6/29 6/30
6/22 6/23
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【宝塚記念2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想安田記念2012予想一覧軍神マルスの予想

東京11R 安田記念 2012年6月3日(日)
芝1600 3歳上GI 曇良 平均レースレベル2.7

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番








































































































馬名



牡5 牝4 牡5 牡4 セ5 牡7 牝4 牡5 牝5 牡6牡5 牡4 牡7 セ5牡6牡4 牡5 牡6性齢
58 56 58 58 58 58 56 58 56 5858 58 58 585858 58 58斤量


































騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順着順
×

BC爺

サニーのす

dayan

SKTOM

index

編集長おく「いつもシルポート推ししちゃってるので、敢えてひねってみた」自信度C 18
あけてみればそれなりに、積極策を匂わせる馬が出てきて、さらにはトラックバイアスもかなりフェアになってきて、今日も人気の強い馬ばかりが勝っている。
ここは思い切って、自分がフットワークを見て、力量的に一番強いと思う馬を買ってみたい!

◎ダノンヨーヨー
忘れてはいけない。昨年人気になっていたが、出遅れて追い込み切れなかった能力的にはかなり上位の馬。素晴らしく綺麗なフットワークで、能力は間違いない。前走は大型馬の休み明けだったし、こんなにも人気を落としたのなら。

○ストロングリターン
なかなかはまらないが、これも素晴らしく大きな東京向きのフットワーク。今の馬場なら能力全開できる…
naoch自信度C 2
◎ペルーサ

今の1600でこの馬ってのが居ない気がするし
今まで本気で走ったことがないって言われてる?
ペルーサでも距離関係なく勝っちゃうのでは
と思えてしょうがない。

ただ本気の走りが見たいだけ
おのずと結果はついてくる
って言い続けてますけど...

○リアルインパクト
1600界で安田記念勝ってるわけだし不動の人気のはずが
ありゃ違うのか

▲マルセリーナ
人気はないけど上位とさほど差はないんじゃないの
ってくらいのメンバーだしペルーサは別格だけど


ペルーサが勝つことしか考えられない超贔屓目な予想に
なってしまった…
××KUROS「東京でこそ能力発揮」自信度C 20
 グランプリボスはNHKマイルでその後安田記念を制することになるリアルインパクトに完勝。英国遠征後は精彩を欠くレースが続いたが、舞台が東京の芝に替って京王杯SCは7着だが、ようやく良さが出てきた印象。東京マイルの差し競馬を得意とするのは戦績から説明不要で、今回は前目で引っ張る馬もいればスローペースの心配もいらない。芝は外に出し過ぎるとロスになりそうなので、枠なりの競馬で直線うまく外へ持ち出せるなら。

 京王杯AHで高速決着を制したスピード能力に注目して、対抗はフィフスペトル。東京で成績ひと息なのは瞬発力勝負での切れ負けが主な要因だが、緩みない流れなら食い下がれる可能性は高…
イズリント「アジアなんとかチャレンジ」自信度E 6
ってなくなったの?

なくなるわなぁ…地元の馬しかでねぇもんね。
ドバイDFはワールドワイドなレースなだけにあれだけど…
ブリッシュラックぐらいかな?2勝したのは。

グローバルなんとかチャレンジ、これは今年も対象レースを増やしてやってるみたいだけど、空気みたいなイベントだな。ぁ…ロケットマンはこれを狙って来日しんたんだっけか!?そう考えると、あながち捨てきれないか。う~む。

さて、安田記念ですが、1番人気が6.8倍とは…
主役不在って言われるだけある。


昨日の新馬戦、父フサイチコンコルド×母父ペンタイアという血統の馬が先手を奪ったまま押し切った。9Rでは父フレンチデピュティ×母…
ウオッカ「悲願のGⅠ制覇へ」自信度A 3

ペルーサは府中の直線を有効に使えると思います!!


東京は相性がいいのとこのメンバーならやってくれると思います。



展開もハイペースになると思うので展開的にも助かると思います!!


悲願GⅠ制覇のチャンスです。
nige「展開決め打ち」自信度E 5
大混戦でどこからでも買えるレース。
4,5,7Rを観ると外差し決まりそうですが、3戦共にスローの上がり勝負で強い馬が勝っただけに見え、内が悪いわけではないはず。
差し馬が外からでも大丈夫と思ってゆったり騎乗してくれれば行った行ったの前残りの可能性ある。
というか分からないので、展開決め打ちで自分の狙いは前残り。

本命は、ガルボ
シンザン記念後勝てなかったが今年に入り東京新聞杯、ダービー卿CTを勝って重賞2勝。
その中でも東京新聞杯の、3番手追走から直線しっかり伸びてクビ差で勝利の内容が良い。
今回も内枠からシルポート、コスモセンサーに続いて3番手から追走で直線抜け出して粘るイメージ。
×絶対の本命「1番人気がこのオッズ・・・」自信度D 7
これだけ同レベルの馬がそろうとさすがに買いにくい、単勝オッズがこれだけに、予想陣の印もバラバラ。安田記念に出走する馬のレベルが下がったというしかない。そういうような状況だけに、この馬!というのが絞りきれないため、自信は全くと言っていいほどない。なので、手薄な日本馬に対抗する外国馬を狙ってみたいところだ。

◎グロリアスデイズ
日本馬にもこれといった強い馬がいないため、海外から出走する各馬の注目も大きくなっている中、馬場適正が不安視されるこの馬だが、香港でもしっかりと走っており、8戦5勝というのはレベルが高い証拠。香港に出走した馬は走るというデータもあるので、思い切って本命に。
マッサ「混戦」自信度C 7
◎ストロングリターン
去年の安田記念は3歳馬のリアルインパクトにクビ差敗れて2着。
この時はリアルインパクトとは4キロの斤量差があった。
今回は同斤量で、リアルインパクトの前走18着からの一変は考えにくく逆転可能。
今年のメンバーも去年とあまり変わらないレベルだと思うので、一叩きされて上積みのあるストロングリターンを本命評価。
逃げ馬がシルポートくらいなのでペースが微妙だがGⅠのマイル戦で超スローは考えにくいので、中団からレースをしてもこの馬の末脚なら十分届くと思う。

○ペルーサ
去年の安田記念不出走馬から考えてみると、GⅠ路線で戦ってきて連対をしているのはこの馬とローズキン…

タイム 1:31.3 4F 46.4 3F 35.0
単勝4番670円(2人気)
複勝4番250円(1人気)3番730円(14人気)8番870円(15人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「安田記念 大混戦のため、展開とコース実績を評価。」
リアルインパクト6着/12人気
○エイシンアポロン▲アパパネ△ストロングリターン
×シルポート  
3044
6拍手

★傾向分析★
2007年 タイム 1'32"3 (良) 1FAve=11.54 3FAve=34.61
テン34.1-中盤23.4(3F換算35.10)-上がり34.8 『前傾・中弛み』
1着ダイワメジャー・・・サンデーサイレンス×ノーザンテースト=サンデーサイレンス×ノーザンテースト 〔4-d〕 4-4
2着コンゴウリキシオー・・・Stravinsky×Hansel=ヌレイエフ×ミスプロ 〔2-d〕 1-1
3着ジョリーダンス・・・ダンスインザダーク×Peterhof=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔4-r〕 5-5

2008年 タイム 1'32"7 (良) 1FAve=11.59 3FAve=34.76
テン34.6-中盤23.3(3F換算34.95)-上がり34.8 『一貫』
1着ウオッカ・・・タニノギムレット×ルション=ロベルト×ネヴァーベンド 〔3-l〕 3-4
2着アルマダ・・・Towkay×Red Tempo=ノーザンダンサー×ハイペリオン 〔22-b〕 2-2
3着エイシンドーバー・・・Victory Gallop×Kris S.=ミスプロ×ロベルト 〔8-c〕 7-6

2009年 タイム 1'33"5 (良) 1FAve=11.69 3FAve=35.06
テン33.4-中盤24.0(3F換算36.00)-上がり36.1 『前傾・中弛み』
1着ウオッカ・・・タニノギムレット×ルション=ロベルト×ネヴァーベンド 〔3-l〕 7-5
2着ディープスカイ・・・アグネスタキオン×Chief's Crown=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔23-b〕 10-8
3着ファリダット・・・Kingmambo×Sunday Silence=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔22-d〕 18-18

2010年 タイム 1'31"7 (良) 1FAve=11.46 3FAve=34.39
テン33.6-中盤22.7(3F換算34.05)-上がり35.4 『前傾』
1着ショウワモダン・・・エアジハード×トニービン=プリンスリーギフト×グレイソヴリン 〔10-a〕 10-8
2着スーパーホーネット・・・ロドリゴデトリアーノ×エルセニョール=ノーザンダンサー×レイズアネイティヴ 〔8-f〕 15-15
3着スマイルジャック・・・タニノギムレット×サンデーサイレンス=ロベルト×サンデーサイレンス 〔15-a〕 10-14

2011年 タイム 1'32"0 (良) 1FAve=11.50 3FAve=34.50
テン33.9-中盤23.1(3F換算34.65)-上がり35.0 『前傾』
1着リアルインパクト・・・ディープインパクト×Meadowlake=サンデーサイレンス×セントサイモン 〔5-h〕 3-3
2着ストロングリターン・・・シンボリクリスエス×Smart Strike=ロベルト×ミスプロ 〔A13〕 12-11
3着スマイルジャック・・・タニノギムレット×サンデーサイレンス=ロベルト×サンデーサイレンス 〔15-a〕 14-15

 流れは『前傾』や『一貫』など東京芝1600mコース独特の厳しい流れになりやすく、テンが33秒台ならば差し・追込の位置取りの好走馬が多い傾向。テンが34秒台なら先行馬の好走が多いが、逃げ馬に関してはどの流れでも好走は少ない傾向。また好走馬のうち2頭は同じような位置取りにいることが多いのも特徴。

 血統の傾向は、これまで東京芝コースGⅠで好走の多いサンデーサイレンス系の好走が意外にもそんなに多くないこと。アグネスタキオン・ダンスインザダーク・ディープインパクト産駒が好走してはいるが、サンデーサイレンス系のみの上位独占などは他のGⅠと違い近年は起きていません。ややスタミナ血統ながらマイルGⅠで好走しているサンデーサイレンス系ならまだ好走可能と考えるが、他のGⅠのように考えるのは危険かも。
それよりもスピードの持続性能が高いノーザンテースト系、ニジンスキー系、ダンチヒ系などの大系統ノーザンダンサー系やロベルト系やトニービン系など欧州スタミナ型血統が強い傾向。

 牝系の傾向は、No.〔4〕〔8〕〔22〕が近年複数好走馬を輩出していますが、毎年他の牝系も好走し傾向と呼べる感じではないかも。
また好走馬に多いのが分枝記号d。分枝記号dは、精神的にタフなタイプが多く、前走好走だと次走でも好走しやすい特性も持ち、特にトライアルレースなど前哨戦快勝→GⅠは必殺のローテーションとなり、実際に好走馬の多くが前走で好走しています。

 ステップの傾向は、近年様々なステップにて好走馬が多く、傾向と呼べるものがない難儀な傾向。
 しいて言うなら、京王杯SCやマイラーズCといった安田記念の正統ステップ好走馬は1着馬が連続好走するよりも、敗退馬の反撃が多いこと。前走好走で人気になる馬よりも、人気が下がり伏兵となるこちで好走するタイプを狙うべきと思います。
 また海外戦からの帰国馬や大阪杯など、比較的前走より間隔が開いたり条件が変わることで鮮度を活かすステップでの好走も多いように思います。
 ヴィクトリアマイルからのステップ馬は、牡馬相手に能力を引き出された方が良いタイプなら好走が可能で、牝馬独特の『中弛み』からの瞬発力勝負での好走が多い馬は、人気でも危険な馬となると思われる。

★予想★
今回は展開のカギを握るのはシルポート。逃げ宣言もしているようで、緩い流れにはならないと考えて展開を想定する。そのシルポート自身は、前々走中山記念2着(=中山芝1800m:0.1秒差)→マイラーズC1着(阪神芝1600m)とともに開幕週の馬場の恩恵を活かしての好走だったが、今回は開催後半の差し有利な馬場となるだろう点から、近走の内容をそのまま鵜呑みにしてはいけないと考える。また安田記念は逃げ馬が不振な傾向からも、人気ほどの信頼性はないと考えて嫌いたいと考える。雨が降り、馬場が悪化するようなら前残りも十分ありうるが、それでも近走逃げて連続好走している馬を楽には逃がさないと考えて、先行・差し馬を上位に考えてみたい。

◎リアルインパクト・・・ディープインパクト×Meadowlake=サンデーサイレンス×セントサイモン 〔5-h〕
 前走マイラーズC18着(=阪神芝1600m:1.6秒差)。前々走中山記念3着(=中山芝1800m:0.8秒差)。東京芝コースは(2-2-1-0)と好走も多く、芝1600m戦は(1-1-1-3)。輸送に弱いのか関西のコースだと(0-0-0-4)と好走しないのだが、関東コースでは(2-3-2-0)と崩れていない馬で、前走はその関西コースでのレースということと、休み明けで重馬場の中山記念3着好走後の2走ボケがあったのでは?と考えると今回反撃可能な馬と考えて期待する。11年安田記念1着馬でもあり、昨年と異なり斤量は重いのだが、好走歴を評価して好走に期待する。
 ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、広いコースで加速をつけながら全開になる末脚が武器で、スローで脚を溜めてキレキレの瞬発力を繰り出す。一瞬でトップスピードに乗れるタイプと点火に時間がかかるタイプがいて、前者は馬体重が軽い馬、後者は馬体重の重い馬が多い。道中が速いペースだと脚をなし崩しに使わされて末脚が鈍るので、距離短縮の速い流れの時には過信禁物。逆に距離延長で緩い流れとなるときには狙い目。スローでしか好走歴のない馬の距離短縮時は、疑って掛かる方が良い。ディープインパクト産駒は、マイルGⅠ(=朝日杯FS、桜花賞、NHKマイルC、ヴィクトリアM、安田記念)での好走も多く、マイル戦は狙い目。この点にも期待して評価する。母父Meadowlakeはセントサイモン系で、ダート向きの短中距離血統。2歳から走る馬もいれば古馬になり頭角を現す馬もいて、成長度は個々の馬によって異なるが、そこそこのスタミナは持ち合わせ、中距離も守備範囲になる。ただし芝で通用するのは若いうちだけで、次第にダートよりになる。
 No.〔5〕の牝系は、緩いペースよりも厳しいペースで真価を発揮するタイプが多く、人気よりも人気薄で好走することの多い穴タイプの馬が多い。直線の長い芝コースでの好走が多い。分枝記号hは、揉まれ弱く、基本的には広いコースがベスト。小回りコースの場合は外枠か先行策が必須。今回はシルポートが厳しい流れを作ってくれると思うので、牝系の特性にも期待して評価する。

○エイシンアポロン・・・Giant’s Causeway×Sadler’s Wells=ストームバード×サドラーズウェルズ 〔1-l〕
 前走マイラーズC14着(=阪神芝1600m:1.2秒差)。東京芝コースは(2-1-0-3)、芝1600m戦は(2-2-0-2)と好走は多い。前走はドバイ遠征に向けて調整していたが中止し、休み明けで能力を引き出すには不十分だったことが凡走の要因と考えて、今回は叩いた効果に期待して評価する。11年マイルCS1着馬でもあり、能力的には侮ってはならない馬と思うのと、今回雨にて馬場が渋るようなら本馬にはプラス要因と考えて、この点にも期待する。
 Giant's Causeway産駒はストームバード系で、ハイペースで飛ばしても簡単にバテない先行押し切り型。またストームバード系は、好調期にまとめて稼ぐ短期集中型が多く、2~3歳戦で好走できるスピードと完成度の高さがある。好調期には連続好走を続けるのだが、不調期になると崩れ好走できなくなるのがストームバード系。この特性に期待して、今回の好走も十分可能と考える。母父Sadler's Wellsは、成長力豊かで底力がある。力の要る馬場や厳しい展開でこその血統で、大レースでの強さ、底力に優れ、消耗戦は望むところ。
 No.〔1〕の牝系は、クラシック好走が多く春シーズンには完成することの多い成長力と仕上がりの早い牝系。古馬では緩やかに成長する。分枝記号lは、クラシックで特注の強い馬を排出しやすい、トップクラスの能力を秘めた馬が多い。

▲アパパネ・・・キングカメハメハ×Salt Lake=ミスプロ×ヴァイスリージェント 〔9-f〕
 前走ヴィクトリアM5着(=東京芝1600m:0.4秒差)。東京芝コースは(4-0-0-3)、芝1600m戦は(5-1-0-3)と好走も多い。前々走阪神牝馬S7着(=阪神芝1400m:0.4秒差)は休み明けでの内容で、本馬は休み明けは割引が必要だった馬。叩き2戦目での変わり身の多い馬だったが、さすがに年齢による衰えはあると思われ、調子が上昇するには少し時間がかかるようになったのかもしれない。近2走とも僅差には好走しているのでまだ見限るには早く、ズブさがみられることから牝馬限定の瞬発力勝負よりは牡馬相手の締まった流れの方が好走しやすくなると考えて、好走に期待して評価する。10年3冠牝馬の底力に期待。
 キングカメハメハ産駒はミスプロ系だが、凱旋門賞での好走も多いキングマンボ系で欧州型の要素を兼ね備えている。格の高いレースでの究極のスピード競馬になると本領を発揮し、厳しい展開ほど持ち前の底力を活かす。ダンシングブレーヴ系に近い特性と考える。母父Salt Lakeはヴァイスリージェント系で仕上がりが早く、2~3歳の時期なら重賞でも勝負になる。ヴァイスリージェント系は距離に融通性があり、本馬は中距離までは対応可能と思われる。母父ヴァイスリージェント系からも勢いのあるうちは怖い存在。馬体重が大幅に減らない限りは同じようにパフォーマンスは期待できると考える。
 No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系だが、3歳秋~古馬になり本格化する。小回りコース鬼門だが、広いコースは好走が多い。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面叩いて一変が少ないタイプ。

△ストロングリターン・・・シンボリクリスエス×Smart Strike=ロベルト×ミスプロ 〔A13〕
 前走京王杯SC4着(=東京芝1400m:0.3秒差)。東京芝コースは(4-3-1-4)と好走も多く、また芝1600m戦は(3-3-1-2)と好走も多い。前走は出走馬中上がり2位の33秒8にて好走し、東京芝コースなら33秒台での上がりを繰り出せる上がり特化の瞬発力勝負が得意な馬。11年安田記念2着馬でもあり、叩き2戦目での上昇度と能力に期待して評価する。しかし突き抜けるイメージに乏しく、善戦するも2着というイメージに合うため連下候補と考える。
 シンボリクリスエス産駒はロベルト系で、本格化前までは詰め甘で、持久力とスピードの持続性能に優れていて厳しい流れでこそ本領発揮するが、意外にあっさり強敵相手に凡走する淡泊さも持ち合わせている。2歳~3歳になりたての時期のロベルト系は全般的に詰め甘なことが多いが、クラシック春シーズンを終えると本格化を始める。またロベルト系は緩い流れよりも、ペースの締まる流れで底力を問われると好走しやすくなる特性もある。特にレコード決着など時計が速くなる厳しい流れで覚醒する。叩き良化型でさらに上昇中はロベルト系の好走ポイント。母父Smart Strikeはミスプロ系で、ミスプロ系の中ではファピアノ系と並び底力があり、大レースに強い。中距離を基本に、マイルのスピード、2000mを超えてのスタミナも備えている。
 No.〔A13〕の牝系は、米国のファミリーで、高速決着は得意だが、メリハリある流れが苦手。体力はあり、シーズンオフは得意な牝系。
06/03 08:14


レイデオロ!?キセキ!?リスグラシュー!?

≪≪宝塚記念の絞りに絞った3頭を教えます!≫≫


■■■■■■■■■■■■■■

ダブル万馬券的中のダービーよりも自信アリ!!!


▼『サートゥル1強にあらず!』と予告通りの決着で▼
―――――――――――――――
【馬 連】1万1200円的中⇒112万円獲得!
【3連複】1万2050円的中⇒60万円獲得!
―――――――――――――――

■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――
宝塚記念で厚く買うべきはこの3頭!
―――――――――――――――

絞りに絞った3頭を教えます!





軍神マルス

予想歴14年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3436
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

新着回顧安田記念2012回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴14年 回収率137%
安田記念 レコード決着による適性のシフト。
次走狙い馬:ストロングリターン 次走狙い馬:リアルインパクト
     
 
6拍手

2012年 タイム 1’31”3 (良) 1FAve=11.41 3FAve=34.24

ラップ
①12.2-②10.7-③10.9-④11.1-⑤11.4-⑥11.3-⑦11.8-⑧11.9
1FAveとの誤差
①+0.8 ②-0.7 ③-0.5 ④-0.3 ⑤±0 ⑥-0.1 ⑦+0.4 ⑧+0.5
テン33.8-中盤22.5(3F換算33.75)-上がり35.0 『前傾・一貫』

『前傾』・・・逃げ× 先行△ 差し○ 追込◎
『一貫』・・・逃げ△ 先行○ 差し◎ 追込△

1着ストロングリターン・・・シンボリクリスエス×Smart Strike=ロベルト×ミスプロ 〔A13〕 13-12
2着グランプリボス・・・サクラバクシンオー×サンデーサイレンス=プリンスリーギフト×サンデーサイレンス 〔8-c〕 11-10 
3着コスモセンサー・・・キングカメハメハ×リヴリア=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔16-f〕 4-4
4着ダノンヨーヨー・・・ダンスインザダーク×フォーティナイナー=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔18〕 15-14
5着ガルボ・・・マンハッタンカフェ×ジェネラス=サンデーサイレンス×ニジンスキー 〔4-r〕 8-7

流れは、テン-上がりのラップ差から『前傾』とテン-中盤のラップ差の少なさから『一貫』の複合ラップ。『前傾』も『一貫』ともに締まった流れから、厳しい流れであり、結果レコードタイムとなったと考える。展開的には、差しが最も恵まれ、次いで追込、逃げ・先行には厳しい流れと考える。

1着ストロングリターンは、前走京王杯SC4着(=東京芝1400m:0.3秒差)からの好走。東京芝コースは(4-3-1-4)と好走も多く、また芝1600m戦は(3-3-1-2)と好走も多い馬でした。前走は出走馬中上がり2位の33秒8にて好走し、東京芝コースなら33秒台での上がりを繰り出せる上がり特化の瞬発力勝負が得意な馬。11年安田記念2着馬でもあり、叩き2戦目での上昇度と能力には期待していましたが、突き抜けるイメージに乏しいと考えて侮った結果1着好走。出走馬の中では減点する項目の少ない、消去法でいけば最後に残るような馬でしたが、大混戦のレースと考えていたため危険な人気馬と考えてしまった点は反省。大混戦の時こそ素直に消去法で減点の少ない馬は信頼できると考える(=データ的に傾向に合致する馬と考えるべき)。レコードタイムでの好走という点でも改めて能力を評価し、また今回はやや短距離よりの適性が問われたと考えて、中距離よりはマイル以下でこそ能力を発揮する馬と考える。
 シンボリクリスエス産駒はロベルト系で、本格化前までは詰め甘で、持久力とスピードの持続性能に優れていて厳しい流れでこそ本領発揮するが、意外にあっさり強敵相手に凡走する淡泊さも持ち合わせている。2歳~3歳になりたての時期のロベルト系は全般的に詰め甘なことが多いが、クラシック春シーズンを終えると本格化を始める。またロベルト系は緩い流れよりも、ペースの締まる流れで底力を問われると好走しやすくなる特性もある。特にレコード決着など時計が速くなる厳しい流れで覚醒する。叩き良化型でさらに上昇中はロベルト系の好走ポイント。今回はレコードタイムでの好走という点もこの父の特性が活きたと考え、流れが厳しくなることを想定しつつ本馬の評価を侮ってしまったことを反省したい。母父Smart Strikeはミスプロ系で、ミスプロ系の中ではファピアノ系と並び底力があり、大レースに強い。中距離を基本に、マイルのスピード、2000mを超えてのスタミナも備えている。
 No.〔A13〕の牝系は、米国のファミリーで、高速決着は得意だが、メリハリある流れが苦手。体力はあり、シーズンオフは得意な牝系。母系からも高速決着が得意だったことから、今回の流れに向く牝系だったと反省する。

2着グランプリボスは、前走京王杯SC7着(=東京芝1400m:0.5秒差)からの好走。東京芝コースは(2-0-0-1)、芝1600m戦は(3-0-1-3)と好走の多い馬でした。近走は惨敗続きで人気的にも侮ってしまっていた馬だったが、11年NHKマイルC1着好走歴もあり、また叩き3走目での好走の多い馬だったことを考えると、もう少し評価すべき馬だったと反省する。特に前走は着順こそ7着だったが、今回1着好走したストロングリターンと同じく上がり2位の33秒2の末脚を繰り出していました。基本的には前走東京芝コースならば、上がり上位の馬を着順度外視で狙うのが正解と反省します。今後は叩き3戦目での調子の上昇に期待し、休み明け2戦目での内容により取り捨てを考えていくと良いと思います。
 サクラバクシンオー産駒はプリンスリーギフト系で、テンのダッシュ力に優れ、スピードという意味合いではピカイチの種牡馬。サクラバクシンオー産駒は、休み明けけから好走可能で、使い詰めるとパフォーマンスが低下する鮮度重視の特性があるのだが、本馬は珍しく叩き良化型のタイプ。またサクラバクシンオー産駒には個々に持ち時計には限界があり、各馬の能力を示す指標にもなる。マイルでは1’32”2の持ち時計があった馬で、今回レコード決着になることで、より短距離よりの適性が問われたことが本馬にはプラスに働いたと考える。母父サンデーサイレンスは、勢いに乗じて連続好走しやすい特性を持ち、鮮度の高い時によく好走する。前走5着以内で0.5秒差以内なら好走可能な状態で、特に着順が上位でタイム差が少なければなお好走しやすい。
 No.〔8〕の牝系は、2歳~3歳春シーズンも好走は可能だが人気の時には詰めが甘い特性があり、本領発揮は3歳秋以降で古馬で真価を発揮するタイプが多い。叩き良化型で、高速時計にも強い。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。こちらも高速決着に強い牝系でもあり、レコード決着に対応できる牝系でした。

3着コスモセンサーは、前走マイラーズC3着(=阪神芝1600m:0.4秒差)からの好走。東京芝コースは(0-1-1-5)、芝1600m戦は(5-1-1-9)でした。近走重賞連続好走していて、本格化モードでした。今回は1・2着馬にはやや離された3着ではあるが、先行し不利な流れの中での好走という点は評価したい。
 キングカメハメハ産駒はキングマンボ系で、格の高いレースで究極のスピード競馬(=レコード決着)になるほど凄味をきかす血統。厳しい展開ほど持ち前の底力が活き、2歳から走れる完成度の高さと成長力がある。本格化前は詰め甘な点があることには注意が必要だが、ダービーの時期からは実が入り、成長力も豊富。また馬場悪化時にも好走が多く、これはキングマンボ系特有の道悪の上手さに起因するものと考える。またキングマンボ系もレコード決着の時計の速いレースで好走が多く、今回の流れに向いた血統だったと反省する。母父リヴリアはネヴァーベンド系で、本格化前は詰めが甘く、惜敗を繰り返しても一皮むけると爆発的な末脚を繰り出し、特に直線平坦は鬼。持続するスピードが持ち味で、成長力も豊富。
 No.〔16〕の牝系は、早い時期から走るのだが3歳秋以降に本格化する成長力があり、また叩き良化型のステイヤー特性がある。そのため距離延長で本領発揮のタイプが多い牝系。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面、叩いて一変が少ないタイプ。前走好走だと調子は維持と考えて好走が期待できる。また不器用だが、決め手鋭く瞬発力勝負に強い特性がある。

4着ダノンヨーヨーは、前走マイラーズC11着(=阪神芝1600m:1.1秒差)からの好走。東京芝コースは(1-0-1-4)、芝1600m戦は(6-3-2-5)でした。近走は惨敗もあれば11年マイルCS4着(=京都芝1600m:0.3秒差)など、相手強化のレースで好走をしていた馬でした。今回も人気薄17番人気で4着好走と、相手強化と人気薄の時に激走するようなタイプで、ダンスインザダーク産駒の特徴がよく出ている馬だと思います。年齢的にも能力が今後上昇するとは思わないが、それでも相手強化と人気薄でなめられているような時には注意したいと思います。
 ダンスインザダーク産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、大物を輩出するしスタミナ抜群なのだが器用さに欠け、ギアが入れば迫力満点の長い末脚を使う一方で、トップギアまでに時間がかかり瞬時に反応できないという弱点を併せ持つ。また条件戦では手間取るも能力が引き出される格上挑戦は好走のプラス要因で、産駒が好走していた重賞でまた好走することが多いのも特徴。安田記念では04年1着ツルマルボーイ、07年3着ジョリーダンスなど好走馬も輩出していて、ダンスインザダーク産駒は相性は良いと思われ、その点も今回の好走に関連があると考える。母父フォーティナイナーはミスプロ系で、勝つ時には楽勝もある反面、不可解な凡走もあり、強さと脆さが紙一重で同居する。揉まれると走る気をなくしたり、外枠で爆走したり、気分良く走れるかが鍵となる。
 No.〔18〕の牝系は、活躍馬はナリタトップロードなどがいるがやや衰退気味の牝系。スタミナはあるが、融通の利くタイプは少なく、底力は少ない。分枝記号なしなので、産駒ごとに得手不得手ははっきりしているものの、平均的に能力を発揮し、やや晩成傾向。

5着ガルボは、前走ダービー卿CT1着(=中山芝1600m)からの好走。東京芝コースは(2-2-1-3)、芝1600m戦は(3-3-1-4)でした。近走は芝1600m重賞で好走し、芝1400m重賞では凡走を繰り返すような戦績の馬でした。今回はダービー卿CTからのステップだったが、近年ダービー卿CT好走馬はなかなか好走しにくく、安田記念へのステップとしてダービー卿CTは間隔的にも関連性の薄いステップと再認識。おそらく開催前半の馬場を先行して好走することが多いレースがダービー卿CTやマイラーズCで、安田記念は開催後半の馬場を持続する末脚で好走するタイプが好走しやすいレースと考え、問われる適性が異なるのではないか?と思われる。
 マンハッタンカフェ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、ステイヤータイプだが素軽い先行力を持ち、難儀な不発が少ない堅実さが特徴で前半に脚を溜めれば鋭い瞬発力も使える。また道悪の成績が良く、パンパンの良馬場よりも多少時計の掛かる馬場向き。丈夫さが取り柄で、詰まったローテーションや高齢馬が穴をあける。母父ジェネラスはニジンスキー系で、時計のかかる芝中長距離に向く欧州血統。中央で苦戦した馬のローカル替わり、瞬発力勝負に泣いていた馬が時計のかかる馬場になり台頭など、条件が合えば相手強化でも好走する。
 No.〔4〕の牝系は、3歳春から力をつけてクラシックで好走するような成長力もあるが、さらに3歳秋から古馬にかけて成長力が著しい。またスタミナを活かしての好走が得意。分枝記号rは、あらゆる条件を平均的にこなすタイプ。様々な経験が活きやすいタイプでもある。

安田記念のポイントは、
①流れは『前傾』や『一貫』といった厳しい流れになりやすく、逃げ馬の好走は少ない。開催後半の馬場を持続する末脚で伸びてくるタイプに向く。
②速い流れで時計が速くなりそうならば、適性は短距離~マイル寄りに適性がシフトする。中盤弛む場合は中距離対応型のマイラーが好走できる。
③レコード決着で好走しやすい血統に向く。シンボリクリスエス、キングマンボ系、トニービン系などは要注目(=厳しい流れでプラスαの能力を発揮するような血統)。
④ステップの傾向は、前哨戦の結果がアテにならない。ダービー卿CTやマイラーズCは開催前半の馬場で先行しての好走が多く、好走馬の適性は異なる。京王杯SCからのステップ馬は、上がり上位かどうかがポイントで、着順は度外視できる。

06/09 02:28 回顧アクセス:2842

コメント1件

編集長おくりばんと 2012年06月03日10時11分
いわゆるノーザンダンサー系の馬というのは最近減っている感じがするのでジャイアンツコーズウェイの子供が活躍するようだと面白くなると思ってます 期待します


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
スコット
06/24 13:09

またよろしくお願いいたします。

スコット
06/24 13:08

皆さまお久しぶりです。調子を崩しておりましたが、落ち着いてきたので予想をぼちぼち再開していきます。

雨龍泥舟
06/20 20:48

今年のPOGの注目馬は…今週出走のブルトガング!

雨龍泥舟
06/20 20:46

キンカメ、種牡馬完全引退だそう。 ディープも怪しいし、カナロアはノイローゼ気味。やらせ過ぎだな。。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

あみー>>

>>あみー


06/24 20:40

のび犬>>

>>あみー


06/24 10:35

夏影>>

>>夏影


06/23 09:40

クライスト教授>>

>>夏影


06/21 22:08

のび犬>>

>>アキ


06/17 07:09



11
宝塚記念
◎リスグラシュー
○キセキ
三連単12-1-11番
14,560円 的中

クライスト教授
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社