8/24 8/25
8/17 8/18
新着予想>ア共和国杯2012結果回顧一覧

東京11R ア共和国杯 2012年11月4日(日)
芝2500 3歳上GII 晴良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
151413121110987654321馬番
ミ
ッ
キ
|
ペ
ト
ラ
メ
|
ヴ
ェ
マ
イ
ネ
ル
キ
ッ
ツ
フ
ォ
ゲ
ッ
タ
ブ
ル
オ
|
シ
ャ
ン
ブ
ル
|
ト
ウ
カ
イ
ト
リ
ッ
ク
ギ
ュ
ス
タ
|
ヴ
ク
ラ
イ
オ
ウ
ケ
ン
ブ
ル
|
ス
リ
ム
ス
カ
テ
|
ル
ト
ウ
カ
イ
パ
ラ
ダ
イ
ス
ア
|
ス
シ
ン
ボ
ル
ル
ル
|
シ
ュ
マ
イ
ネ
ル
マ
|
ク
イ
ケ
ド
ラ
ゴ
ン
ビ
|
ト
ブ
ラ
ッ
ク



馬名



牡6 牝4 牡9 牡6 牡4 牡10 牡4 牡7牡4 牡5 牝7牡4牡4 牡7 牡5性齢
54 52 58 57 55 56 58 5855 56 505652 50 59斤量
田
中
勝
å®®
崎
北
松
岡
æ­£
オ
ド
ノ
ヒ
三
浦
北
村
宏
蛯
名
浜
中
内
田
博
柴
å±±
田
中
博
横
å±±
典
丹
内
江
田
照
石
橋
脩
騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順着順
……………………狙……狙………軍神マルス
……………………狙………………予想屋マス
………………………………危……BC爺
……………………………狙………まじん
……………………………狙………やすふく
…………狙………………狙………雨龍泥舟
  <予想家の色:◆馬場型 ◆展開型 ◆血統型 ◆騎手型 ◆パドック型 ◆調教型> <背景濃色=自信度S・A>

タイム 2:29.9 4F 46.6 3F 34.5
単勝4番380円(2人気)
複勝4番170円(2人気)7番190円(3人気)3番370円(6人気)

競馬予想型   軍神マルス東前頭一枚目 予想歴14年 回収率137% アルゼンチン共和国杯 JCに向けて③。
2332PV

2012年 タイム 2’29”9 (良) 1FAve=11.99 3FAve=35.98

ラップ
6.8-①11.2-②11.0-③12.1-④12.3-⑤12.3-⑥12.9-⑦12.6-⑧12.1-⑨12.1-⑩11.5-⑪11.2-⑫11.8
1FAveとの誤差
①-0.8 ②-1.0 ③+0.1 ④+0.3 ⑤+0.3 ⑥+0.9 ⑦+0.6 ⑧+0.1 ⑨+0.1 ⑩-0.5 ⑪-0.8 ⑫-0.2
テン41.1(3F換算35.23)-中盤74.3(前半37.5-後半36.8)-上がり34.5 『加速・中弛み』

『加速』・・・逃げ◎ 先行○ 差し△ 追込×
『中弛み』・・・逃げ◎ 先行△ 差し× 追込○

1着ルルーシュ・・・ゼンノロブロイ×Highest Honor=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔13-b〕 2-2
2着ムスカテール・・・マヤノトップガン×サンデーサイレンス=ロベルト×サンデーサイレンス 〔16-a〕 6-6
3着マイネルマーク・・・ロージズインメイ×サッカーボーイ=ヘイロー×ファイントップ 〔10〕 9-9

流れは、テン-上がりのラップ差から『加速』と中盤の弛みから『中弛み』の複合ラップ。展開的には、逃げが最も恵まれ、次いで先行、差し・追込には厳しい流れと考える。しかし展開的には最も恵まれたはずの逃げ馬は、今年も逃げ粘れず、先行馬や差し馬が好走する傾向通りに。直線の長い東京芝コースでもあり、逃げ馬にかかるストレスが絶大なものと考える。

1着ルルーシュは、前走オールカマー4着(=中山芝2200m:0.4秒差)からの好走。東京芝コースは(3-1-0-0)、芝2500m戦は初でした。前走はコース実績のなかった急坂小回りの中山芝コースで重賞挑戦にて僅差の4着で、今回は崩れていない東京芝コース変わりだったこと、ハンデ戦で重賞好走歴がないためハンデ56kgと恵まれたこと、展開的にも前有利だったことなど、好走条件が揃っての内容と考える。それでも1着好走した事実は素直に評価し、また近年このレースを好走後にGⅠでも好走する馬が増えていることからも(=07年1着アドマイヤジュピタ、08年1着スクリーンヒーロー、08年2着ジャガーメイル、08年3着アルナスライン、09年2着アーネストリー、10年1着トーセンジョーダン、11年2着オウケンブルースリなどがこのレース好走後にGⅠで好走)、本馬の今後の活躍に期待する。
 ゼンノロブロイ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、脚を溜めて鋭くキレるタイプが多いサンデーサイレンス系の中で、速いペースを追いかけて前で展開し踏ん張る競馬もこなせる適性の広さが持ち味。フジキセキ+マンハッタンカフェ的な特徴を有し、万能型のイメージ。人気馬がしっかり好走する比較的堅実なタイプが多い。産駒は中山芝コースでの好走が多く、東京芝コースでは3着になることが多いのが特徴で、コーナーワークが上手いということで小回りのローカルコースにも向くと考える。また産駒は道悪で馬場が悪くなっても好走可能なタイプが多く、10年オークス(=やや重)などからも馬場が渋って距離延長なら好走しやすい特徴を有している。体力は豊富で、リフレッシュ効果が大きく、鮮度の活かせる休み明けで立ち直る馬が多い傾向もある。母父Highest Honorはグレイソヴリン系で、狂気のゼダーン系へと遡る。2歳から走るタイプもいれば古馬にて強くなるタイプもいて様々だが、確実なのは芝向きで厳しい流れで真価を発揮するタイプ。母父グレイソヴリン系ということで、トニービン系の好走が多い本レースの傾向からも適した馬だったと考え、またゼンノロブロイ産駒も11年1着トレイルブレイザーと本馬と2年連続しての好走から相性が良い血統配合だったと考える。
 No.〔13〕の牝系は、クラスの壁をキャリアを積みながら超えていくタイプが多い牝系。叩き良化型でもあり、洋芝向きのパワー型だが、器用さもある。分枝記号bは、基本的に晩成傾向で使い減りしないタイプが多く、鮮度と勢いが好走に重要なポイント。重賞初挑戦など鮮度の高い時は好走率高し。決め手には欠けるが自在性があり、格上げ戦に強い。

2着ムスカテールは、前走1600万条件戦オクトーバーS1着(=東京芝2400m)からの好走。東京芝コースは(1-0-0-1)、芝2500m戦は初でした。近走は条件戦を好走中で、前々走新潟記念5着(=新潟芝2000m:0.1秒差)と重賞でも僅差に好走していて、また上がりも上位を繰り出せるようになり本格化モードと思われ、またハンデも56kg→55kgと前走よりも軽くなる点もプラス要因と考えて期待し、結果2着好走。近年前走条件戦好走馬は、好走して調子は良いのにハンデが軽く恵まれた斤量で走れるためなのか好走が多く(=07年3着リキアイサイレンス、08年1着スクリーンヒーロー、08年2着ジャガーメイル、09年2着アーネストリー、10年3着コスモヘレノス、11年1着トレイルブレイザーなどが前走条件戦からの好走)、来年以降もこの手のタイプには要注目と考える。特に上がり上位で好走してきた馬なら注目すべしと考えます。本馬はやや恵まれた展開からの好走ではあるが、3着馬マイネルマークを0.4秒引き離しての好走でもあり、好走は1着馬ルルーシュ同様に素直に評価し、今後の活躍に期待したい馬と考えます。
 マヤノトップガン産駒はロベルト系で、近年は芝の重賞級は少なくなってきていて、ダート中距離を得意とするパワーとスタミナ型が多い。小回りローカルコースのダートに強く、早めに仕掛けるマクリが得意技。高齢馬が息長く活躍し、叩かれて復活するしぶとい産駒も多い。時計の速い競馬にも対応できるので、侮ってはいけない。アルゼンチン共和国杯ではロベルト系の好走も多く、マヤノトップガン産駒も叩き良化型でステイヤー特性は秘めていると思うので、相性は良いと考えて期待し、結果2着の好走からもロベルト系の相性の良さを再確認。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性がある。瞬発力を武器に上がり特化のレースで強く、勢いのあるときには重賞挑戦はプラス要因。この母父の特性も、うまく活きたと考える。マヤノトップガン産駒は近年重賞での活躍馬が少なくなってきてはいるが、息の長い活躍をする馬も多く、高齢馬が重賞で好走するパターンも存在していて、本馬はまだ4歳馬と考えると今後の成長能力に期待したい。
 No.〔16〕の牝系は、早い時期から走るのだが3歳秋以降に本格化する成長力があり、また叩き良化型のステイヤー特性がある。そのため距離延長で本領発揮のタイプが多い牝系。分枝記号aは、気性的に素直なタイプが多く、また父親よりもスケールが小さくなる傾向。

3着マイネルマークは、前走1000万条件戦本栖湖特別1着(=東京芝2400m)からの好走。東京芝コースは(1-2-0-1)、芝2500m戦は初でした。近走は条件戦を好走中で、上がりは33秒台は使えていないが上がり上位で好走していて、本格化中と考え、また今回はハンデ52kgで内枠と恵まれた点が多く、芝2000m以上の距離では(3-6-0-2)と掲示板外がない堅実さにも期待して評価し、結果3着好走。また半兄マイネルキッツにて、血統的にもステイヤー適性は高い馬だったと考える。それから前走好走して好調な状態の前走条件戦好走馬は、やはり斤量的にも好走しやすく、侮れない傾向だと考えます。
 ロージズインメイ産駒はヘイロー系で、本質は馬力型の持久力血統。芝・ダート兼用型だが、芝・ダートともに3着・4着が多く、尻を押したくなるようなジリ脚の馬が多く、瞬発力勝負では分が悪い。活躍距離はバラついているが、比較的芝1600~2000mにて穴の好走が多く、コーナー2つのコースよりも、中山芝2000mや小倉芝2000mなどコーナー4つのコース方が向いている。母父の特性を引き出しやすいのも特徴の一つ。母父サッカーボーイはファイントップ系で、ディクタスの特性がよくでていて、夏~秋にかけてよく軌道に乗ることが多い。ディクタスはスタミナ型の特性とまた強敵相手に食い下がる勝負根性が特徴。強敵相手の格上挑戦など重賞挑戦はプラス要因。ひとたびスピードにのるとグイグイ加速して、息の長いロングスパートを繰り出せる。特に前半ゆっくりでも途中からペースの上がるロングスパートの消耗戦は望むところ。
 No.〔10〕の牝系は、スピードの持続性能に優れた牝系。短距離だとペースの弛まない淡々としたペースに向く。または長距離と距離適性は幅広いが極端。分枝記号なしは、やや晩成気味ながらも、平均的に能力を発揮するタイプと考える。

アルゼンチン共和国杯のポイントは、
①流れは『中弛み』が基本。展開的には逃げが恵まれるが、直線が長いコースということもあり、目標にされやすいためか逃げ馬の好走は少ない。先行・差しを中心にすべし。
②東京芝コース実績は大切。小回りコース向きよりも広いコース向きのタイプを。
③東京芝2500mはステイヤータイプの好走が多いコース。菊花賞や天皇賞春好走血統に注目。
④特注はグレイソヴリン系、ロベルト系。
⑤近走条件戦好走馬。好調な上、ハンデも軽く、好走しやすい。
⑥今後GⅠで活躍しそうな馬を狙うのもあり。
→次走狙い馬:ルルーシュ,ムスカテール     

競馬予想型   予想屋マスター東十両八枚目 予想歴23年 回収率% ルルーシュがレースレコードで重賞初制覇
8拍手
2642PV

第50回アルゼンチン共和国杯は、2番人気のルルーシュ(横山典弘)のレコード勝ちで幕を閉じた。 競馬理論の予想では、先行馬が少ないメンバー構成で好位から競馬ができそうな展開面を考慮して高い評価を与えていたものの、オールカマーの少し足りないレース内容から、ルルーシュを本命に推すことはできなかった。 レースでは、ルルーシュはミッキーペトラを行かせて2番手からレースを進めた。 そしてルルーシュは、直線に向いて早めにスパートをかけて後続を突き放すと、危なげなく押し切って、第50回アルゼンチン共和国杯を制覇した。

ルルーシュの第50回アルゼンチン共和国杯の結果は、有力馬に比べると恵まれた56キロのハンデ及び一線級不在の弱いメンバー構成に恵まれてのものであることは確かだが、早め先頭で押し切る強い競馬であった。

よって、今後のG1戦線の競馬予想においても、能力的に底を見せていないルルーシュに押さえ程度の評価は与えるべきである。 特にルルーシュは、好位から競馬ができる器用な先行力を持つので、イン有利の馬場や先行馬不在のレースにおいては、更に評価を上げるべきと競馬理論では判断している。

一方、第50回アルゼンチン共和国杯では、3番人気のムスカテール(内田博幸)が2着に入った。 競馬理論の予想では、オクトーバーステークスの着差以上に強い内容及び、新潟記念で不利を受けながらも小差の5着という結果をのこしていることを考慮して、能力的に底を見せていないムスカテールにも高い評価を与えていた。 レースでは、ムスカテールは中団の馬込みの中を進み、直線では馬場の中央から一完歩ごとに差を詰めたが、ルルーシュには届かず、2着止まりであった。

ムスカテールの第50回アルゼンチン共和国杯の結果は、好位で流れに乗ったルルーシュを捉えることはできなかったものの、3着以下に2馬身以上の差をつけており、地力強化を示す内容であった。

よって今後の長距離重賞戦線の競馬予想においても、一レースごとに力をつけているムスカテールに注目すべきである。

第50回アルゼンチン共和国杯では、6番人気のマイネルマーク(丹内祐次)が3着に追い込んだ。 競馬理論は、52キロの軽ハンデ及び、ロスのない競馬が可能な内枠を引いたことを考慮して、重賞では少し力不足のマイネルマークにも押さえ程度の評価を与えていた。 レースでは、マイネルマークは内枠を生かして好位のインから競馬を進め、直線でもうまく内をすくって3着に浮上した。 マイネルマークの第50回アルゼンチン共和国杯の結果は、52キロの軽ハンデと終始ラチ沿いを走るコースロスのない競馬に恵まれたものであり、レース内容としては着順ほどの高い評価は不要である。 よって、今後の重賞戦線の競馬予想においては、マイネルマークにG2で3着ほどの高い評価は不要である。

さて、第50回アルゼンチン共和国杯で競馬理論が本命に予想したギュスターヴクライ(蛯名正義)は6着に敗れてしまった。 ギュスターヴクライは、中団よりやや後方の馬込みの中で脚をためた後、直線で外に持ち出されると、一旦は差し切るかのような脚を見せたものの、直線の半ばで走りがバラバラになってしまい、6着止まりであった。 ギュスターヴクライの第50回アルゼンチン共和国杯の結果は、故障により能力を発揮できなかったものであり力負けではないが、競馬で無事に完走することの大変さを改めて考えさせられた。

以上のように、第50回アルゼンチン共和国杯は、ルルーシュの強さだけが目立った一戦となったが、G1の狭間のG2で一線級不在のメンバー構成であったことは否めない。 よってルルーシュがG1戦線でも通用するためには、更なる成長が必要と競馬理論では判断している。

以下のURLから2012年以前の予想屋マスターレース回顧がご覧いただけます。

http://www.keibariron.com/database/argentinacup

アルゼンチン共和国杯のコースやレースの特性が知りたい方には大変好評をもらっています。
レースレベル:3
→次走狙い馬:ムスカテール       

競馬予想型   BC爺西前頭一枚目 予想歴11年 回収率91% 攻略法がバレバレ
2273PV

勝ったルルーシュは先行抜け出しで圧勝。
まぁローテが抜群に良かった上に条件も良く、
ここで負けたらまずいくらいだったので。

2着ムスカテール、3着マイネルマークは中団から差し。
ともに条件上がりの相性の良さから人気になりすぎで、
それが普通に来てしまう、なんとも面白味のない結果。

マイネルマークは相手なりなので自己条件での信頼は微妙。
重賞好走の疲れもありますし、人気を裏切りそうな。

マイネルキッツは果敢に先行するも伸びず。
さすがにちょっと衰えは認めざるを得ないですかねぇ。
レースレベル:3    
→次走危険馬:マイネルマーク  

競馬予想型   まじん西小結 予想歴23年 回収率138% これで役者がそろったのでしょう
5拍手
2163PV

ついに期待馬のルルーシュに重賞タイトルが付きました。
ジャパンカップへ出走できるのか楽しみなところ。
レースで見せるスピード感は確かにG1でもやれそうなものを持っているだけに少なくとも有馬記念には出てもらいたい。

オルフェーブルが出走し万全であれば、2着の紛れを探さないといけないですからその一番手になったのでしょう。

ギュスターヴクライはレース終わった時にはあれだけ新聞各紙が上昇ムードを漂わしていただけに何かあったなと思ったのだけど本当に引退となると残念ですね。

ハンデ戦ですから勝った馬以外はあとは次のレースで頑張ってください。
レースレベル:3
→次走狙い馬:ルルーシュ       

競馬予想型   やすふく東幕下五十二枚目 予想歴27年 回収率999% ア共和国杯2012回顧
2拍手
2230PV

チェスナットバレーが同レースで故障して、スタンド前から場運車で運ばれていく姿を思いだした。古い話ですみません。
当時まだ学生だった僕は競馬のやりきれなさを知りました。
たしかあの年もサクラユタカオーの天皇賞はレコードでした。

ダービー1~4着馬がすべて故障。秋のG1レースに外国からの招待馬は
昨年までとは比べるべくもない。
このまま日本競馬のガラパゴス化が進めば世界から孤立する。
JRAはオルフェーヴルの本当の敗因を知るべきだろう。

ギュスターヴクライが故障してたとゆうのを聞いてこのレースを見終えたときの違和感の理由が分かった。

ルルーシュはジャパンカップに出てほしいです。
レースレベル:3
→次走狙い馬:ルルーシュ       

競馬予想型   雨龍泥舟東前頭三枚目 予想歴43年 回収率101% ア共和国杯2012回顧
9拍手
2927PV

馬券回顧
十数年ぶりに札幌場外に行った。大通で地下鉄を降り、「南三条~、よみがえるなぁーつの日」と口ずさみながら地上へ。(画像も貼っておこう。  )
気力充実!
旭屋書店が無くなっていた。
場外にかつてのムンムンとした熱気のようなものがない。オグリキャップの頃だろうか。若い女の子が100円単位で馬券を買っているのを見て、時代が変わったと感じたものだが、当時の変化が想定外の変化だったとしたら、今の変化は十分に想定内のものだ。
馬券を買い、近くの本屋で時間をつぶし、当たりを確認して再度場外へ。
印を付けた4頭の三連単Boxと◎▲の三連複流し馬券が的中した。
みやこSも三連単Boxが的中。ちなみに印は、◎ローマンレジェンド、○ハタノヴァンクール、▲ホッコータルマエ、△ニホンピロアワーズ。
どういうわけか、近ごろ、馬券が好調だ。

札幌駅で奥様と合流。明日、ガンの精密検査がある奥様だけを残し、帰路へ。
昔はこうして一日が過ぎていったのだなと思いながらも、当時と違うのが後の疲労感。
昨日は9時半に寝たため、この時間に目が覚めた。そこでせっせとキーボードを叩いているという次第。
ルルーシュはジャパンC、有馬記念のダークホースになりそう(人気か?)。
ギュスターヴクライはこれからの馬だっただけに、故障は残念だ。種牡馬にはなれないだろうか。
→次走狙い馬:ルルーシュ,オーシャンブルー     



競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
アキ
08/11 12:20

昨日投稿できなかったんで今日は7R以降とりあえず全印挙げますか・・

クライスト教授
08/10 23:33

復旧して良かったです。予想が載せられないかと一瞬焦りました。(ほっ)

編集長おくりばんと
08/10 20:04

昨日から発生していたサーバー障害から先ほど復旧いたしました。競馬開催日にご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。

クライスト教授
07/30 22:37

巨星落つ!ディープへの賛辞はこれしか浮かばない。夢をありがとう。ゆっくり休んで下さい。(哀悼&黙祷)

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

アキ>>

>>アキ


08/04 21:47

編集長おくりばんと>>

>>アキ


08/04 20:37

クライスト教授>>

>>アキ


08/04 18:14

@レパードS これはお見事!

だるま>>

>>だるま


08/04 11:55

しろ>>

>>だるま


08/01 18:29

@函館2歳S ナイス



9
札幌日刊S杯
◎トロピカルストーム
○サトノシャーク
三連複6-9-11番
20,240円 的中

アキ
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社