7/27 7/28
7/20 7/21
新着予想>東京新聞杯2012結果回顧一覧

東京11R 東京新聞杯 2012年2月5日(日)
芝1600 4歳上GIII 晴良 平均レースレベル3.3

87654321枠番
16151413121110987654321馬番
ア
ド
マ
イ
ヤ
ロ
イ
ヤ
ル
マ
イ
ネ
ル
ラ
ク
リ
マ
サ
ダ
ム
パ
テ
ッ
ク
ミ
ッ
キ
|
ド
リ
|
ム
ダ
ノ
ン
シ
ャ
|
ク
ス
マ
イ
ル
ジ
ャ
ッ
ク
フ
レ
|
ル
ジ
ャ
ッ
ク
ブ
リ
ッ
ツ
ェ
ン
ア
ス
カ
ク
リ
チ
ャ
ン
ヒ
ッ
ト
ジ
ャ
ポ
ッ
ト
コ
ス
モ
セ
ン
サ
|
ガ
ル
ボ
フ
ミ
ノ
イ
マ
|
ジ
ン
キ
ン
グ
ス
ト
リ
|
ト
ゴ
|
ル
ス
キ
|
セ
イ
カ
ア
レ
グ
ロ



馬名



牡5 牡4 牡4 牡5 牡4 牡7 牡4 牡6 牡5牡5牡5牡5 牝6 牡6 牡5 牡7性齢
56 56 57 56 56 58 56 56 56565656 56 56 56 56斤量
田
辺
柴
田
大
岩
田
康
和
田
竜
内
田
博
横
å±±
典
福
æ°¸
柴
田
善
田
中
勝
後
藤
浩
蛯
名
石
橋
脩
太
å®°
三
浦
北
村
宏
æ­¦
士
æ²¢
騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
………………危………危……………BC爺
………………危……狙……狙………カタストロ
……危…危……………………………index
……狙……………………危…………クライスト
………………………………狙………pipop
  <予想家の色:◆馬場型 ◆展開型 ◆血統型 ◆騎手型 ◆パドック型 ◆調教型> <背景濃色=自信度S・A>

タイム 1:32.8 4F 45.9 3F 34.2
単勝5番1680円(8人気)
複勝5番380円(6人気)6番300円(5人気)7番380円(7人気)

競馬予想型   BC爺西前頭一枚目 予想歴11年 回収率91% 割に合わない
2225PV

勝ったガルボは3番手のインから差し切り。
マンカフェ得意の広いコースでしたし、十分買えましたね。
なぜ軽視してしまったのか自分でもよく分かりません。

2着コスモセンサーは離し気味の逃げで完璧な競馬。
これで差されては仕方ないですし、勢い止まって次は危ない。

前が残りましたが、結局走れる馬しか残ってませんし、
差し馬も来る馬は来ており、決して馬場のせいだけではないはず。
フレールジャックやサダムパテックは情けない内容と言わざるを得ません。

しかし人気馬総崩れなのに配当安すぎますね。
8,4,7番人気で3連複90倍しかつかないとは。
レースレベル:3    
→次走危険馬:コスモセンサー,フレールジャック

競馬予想型   カタストロフィ西前頭二枚目 予想歴15年 回収率% 東京新聞杯2012回顧
3拍手
2452PV

12.5 - 11.0 - 11.6 - 11.8 - 11.7 - 11.1 - 11.3 - 11.8


ラップ的には平均よりも若干スロー気味かなという感じ。緩急なく勝負所まで持っていき、L3最速戦で突き放してしまう競馬。週全体を通しても終いはやや落とす印象が強く、勝負所でロスなく立ち回った馬か、後方からしぶとく長くいい脚を使った馬が勝っている感じではあったので、割と平均的なペースで前がこれだけのラップを刻んでしまうと後ろからでは苦しかったんじゃないかと思う。内を立ち回った馬が結果的に良かったと思う。ただ、走破時計は馬場状態とラップを考えるとなかなかに優秀。


1着ガルボは好スタートから積極的に押して先行争い。コスモやブリッツェンを行かせて内ポケットの3番手と絶好の位置を確保。そこからコスモを単騎で逃げさせ、前にスペースを作って3番手で3角。3角でブリッツェンの内、一列下げる形で3~4番手最内。4角で前のスペースを使ってじわっと追走して3番手2馬身半ほどで直線。序盤でコスモが加速して突き放しているので進路はしっかり開き、追うだけ、ブリッツェンとともに伸びてくる。L2でブリッツェンを置き去りにし、前を行くコスモに2馬身から1馬身半まで詰めてくる。L1の落ち込みでじりじりと差を詰めて、最後は首だけ捕えてうれしい勝利となった。う~ん、完璧な騎乗でしたね。3角でブリッツェンに内に入られそうになったけどよく跳ね返した。前にスペースを空けていつでも加速できるようにし、最内を完璧に立ち回る。序盤の先行争いも、しっかり前2頭を意識して最高の内ポケットを確保。すべてにおいてパーフェクトの競馬でした。もちろん内有利もあいまったのは確かで、色々嵌ってのものだとは思いますが、この馬はスピードのバランス的にもやっぱりマイルがベストだと思います。切れ味よりも、スピードの持続力の方が持ち味なので、今回みたいに緩急のない競馬は良かった。この馬は石橋脩とのコンビで見続けたい一頭ですね。こんな良い騎乗をしたのだから、もう一度乗ってほしい。お見事でした。


2着コスモセンサーはまずまずのスタートからじわっと先行争い。雁行状態の中を嫌ったか、併走から蛯名がすっとハナを切る。そのまま楽にハナを奪い、セーフティを広げていく。ペースはやや緩いぐらいでもリードは2馬身弱をキープして3~4角も最内、出口で仕掛けて2馬身半ほどで直線。序盤でしぶとく抜け出し粘り込む。L2-1でガルボにジリジリっと差を詰められるが、後ろは突き放す。最後は甘くなってガルボに差されたが、3着とは大きな差をつける2着となった。今回はハナを切ったことによって、セーフティを作って位置取りの勝負にできたのが大きかったかな。もう少し軽い馬場でこの競馬なら多分余裕で押し切ってたと思う。今回はL1ちょっと落ち込む馬場ではあったので、そう考えるとL3最速戦でガルボにきれいに目標にされて差されただけなら評価できるし、3着以下は千切っている。内有利の馬場や展開を差し引いても走破時計が優秀で、普通に今後も注目すべき1頭だろう。つかやっぱコスモ・マイネル軍団は全部蛯名クラスに乗ってもらえ。松岡や丹内の外ブン回し、番手抑え込み融通利かない糞野郎じゃGIでは無理。マイネルロブストも蛯名に乗ってもらえ。話逸れたけど、強いと思います。ただ、軽い馬場での時計勝負よりは、こういうちょっとスローでノーマークからの抜け出しの方が良いと思いますけどね。


3着ヒットジャポットは出負けして後方からの競馬。向こう正面でじわっとポジションを上げて中団後ろにはつける。3角で中目を追走、4角でじわっと仕掛けて後方集団、5馬身差ほどで直線。序盤で中目から伸びを見せ、L2で中団から抜け出してくる。L1でジリジリ伸びきれずになだれ込んでの3着となった。3~4角の流れはスムーズだったけど、勝負どころで外を回して押し上げていった分、終い伸びきれなかったかなという印象。馬場を考えると全然頑張ってます。最速地点で外から動いた点を評価し、今後も重賞で出番はありそうですね。フジキセキの仔ということもあり、軽い馬場の平均ペースで大仕事をやってのける予感もちょっとだけします。安田記念に出てくれば要注意かも。


4着フミノイマージンはやや出負けし後方から競馬を進める。馬群の中で窮屈になり騎手が下げる形で最後方集団に。序盤それほど早くないペースの所でポジションを下げ3角。3角で最内を追走、4角でも内目を追走し最後方集団、5馬身半ほどでで直線。序盤で中目からインに切れ込んで伸びてくると、L2で内に切り込もうとする際に、前のミッキードリームも内に寄れてブレーキ。L1で再度追われると中目からしっかり伸びを見せるがヒットジャポットの脚色にはやや見劣り4着に終わった。レース的にはロスの多い内容。特に序盤にポジションを下げてしまったのは致命的だった。まあ、その分勝負所で外を回すことなく進めたのは良かったが、今度は詰まった。マイルでペースが上がると追走にどうかという不安はまだあると思う。今回はペースが上がり切らず、馬群凝縮でL3最速と、タフさも問われたという点でこの馬が好走できたので、平均~ハイペースになったときに、しっかり鈍らせずに伸ばすことが出来るかどうか。中距離での競馬は持続力が持ち味なので、むしろこれでパフォーマンスを上げてくることが出来れば、十分マイルでも戦っていける。現状でマイルでは小足が足りずに常に自分から動いて勝ちに行ける馬ではないということでしょう。まだベストは1800~2000かなという印象は変わりませんね。


5着ダノンシャークは出負けして最後方からの競馬。ペース自体はそこまで上がり切らず、馬群凝縮の中、馬なりで徐々にではあるがポジションを上げる。3~4角でも馬なりで大外を回し、後方で直線。序盤で追われるが、ここではキレ負けする。L2-1で大外からジリジリと伸びてきてはいるが、ヒットやフミノとは脚色同じくなだれ込んでの5着となった。今回は出負けしてペースも上がり切らず、ラップも緩まず直線入りで最速と、難しい競馬だったかな。外から勝ちきるには相当な持続力がないと無理で、1~2着馬も強い馬がロスなく立ち回ってのもの。1~2着を度外視すれば、内容的には悪くない。スピードはあるけど、要所で脚を使えないというのはディープ産駒の典型的な例なので、ペースはもう少し上がった方がとも思うけど、最終的には脚色同じになったりなので、京都のようにゆったり運んで下りで加速というコース、或いは阪神外回り1800mのように中だるみで簡単に押し上げられるコースが良いディープ産駒という枠で良いと思います。マイルの一流どころ相手だと、追走で脚を使わされると思う。この競馬自体はそれなりに評価できるけど、今の東京マイルは先行力がないと勝負にならないからねえ。阪神とか京都の方が良いでしょうね。


7着フレールジャックは五分のスタートから中団で競馬。道中は馬群の中で結構掛かっていて、前目に押し上げながら進む形で3角。3角で内目を追走、4角でも馬なりでミッキードリームの後ろ、4馬身差ほどの差、中団で直線。序盤でミッキーの外から捌きたいところだが、マイネルに閉められそうになり、弾きだして何とか進路確保。L2でそこから伸びたいところだが、伸びず。最後はそれでも他の差し馬とは差のない脚でなだれ込むように7着となった。敗因は序盤かな。掛かってしまったのは大きいと思う。後は直線でのキレ負け。やっぱり最速地点の直線序盤で抜け出したいタイミングで抜け出せなかったのは、速度が足りなかったからだろうし、上り坂で加速しきれない感じもディープ産駒で足りない馬の典型という感じ。まあ引っかかった点、内有利の馬場状態を考えれば、可もなく不可もなくというところ。及第点はつけられないが。ペースは上がった方が良いかもしれない。ディープ産駒の弱点は、出が悪く、押して行けば掛かってしまうところだと思う。だから3歳時のペースが上がらない京都外回りは強いんじゃないかな。出遅れても緩んで自然に前が下がってくる。とにかく上級クラスだと追走に苦労している印象が多く、この馬もディープ産駒の中では出はいい方だが、掛かってしまう所は一緒。ダノンともども1番人気で飛んだ理由はこの辺じゃないかなあ。この辺りを上手く運転してやらないと、難しいような気もする。あと、福永は下手になってるとやっぱり思う。こういう掛かり方をあまりしない騎手だったんだけどな。コメントには一切触れていないし。最近武豊の偉大さを改めて思い知らされている今日この頃。


12着サダムパテックは五分のスタートから押して追走、中団よりやや前で競馬。道中は岩田が大きく引っ張るような形でかなり力んでいる感じ。3~4角で外を回して中団で直線。序盤で追われても伸びず、そのまま失速し大惨敗の12着。岩田はこれで敗因が分かってないんだから、多分相当アホ。ただでさえ外が不利な状態。序盤ジェットスキーに近い形で引っ張り切り。そこからL3最速のレースで外を回して仕掛けてどうこうなるなんてことはないわけで。本当に東京の岩田はカスだなあ。まあ、それはともかくだ、ここまでの大惨敗は他にも理由がある。出来どうこうというよりも、個人的にマイル戦は合っていないと思う。この馬は皐月賞で直線スムーズさを欠いたのにオルフェ以外はすっと置き去りにできた瞬発力が売り。セントライト記念や朝日杯といった平均ペースではパフォーマンスが下がっているし、勝った東スポ杯はスミヨンが完璧な押し上げとコース取りで圧勝した。基本的にはそこそこの瞬発力とそこからの切れ味が武器の馬なので、それが相殺されるマイル戦は案外合わない気もする。フジキセキ産駒ということで平均ペース向きだと思ってしまいがちなんだけど、どうもこの馬、母父エリシオの色が濃いような気がするんだな。弥生賞の勝ち方見ても。菊花賞を見ても距離は問題ないわけで、一度中山の2500mを走らせてみてほしい。もちろん岩田以外で。蛯名とか乗せてみてほしいな。まあ、マイル路線で岩田なら買いづらいかな。人気も落ちないしねえ。さすがに次走は落としそうだけど。まあともかく岩田は運転が下手すぎて、性能の良い馬に乗せるとこれほどダメな騎手も珍しいぐらい運転が下手。こいつが来るときって、基本平均ペースなんだよな。緩急が無くて何もしなくていいときだけ。それかINががっぽり開く京都の外回り。中山や東京で岩田を買うなんて怖くてお勧めできない。まあ今回は岩田以外の要素もあっただろうが、騎乗は酷過ぎる。


「競馬をやって何が悪い。」もよろしくお願いします
http://naniwaru.2chblog.jp/
→次走狙い馬:ヒットジャポット,フミノイマージン
→次走危険馬:フレールジャック  

競馬予想型   index西前頭三枚目 予想歴111年 回収率0% 東京新聞杯2012回顧
1264PV

結論

古馬ガルボもコスモセンサーも普通に走っただけ。

4歳サダムパテックもあの切れ足は東京でこその足。

東京マイルを使ったのは大方正解。

でも「勝負にならなかった」

この時期の4歳はハンデ的に有利なはずなのに、それでも尚負けた。

弱い。

4歳フレールジャックも、裏小牧J乗り替りが示す通り、本レースで期待出来るJでは到底なかった。

4歳マイネルラクリマは前走が唯一狙えたレースで有り、今週は惰性だとは予想はつく。

4歳ダノンシャークもココを使ってみるレベルの勝負気配。

ウィン5が4レースまで、1、2番人気決着でココで4歳が勝つとは到底思えない中、レースは発走。結果は5歳が独占。


クラシックで大将オルフェーヴルの相手がこの連中だったという事は、どれだけ楽にクラシックを渡ってきたかのかと感じさえする。



来週、あの馬が出走予定だが、世代レベルの全貌が明らかになる。
レースレベル:4    
→次走危険馬:ダノンシャーク,サダムパテック

競馬予想型   クライスト教授東関脇 予想歴33年 回収率250% 見当違いかそれともヤラせか…
5拍手
2954PV

■=サダムパテック
「成長度がない」…もしも本当にそうならば菊花賞で掲示板に載れなかったろうし、また前走・前々走でも掲示板を確保できる訳がない。
今回大敗の要因を私は、”中距離馬が菊花賞大健闘後に満足に疲労も取らないうちに走らされたため”だと推察する。
したがって、休養をしっかり挟んで後の次走こそ好走すると診て次走狙い馬とする。

□=ガルボ
シンザン記念以来の重賞勝ちによって今後はどのレースを使っても厳しい斤量を負わされることになる。よって次走危険馬とする。

★西園調教師の相馬眼とは思えない!

サダムパテックが馬群に沈んで行った時、私は同馬をマイル戦に走らせた西園調教師を”バカな相馬眼だ”と思った。おそらくサダムパテックの能力に期待して馬券を買ったファンは全員そう思っただろう。
だが、本当にそうなのだろうか?
G3重賞とはいえ今回のレースに3頭もオープン馬を送り込むほどの調教師が、しかも一方のコスモセンサーは微差2着しているのに本当にサダムパテックをマイラーだと判断したのだろうか…

レースが終わって冷静になって考えた時、私は、”オープン馬を3頭も送り込める調教師がそんなド素人でも「はてな?」と思うレース使用をする訳がない”と考えるようになっていた。
サダムパテックは、「もしかすると何らかの理由で菊花賞後に満足に休ませることなくマイル路線を走らされたのではないか」と思ったのだ。

その理由を考えた時、私は一つの結論に行き当たった。
それは、「岩田康に極力普通の重賞において好結果を出させないための画策ではないか」という思考である。
この奇妙な路線変更は”全て何処からかの指示”で、事の起こりは”福永祐一以下の凡才騎手たちの存在をできる限り隠蔽するためのもの”ではないかと!
裏返せば、もちろん今後の状況次第になるものの【今年のダービー馬が岩田康騎乗のディープブリランテになる】という青写真があるからではないかと!

そう考えると、フレールジャックが敗れたことも、西園調教師が蛯名起用のコスモセンサーで2着したことも、マイネルラクリマが柴田大で出走して掲示板に載れなかったことも、前走ニューイヤーS1・2・3着馬がそのまま馬券になったことも、ダノンシャークが出遅れてもフレールジャックに先着したことも、数少ない近走未対戦のフミノイマージンが4着になったことも全て辻褄が合う。

どんなに綺麗事を言っても、所詮主催者の思考の中心に”公務員気質”があるのは否めない。
国費を使って騎手を作っているからには、今後も国費を使うためには相応の結果を騎手たちが出してくれないと存在価値自体に疑問を持たれてしまう。だからこそ、過去に不可解な判定とされる数々の出来事があっても彼らにとっては何ら不思議ではなかったのだろう。
ブエナビスタのジャパンC降着。アパパネとサンテミリオンのオークス同着。ダイワスカーレットが秋天で2着にされたこと。未熟なくせに言うことだけ10人前の三浦皇成と年長者に「さん付け」しないバカ息子福永祐一がリーディング上位にいること。太宰が降りて川須が小倉大賞典で初重賞勝ちしたこと。などなど…
全ては”今後も国費を使い続けるための画策”なのだろう。

最も顕著な例が、最近ニュースになった”モナクカバキチ”の存在をマスコミが取り上げていること。
”地方競馬を援護しているように見せかける”のも、現状を維持するため主催者が画策する”ハルウララのパターン踏襲”であるのは誰もが気付くだろう。
(負け続けて高知競馬まで流れていった無名の馬に男性より現実的な女性が応援馬券など買う訳がない…みんな今の騎手界と一緒のヤラセ!)

実力もないのに勝たせてもらえることは、すでに福永祐一や今回勝った石橋脩がちゃんと証明している。一度も上手いと思わせることない彼らの勝利こそが、競馬学校出優遇の顕著な例であり、要するに【上手い元地方騎手に余計な勝ちを回してはマズい】という思考=国費を削られる要因を極力なくす意志の表れだ!
レースレベル:3
→次走狙い馬:サダムパテック  
→次走危険馬:ガルボ  

競馬予想型   pipopa東十両二枚目 予想歴3年 回収率26% ペースに惑わされたか?
2拍手
1930PV

流れに途惑いながら4コーナーを回り直線にでた。
前が塞がり行く足を失いながらゴールイン。
距離が少し短いのか1800~2000が適正か?
適正はありそうだが平坦なコースならの条件付きなりそうだ。
最速の上がりは予想通り次のレースに期待します。
目の前を走る姿にドキドキでした。
無事ゴールして一安心。
『アイツが予想すると殺される』と言われずに済みそうです。

お陰さまで帰国いたしました。
今後ともヨロシク!
今年も万馬券をガンガン予想したいと思います。

海外滞在中もサニーさん・教授のお世話で預金を増やす事ができました。
昨年以上に頑張りたいと思います。
→次走狙い馬:フミノイマージン       



競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
編集長おくりばんと
07/17 12:26

スコットさんご指摘ありがとうございます。修正しておきました。何かありましたらまたぜひ言ってください

クライスト教授
07/16 03:30

函館記念一点的中でもやはり自信度Eではダメな模様!(認識)

スコット
07/13 13:53

プロフィールのところで、6月7月の予想が見れないのはなぜ…?

雨龍泥舟
07/12 17:11

入札方式のPOG、持ちポイント2億5000万Pのうち1憶5000Pを使って落としたのがブルトガング。泣きたい。他に大した馬は取れていない。...

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>クライスト教授


07/18 05:02

編集長おくりばんと>>

>>クライスト教授


07/18 00:17

あみー>>

>>あみー


06/24 20:40

のび犬>>

>>あみー


06/24 10:35

夏影>>

>>夏影


06/23 09:40



10
中京記念
◎プリモシーン
○キャンベルジュニア
ワイド5-7番
390円 的中

ゼータ
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社