上がった未勝利戦は並みの馬なら終了している前詰まり。力があるからできる芸当を見せたと思う。まだ条件馬なのでとりあえず勝ち上がり期待で。

 

アドマイヤテンクウ 松田博

末は堅実。プリンスよりはこっちですね間違いなく。

 

エーシンウェズン 野本

マイラーですね。早目にコスモファントムにこられても最後まで踏ん張ってるのは立派です。馬体からはパワーを感じるのでいずれはダートにも行ってほしいと思わせます。

 

ゴールスキー 池江郎

新馬戦は強かったですね。ただ、メンバーは大したことなさそうですね。自ら動いて勝ちに行く感じレースをしてくれたことは収穫ですね。さすがは外国人ジョッキーという感じでした。

次走は若駒Sでルーラーシップと対決ですか。年明けはたしかデムーロは帰国でしたよね・・・どうでしょうね。2強対決になるのでしょうね。どっちもあんまり好みじゃないからある意味楽しみです(笑)

 

 

キングレオポルド 堀

マイルがいいのかな?G1で善臣起用は吹いた。

 

セイウンジャガーズ 杉浦

ホープフルでは頑張りましたが、マイルがいいですね。

 

ダノンシャンティ 松田国

新馬のパフォーマンスは高かったですがあまり好みではありません。ラジオNIKKEIは上手く立ち回って3着でしたが、ヒルノダムールには及ばないと誰が見てもわかる内容でしたね。ゴメンネ辛くて。

 

エアラフォン 池江寿

スミヨンが稽古をつけてデビュー勝ち。スピード馬で距離はマイルまでと見ますが、馬格がないので平坦コースがいいでしょうね。

 

ハンソデバンド 尾形

勝ち上がりに2戦要したが、マイルあたりがいいのかな?ミッションモードに負けた新馬戦はスローだったし、2戦目はイチブンに上手く乗られました。時計勝負になったら上でもやれるでしょうね。

1月5日のジュニアCに登録があります。メンバーがひどいので通過するでしょう。

 

アドマイヤプリンス 松田博

大跳びすぎるのか、やる気がないのか、弱いのか・・・何とも難しいですがね。新馬勝ちからイマイチピンと来ないのでね、これからの成長はやはり調教騎手高田の手腕にかかっていると思う。

 

ザタイキ 藤原英

圧勝でしたがひどい勝ち時計でしたね。自身もそれほど調教で動いてたわけでもないしまだまだ鍛える余地があるとは思いますが、大きいところで、とは思わせませんね。タイキってこんな良血持ってるんだな。

 

その他

メイショウホンマル 西浦

ラジオNIKKEIでペースが上がった時にまったく対応できなかったのは2走ボケといい訳するしかないのですかね?叩いてよくなるはずがあんなに大敗したは正直大きく期待外れ。

 

ミッションモード 藤沢和

葉牡丹賞でオープン入りしましたが、2勝はいずれもスローで時計がかかった時の勝利で何とも鵜呑みにしづらく、追っての反応があまりよろしくない。

 

サクラエルドール 友道

ラジオNIKKEIは大外を引いたとはいえ競馬になってなさすぎ。いままでどれだけ恵まれてきたんだろうという感じがしてしまいました。

 

 

こんなもんですかねぇ・・・ダートに関しては番組がないのでソリタリーキングとパルラメンターレにはずっと休んでてほしいです(笑)

2歳牡馬評【ご存じの馬たちVer.】

| コメント(2)  買い目情報

年内にあくまでおれの感じた通りに評してみるコーナー2歳牡馬編を完成させようと思っていますが、牝馬の時のように1勝馬をSS~B・その他で分けようと思ったのですが、311頭もいるんですよね。

もはやイジメとしか言いようがないので、今回は割と世の中的には評価されているのであろう馬たちを事業仕分けして、蓮舫みたいに逆にイジメてやろうと思います。

 

故障のリルダヴァル、ダノンパッション、リディルあたりは保留(越年)します。GG佐藤の恒例行事だと思ってくれればいいです。

 

SS

ヴィトワールピサ 角居

まぁいいでしょうここで。豊再浮上はこの馬にかかっているでしょう。新馬戦こそローズキングダムに負けはしたものの、外に弾かれた分もあるのでまぁ差はないですね。

未勝利戦は勝って当たり前ですが、京都2歳は少頭数でもよく我慢できたし、次のラジオNIKKEI杯では逆に多頭数をさばいたし、1戦1戦いい経験が出来ていますね。

角居先生としては今後ルーラーシップとの兼ね合いもカギになってきますかね。

 

 

ロースキングダム 橋口

2歳チャンプ。ヴィクトワールピサをSSにしたのに勝ってるこいつはSというのは、単に好みの問題です。当然力は上だが、それほど激しいレースにならなかったとはいえマイル戦を使ったことが個人的には気に入らない。血統的にマイルでもいいんでしょうけどね。

激しい競馬を今後経験していってほしいですね。朝日杯は他の馬が自分との戦いに徹して特に絡まれることもなく勝利。とりあえず現段階では力が抜けている状態で重賞2連勝という感じがするのですよ。

つぎはどこを使うかは知りませんが、あんまり本番前に「弥生行きます」って表明しちゃうと頭数少なくなっちゃって、激しい競馬を皐月でぶっつけ本番リーチザクラウンパターンに陥るよ。個人的にはそうなっていただきたいですけどね。

 

コスモファントム 宮

これは将来的にダートに行くとは思いますし、2000mが限界だと思います。現時点でかなり馬体も完成されていると思います。厩舎も微妙すぎるのであんまり強気にならないで皐月→マイルC→ユニコーンでお願いしたい。

 

ダノンスパシーバ 佐々木晶

暮れの自己条件はテイラーバートンに負けてしまいましたが、エンジンのかかり方がハンパなく遅いですね。どうしてマイルに使ったのか疑問です。距離が伸びたほうが面白いと思うんですがね。京都2歳で自信をなくしちゃいましたかね?あんなのスローの上がり勝負なんだから、フレンチデピュティじゃ分が悪いってことでノーカウントだろ。自己条件も最後にはきちんと2着を拾ってるし、やれるはず。

 

アリゼオ 堀

シンボリクリスエスでようやく大物が出たのかなという感じがしました。ホープフルSの相手関係としてはちょっとよくわからないというかパッと見微妙ですが、勝ち時計は優秀の部類かな。

ただ新馬戦も重馬場だった。ホープフルが行われた中山芝は割と時計がかかっていたし、新馬でレコードを出していたビーチランデブーが惨敗したことを考えれば高速馬場ではなかったことは明らか。

この馬が高速馬場できれば面白いですね。

 

 

ルーラーシップ 角居

とりあえず新馬は強かったんですがね。

時計がかかっていた阪神芝で新馬戦にしてはタイムはとりあえず及第点。レースぶりは優秀。

レースのメンバーはひどかったと思うのですよね。全然調教で動いてる馬がいねぇの。そりゃ勝ちますよって感じで。化け物でも驚きませんけど。好みではない(笑)

 

エイシンアポロン 岡田

距離が伸びていいとは思いませんねぇ。マイルがいいですね。

 

 

サンディエゴシチー 作田

モズ、アーバンウイナーなど札幌2歳組がパッとしない。この馬は東スポ杯で不運にも外枠を引き雑な競馬。札幌2歳では上手く立ち回っての勝利だったから仕方ない部分もあったとは思います。ラジオNIKKEI杯はフレグモーネで回避したみたいで、弥生賞から指導みたいです。一気に体重が増えたように今後もどのぐらい増えてくるかわかりません。長い休み明けで向くタイプとも思えないし・・・何とも・・・

 

ニシノメイゲツ 田村

NZTでは大きく狙いたい馬ですが出てきたら人気するでしょうね。距離的には東スポ杯で限界を見てると思うんでマイル路線に切り替える英断をお願いしたいところ。

 

 

 

テレビを見ながらとはいえ、この程度を書くのに3時間もかかってます(笑)

第2弾【マイナーだけどおれには生温かく見守られるであろう馬たちVer.】 はいつになることやら・・・

http://www.jra.go.jp/news/200912/122101.html

 

JRAの重賞の本馬場入場曲が変わるそうです。

相変わらず発表が遅いんだよなJRAは。最終週で使用されるとは言え・・・心の準備が出来ないじゃないか!おれみたいなコアなファンを大事にしなさい。

 

関東圏の入場曲に関してはあんまり思いませんが、関西圏の入場曲が替わるのは非常に残念でなりません。たぶん関東圏の入場曲は高音の木管楽器が使われているからなんでしょうけど。(伝わらないだろうなw)

わが函館(札幌も同じ)でも使用されていた関西圏の重賞入場曲だからということもあるでしょうが、なんというか「いよいよだな」って思わせる音楽で、何か奮い立たせてくれるというかそういう感じ。馬券買ってる立場の人間が奮い立たされてもどうにもならないのだけどね。

関西圏のG1を生で観たことがなかったので、G1の入場曲も生で聴きたかったな・・・

 

 

去年の初めから平場の入場曲も変わっています。ようやく耳に慣れてきたところです。

この流れからいずれG1や重賞の入場曲も変わって行くんだろうなとは思っていましたが・・・

 

いずれ新しいのに慣れていくんでしょうか・・・

 

そういえば本馬場入場曲を聴けるサービスなんてのもないですね。そういうのも充実させてくれないかね?おれみたいなコアなファンを大事にしなさい。

まずはnetkeibaを開いて、2歳牝馬で1勝以上の中央馬でなおかつ現役の馬に絞ってみた。

 

なんと177頭もいるじゃないか!

 

これは困った。

じゃぁ地方から転厩してきた馬(毎年無駄に多い)を削ってみる。

 

まだ166頭もいるじゃないか!

 

こんなにいるんですね。ザッと馬名だけみたけど、コイツ牝馬だったの?って馬がいっぱいいる(笑)

 

SS  S  A  B  で分けてみることにした。オープン馬というのがそもそも少ないので、500万条件で勝ち負けになりそうな馬、1戦1勝だけど・・・的な馬は何とか取り上げようと思いますが、突っ込みどんどんお待ちしてます。

 

アグネスワルツ ラブグランデー 故障した馬は取り上げませんでした。

 

 

SS

なし(妥当ですよね?)

 

アパパネ

2歳女王 栗東入りしての戴冠だけに調教師の腕によるものも大きい。道中で引っかかる面があり、課題も多い。現時点では距離が伸びて良いとは言えない。

 

アニメイトバイオ

重賞2着2回。JFでパドックを見れなかったので何とも言えないが、札幌、中山、東京、阪神を経験したキャリアは豊富。内で立ち回れるし、外を回ってレコードも出せたし、器用な馬。

 

ブルーミングアレー

エリカ賞は負けはしたものの勝ちに等しい内容。この時期は賞金のために勝っておきたいところではあったが。明らかに距離延長がいいほうに出ていた。赤松賞では負けたのはアパパネだし、エリカ賞で負けたのはエイシンフラッシュ。エイシンフラッシュは萩S3着で未勝利で負かしたレッドスパークルは東スポ杯3着だし・・・単純比較で期待されて当然。桜花賞は行かなくていいのでオークスまでに賞金稼いでほしいです。

 

ディープデザイア

デビュー戦は圧巻。スタートも決めての完勝でまだまだ余裕があった。抽選待ちのJFに登録すらせずに先を見据えていることや、登録すらしていない中ずっと四位騎手が調教をつけているようで、これからも大いに期待。

 

テイラーバートン

JF回避は歩様の乱れから無理をしなかったとのこと。どうやら最終週の平馬戦に使うようです。オープンのレースでも一旦抜け出しを見せて2着に粘ったように、オープンでもやれることは明白。ただレース運びに幅が出てこないと勝ちきれないで権利を取れないという可能性も出てきそう。

 

タガノエリザベート

早くも追い込み馬に定着 距離が伸びても自分の競馬をすれば何とかするかも。最強調教騎手高田潤がどこまで育て上げるか(笑)

 

ベストクルーズ

レース巧者で相手なりに走れる。

 

アプリコットフィズ

新馬戦は圧巻。小柄でこれからの成長も期待できるが、厩舎が痛い。

 

ディオーサ

これも新馬戦は圧巻。イメージとしては去年のツーデイズノーチス。手塚厩舎はじっくりと調整して厳選してレースを使うイメージ。取りこぼしがなければ大きいところへの出走はしてきそう。

 

ラナンキュラス  もっと大人になればまだまだいけるはず

シンメイフジ  G1で今一歩のあたり、母の産駒らしい

タガノパルムドール  頭が高い走法が改善されれば悪くなさそう。距離が伸びたほうが面白い。

アイアムルビー  2勝ともダートだが速い。1200mぐらいなら芝でも何とかするかも。

ニシノモレッタ  前走の内容から1400mまでと思わざるを得ないか。

 

シーズンズベスト

札幌での新馬戦はなかなかの勝ちっぷりだった。菜の花Sで復帰らしい。藤沢厩舎で人気先行型の嫌いあり。接戦の2着だったスズカイルマンが未勝利戦で手こずっていただけに過信禁物かも。次好条件は勝てる。

 

その他 自己条件なら

バイナリースター

牝馬で500キロを超える馬体。デビュー戦はあり得ないぐらい太かったがそれから2キロしか減っていないのにすっきり見せていた3戦目で勝利。芝に戻っても自己条件なら。

 

ナリタブルースター

正直勝ち時計は平凡中の平凡ですが、テンの速さは母と兄を彷彿とさせる。しかしスローで逃げて上がり勝負で差し返すレースセンスは異端児的。

 

プリムール

自己条件2着 どんどん体が減っているのが気がかり 

 

ワイルドラズベリー

札幌で新馬勝ち 時計勝負にも対応できているが地味

 

ゴールドジャパン

東京で好時計勝ち。血統的にダートになっても勝ち上がれそう。

 

トーホウシンバル グリューネワルト スイートエスケープ  時計勝負なら

 

 

他、多数。なんだかめんどくさくなったのでここらで終了。

他にあげてほしい馬がいればどうぞ。

http://www.jra.go.jp/news/200911/112901.html#1

 

中京ヤングバトルシリーズ2009

 

こんなの知ってたか?今日パドックを見るまで気づかなかったぞ!もっと宣伝しろよJRA。こんな中舘のローカル回り年間100勝を阻止しようという素晴らしい面白すぎる企画をやっていたのかよ!

やるな~中京。見直した。

 

 

だいたいねぇ、毎年毎年オタクみたいな喋り方をする40過ぎたオッサンに年間100勝をされる若手が情けなさすぎるわ!

どおりで国分くん(当然恭介の方、優作はいないものとして考えている)も松山くんもいないわけだ。

 

クラストゥスはどこ行った?帰ったの?

スボリッチはどこ行った?帰ったの?

ルメールは騎乗停止だろ?

スミヨンは明日香港か?

 

全然わからないよね。もっと宣伝してほしいよね。

 

 

明日全国の競馬場とウインズで来年のカレンダーを配布するんだってさ!

今年はそのカレンダーで乗り切っただけに・・・ほしいんだけどな。

 

もっと宣伝しろ。

さぁ年に一度のお祭りがやってきました。

 

☆ ワールドスーパージョッキーズシリーズ ☆

 

年に一度のお祭りだと思って楽しみにしている人はほとんどいないと思いますがね。おれは大好きなのですよ。どんな馬でも出場ジョッキーの腕によって激走することがあるからです。

ようやく出場騎手が発表になりました(遅せぇよ!)。

今年もやってきます。

イオリッツ・メンディザバル

 

去年彼に相当儲けさせてもらったのですよ。去年のメンディザバルの回収率は1000%を超えていますからね。

14番人気のマッチメイトを2着に持ってきて、11番人気のエーシンビーエルを2着に持ってきた彼は去年のチャンピオンです。

 

今年も全レースメンディザバル流しで行きたいと思います。去年の激走はどちらも芝のレースだったので、芝のレースでは評価C、評価Dの馬が当たることを期待しています。

 

的場文男の初出場は意外です。別にどうでもいいですけどね。こいつが出てくるおかげでボンネビルレコードが空気を読まなかったからな。迷惑な話だよホントに。

http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=42023&category=F

ネット競馬より。

 

まず一言。クビです。

フリーだったのですね。根本厩舎からは出ていたのですね。元所属の根本調教師にも制裁をお願いしたいところです。

 

騎手が起こす事件で最も多いのは、暴行事件でしょうか。あとは交通事故かな?

ただいろんな事件を起こす騎手(まっとうな騎手ごめんなさい)ですが、

「中学卒業して競馬のことを叩き込まれて世の中に出ていってるのだからある程度仕方がない」

で片づけてはいけません。一人の人間として罪を犯しているのですから。

 

アメリカではプロのスポーツ選手でありながら医師免許を持っていたり、博士号を取得していたりする人もいますよね。

日本人には文武両道は無理なのでしょうか?どのスポーツにもクレバーな選手はいっぱいいますが、それもまた違うような気がします。クレバーな選手大好きですけどね。古田とか古田とか古田とか(ゴメン、それしか思いつかない)。

 

だから文武両道な選手が好きなおれ(おれはどっちもダメ)は高らかに宣言するのです。

一番好きなスポーツ選手は、

 

陸上の小林祐梨子選手なのです!

 

と。興味のある方は調べてください。結構有名です。