9/21 9/22 9/29
9/14 9/15 9/16
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【ローズS2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想安田記念2012予想一覧カタストロフィの予想

東京11R 安田記念 2012年6月3日(日)
芝1600 3歳上GI 曇良 平均レースレベル2.7

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番








































































































馬名



牡5 牝4 牡5 牡4 セ5 牡7 牝4 牡5 牝5 牡6牡5 牡4 牡7 セ5牡6牡4 牡5 牡6性齢
58 56 58 58 58 58 56 58 56 5858 58 58 585858 58 58斤量


































騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順着順

軍神マルス

BC爺

サニーのす

dayan

SKTOM

index

編集長おく「いつもシルポート推ししちゃってるので、敢えてひねってみた」自信度C 18
あけてみればそれなりに、積極策を匂わせる馬が出てきて、さらにはトラックバイアスもかなりフェアになってきて、今日も人気の強い馬ばかりが勝っている。
ここは思い切って、自分がフットワークを見て、力量的に一番強いと思う馬を買ってみたい!

◎ダノンヨーヨー
忘れてはいけない。昨年人気になっていたが、出遅れて追い込み切れなかった能力的にはかなり上位の馬。素晴らしく綺麗なフットワークで、能力は間違いない。前走は大型馬の休み明けだったし、こんなにも人気を落としたのなら。

○ストロングリターン
なかなかはまらないが、これも素晴らしく大きな東京向きのフットワーク。今の馬場なら能力全開できる…
naoch自信度C 2
◎ペルーサ

今の1600でこの馬ってのが居ない気がするし
今まで本気で走ったことがないって言われてる?
ペルーサでも距離関係なく勝っちゃうのでは
と思えてしょうがない。

ただ本気の走りが見たいだけ
おのずと結果はついてくる
って言い続けてますけど...

○リアルインパクト
1600界で安田記念勝ってるわけだし不動の人気のはずが
ありゃ違うのか

▲マルセリーナ
人気はないけど上位とさほど差はないんじゃないの
ってくらいのメンバーだしペルーサは別格だけど


ペルーサが勝つことしか考えられない超贔屓目な予想に
なってしまった…
××KUROS「東京でこそ能力発揮」自信度C 20
 グランプリボスはNHKマイルでその後安田記念を制することになるリアルインパクトに完勝。英国遠征後は精彩を欠くレースが続いたが、舞台が東京の芝に替って京王杯SCは7着だが、ようやく良さが出てきた印象。東京マイルの差し競馬を得意とするのは戦績から説明不要で、今回は前目で引っ張る馬もいればスローペースの心配もいらない。芝は外に出し過ぎるとロスになりそうなので、枠なりの競馬で直線うまく外へ持ち出せるなら。

 京王杯AHで高速決着を制したスピード能力に注目して、対抗はフィフスペトル。東京で成績ひと息なのは瞬発力勝負での切れ負けが主な要因だが、緩みない流れなら食い下がれる可能性は高…
イズリント「アジアなんとかチャレンジ」自信度E 6
ってなくなったの?

なくなるわなぁ…地元の馬しかでねぇもんね。
ドバイDFはワールドワイドなレースなだけにあれだけど…
ブリッシュラックぐらいかな?2勝したのは。

グローバルなんとかチャレンジ、これは今年も対象レースを増やしてやってるみたいだけど、空気みたいなイベントだな。ぁ…ロケットマンはこれを狙って来日しんたんだっけか!?そう考えると、あながち捨てきれないか。う~む。

さて、安田記念ですが、1番人気が6.8倍とは…
主役不在って言われるだけある。


昨日の新馬戦、父フサイチコンコルド×母父ペンタイアという血統の馬が先手を奪ったまま押し切った。9Rでは父フレンチデピュティ×母…
ウオッカ「悲願のGⅠ制覇へ」自信度A 3

ペルーサは府中の直線を有効に使えると思います!!


東京は相性がいいのとこのメンバーならやってくれると思います。



展開もハイペースになると思うので展開的にも助かると思います!!


悲願GⅠ制覇のチャンスです。
nige「展開決め打ち」自信度E 5
大混戦でどこからでも買えるレース。
4,5,7Rを観ると外差し決まりそうですが、3戦共にスローの上がり勝負で強い馬が勝っただけに見え、内が悪いわけではないはず。
差し馬が外からでも大丈夫と思ってゆったり騎乗してくれれば行った行ったの前残りの可能性ある。
というか分からないので、展開決め打ちで自分の狙いは前残り。

本命は、ガルボ
シンザン記念後勝てなかったが今年に入り東京新聞杯、ダービー卿CTを勝って重賞2勝。
その中でも東京新聞杯の、3番手追走から直線しっかり伸びてクビ差で勝利の内容が良い。
今回も内枠からシルポート、コスモセンサーに続いて3番手から追走で直線抜け出して粘るイメージ。
×絶対の本命「1番人気がこのオッズ・・・」自信度D 7
これだけ同レベルの馬がそろうとさすがに買いにくい、単勝オッズがこれだけに、予想陣の印もバラバラ。安田記念に出走する馬のレベルが下がったというしかない。そういうような状況だけに、この馬!というのが絞りきれないため、自信は全くと言っていいほどない。なので、手薄な日本馬に対抗する外国馬を狙ってみたいところだ。

◎グロリアスデイズ
日本馬にもこれといった強い馬がいないため、海外から出走する各馬の注目も大きくなっている中、馬場適正が不安視されるこの馬だが、香港でもしっかりと走っており、8戦5勝というのはレベルが高い証拠。香港に出走した馬は走るというデータもあるので、思い切って本命に。
マッサ「混戦」自信度C 7
◎ストロングリターン
去年の安田記念は3歳馬のリアルインパクトにクビ差敗れて2着。
この時はリアルインパクトとは4キロの斤量差があった。
今回は同斤量で、リアルインパクトの前走18着からの一変は考えにくく逆転可能。
今年のメンバーも去年とあまり変わらないレベルだと思うので、一叩きされて上積みのあるストロングリターンを本命評価。
逃げ馬がシルポートくらいなのでペースが微妙だがGⅠのマイル戦で超スローは考えにくいので、中団からレースをしてもこの馬の末脚なら十分届くと思う。

○ペルーサ
去年の安田記念不出走馬から考えてみると、GⅠ路線で戦ってきて連対をしているのはこの馬とローズキン…

タイム 1:31.3 4F 46.4 3F 35.0
単勝4番670円(2人気)
複勝4番250円(1人気)3番730円(14人気)8番870円(15人気)

カタストロフィ<10期 西前頭二枚目>
安田記念2012予想
ラッキーナイン11着/7人気
○ローズキングダム  △フィフスペトル
    
3597
7拍手

【最終予想】
え~すみません、ガラッと予想変えます。展望の時点ではマイル戦線を軸にしてきたけど、そもそもマイル戦線のレベルが疑問で、時計的にも32秒を切ってくる可能性が高いのに持ち時計的に微妙な馬、レース内容的にも微妙な馬ばかりなので、いっそ考え方をはっきり変えて、マイル戦線のレベルを疑問視し、力があると思った1頭を中心に人気を落とした馬を拾う方向で。


◎ラッキーナインはここでは力最上位は間違いないと思う。普通に考えて今の貧弱な日本のマイル路線、香港の持続力は凄まじい、シルポートがかなり飛ばせばペースは淀みなくなり、そうなればピュッとした加速力を問われない本質的なスピード勝負。チャンピオンズマイルではグロリアスデイズに屈した形だが、今回は前が止まらない府中の馬場。機動力は活きる。それに、スプリンターズでも不利がなければ恐らく勝ち負けだったはずで、昨年香港Sでカレンチャンを沈めているし、能力という点では疑う余地はない。しかも今回は内枠を確保でき、絶好位置を確保できてなおかつ捌けるプレブル。条件は全てこの馬にプラスに働いていると思うし、その上で能力も最上位なら素直にこの馬を本命にする。やっぱり日本の馬場に適応できている馬は積極的に狙いたい。


〇にはローズキングダム。これも少し無茶かもしれないが、大阪杯は馬場が重く、天皇賞ではそもそも競馬になっていなかった。大体2400mでもちょっと長いぐらいの馬だと思っている。大体この馬が高いパフォーマンスを出すときは往々に高速馬場が付きまとう。基本的には切れ味、トップスピードの速さが武器の馬なので、本来ならハイペースは合わないと思う。それでも宝塚記念4着時は、かなり平均的なスピードが問われながら、エイシンフラッシュと差のない競馬。これを見ても、高速馬場ならペースが上がって悪いとは思わない。天皇賞はオーバーペースだったが、マイルなら追走力もあるし、そこからの切れ味も発揮できる可能性は高い。何より、今の豊にもう一度表舞台に立ってほしいという願望もある。ここは流れに沿って、やっぱり豊だなと思わせてくれるような騎乗を見せてほしい。


△フィフスペトルは持ち時計を評価。大体今の馬場でシルポートが飛ばすと考えれば31秒台の競馬は考えておかないといけない。京成杯では平均ペースで突き抜けていて、この馬のポジション力とある程度の決め手、更に立ち回りがうまいノリ。ここはかなり人気を落としているが、実力的には本来ガルボやコスモ辺りよりは上のはず。適性面も含めてこれを取った。

ヒモには最内でハイペース嵌った時のダノンヨーヨー、そして良馬場で高速馬場なら怖いリアルインパクト。


ガルボは条件は揃ったけど、本質的にハイペース向きの馬ではないと思っていて、シルポートが飛ばす展開を想定するなら、この馬は序盤に脚を使ってダメという可能性が高い。力勝負向きではなく、あくまである程度のペースである程度の位置からそれなりにキレる脚を使えるというタイプ。持ち時計的にも足りないわけで、良馬場なら苦しい気がする。


サダムパテックは切るには勇気がいったけど、切った。人気というよりも、やっぱり今のマイル戦線のレベルを疑問視した方が良いような気がした。前走も上位陣総崩れなわけで、マイル路線で力的に足るかどうかは正直なところ本当はまだわからないんじゃないかと。底は見せていないとは思うけど。




【展望】
 日本馬だけでもGI馬が6頭と豪華なように見えて、実際はそういうレベルにない大混戦。何せその6頭のGI馬の全ての馬が今年は勝てていない。その代りに、台頭してきたマイラーたちが数多く登録し、更に海外馬からはチャンピオンズマイルを勝った馬ではない2頭が登録。マイルがベストとは言えない2頭に、日本の実績馬は揃って出だしが悪く、他の馬もスランプから復調してきた馬が中心。何とも言い難い微妙な雰囲気が漂う今年の安田記念。この陰鬱な雰囲気を払拭し、次代のマイル路線を牽引していくのは果たしてどの馬か。


 中心は流石に日本馬から、ディフェンディングチャンピオンのリアルインパクト。昨年は戸崎の手によって3歳にして史上初の安田記念馬となった。この時は内をうまく立ち回り、直線で中目に出すとL3最速戦の流れでも早めに先頭に立ち、最後は外からストロングリターン、スマイルジャックの強襲をギリギリ退けての戴冠。毎日王冠ではスローから12.0 - 10.9 - 11.1 - 11.6とL3最速戦の流れで、これも好位からしっかり直線序盤で抜け出す。L1ではやはりどうしても脚が鈍ったが、差された相手が強敵ダークシャドウ。ダンス産駒得意のL3最速L1落ち込み高速馬場の末脚出し切り戦。この時点では間違いなく現役マイル路線ではトップクラスのはずだった。が、道悪のマイルCSでは中団やや前目から競馬を進めるのだが、11.9 - 11.8 - 11.6 - 11.9と4Fの平均的な持続戦となっていて、勝負どころで反応がなかった。これは完敗の類で、これまでのパフォーマンスから見ても持ち味を完全に殺されていたように感じる。これはヤヤオモでハイペースとなったマイラーズCでも同じで、瞬発力を活かせない競馬になったのがここまで大きく崩れた敗因の1つではないかと思われる。中山記念でも、やはり動き出しの鋭さに欠けてジリジリとしか脚が使えなかった。通ったところが良かったのもあり、なんとか3着にはという内容だが、これまでのパフォーマンスから考えてもかなり落としてきている。阪神Cはハイペースを追走して脚がなかった。掴みどころはないのだが、一つだけ確実に言えるのはこの馬の持ち味は軽い馬場で一瞬にして加速できる瞬発力だということだろう。それだけに、やはり今の超高速馬場の東京マイルという条件ならば逆転してくる可能性は大いにある。今回はシルポートの出方によるところが大きいが、ペース自体は出来るだけ上がらない方が良いタイプなのは確かで、この辺り追走しすぎると持ち味の瞬発力が相殺される可能性はある。今の高速馬場だと、シルポートがペースを上げきれない可能性もあり何とも言い難いが、東京のマイル戦ならある程度の高速決着には対応できるのは昨年で証明済み。昨年と同じ舞台で復活を果たせるか。


 相手筆頭に勢いで上回っている復活馬ガルボ。なかなかコスモセンサーと一進一退を繰り広げている馬なのだが、この馬の良さはマイルでこそのものであると近走の内容からも明らかになってきたように思う。前走ダービー卿CTでは、スローペースで中団からの競馬というこの馬らしくない競馬になった。L4から11.4 - 11.6 - 11.8 - 11.3と加速してはいるのだが、最速地点はL1。直線でしっかり伸びてくると、L1では他の馬の追撃を許さず一番いい脚で抜け出した。これまでイマイチだった1400のスピード持続戦中心から、マイルに変わって明らかに上昇。同じマイル戦でもハイペースのスピード持続戦となったニューイヤーSではコスモセンサーに完敗しているように、ある程度のペースからしっかりと決め脚を出し切る競馬がベター。マイルなら上位のスピードに、そこからの末脚の持続力に秀でているタイプ。東京新聞杯でも先にコスモセンサーに抜け出されたが、11.7 - 11.1 - 11.3 - 11.8のL3最速戦、L1の落ち込みでしっかりと捕えたように、基本的には脚を出し切る競馬が望ましい。近走は時計的にも充実しているし、相手関係を考えてもここでは最上位を張れる馬のはず。それでも、やはり低迷期の不安定さを考えると、今の勢いを素直に信じていいものかどうかという点はやはり悩めるところ。東京新聞杯では相手にも恵まれたし、その上で内有利の馬場。今週も引き続き内有利となるかどうかは定かではないし、この辺りは人気と当日の状況を踏まえて慎重に取捨選択したい。それでも、やはりシンザン記念勝ちからの低迷、そこから立ち直っての重賞2勝は完全復活だと思いたい。


 3番手には前走京王杯で復調の兆しを見せたストロングリターン。後方からしっかりと伸びてはいるのだが、上位3頭と比べると、脚色で目立つところはなかった。とはいえ、何せ半年以上の間隔があった休み明けでしかも故障明けを考えると悪くない競馬だ。昨年の京王杯勝ち馬だが、この馬の良さはトップスピードの持続力とある程度の位置で競馬ができる点。京王杯でも安田記念2着時でもL3最速戦、L1のバテ差しで伸びてきている。これはガルボとよく似た形ではあるのだが、流石にガルボより前で競馬できるわけではなく、序盤のスピード面では見劣る。しかし、その分、トップスピードのキレ味はガルボより遥かに上。昨年の安田記念ではやや後方から直線を向いたが、11.6 - 11.2 - 11.6 - 12.2の中で直線のどの部分でもしっかり脚を使って伸びてきているように、キレ味も持続力も持っている。トップスピードと持続力を共に持ち合わせている、ロベルト系特有の破壊力は侮れない。鉄砲は得意としている馬だが、前走はまだ良さが出きっていなかった印象。直線に入る前からやや反応が鈍かった。叩いて2走目で、マイル戦。ペースが上がること自体は歓迎の口だし、良馬場でL1が落ち込み脚を出し切るような競馬なら当然上位。内を立ち回って好走してきた昨年の京王杯、安田だけに、今回も内有利馬場が続くようなら内枠を望みたいところか。昨年の春のマイル路線を引っ張ってきてくれた馬だけに、昨年の惜敗の無念を雪ぐことができるか。


 穴どころにはヴィクトリアマイルで馬群を割って伸びてきた昨年の桜花賞馬マルセリーナ。実は3歳秋から古馬に揉まれても意外と安定しているマイル路線の1頭。阪神C、阪神牝馬Sと共に地力戦になりやすい阪神1400mである程度の位置から競馬を進めて伸びてきている。この辺りはかなり評価できるポイント。番手で出して競馬して折り合いを少し欠き、脚をなくしたローズSを除けば、必ず終いは伸びてきているように、持続力は意外と侮れない。反面、やはり序盤のスタートは決してうまくなく、出が悪くても押し上げられる枠の方が良いだろう。ヴィクトリアマイルは序盤で出負けしてポジションがどうしても後ろになってしまった。最後は伸びてきたが、中盤に多少緩んで3F勝負では圏内まで食い込んでくるのは難しかった印象。そういう意味でも緩みがあるレースよりは、一旦スピードに乗ったら大きく制御する必要のない一貫ペース向きのように感じる。桜花賞でも前がばてたから届いたともいえ、オークスでは位置取りも悪かったが、前が大きくばてない競馬になって伸びきれなかった。秋華賞は前残りの展開で平均ペース。位置取りが致命的だった。今の府中も前が大きくばてない展開にはなりやすいが、ヴィクトリアマイルを見ても、トップスピードはここに入ってもトップクラス。持続力も十分にある。あとはそれをどこで使えるかだ。前にポジションを取りに行っても極端に脚をなくす馬ではないので、追走に脚を使ってみてほしい。高速馬場でもパフォーマンスを下げなかったし、今回の相手ならば意外とどうにかなってもと思わせる馬。


 京王杯で弥生賞以来の復活勝利となったサダムパテック。高速馬場化で平均ペースの中、割とスピードが問われる展開ではあったが、中団から鋭く抜け出しての完勝だった。ただ、相手関係を考えると、評価という点ではなかなか難しい。有力馬が皆後方からの競馬になっていて、ちょうどいい位置で競馬ができていたというのもあった。軽い馬場でのスピード勝負に対応してきていて、単に脚を使わされて良くないタイプというわけではなさそうなのだが、やはり東京新聞杯の惨敗が気がかり。確かに内有利の傾向が顕著ではあったしかなり折り合いを欠いてはいたのだが、それにしても時計的に1.4も離されてしまっているのは。金杯も平均からややハイペースで脚を出し切れる競馬となりながらも伸びきれなかった。京王杯の内容だけならマイルでもと思えるのだが、これがウィリアムズマジックなのか、1400mで極端にペースが上がらなかったのが良かったのか、単に調子が戻っていたのか。この辺りが判断の難しいところ。ただ、個人的には東スポ杯で最速地点でグンと突き抜けたように、高速馬場で自ら加速できる瞬発力があるというイメージがあるので、基本的には序盤に脚を使わない方が良いような気はする。これはセントライト記念や金杯で伸びきれなかったという点でもそうだし、基本的には動き出しの速さで勝負する馬だと思う。その点でも東京マイルは本来は合っていいはず。東京新聞杯の敗因を折り合いで全て完結するなら、今回はそんな不安とは無縁のウィリアムズ。実に怖い。ただし、依然マイル以下での時計的な強調は出来ないのも事実で、ペースが上がってパフォーマンスを上げたことがないという点は純粋に不安材料といえそう。シルポートが引っ張る展開、更に今回はある程度突きそうなコスモセンサーにガルボがいる。単純な競馬にはならなそうなので、不安材料は不安材料としてしっかり把握しておきたい。


 東京で名誉挽回できなかったGI2勝馬グランプリボス。京王杯ではかなり後方からの競馬にもなったが、脚色も特筆できるほどのものではなく、上位陣には離される形となった。外差しが利いていた競馬だっただけに、位置取りや枠はあまり言い訳にならないところもあるか。ここ数走で好走と言えるのは阪神Cだけ。しかしこの時は3着馬フラガラッハやマルセリーナ辺りは完封しているだけに、単純に実力が衰えたというわけではないと思うのだが。本来は軽い高速馬場で勝負どころでトップスピードにすっと入る絶妙の瞬発力とその持続力が武器。NHKマイルでは中団やや前から、直線序盤で馬群を捌いて進路を確保すると、L2からしっかり伸びてL1で突き抜けた。11.9 - 11.3 - 11.4 - 11.9とL4-3の加速で馬群の中にいながら弾いても減速せずにしっかりと伸びを見せているし、そこからの弾け方は素晴らしかった。なので、この瞬発力がペースが上がることと、3角の坂で相殺される京都という舞台が不得意という点はなんとなくわかる。マイルCS・マイラーズCはそれ以前に道悪も大きかったような気はするが、スローのスワンSでも勝負どころですっと動けなかった点からも、下り坂は良くない。東京でこの瞬発力を活かしたいところ。それだけに、前走の敗因が掴めないという点はつらい。多少平均ペース向きとはいえ、同じような位置にいた馬にすら負けていた。脚を使って押し上げたという点もあるが、出負けして後ろからになったのも辛かったかも。好走するにしても、今の状態ならロスなく立ち回ってという条件が付くような気がしますね。ペースが上がって追走に脚を使うと良さが消えるような気が。いずれにせよ、取捨がかなり難しい。


 ヴィクトリアマイル組からはドナウブルーも圏内に入ってくる。前走ヴィクトリアマイルでは前後半がやや早く、やや中弛みがあって勝負どころで器用さが問われた競馬となった。直線入りでホエールキャプチャを内に見ながらじわっと仕掛けるような感じになったが11.8 - 11.5 - 11.2 - 11.5とL2最速地点でホエールキャプチャの瞬発力で一気に出し抜かれる形。L1で外からジリジリと伸びているように、この馬としては平均的な脚を使っている印象で、個人的には前走は序盤から早めに仕掛けて押し切りを狙った方が良かったのではないかと思っている。この馬も今となっては二冠牝馬の姉というレッテルを貼られてしまったが、この馬も京都マイルの重賞勝ち馬。平均ペースで好位から押し切っているように、完全にスピード持続戦向きの馬だと思っている。高速馬場で先行し、脚を出し切る舞台が望ましいと思うので、緩んでの瞬発力・キレ勝負に特化するよりはむしろ、厳しいラップを刻んでくれる牡馬混合戦向きではないかと思っている。ただし、今回は確実にいい位置を確保してくれるウィリアムズがサダムパテックに乗るので、川田に乗り替わりの予定。これが吉と出るか凶と出るかという点はある。緩急さえなければ、好位のポケットで進めるのが馬場状況からも最も理想的だと思うので、内枠か、シルポートの近くの枠を引いてうまくその後ろを確保できれば。まだ平均ペースのマイル戦では力を出し切っていないはず。京都牝馬Sの後半4F11.7 - 11.4 - 11.7 - 11.8での押し上げは不気味で。


 ローズキングダムがここに武豊を擁して出走。マイル路線に疑問符はつくが、2歳時とはいえ朝日杯勝ち馬。1600mのGIを勝っているという点は忘れてはいけないか。何より2着馬はマイルCS勝ち馬エイシンアポロン、4着馬はここでも中心の1頭であるガルボ。それらを完封しているだけに、マイルだからと侮っていい馬ではないだろう。この馬の持ち味は京都大賞典、ダービー、JCと数々ある好走の中からもわかるように、基本的にはトップスピードの速さ。持続力はそこまではないのだが、トップスピード自体はエイシンフラッシュやブエナビスタにも見劣らないほど。平均ペースの皐月賞や宝塚記念、または2011年の日経賞、日経新春杯を見てもL3最速戦で完敗してしまっている。しかしJCはL3最速戦で2位入線、京都大賞典でもL3最速戦だが普通にビートブラックを退けている。レースレベルの違いはもちろんあるのだが、もしかするとこの馬は冬~春にかけての時計が掛かる重い芝が合わないという可能性はある。実際3歳時でもスプリングSでは明らかに格下に完敗しているし、ダービーや神戸新聞杯では極上のキレ味を見せている。この辺りからも、今の超高速馬場ならむしろこの脚を引き出せる可能性はあるかもしれない。ただし、持ち時計は足りない。それでも、天皇賞ではハイペースをある程度の位置で追走できていたし、宝塚記念では平均ペースながら意外と最後まで伸びていて、ブエナビスタと0.1差、4着ルーラーシップ以下とは0.6差の差をつけているように、高速馬場という条件ならば、あらゆる可能性を排除してはいけないような馬だと言える。前走天皇賞はごまかしがきかない平均ペースで距離、大阪杯は重い馬場でキレ味を削がれた。有馬記念は3F勝負でL1最速。いくらなんでも最後方で動かなければ苦しい、JCはロンスパ戦で消耗、秋天は超ハイペース。一応の言い訳は出来なくもない。どうせ穴人気するのは間違いないし、本来ならば手を出せるほどの条件ではないとは思うが、高速馬場ならば何かをやってのける可能性は否定できない…。


 三冠牝馬が終わった…と誰もが思ったであろうヴィクトリアマイル。決して悪い競馬ではなかった。確かに多少緩んだし、昨年のVMと違って勝負所での瞬発力を問われたので、そのあたりでどうなのかという点もある。それでも、中団から伸びなかった。どの地点でも他馬に見劣る内容で、スムーズな競馬の流れでの完敗というのは残念と言わざるを得ない。昨年の安田記念では1番人気に推されながらの6着。昨年勝利のVMと同じくL3最速戦で脚が伸ばし切れなかったという点からも、力負けの印象。VMの比較から言うと、瞬発力勝負でパフォーマンスを下げてきている点からも、もう上積みは厳しいとみるのが正直なところだろう。VMの上位は4歳世代。実際昨年VMで破った馬たちは今回も破っていた。レースレベルの問題もあるし、この馬としてはあとはどこかでもう一度だけでも輝きを見せたいところだろう。それがこの舞台になるかどうかは難しいところではあるが…。それでも、終わったと言われた馬が復活してきたことを何度も見ているだけに、何とかいいところを見せてほしい。


 昨年のマイルCS覇者のエイシンアポロンも前走で不甲斐ない大敗。道悪で馬場が渋ってこの馬としては絶好の条件と思ったが、シルポートが作るハイペースに追走でいっぱいになってしまった。この馬の不安材料はやはりマイル戦での良質なスピード勝負にあると思われる。基本的にこの馬は瞬発力勝負で結果を出してきた馬で、毎日王冠2着にしても、朝日杯2着にしても勝負どころですっと抜け出してくる器用さが武器。かつ、この馬は道悪巧者でもあり、軽いスピードが相殺される競馬で初めて良さを出してくる馬だと思っていた。なので、個人的には前走の大敗はシルポートが飛ばした以上ある程度想定できていたのだが、今回狙えるかというと正直微妙ではないかと。NHKマイルCでもあり得ないほど大敗しているのだが、この時も31秒台の高速決着。こういった良質なスピード持続戦だと脚を使い切ってしまうように感じる。高速馬場自体は得意だが、トップスピードは速くてもそれを一瞬しか使えない馬でもあり、L1がどうしても甘くなる。2度の毎日王冠を見てもそれは良くわかるはず。マイル戦だとかなり速いスピードを早い段階から要求されてしまうのがどうか。雨でも降れば浮上してくると思うが、パンパンの良馬場だとマイルでは苦しいか。緩んで瞬発力勝負になると面白いが。


 香港馬2頭はマイル戦ではちょっとよくわからないけど血統背景だけは見ておく。


 ラッキーナインはスプリンターズSでパドトロワに不利を被った馬なんだけど、これがなければかなり際どかったというのは間違いないし、実際1200~1400mでは世界で屈指の実力馬。ドバウィは日本でも割となじみのあるドバイミレニアムの系統。もっと言えばシーキングザゴールドの血統で、母父グリーンデザートはダンジグ系でも割とスプリント色が強い血統。ドバイミレニアムを経由しているので、シーキングザゴールドほどスプリント色は薄まっているかもしれないけど、基本的にはマイルはちょっと長いかなという血統背景ではあるかな。ただ、ミスプロ系でもノーザン系が絡んでいる方が好成績を出している印象でもあり、その点ではグロリアスデイズよりは強調できるかも。


 グロリアスデイズの方は、日本では初めて。血統は父ユソネット。これは日本ではほとんど走っていないけど、マイナーなミスプロ系。ミスプロ×ラジャババと非常にアメリカ色が強い血統。ミスプロ系×ボールドルーラーと言った方が分かりやすいかも。イメージ的にはやっぱりダート向きのスピード色が強い感じかなあ。更に母系は母父がCentaine。5代前に遡るとマイバブーになるという。これも日本の馬場に対応できるかどうかとなると未知数かな。


http://blog.livedoor.jp/catassan/
06/03 13:08


【先週】新潟2歳Sは1万2250円完全的中!

■■■■■■■■■■■■■■■■

≪この夏の重賞も的中ラッシュ≫

◎アイビスSD   2万7100円【的中】
◎エルムS     2万1140円【的中】
◎ラジオNIKKEI賞 6240円【的中】
◎七夕賞        2380円【的中】

★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の新潟記念も自信アリ!

レイエンダ×ルメールで本当に大丈夫!?

新潟記念の≪絞りに絞った3頭≫を無料で教えます





カタストロフィ

予想歴15年
回収率%
各馬の特徴を見分けつつ、そのレースに問われる要素を展開から弾きだし、その適性を持っていてかつ力関係から基礎能力が高い馬を狙います。 http://blog.livedoor.jp/catassan/ 総拍手獲得数:6132
過去のベスト予想
 AJCC2015

◎クリールカイザー○フェイムゲーム
49拍手

20,860

新着回顧安田記念2012回顧一覧カタストロフィの回顧
カタストロフィTM競馬歴15年 回収率%
内…悪くとも中目を通らないと苦しい競馬
次走狙い馬:ストロングリターン 次走狙い馬:ガルボ
次走危険馬:ダノンヨーヨー 次走危険馬:アパパネ
 
11拍手

レースラップ:12.2 - 10.7 - 10.9 - 11.1 - 11.4 - 11.3 - 11.8 - 11.9


 もう完全な前傾ラップで、ハイペース。こうなってくるとやっぱりコーナーでロスなく立ち回れた馬が良かったなと思う。特に今回は枠の影響がもろに出たんじゃないかなあ。勝負どころで外回した馬は苦しかった。NHKマイル以降の数週は内を立ち回らないと基本的には厳しい馬場だったし、今回も1桁馬番ばかりが上位という点からも、この辺りを意識して回顧したい。


 1着ストロングリターンは五分のスタートからじわっと追走、流れに乗って中団で競馬を進める。道中やや追い通しという感じで、馬群の中、グランプリボスを見る形で進める。3角で中目追走、4角で外に出して中団やや後方で直線。序盤でサダムパテックの後ろから外に出すと、L2でグンと伸びてグランプリボスと一緒に先頭集団に襲いかかる。L1で抜け出すと、食い下がるグランプリボスを振り切って悲願のGI制覇となった。強い。最近ロベルトの仔が不調なのは結局のところ、脚を出し切るような競馬になりづらいから、最後に差しこめないってのがあるのかなというほど。新潟もそうだけど、全馬脚を出し切ってL1落ち込む競馬なら威力を発揮するってことかな。いずれにせよ、このスピードの持続力は素晴らしい。この馬の場合は割と器用に立ち回れる方だし、序盤さえきっちりいい位置につけて進められれば、もう少し距離自体は長くてもいけそうな気はする。今回は内枠だったが、勝負所でも比較的外目を回してのもので、軽いスピードの持続力が違ったのかなという感じですね。去年の内容を見ても、脚を出し切る競馬でパフォーマンスを上げてきたとみて間違いなさそう。京王杯は位置取りが悪く、仕掛け所もスムーズとは言えなかったし、終い勝負になったのも大きかったのかな。昨年の京王杯勝ちでよく把握できてなかったけど、基本的にはスピード持続馬で間違ってないんだと思います。割と適性自体は幅広いし、実際マイルでは大きく崩れていないので、脚さえきっちり出し切れれば今後も期待できると思います。


 2着グランプリボスは、今回はスタートも五分に出て押して流れに乗る。中団の前ぐらいで競馬ができ、サダムパテックを見るような形で競馬。3角入りでやや窮屈になるがしっかりと捌く。3~4角を内目で追走しサダムパテックの後ろ、中団で直線。序盤でサダムの内を突いてグンと伸びてくると、L2でラッキーナインとストロングの間を突いてしぶとく抜け出してくる。L1でグランプリと併走してしっかり伸びてくるが、最後は持続力の差で競り落とされての2着。この馬良くわからない…でも京王杯はキレ負けもしていたし、スタートも悪かった。いろんな意味で完敗だったのは確かで、ここにきてまず内枠でスタートを決めたのも大きかった。前傾ラップで中団の位置。ポジション的にもベストだったし、勝ち馬に比べると上手く運んだなあとは思う。勝負どころの脚は見劣らなかったけど、L1で持続しきれなかった。それでも時計勝負になって明らかにパフォーマンスを上げてきているわけで、内目をうまく立ち回ったとはいえ、この辺りは復活と言っていいのかも。超高速馬場での東京マイル戦がフィットしているのかな。とにかくこれまでからは考えられないほどの脚だった。緩いペースからすっと動けるような瞬発力タイプじゃないのかもなあ。なんだかんだ言って京王杯は3~4番手以降はスローだったわけで。ん~でもまだよくわからないところも多い。高速馬場の淀だったら本来やれても良いはずなんだけどなあ。内枠で上手く立ち回ったらいけるかも。やっぱりキレ勝負の時は、見た目で判断するのはちと危険かも。


 3着コスモセンサーは好スタートからすっとハナを窺うが、やはりシルポートに行かせて予定通りの内目のポケットを確保。3~4角でスペースを置いて最内追走し、4番手1馬身半ほどで直線。序盤で内目からジリジリと伸びてくると、L2で前2頭に並びかけるが今度は外2頭が相手。L1で流石に外の脚色に及ばず、しかし3着はしっかり確保した。これは買わなきゃいけない1頭だった。拾うならこの馬でしたね。ポジション的にも内ポケットの4~5番手。馬場を考えるとこれは大きかった。直線L2の落ち込みでやっぱり伸びてきていて、外差しには屈したけど、このスピードの持続力こそがこの馬の持ち味。瞬発力を全く必要としなかった分、スピードでガルボを抑えたという感じ。ガルボとコスモの後先は実にわかりやすいなあ。低迷期はあったけど、今は充実しているんでしょう。ただ、内をうまく立ち回っていたので、これで評価を上げるのは危険かな。条件も揃っていたし。


 4着ダノンヨーヨーは出負けして必死に追われて追走、何とか集団からは離されない程度の後方で進める。しかし、追走に苦労して、やはり後方での競馬。3~4角でも必死に最内を追走して後方で直線。序盤で中目を追われると、遮るものがなくジリジリ伸びてくる。L2で中団に押し上げると、そこからジリジリと伸びてきて最後は4番手まで上がったが、流石にスピード不足でここまで。これも展開的に良かった。完全な前傾ラップで脚を使い切る競馬。勝負どころで置かれていた分、最後は届かなかったという感じ。この辺が東京では限界がある所以かもしれない。逆に言えば淀の外回りで加速装置がついた条件ならば怖いということですね。今後も超高速馬場になったときの淀の外回りでは目が離せない1頭だと思います。走破時計からもこれぐらいはやれていい馬。ま、次走これで人気してくると危険だとは思います。


 5着ガルボはまずまずのスタートから押して押してポジションを取りに行くが、2列目が大きく広がって、コスモに前に入られてしまい一つポジションを下げて好位。3~4角でも最内ロスなく立ち回って好位で直線。序盤でコスモセンサーの後ろ辺りを追走、L2で内に切り込んで追われるが、伸びはなかなか見せない。L1でもコスモと脚色同じでなだれ込むだけが限界の5着だった。コスモの欄でも書いたけど、基本的にスピード持続戦では1枚足りない馬。それでもこの流れで5着なら健闘した方だと思う。追い切り悪いと思ったけど、あんまり関係なかったかも。しっかり粘れてはいた。この内容なら、今までの勝利はしっかり力をつけてのものだと思うし、しっかり秋に向けて再度立て直してくれば、重賞なら今後も中心を担えるはず。


 9着サダムパテックは五分のスタートから先行争いを見ながら二列目の中目で追走。おっつけ気味に流れに乗って競馬、最終的に中団の前ぐらい。3角で中目追走、4角で仕掛けられ、ラッキーナインの後ろ、中団で直線。序盤で追われるが、既にここで脚がなく、ストロング、グランプリにあっさり抜け出される。L2-1でもジリジリとは伸びてくるが、脚はなく、完敗の9着。完全に前傾ラップで追走に脚を使わされたパターンですね。序盤に既に脚がなかったし、ここまでハイペースになってしまうと苦しい。前走にしても自身はややスローで競馬をしているわけで、そう考えるとやはりスピード面で不安があった。やっぱりこの馬はトップスピード勝負向きで、平均的なスピードを問われて良いタイプではないのかな。


 14着グロリアスデイズは五分のスタートから押して押して追走されるが既に汲々という感じ。3角でも外を回されて、4角で大外をぶん回して直線。序盤はまだそれなりに脚を見せたが、もう半ばで脚はなかった。もう来ないと思うので、回顧してもあれだけど、単純にスピード不足。向こうのマイルで追いこんでくるような馬では苦しかった。3角であのポジションでは今の馬場では無理。


 16着アパパネはまずまずのスタートから中団で楽に良いポジションを確保。道中はペースも早く、しっかり折り合っていい形で競馬を進める。3角では外目追走、4角で大外に出して中団やや後方で直線。序盤でそれなりに脚を使ったが、これもL2で力尽きてしまった。勝ったVMはそれなりにハイペースだったことを考えると直線序盤で燃え尽きたあたりに、もう限界かもしれませんね。外を回したこともあるし、ロスもあったとは思うけど、恰好はつけられる展開だっただけに。引退の時期を逸してしまったように感じます。

06/03 17:26 回顧アクセス:3202

コメント2件

編集長おくりばんと 2012年06月03日12時06分
ガルボかぶりは心強いです が、今の単勝11倍くらいの人気の出方はどう判断されるでしょうか? 僕としてはまずまずだと感じます 枠も良いですし

カタストロフィ 2012年06月03日12時11分
>おくりばんとさん

ガルボは展望の段階では◎を打ちましたが、直前に変える可能性が高いです…。追い切りがちと動かなかったように見えたので。27日はかなり良かったみたいなので悩んでます。枠は絶好の位置ですよね。シルポートがやや外枠なので、これをしっかり追走して内ポケットを確保できれば東京新聞杯のような競馬ができると思ってます。ただやはりちょっと人気が…。まあこれだけ団子になると、もう人気で買うよりも、素直に強いと思える馬を買うのがベストかもしれませんね。


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
ぷみを
09/16 09:44

中山メイクデビューミアマンテ複勝200万大口購入あり

クライスト教授
09/14 20:02

スイープセレリタスの消し材料は……関東馬の遠征競馬である事。

アキ
08/11 12:20

昨日投稿できなかったんで今日は7R以降とりあえず全印挙げますか・・

クライスト教授
08/10 23:33

復旧して良かったです。予想が載せられないかと一瞬焦りました。(ほっ)

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>ハショタ


09/16 17:54

@セントライト記念 ルークス指名お見事。

クライスト教授>>

>>はやと


09/15 23:45

はやと>>

>>はやと


09/09 07:52

はやと>>

>>はやと


09/09 07:48

クライスト教授>>

>>はやと


09/08 22:14



14
ローズステークス
◎ダノンファンタジー
○ビーチサンバ
馬単4-11番
2,300円 的中

はやと
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社