8/24 8/25
8/17 8/18
新着予想>宝塚記念2009結果回顧一覧

阪神10R 宝塚記念 2009年6月28日(日)
芝2200 3歳上GI 晴良 平均レースレベル3.8

87654321枠番
1413121110987654321馬番
カ
ン
パ
ニ
|
コ
ス
モ
バ
ル
ク
モ
ン
テ
ク
リ
ス
エ
ス
デ
ィ
|
プ
ス
カ
イ
ス
ク
リ
|
ン
ヒ
|
ロ
|
ド
リ
|
ム
ジ
ャ
|
ニ
|
サ
ク
ラ
メ
ガ
ワ
ン
ダ
|
ア
ル
ナ
ス
ラ
イ
ン
エ
リ
モ
エ
ク
ス
パ
イ
ア
ヒ
ラ
ボ
ク
ロ
イ
ヤ
ル
ア
ド
マ
イ
ヤ
フ
ジ
ス
マ
|
ト
ギ
ア
イ
ン
テ
ィ
ラ
イ
ミ
マ
イ
ネ
ル
キ
ッ
ツ



馬名



牡8 牡8 牡4牡4 牡5牡5牡6 牡5 牡6 牡5 牡7 牡4 牡7 牡6性齢
58 58 5858 585858 58 58 58 58 58 58 58斤量
岩
田
康
æ´¥
村
安
藤
勝
四
位
横
å±±
典
æ± 
æ·»
福
æ°¸
蛯
名
小
牧
太
鮫
島
良
川
田
将
æ­¦
豊
佐
藤
哲
松
岡
æ­£
騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
………狙…狙……………………軍神マルス
狙……狙…………………………チョット
……………危狙狙………………KUROS
………危…危狙…………………信じる♪
狙…………狙危…………………優駿
狙………狙………………………雨龍泥舟
…………………………………危サニーのす
…………………狙………………BC爺
……………狙……………狙……スナフキン
狙……危……危狙………………競馬仙人
………………狙…………………編集長おく
……………危……………………パクチュー
……………狙…狙………………プロコフィ
………危…………………………index
  <予想家の色:◆馬場型 ◆展開型 ◆血統型 ◆騎手型 ◆パドック型 ◆調教型> <背景濃色=自信度S・A>

タイム 2:11.3 4F 47.3 3F 35.2
単勝9番710円(2人気)
複勝9番160円(2人気)8番180円(4人気)11番110円(1人気)

競馬予想型   軍神マルス東前頭一枚目 予想歴11年 回収率200% 宝塚記念 狙うは欧州スタミナ型血統。
3拍手
2233PV

2009年 タイム 2'11"3 (良) 1FAve=11.94 3FAve=35.81

ラップ
①12.6-②10.9-③11.2-④12.2-⑤12.1-⑥12.7-⑦12.3-⑧12.1-⑨11.5-⑩11.7-⑪12.0
1FAveとの誤差
①+0.7 ②-1.0 ③-0.7 ④+0.3 ⑤+0.2 ⑥+0.8 ⑦+0.4 ⑧+0.2 ⑨-0.4 ⑩-0.2 ⑪+0.1
テン34.7-中盤61.4(3F換算36.84)-上がり35.2 『前傾・中弛み』

『前傾』・・・逃げ× 先行△ 差し○ 追込◎
『中弛み』・・・逃げ◎ 先行△ 差し× 追込○

1着ドリームジャーニー・・・ステイゴールド×メジロマックイーン=サンデーサイレンス×マイバブー 〔8-c〕 10-10
2着サクラメガワンダー・・・グラスワンダー×サンデーサイレンス=ロベルト×サンデーサイレンス 〔13-c〕 5-1
3着ディープスカイ・・・アグネスタキオン×Chief's Crown=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔23-b〕 8-6
4着カンパニー・・・ミラクルアドマイヤ×ノーザンテースト=グレイソヴリン×ノーザンテースト 〔9-a〕 4-1
5着スクリーンヒーロー・・・グラスワンダー×サンデーサイレンス=ロベルト×サンデーサイレンス 〔1-x〕 3-1

今年もテン-上がりのラップ差から『前傾』と中盤の弛みから『中弛み』の複合ラップだが、テンも上がりも3FAveと比較すると速いラップで『中弛み』の流れが本質と考える。展開的には追込が最も恵まれたと考えるが、次いで逃げ、先行・差しには厳しい流れと考える。

1着ドリームジャーニーは、前走天皇賞春3着(=阪神芝3200m:0.3秒差)からの好走。ステイゴールド産駒で、スタミナ型のサンデーサイレンス系。ステイゴールドは母父ディクタスの特性がでていて、サンデーサイレンスというよりはサッカーボーイに近い特徴があり、夏の暑い時期によく軌道に乗ることが多い。宝塚記念は天皇賞春好走馬やJC好走馬、有馬記念好走馬とステイヤータイプの好走馬が多く、サッカーボーイが菊花賞好走馬を多数輩出しているようにディクタスのスタミナ型の特性とまた強敵相手に食い下がる勝負根性がステイゴールド産駒にも共通しているのが好走要因と考える。また阪神コースは巧者で5戦(3-0-0-2)だったこと(=4着以下になったのは1600mと1800mで2000m以上では3戦3勝と崩れていない)も好走要因だと考える。母父メジロマックイーンは晩成型の成長力があり、古馬で本格化するステイヤー血統。今後の活躍に期待する。
No.〔8〕の牝系で、シンボリクリスエスやエアグルーヴやエアジハードなどがいる牝系で、古馬で真価を発揮するタイプが多く、阪神コースも得意とする馬が多い。

2着サクラメガワンダーは、前走金鯱賞1着(=中京芝2000m)からの好走。金鯱賞からのステップ馬は04年1着タップダンスシチーや08年1着エイシンデピュティと1着馬の好走が多い。グラスワンダー産駒はロベルト系で、ロベルト系の特性を前面に出すGⅠ型の「ロベルト型」と母父ダンチヒの特性を受け継ぐスピード型の「ダンチヒ型」とがいる。本馬は根幹距離できっちり結果を出しているロベルト型で、叩き良化型。母父サンデーサイレンスは勢いと鮮度が重要なポイントで、近走は好走していたので本来評価すべきだった馬。GⅡやGⅢで強くGⅠでは凡走していた今までの戦績から侮ってしまいましたが、母父サンデーサイレンスの勢いは侮ってはいけませんでした。反省です。
No.〔13〕の牝系で、距離が延びて本領発揮型の産駒が多いのが特徴だが、突然燃えてきてしまうような可能性もあるのがこの牝系。分枝記号cでドリームジャーニーと同じで、高い心肺機能を持ち、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負で力を発揮する特性がある。この特性も向いたのでは?と考える。

3着ディープスカイは、前走安田記念2着(=東京芝1600m:0.1秒差)。アグネスタキオン産駒で、アグネスタキオンは前走0.5秒差以内で5着以内だと連続好走しやすい特性がある。08年ダービー馬で、08年JCで2着好走と東京芝2400mを好走出来るだけのスタミナがあること、サンデーサイレンス系×大系統ノーザンダンサー系配合で、サンデーサイレンス系の中では適性は向くと考え、評価しましたが残念ながら3着凡走。母父Chief's Crownはアグネスデジタルの母父でもあり、距離の融通性に富み短縮・延長ともに得意としているし、サンデーサイレンス×ダンチヒ配合は安定度の高い配合であることは証明できたと思われる。
No.〔23〕の牝系は、タップダンスシチーやセイウンスカイなどがいる牝系でスピードの持続する流れに強い特性があり、積極的に動いてこそ持ち味が活きる。今回は自分で動く競馬ではなく流れに任せてしまったことが敗因ではないかと考える。分枝記号bは、本来晩成傾向で使い減りしない特徴があり、また鮮度の高い条件でよく好走する。凱旋門プランは今回の敗北で難しいだろうが、逆に秋の逆襲に期待する。

宝塚記念のポイントは、
①持続型の流れになりやすく、4コーナー5番手以内の好走が多い。
②欧州スタミナ型血統の好走が多い。
③東京芝2400mや中山芝2500m、京都芝3200mなど長距離のスタミナが必要。
④前走好走馬(=特に天皇賞春、金鯱賞好走馬)が中心。
→次走狙い馬:ディープスカイ,ドリームジャーニー     

競馬予想型   チョット西幕下十八枚目 予想歴14年 回収率101% やんわりと宝塚記念回顧
3拍手
2102PV

宝塚記念回顧

開幕週の馬場は非常に軽い馬場だったが、
2週目の宝塚記念の馬場は例年通りより若干軽い程度の
馬場だった。
その時点でインティライミとアルナスラインの
馬券はなくなった。
逆に、上位3頭は有利となり、結果も伴った。

ドリームジャーニは強い勝ち方だった、
馬場、コース、展開と全てが向いたと思う。
この馬は息を入れてのロングスパートが得意な馬なので
天皇賞では嫌いたい。

サクラメガワンダーも若干、仕掛けが早くなったが
それは相手関係上、仕方ない。
それ以外は完璧だった。
しかし、条件に合うG1は少なく
今後G1では買う機会はないだろう。
あるとするならば重馬場のレースとなるだろう。

ディープスカイは3着だが、
馬場が合わなかったか、凱旋門を意識し過ぎたのかも知れない。
秋競馬もこの馬が中心で良いだろう。

カンパニーは良く頑張ったと言える。
この馬はスタミナ差しとの認識で、馬場がもう少し重く、
厳しい展開になれば、馬券に絡んだかもしれない。
去年のような軽い馬場にならなければ、
マイルCSで勝負したい。
→次走狙い馬:カンパニー,ディープスカイ     

競馬予想型   KUROSHIMA東前頭六枚目 予想歴14年 回収率134% 次走狙い、但しGⅠ以外に限る
2拍手
2193PV

 個人的な話で恐縮だが、09年春のGⅠ戦線は馬券収支とは別で、荒れる荒れないに関係なく的中ゼロ、ほとんど掠りもせず。そういう意味で、今回予想で消しにした2頭で決まったというのも、自身の前半戦を振り返り何とも象徴的と思えるような苦い結末になってしまった。

 ドリームジャーニーは、単純に言えば阪神内回りの適性が抜けて素晴らしい。芝2200も割と終い1Fが時計を要する傾向もあるだけに、末脚勝負のこの馬には追い風に違いなかった。天皇賞春3着の競馬をそっくり当てはめた感じだが、コース替りと距離短縮が素直に嵌ったというのが率直な印象。レースレベルを「3」としたが、このレベルを担保しているのは実質ドリームジャーニーのみと判断したい。秋以降は舞台が東京と中山がメインに。このコース替りは実績上からあまり頂けないのも確か。今回は文句なしの完勝だが、秋はこの結果を一旦はずして検討してみたい。

 サクラメガワンダーがとうとう?GⅠで2着。しかも、正攻法の競馬で連対、予想では消しとしたがこの結果を評価しない訳にもいかない。だが、サクラに先着を許した3着~7着辺りまでを評価してみると、やはりその「弱い者イジメ」キャラは健在と見ていいだろう。

 3着ディープスカイは、小回りプラス早めスパートでパフォーマンスが著しく低下。4着カンパニーはGⅠのカベが顕在で高齢もネックに。5着スクリーンヒーローは距離適性は見せたが復調途上。6着アルナスライン、7着マイネルキッツは中距離のスピード競馬に転じて流れに乗り切れず……。

 サクラが負かした馬達はもちろん強豪だが、何らかハッキリした弱点を抱えていたことも確か。加えて、宝塚記念は09年前半最後のGⅠ。サクラは今回が春2戦目。GⅠ2着といっても、力と力のぶつかり合いという感じではなく、どこか他馬の隙と特異な消耗戦がもたらした結果に思えて他ならない。ただ、馬の充実度は文句なし。秋初戦の毎日王冠辺りなら、むしろ積極的に狙ってみたい。

 その他では、まず6着アルナスライン。「その時点でGⅠを勝っていない、菊花賞2着馬」という観点からも、GⅠではどうしても越えられないカベに阻まれている印象が。しかも、中距離の流れに思ったほど乗れなかった辺り、最低でも2400は欲しいクチ。馬の手応えは昨年以上なので、鉄砲でも秋の京都大賞典に出走なら相当期待できそう。

 7着マイネルキッツは、芝中距離になるとスピードと決め手が多少劣るのか持ち前の渋太さが鳴りを潜めている。それなら年末の有馬記念まで寝かせておいて、それまでは死んだフリでもしてもらえばかなり面白いのだが。
レースレベル:3
→次走狙い馬:サクラメガワンダー,アルナスライン
→次走危険馬:ドリームジャーニー  

競馬予想型   信じる♪西三段目十八枚目 予想歴20年 回収率150% どうしてなんだろう。。答えは明確ですよ
7拍手
2039PV

ドリームジャーニーが大阪杯同様相手をディープに絞った競馬。ディープは向こう正面で掛かっていた影響があったのか最後伸びきることできずドリジャが突き抜ける

ドリジャはこれで朝日杯以来のG1。よく頑張っているとは思うけどあくまで挑戦者の立場で強い馬。秋はG1は東京で行われることもあって危険馬にしておくのが妥当だと思う。

サクラメガワンダーは58のG1は厳しいと見ていたが正攻法の競馬でディープを振り切ったのは立派。58を克服したことで秋大きいところ見えたと思う。輸送駄目と言われているがそれは違うと見ているので。長い直線もあうし去年よりメンバー落ちるし

ディープは四位がどうしてなんだろう。とコメント出しているが答えはぼくは明確に出したいと思う。

いままでこの馬はレースの流れ相手関係そういうものに合せてレースをしすぎている。大横綱というものは相撲の世界においては自分の型を持ったものがなっていることが多いと見ている。ディープには残念ながらそれがない相手によって上手をとりにいったり変化したりみたいな感じで自分の型というものを持とうとしなかった。やはり勝ち負けはレースでは紛れあるけど型とおりの競馬で負けたのであれば相手も次倒すために工夫しようとか考えるもの。それをマークの1つだけでいいと相手に思わせたことがすべてであろう。

正直サクラメガワンダーに同斤で負けたことはかなりショックだった。
レースレベル:2
→次走狙い馬:サクラメガワンダー  
→次走危険馬:ディープスカイ,ドリームジャーニー

競馬予想型   優駿東幕下四十六枚目 予想歴19年 回収率126% なんとも困った主役ですな
2003PV

本命にしたマイネルキッツは、距離的に足りないのか
決め手が足りない印象でしたな。
○▲は的中で注意馬ディープが絡み
3連単的中で春競馬を締めくくれました。
ただ気になるのは
1番強いはずのダービー馬がどうも勝ちきれない
まさかこれで凱旋門賞には行かないだろうが
秋の天皇賞でウォッカにまた負けるのが目に浮かんでくる。
馬券的には1番、軸にしやすいので助かるが。
次走もドリーム・カンパニーは狙える
メガワンダーは今回勝てないとこを見ると
あまり深追いは出来ない印象。
レースレベル:4
→次走狙い馬:ドリームジャーニー,カンパニー
→次走危険馬:サクラメガワンダー  

競馬予想型   雨龍泥舟東前頭三枚目 予想歴40年 回収率101% 宝塚記念2009回顧
2543PV

宝塚記念 回顧

個人的には、好調(本格化)度+コース適性上位の馬の1、2着ということで、納得の一戦ということだが、ディープスカイの反応の悪さが気にかかった。

原因として考えているのは、1.オーバーワーク、2.成長度の低さ、といったところだが、(もちろんコース適性の低さということも理由にはなると思うが、関係者にとっても、予想をするわれわれ・・・いや、われ(笑)にとっても本調子であれば問題ないというのが前提なので)

1は、安田記念が余裕をもった仕上げで敗北した反動。今回の追い切りは、多分1番時計だったはずで、つい力が入りすぎたというところか。

2は、以前も指摘したことだが、アグネスタキオン産駒の古馬になっての成長力にやや不安があるということ。
中間、某スポーツ新聞で「アグネスタキオン産駒の成長力不安は、ダイワスカーレットによって払拭された」というような記事を読んだが、ダイワスカーレットは「特別な馬」で、いわば「規格外の馬」をもって「規格」を語っても意味が無いように思う。

ディープスカイにとっては、この夏の過し方が重要で、一般的には「馬肥ゆる秋」「4歳秋最強説」なのだから、どこまで変身できるか注目。

ドリームジャーニーは、同じ後方追走でも、これまでの唯我独走的直線一気から、有力馬をマークするレースができるようになったところに成長の跡がうかがえる。

秋の大目標は、香港になるのだろうが、好走を期待。
→次走狙い馬:スクリーンヒーロー,カンパニー     

競馬予想型   サニーのすけ西関脇 予想歴13年 回収率82% 器用さを求められる舞台で
3拍手
2330PV

マイネルキッツは完敗だ。パドックを見ていても他とは違っていた。何か場違いのような感じ。普通の馬に見えた。とても天皇賞を勝った馬には見えなかった。最内枠を引き当てる幸運を全く生かせなかった。今後王道路線を歩むであろうこの馬はしばらくは力及ばないだろう。器用さを求められる舞台で上手に立ち回らないと勝負にならない。天皇賞秋、JCでは厳しいでしょう。有馬記念でまた最内を引くような幸運がやってくればいいが・・・

勝ったドリームジャーニーは展開を生かせた。ディープスカイ、サクラメガワンダーを見ながらレースを進められた。ちょっと引っかかり気味のディープスカイ、ちょっと早仕掛けのサクラメガワンダーを問題にしなかったのは評価に値するが、サクラもディープも決してすべての力を出したとは言えないだろう。とりあえずやっぱりコーナー4回の右まわりが理想なんでしょう。


アルナスラインはもっと積極的に動いて行ってほしかった。直線に入った時にサクラメガワンダーの位置にいなければなかったと思います。結果的にサクラメガワンダーの後ろで詰まってるし・・・乗りへぐりですね。


◎インティライミは願っていたレースをしようとしてくれたので満足です。もっと後ろが遊んでくれると思いましたが・・・遊んでくれなかったのはすべての馬が勝ちに行ったということ。馬券はともかく、いいレースでした。
レースレベル:5    
→次走危険馬:マイネルキッツ  

競馬予想型   BC爺西前頭一枚目 予想歴8年 回収率80% 正直もうバルクは勘弁
2拍手
1973PV

勝ったドリームジャーニーは充実一途。
典型的なステイゴールド産駒で、今回のような早めに馬群が動き始める競馬は得意。
秋は府中ばかりで難しいと思うので、小回りの海外レースとか目指して欲しいです。

2着サクラメガワンダーは好位から。
毎回能力どおり走る馬なので、この馬が2着の時点で相当レベルが低いと言えます。

3着ディープスカイは相変わらず勝ちきれず。
この相手で3着はあまりにも情けない結果ではありますが、
相手なりで崩れないのが特徴なので、評価は特に下げなくて良いと思います。

スクリーンヒーローは5着。
もうピークは過ぎているので、直線で追い比べになるような競馬は苦しい。
淡々と逃げられれば面白かったんですが、コスモバルクが大逃げしてしまい。
毎回勝負にならないのに展開だけ乱すのは正直勘弁して欲しいです。

次走狙い馬としてはアルナスラインを挙げます。
基本的に底力が無いので、今回のような急坂の追い比べは苦しかった。
レースレベル:2
→次走狙い馬:アルナスライン       

競馬予想型   スナフキン西前頭十枚目 予想歴26年 回収率137% 勝利を左右するのは管理側
5拍手
1679PV

馬体重を見た時点で予想が振り出しに・・・、スカイ同様に余裕のない馬券となりあえなく撃沈。
とは言ってもキッツにはG1でのこの距離は短いようでした。秋は暮れの有馬ぐらいしかチャンスがなさそうです。

タキオンの件もあって同情票が加わり一頭かぶりとなり、アン上に背負うものが重くのしかかり、臨戦過程にも疑問符が付く状態とあってこの結果に四位君の責任はなく逆に気の毒だったと言っておきたいんです。
結局、ひとつも取れなかったスカイにはそれなりの理由もあり、2着続きの詰めの甘さが露呈するとともに、馬を的確に見定めていない管理側の意識の差が着順に現われていました。
3つを取りに行った昆師に対し、ひとつを取るために暮れから準備してきたサクラメガワンダーの友道師とのこの差は大きく、敗戦に対して善戦という結末を迎えました。
2着となりましたが、今後私の中で友道師への信頼度は高まります。
無理使いをしない目標を先に置いた組み方をする藤原英昭師や友道師には、信頼性があり迷った時や大きい所を意識いている時には注目していきたいです。

馬券的妙味とか新聞の印の多さなどで迷うことは常日ごろ、そんなとき調教師から考えてもまた競馬の面白さが広がるというものです。リーディングよりもコメントの出し方や追い切りの方法、ローテーションや新たな適性を見出す師など性格みたいなものが見えてきます。

栗東留学の国枝師の前回はマイネルキッツでやっと成功にこぎつけましたが、今回に関しては関西の方は今週気温の上昇により栗東は美浦に比べ暑く、馬体減はその辺にあるのかもしれません。一週前では馬体の張りが良くかなりやれそうでしたが、本追い切りは控え気味だったのもその現われでしょう。
この時期の美浦から栗東への移動は気候の差があり、連日30℃前後の暑さは堪えたのかもしれません。
まあそれでも今後も国枝師の考えには注目です。

歯がゆい思いをしたアルナスラインの松元茂樹氏とは逆に、復調を信じていたスクリーンヒーローの鹿戸師には朗報、歓喜に包まれた池江泰寿師は、ノーザンテーストタイプの晩成型と考えて来たドリームジャーニーを長い目で見て来たことの勝利でした。
三者三様の思いでしたが、またコースや距離が変わってもこのメンバーは今後もG1路線を賑わす立役者であり、左回りでの行きっぷりがいいヒーローには秋の東京、アルナスはjcや有馬、もう追い込み馬ではない差し馬ドリジャニの秋天には評価が分かれそうですがウォッカを負かせそうな少ない候補の1頭でしょう。

ヒシミラクルを育てた佐山優師も善戦したスマートギアに今後期待をかけて来るはずで、創業50年の大栄牧場にとっても第50回宝塚記念への出走が叶い、半世紀の歴史と共に歩んだ牧場にもギアは大きな希望となる存在なのは間違いありません。

今回の宝塚記念には、冠を取るために馬の特性を見抜きどんな準備をしたかが結果に現れ、裏方の努力が報われたレースだったと言えます。

あくまでも調教師への批判ではなくローテーションと仕上げの難しさが付きまとう世界なので、切っても切れない関係の調教と過程はレースレベルが上がるに連れ見過ごせないものとなります。
レースレベル:5
→次走狙い馬:スマートギア,ドリームジャーニー     

競馬予想型   競馬仙人西三段目五十五枚目 予想歴44年 回収率250% 予想通りだが・・・
2拍手
1132PV

私の予想は3連複の特殊なフォーメーションで
当日の12時ぐらいに完成するので、なかなか
ここにアップできず残念です。
基本軸馬2頭、対抗2頭、穴3頭での組み合わせ
ですが、当日は
軸馬:ドリームとサクラ
対抗:アルナスとディープ
穴:カンパニー、スマート、モンテ
という感じです。
買目は19点でしたので、もちろん当たりましたが、
当然赤です。カンパニーがもう少しがんばってくれて
いればおいしい馬券でしたが残念。
なぜ断然人気のディープを対抗に下げたのかは
この馬は直線が長い馬場で本領を発揮してきた
ので阪神はあまり向かないとの判断です。
なお、当日8R南港特別は私の方式でばっちり
3連複¥20900を取りました。
参考にこのレースの予想は
軸馬:16と9
対抗:7と2
穴:4、8、12
でした。
レースレベル:4
→次走狙い馬:カンパニー,アルナスライン
→次走危険馬:ディープスカイ,サクラメガワンダー

競馬予想型   編集長おくりばんと東大関 予想歴19年 回収率119% 斤量とは何か ドリームジャーニーとサクラメガワンダーの克服
3拍手
2339PV

なんと×をつけた2頭で決まうという最悪の予想になった。
でもまあ馬券なんて外れるときは際どく外れるより思いきり派手に外れたほうが、
精神的にも後腐れなくてよい。
大外れすると倍額持って行かれますとかいうことはないわけだし。
と開き直っておこう。

ドリームジャーニーに関しては、深い意味もなく×を付けてしまっていた。
前走距離的に怪しい天皇賞で58キロを背負いこなしたのだから、
ああもう58キロはこの馬は克服したんだと思っていた。
なので今回は特に不安要素はなかった。

サクラメガワンダーも今回で58キロを克服した。


斤量というのは、ロサードで学んだが、
だんだんと耐性ができてくる。だんだんと克服するものなのだと思う。
慣れるのだと思う。
いつを境に慣れるのかはわからないから難しいわけで、
サクラメガワンダーを買えなかったわけだが。
多分もう慣れたからサクラメガワンダーも58キロを苦にすることはないんではないかと思う。

逆にスクリーンヒーローはまだ克服しきれていないのかもしれない。

個人的には斤量耐性に対して色々と考えさせられる興味深いレースとなった。

◎にしたアドマイヤフジについてだが、
素人の勝手な考えとしては、インティライミくらいの位置につけて、
早め先頭、叩いて叩いて粘るという今年の金杯のようなレースを期待していた。
若干位置取りが後ろになり、勝負どころでも内に閉じ込められ、後手後手に回っていたように思う。
上記のような競馬をして勝てたかどうかは別としても、
馬券購入者としては消化不良だった。

これは先週のザレマと同じような感じ。

馬に行き脚がなかったのか、騎手の判断の問題だったのか、、、
→次走狙い馬:サクラメガワンダー       

競馬予想型   パクチュー東幕下二十六枚目 予想歴13年 回収率0% 宝塚記念2009回顧
1拍手
791PV

ラップ(2F):(12.6)-22.1-24.3-25.0-23.6-23.7

飛ばしたコスモバルクと早仕掛けのインティライミを除けば、馬群は極々普通のミドルペース。
ドリームジャーニーは完勝、阪神コースは鬼ですかね。ディープスカイは折り合ってなかったですね、今後のレース選択次第では地獄を見るかも。個人的には王道路線を行って欲しいです。
何にせよ古馬戦線は抜けた馬はいないですね(マイル路線のウォッカ除く)、秋のG1は馬券的には面白そうです。     
→次走危険馬:ドリームジャーニー  

競馬予想型   プロコフィエフ西幕下十枚目 予想歴2年 回収率70% ポイントはコースとの相性と展開
2拍手
2017PV

ディープスカイは予想通り負けてしまいました。
今日はドリームジャーニーが抜き出てた感じです。

ポイントはやっぱりコースの相性と展開でした。


予想でも記述したとおり、この内回りコースはドリームジャーニには大きくプラス材料でしたが逆にディープスカイにはかなりマイナスです。
直線勝負ではドリームジャーニーはすんなり脚をためて切れ味を発揮できたのに対し、ディープスカイはコーナ周りが悪かった気がします。


2着に入ったサクラメガワンダーもこのコースとの相性は良く、なんとかディープスカイから逃げ切りました。

アルナスラインも最後良く伸びてました。まだ余裕はあったと思います。



まぁ今回はディープスカイにとってはかなり不利な舞台であったことは違いないので仕方ないでしょう。
人気は背負うわ他の馬から目標にされるわで四位さんにかかるプレッシャーも大きかったと思います。
レースレベル:5
→次走狙い馬:ドリームジャーニー,アルナスライン     

競馬予想型   index西前頭三枚目 予想歴20年 回収率25% 宝塚記念2009回顧
2310PV

ウオッカがJCの予定なので(勝手に自分の中で)秋天皇賞が空白となりました。Dスカイ、今回お疲れ様でした、やはり大阪杯の負けは痛恨でしたね。馬肥ゆる秋と言いますが、成長を期待します。
あとディープディープと言いまくるプロのテレビ解説者は反省してもらいたいものです。あの人らが不況の原因だと今回感じました。馬券は買えなかったのでよかったです。3連複ガッチンでしたね、裏を買った方、おめでとうございます^^
でわ夏競馬へ。     
→次走危険馬:ディープスカイ  



競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
アキ
08/11 12:20

昨日投稿できなかったんで今日は7R以降とりあえず全印挙げますか・・

クライスト教授
08/10 23:33

復旧して良かったです。予想が載せられないかと一瞬焦りました。(ほっ)

編集長おくりばんと
08/10 20:04

昨日から発生していたサーバー障害から先ほど復旧いたしました。競馬開催日にご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。

クライスト教授
07/30 22:37

巨星落つ!ディープへの賛辞はこれしか浮かばない。夢をありがとう。ゆっくり休んで下さい。(哀悼&黙祷)

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

アキ>>

>>アキ


08/04 21:47

編集長おくりばんと>>

>>アキ


08/04 20:37

クライスト教授>>

>>アキ


08/04 18:14

@レパードS これはお見事!

だるま>>

>>だるま


08/04 11:55

しろ>>

>>だるま


08/01 18:29

@函館2歳S ナイス



9
札幌日刊S杯
◎トロピカルストーム
○サトノシャーク
三連複6-9-11番
20,240円 的中

アキ
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社