2010年5月アーカイブ

な~んだ・・・函館で生温かく応援しようと思ってたのに残念ですね。

例の9頭落馬事故や復帰後すぐの騎乗停止などで騎乗数をだいぶ減らしているので、国内、特に東西から馬が集まる北海道でいっぱい乗っていた方がいい研修になると思うんだけどなぁ。

豊みたいに2歳の期待馬に秋にポンッと任せられるような騎手ではないですからねぇ・・・


まぁ・・・行ってらっしゃい。


じゃぁ今年の函館は他の若手騎手を応援するか・・・

丸山は初勝利が札幌だし、今年も北海道に参戦してくれそうだな。
福島と新潟でリーディング獲って勢いがあるし、横山典、藤田、四位の牙城を崩すのは彼なのかも。
四位は最近乗り鞍減らしてるけどね。(たぶん意図的に)

あと▲川須が本田厩舎だから北海道に来そうだな。

先週初勝利後に即2勝目も挙げて波にノッてるし、2場開催の今週も乗り鞍多いし(高倉は相変わらず異常)、十分期待していいと思うな。

以前ここに晒した春のG1炎の10番勝負について。

高松宮記念~宝塚記念(中山GJは除く)の勝ち馬を高松宮記念の前の日までに予想してポイントを競うというもの。(1着:10p 2着:5p 3着:1p)

わたくしの予想は以下の通り


高松宮記念:プレミアムボックス
桜花賞:サウンドバリアー
皐月賞:レッドスパークル
天皇賞:ジャミール
NHKMC:エイシンアポロン
Vマイル:ブロードストリート
オークス:エーシンリターンズ
ダービー:エイシンフラッシュ
安田記念:スマイルジャック
宝塚記念:アーネストリー


わっはっは。全敗じゃ(笑)

エーシンリターンズに関しては桜花賞で権利を獲ってくれた時点でおれの勝ちだと思ってましたがね・・・

ダービーはエイシンフラッシュか・・・すっかり上位人気馬に注目が集まっていて空気だな(笑)

スマイルジャックか・・・鞍上考えるともはやギャグの域ですけど、無欲の大外ぶん回しで馬券圏内でいいよ。

アーネストリーは中京記念回避→都大路S回避→金鯱賞って順調さ欠きすぎ。そもそもブエナビスタ、レッドディザイア、ドリームジャーニーなどなどと比べるなんて恐れ多いですね。


こりゃ全敗濃厚だ。

リーチザクラウン
新馬戦で2着。
1着は皐月賞を勝つことになるアンライバルド。
3着は牝馬2冠を達成することになるブエナビスタ。
4着は菊花賞を勝つことになるスリーロールス。
そういう言われ方は大嫌いですがいわゆる「伝説の新馬戦」というやつである。

2着した後の未勝利戦は当然のようにスピードの違いで圧倒。
次の千両賞でも同じようにスピードの違いで圧倒。
この2戦はほとんど遊びみたいなレースだった。

そしてこの圧倒的な強さは次走のラジオNIKKEI杯で後にダービー馬になるロジユニヴァースという壁にぶち当たった。

早々ときさらぎ賞から皐月賞へ行くプランを発表。

きさらぎ賞は10頭立て。
陣営は控える競馬を試したいと漏らすが、ここもいつも通りスピードの違いでハナへ。
スピードに負けせて走るレースばかりを繰り返して迎えた皐月賞は惨敗。
ダービーは極悪馬場で他馬がもがいた分、持ち前のスピードが生きた形。
神戸新聞杯、菊花賞はそこそこ走ったものの、JC、有馬は惨敗。

成長期に控える競馬をさせなかったことがこの馬を狂わせたのは間違いない。
控える競馬がこの馬に合うか合わないかというのはまた別の問題で、控えることで力を抜く競馬を若いうちから教え込めば、距離もある程度持たせることができるだろうし、レース展開によって自らの作戦も立てられるという強みも生み出せる。

いまは向くであろうマイル路線のマイラーズCを勝って再び大きいレースに臨んで行くわけですが、マイラーズCでも抑えが効かない感じは露呈しているし、大きいレースでは致命的でしょうね。


サイレンススズカ
3歳春はうるさい気性で教え込むどころの話ではなかった。
実質勝っていたであろう神戸新聞杯のように圧倒的なスピードを生かして乗るのがこの馬に合っていると判断した武豊は、サイレンススズカの圧倒的なスピードをフルに生かす大逃げという戦法をとらせた。
そのレースぶりは皆さんご存じのとおりなので割愛しますが、このように教え込まずに徹底的にその異常なまでのスピードを生かす戦法もありっちゃあり。

だがこれをリーチザクラウンができるとは思わないのでね。(JRA先生が馬場を作ってくれたらやれちゃったりして)

やはり馬に競馬を教えるということは大事です。


では

ヴィクトワールピサ
武豊ということで、どうしてもリーチザクラウンと比較して考えてしまいます。


ま、この先はダービーの予想で書きますね。

お楽しみに。じらしてごめん。
理解できない。
昇竜S(3歳オープンダート1800m)の登録馬がたったの11頭。

例年中京の1700mで行われるこのレース。改修工事に伴い京都開催。

京都だと出やすそうなんだけどな。

ユニコーンSはおそらく超カオス的登録馬ラッシュ。こっち使おうっていう考えはないのかね?


バイオレットSがなくなって番組編成に激怒してきました。

しかし代わりに殺到すると思われたヒヤシンスSがここ数年フルゲートにならない。

思えば今年の伏竜Sは11頭。端午Sは16頭だったものの除外は1頭。


もう3歳ダートの番組について文句言うのやめようかな。アホらしくなってきた。番組編成間違ってないのかもしれん。



今年は強そうなダート馬はバーディバーディ、トーセンアレス、ソリタリーキング、エアウルフ、パルラメンターレみたいな感じですかね?

1頭強烈に強いという感じで抜け出てるという感じはないし、超高レベルで安定という感じもしないなぁ・・・
シャドウゲイトはスタート前にゲートを飛び出して競走除外

ヤマニンキングリーはシンガリ負け。


レース直前スコールにて不運もあり。

日本馬には厳しい結果になった。


来年以降日本馬の遠征がなくなりそうな気がした。

ドバイWCの勝ち馬(グロリアデカンペオン)が出走とか鬼すぎる。

ま、グロリアデカンペオンは2着でした。

勝ったのはリザーズディザイア。

2010年中日スポーツ賞ファルコンステークス(GIII)に優勝し、2010年NHKマイルカップ(GI)に出走し6着となったエーシンホワイティ号 (牡3歳 栗東・松元 茂樹厩舎)は、右橈骨遠位端骨折が判明しましたのでお知らせいたします。
 なお、休養期間は未定です。


早速出ましたよ。被害者が。

一番後ろを追走して最後だけ追い込んできただけのこの馬でさえ骨折なんだし・・・

府中のトライアルやマイルC使った組の脚が心配だな。

ますます皐月賞組を買いたくなっちゃうよなぁ・・・

しかしビッグバン次第でレッドスパークルが出れるとか勘弁してほしいな。

青葉賞使った意味ねぇ。




twitter誰もつぶやいてくれないなぁ(泣) #keibanande

お気づきでしょうか?ダービーの出走想定表などを調べてみるとヴィクトワールピサを皐月賞馬に導いた岩田騎手の名前がどこにもないことを。

皐月賞では同厩舎のルーラーシップを使い分ける形で岩田を空けた感がある角居調教師。

しかし今回早々とルーラーシップは四位に決まった。

岩田は恐らくヴィクトワールピサと武豊のためにギリギリまで待つんだろう。


豊はどうだ。今週末のシンガポールでの復帰を目指していたが、ダービーには間に合わせるという発言に変わってきました。

オークスのアプリコットフィズはどうやら四位になりそうということで、ぶっつけダービー騎乗になりそうな感じがします。


バーディバーディやダイワバーバリアンの出否について空気を読むとか私も言いました。

しかし出走するだけでも名誉なダービーですから、陣営としても出したいのが本音。

馬にとってはもちろん騎手にとっても出場は名誉。

大一番をぶっつけで迎える武豊に空気読めと言えるか。

彼の騎手としての腕、競馬界にもたらしている功績を加味すると、

「武豊のいないダービーなんて」

だ。


プレッシャーは計り知れない。武豊が手塩にかけて育てたヴィクトワールピサ。

唯一先着を許したローズキングダムがトライアルでの敗戦で、断然の人気が予想された皐月賞。

それをテン乗りで岩田が大きなプレッシャーを押しのけて、しかもあえて最内に入れる競馬での勝利。

直後に伝えられた『ダービーは武豊で』

ダービートライアルで力を見せつけたペルーサ、NHKマイルCのダノンシャンティを迎え撃つという更なるプレッシャーの中リハビリ中の武豊。

逆に言うと、武豊だからダービーで手綱を戻すわけで、他の騎手だったら黙って再度岩田。

武豊にしかできないことなんだよ。



欠場したらそれは英断。

出場したら岩田はその時点では立場はないが、絶対にいいことある。


ウオッカの時にあっさり岩田やルメールに変わった経緯を考えても、角居は今回岩田に「我慢してくれ」って言ってるのかな。


これ書いてるだけでもしびれてきた。

どんな状況でもおれは◎ヴィクトワールピサにしてやる。

今日はNHKマイルCがありましたが、わが街函館にプロ野球(北海道日本ハム対東北楽天)がやってきたので競馬そっちのけで観戦してきました。

ただおれの行動範囲には必ず競馬というものがついて回るのか、今日の函館千代台公園野球場の特別ゲストは皆さん大好きなJRAのマスコットであるターフィーくんだったのです。

もちろん日ハムのマスコットB☆Bくんもバック転したりファイターズガール達が踊ったりしていたのですが、競馬も一緒に行く友達と観戦したおれたちにとってはすっかり

「ターフィーはおれらの味方」

写真攻めにあうB☆Bくんを尻目に、ターフィーくんとツーショット。


僕らの味方ターフィーくんは競馬開催日でも営業してるんですね。偉い子です。

競馬とツイッターの相性は?

| コメント(4)  買い目情報
最近わたくし日本ハムファイターズの試合をテレビで観ながら(ラジオで聴きながら)ツイッターをやっているんですよ。

「キムテギュンに打たれたのはキャッチャーのせいではない。ストレートしかストライクが入らないのだから当然ストレートを要求するしかない。」

とか

「え?抑え建山なの?」

「今のストライクじゃないの?」

とかつぶやいているわけです。


ツイッターの魅力は、実況的にどんどん誰かがつぶやくこと。

ラジオやテレビとの相性は抜群だ。

最近ラジオでニュースを掘り下げていく番組を聴いているのですが、ツイッターも同時に開く。

ニュースのことを真面目につぶやく人もいれば、番組批判もあれば、アナウンサーがかわいいという人もいて三者三様。


競馬とも相性がいいんじゃないかな?

「蛯名ESPなう」

「豊復帰なう」

「100万馬券なう」

「三浦斜行なう」

とかね(笑)「なう」使う人はもうほとんどいないけどね。



ツイッターにはハッシュタグというのがあって、日ハムだったら「#fighters」とか、聴いてるラジオ番組では「#dig954」みたいに、#○○で検索すればそれだけ表示されるし便利。

早速、「#keibanande」でつぶいやいてみる。

誰か来るかな?

10月3日(日)にフランスのロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(GI)に、下記の日本馬の登録がありました。

アクシオン      (牡7歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)
ヴィクトワールピサ (牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)
エイシンフラッシュ (牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)
ガブリン       (牡8歳、栗東・森秀行厩舎)
ナカヤマフェスタ  (牡4歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)
フォゲッタブル   (牡4歳、栗東・池江泰郎厩舎)
ペルーサ      (牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)
ビクトリーテツニー (牡6歳、栗東・森秀行厩舎)
レッドディザイア  (牝4歳、栗東・松永幹夫厩舎)


さて、本当は7頭なんですけど、わざと2頭追加しておきました。

さて、その2頭とは!?皮肉たっぷりに。

二ノ宮が森と化してきたのか?



ホントにこのぐらい多数出走すれば勝てるんじゃないのか?

青葉賞ではペルーサが評判通りの強さを誇示しました。
皐月賞馬ヴィクトワールピサは東京競馬場未経験。
ダービーと同じ舞台であの強さをみせたペルーサがもはや上に立っている気がするんだけど、レースの上手さは間違いなくピサの方が上。中山競馬場だったら面白そうなのにな。

さて今週のNHKマイルCはダノンシャンティとサンライズプリンスが人気を分けあうような感じになるんでしょうかね。
リルダヴァルもいるんだっけ?ルーラーシップだっけ?もうどっちがどっちだかわかんなくなってきましたけど。
リルダヴァルでしたね。これが3番人気?
あ、エイシンアポロンもいましたね。これが3番人気かな?

こんなダービーに向けてという位置づけ的では、どれが来るかな?よりも、どのぐらい強い内容で勝つかというところに注目が集まりそうですね。

雨でも降らない限りは荒れない気がしています。雨乞いしようか?
いや、グチャグチャになっても何が来るのかわからん。
パドトロワが抽選通っても距離が長いってこととケイアイデイジーが身の程知らずだということしかわからん。黙って抽選に漏れて葵Sにいけよ。


まぁそう言いつつ買うんですけど、レースは見れない。当日は函館に日ハムがやってくるのでね。そっちで叫んで来ないと。


まぁそんなことは置いといて、土曜日には東西でダービーの最終キップを賭けた戦いがあるんですよね。


権利を獲ろうとも注目は集まらないとは思いますが、ダブル登録が多すぎで何だかよくわかりませんね。


現時点でミカエルビスティーがダブルで抽選漏れという惨事だとネタになって面白いなんて思うけど、それもかわいそうか(笑)

しかしこのミカエルビスティーはどうして京都未出走なんですかね?下り坂利用が合いそうなタイプだと思いますがねぇ・・・やっぱりリーディングを獲るだけの厩舎ですから考えることが一味も二味も違うんでしょうね。
たぶん勝浦を乗せるためにプリンシパルに向けて鼻息が荒いんだと思いますが、京都じゃないと買わないつもり。


何か書きたいこと他にあった気がするんだけど、書いてるうちに忘れちゃった。