10/26 10/27
10/19 10/20 10/21
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【菊花賞2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想産経大阪杯2014予想一覧予想屋マスターの予想

阪神11R 産経大阪杯 2014年4月6日(日)
芝2000 4歳上GII 晴良 平均レースレベル4.3

87654321枠番
87654321馬番





















































馬名



セ6牡4 牡7 牝4牡4牡7 牡6 牡7性齢
5758 57 555856 56 56斤量










騎手
単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順着順

軍神マルス

朝霧博人

編集長おく

koren

スナフキン

×朝霧博人「2014 大阪杯 予想」自信度A 5
阪神大賞典と並ぶ古馬路線の始動となる重要なレース。
近年でも、メイショウサムソン、ダイワスカーレット、ドリームジャーニー、ヒルノダムール、ショウナンマイティ、オルフェーヴルとGⅠ馬で名馬がずらりといる。

今年の早くからエピファネイア、キズナ、メイショウマンボと2013年のクラシック路線を賑わした馬が出走すると話題になっているレースだ。
ラップ傾向としては、たんたんとしたラップから1000m通過後に11秒のラップが連発し、阪神コースのゴール前の坂を急激に減速することなく登ることが要求される。

本命はエピファネイア。
キズナとは二歳時にラジオNIKKEIで対戦しているが、その後は弥生賞、日本…
×編集長おく「エピファネイアがかかって乱ペースのときの決め打ち」自信度C 0
大阪杯はあっと驚くほどの差し切り勝ちというのが多い。
古くはトーホウドリームとか、カンパニー、ドリームジャーニー、ショウナンマイティ、、
恐らく、この週はAコースからBコースに変わる時期だからだと思う。
阪神はなぜかよくわからないけれど、トラックバイアスが非常に極端に出る競馬場で、
だからこそ私も阪神競馬場だけでは毎年プラス計上なのだが。
で、春のこのコース変わりは、一気に内伸びから外伸びに急変する。
騎手としても急にはそれに対応しきれずに、差しを許す展開になりやすいのかも。

馬券を買うならそういう流れ決め打ちでいってみたい。

今の成長ぶりなら可能性としては低いが、エピ…
ばっじょ「あとは3頭の序列だけで」自信度A 2
産経大阪杯の過去の好走馬を見ると、

G1実績のある新鮮な4,5歳馬は確実に連に絡む印象。

8頭立ての2014年。

4,5歳馬が3頭で

キズナ、エピファネイア、メイショウマンボとなると堅い決着になりそうです。

その中でどの馬に本命を託すかというレース。

ダービー馬:キズナ 牡4 武豊

ディープインパクトにStorm Catを配合したディープ黄金配合になります。
但し、この配合は東京1800‐2400m戦など、直線で瞬発力を生かす競馬に長けている配合です。

菊花賞馬: エピファネイア 牡4 福永

はRoberto/SW(Sadler'S Wells)でさらにHyperionが重複するクロスなので東京G1を制した父:母のSPという…
カタストロ自信度C 2
【予想】
 まず、Bコースに替わってというのと、雨降った先週の日曜ぐらいからの傾向もあって、土曜は顕著に外が盛り返してくるようになった。特に10Rの仲春特別なんか上手くテイエムダイパワーがコーナー最速に持ち込む競馬をしたのに外通した馬が普通に差しこんできているから、恐らく外差傾向に移ったとみていいレベルだと思う。後、速いラップを要求されるケースも多いし、日曜は更に馬場が回復するのでトップスピードも重要になってくる。


 展開は恐らくビートブラックがハナを主張するかなと。 トウカイパラダイスも逃げの手はあるが近走は番手で結果を出してきているし、恐らくビートを行かせて2列目内ポケッ…
××index自信度S 9
3連複 ③⇔⑦⇔全

~~~~~

【大阪杯での1番人気馬と2番人気馬の着順】


13 ①人気1着 
   ②人気2着

12 ①人気2着
   ②人気3着

11 ①人気1着
   ②人気5着

10 ①人気3着
   ②人気7着

09 ①人気2着
   ②人気7着

08 ①人気1着
   ②人気6着

07 ①人気1着
   ②人気2着

06 ①人気5着★
   ②人気9着★

05 ①人気1着
   ②人気4着

04 ①人気1着
   ②人気4着

03 ①人気2着
   ②人気3着

02 ①人気1着
   ②人気6着

01 ①人気4着★
   ②人気9着★

00 ①人気1着
   ②人…
×TACO「産経大阪杯の妄想2014」自信度C 2
8頭立てにG1馬が4頭。休み明けも4頭いて、実績と仕上がりを見比べて予想し、馬券は少ない買い目で勝負したいレース。

本命はエピファネイア。おそらくスローになるこのレースではこの馬の機動力と末脚が阪神内回りでは優位に働くと見た。馬体を見る限り太め感もなく休み明けも問題なさそうだ。

対抗はショウナンマイティを抜擢。いつもG1ではちょっと足りない馬ではあるが、決め手は抜群、当該レースでの2着実績もある。

単穴キズナ。上位2頭とは機動力・末脚で若干見劣りするので。

消しはメイショウマンボ。古馬・牡馬との混合戦は初、休み明けもどちらかと言えば良くないので、今回は消して見送っていいと思…
naoch自信度C 3
人気上位馬より先着の可能性を考えると

やはり後ろからよりは前々で競馬できる馬しかいなさそう

トウカイパラダイスとカレンミロティック

ともに阪神いっぱい走ってる。カレンのほうは小回り

走ってない分未知の魅力もあるのだが大阪杯4着のトウカイ

を上位に。斤量2キロの差もここでは大きいのかも

ショウナンマイティ

調子はいまひとつなのかもしれないが阪神での実績見ると

はずすせない。
koren「素人なりに考えてみたら」自信度C 6
2006年以降 7才の絡みはないので思いきって消し
一番人気の安定感は 見逃せないのでここは押さえるしかない
前走5着以内の好走
前走二桁の巻き返しは厳しい
牝馬は厳しい
など
ほぼ エピファ キズナの為のレースではあるが
そこに 素人なりの 考えを取り入れて印にしてみた
普通に付けるなら
◎エピファネイア
○キズナ
▲メイショウマンボ
辺りか
◎エピファネイア
一番人気の安定感 買うしかない
阪神 走るし 福永j調子良さそうだし 良い枠引いたし
休み明けだが ギリギリ半年以内!?
ここでキズナにだけは負けたくないと 考えてるはず
○メイショウマンボ
牝馬ですが この馬強いと思うとるのです
幸四郎j…

タイム 2:00.3 4F 48.0 3F 36.3
単勝7番240円(2人気)
複勝7番110円(2人気)3番450円(6人気)4番110円(1人気)

予想屋マスター<12期 東十両八枚目>
「ダービー馬キズナがいよいよ始動」
◎未定  自信度C
○キズナ    
    
1436
2拍手

今週のメインレースは、第58回産経大阪杯である。
第58回産経大阪杯は、ダービー馬キズナ(武豊)、菊花賞馬エピファネイア(福永祐一)及び牝馬G1を3勝しているメイショウマンボ(武幸四郎)の復帰戦と豪華メンバーが揃っており、例年以上に注目を集めるレースとなっている。

そこで、競馬理論の競馬予想では、第58回産経大阪杯に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

菊花賞組からは、1着のエピファネイアが第58回産経大阪杯に出走する。

エピファネイアの菊花賞の勝利という結果は、自ら勝ちに行く競馬で5馬身もの差をつけており、他の馬との能力の違いを見せつけた。

そのため第58回産経大阪杯の競馬予想においては、エピファネイアに本命級の高い評価を与えて当然である。

一方、凱旋門賞組からは、4着のキズナが第58回産経大阪杯に出走する。

キズナの凱旋門賞の4着という結果は、世界の一流馬が相手と考えると立派である。
またキズナは、日本ダービーにおいてエピファネイアをまとめて差し切っている。

よって第58回産経大阪杯の競馬予想においては、キズナにエピファネイアと互角の評価を与えるべきであると考える。

一方、エリザベス女王杯組からは、1着のメイショウマンボが第58回産経大阪杯に出走する。

メイショウマンボのエリザベス女王杯の勝利という結果は、2着のラキシスに1馬身以上の差をつけており、牝馬同士では力が違うところを見せつけた。

なお、エリザベス女王杯5着馬のデニムアンドルビーがジャパンカップでも2着に好走しており、メンバー比較では牡馬相手でも遜色はないと捉える。
そのため第58回産経大阪杯の競馬予想においては、牝馬のメイショウマンボにも高い評価を与えるべきである。

一方、東京新聞杯組からは、10着のショウナンマイティ(浜中俊)が第58回産経大阪杯に出走する。

ショウナンマイティの東京新聞杯の10着という結果は、出遅れたことを考慮しても、レース内容としては見所がなかったと考える。

しかしながら、ショウナンマイティは、安田記念で2着や宝塚記念で3着の実績があり、G1級相手でも能力的には互角である。

よって第58回産経大阪杯の競馬予想においては、体調さえ戻ればショウナンマイティも好走可能と判断すべきである。

一方で中山記念組からは、11着のダークシャドウ(内田博幸)及び14着のカレンミロティック(池添謙一)が第58回産経大阪杯に出走する。

ダークシャドウ及びカレンミロティックの中山記念の敗戦は見所がなく、更にメンバーが強化する第58回産経大阪杯の競馬予想においては高い評価は不要である。

ただし、カレンミロティックは、先行する自分の競馬ができれば、金鯱賞勝ちの実績がある。

よって、第58回産経大阪杯の競馬予想においては、先行馬不在のメンバー構成で楽に先行する展開に恵まれるようであれば、カレンミロティックの残り目にも注意が必要である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第58回産経大阪杯に出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、展開、調教、枠順及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第58回産経大阪杯の最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は、第58回産経大阪杯の予想をお楽しみに。

以下のURLから2013年以前の第58回産経大阪杯の関連記事がご覧いただけます。

http://www.keibariron.com/database/sankeioosakahai

第58回産経大阪杯のコースやレースの特性が知りたい方には大変好評をもらっています。

予想屋マスターhttp://www.keibariron.com/
04/01 11:54

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【天皇賞秋2019最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

スプリンターズSはタワーオブロンドンから
馬連1260円的中!

ローズSはダノンファンタジーから
馬単2300円的中!

太秦Sはヴェンジェンスから
3連複4780円的中!


▼天皇賞秋2019最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




予想屋マスター

予想歴25年
回収率%
競馬を財テクにできる人はいるのか? 私は素人が行う投資(株式投資、債権投資などマルチ商法も含む)のすべてが、ギャンブルであると考えている。最近、競馬で財テクという広告をよく見る。利殖、投資などの文句が多い... 続きは以下のURLにて http://www.keibariron.com/keibariron/zaiteku-2.html 総拍手獲得数:369
過去のベスト予想
 宝塚記念2012

×ビートブラック
15拍手

新着回顧産経大阪杯2014回顧一覧予想屋マスターの回顧
予想屋マスターTM競馬歴25年 回収率%
キズナがダービー馬の格の違いを見せつける
次走狙い馬:キズナ   
     
 
2拍手

第58回産経大阪杯は、2番人気に推されていた遠征帰りの日本ダービーキズナ(武豊)の圧勝で幕を閉じた。

競馬理論の競馬予想では、能力的には一番と評価しつつも、遠征帰りと先行馬不在のメンバー構成での追い込み一手の脚質を考慮して、キズナを対抗評価にとどめてしまった。

レース中、キズナは最後方からレースを進めて、直線で大外に持ち出されると、一頭だけ次元の違う脚で突き抜け、第58回産経大阪杯を制覇した。

キズナの第58回産経大阪杯の勝利という結果は、凱旋門賞からの遠征帰りと58キロの斤量を克服してのものであって、更にゴール前で余裕があったことからも、着差以上に強い内容であった。

この点を考慮すると、今後のG1戦線の競馬予想においても、キズナには本命級の高い評価を与えて当然である。

ただし、キズナは、追い込み一手の脚質なので、イン有利の差しが届きにくい馬場においては、絶対視は禁物である。

一方で第58回産経大阪杯では、6番人気のトウカイパラダイス(柴山雄一)が2着に粘り込み、波乱を演出した。

競馬理論の競馬予想では、先行馬不在のメンバー構成を考慮し、前残りの展開ではトウカイパラダイスに注意が必要と判断していた。

レース中、トウカイパラダイスは先行馬3頭で後続を大きく引き離して、直線で早めに先頭に立つと、キズナには差されてしまったが、シブトイ粘り腰を発揮して2着を確保した。

トウカイパラダイスの第58回産経大阪杯の2着という結果は、早めの先頭で自ら勝ちに行く競馬と見れば悪くない内容だが、後続の仕掛け遅れによるものと見ることもできる。

その点を考慮すると、第58回産経大阪杯以降の重賞戦線の競馬予想においては、前残りの展開やイン有利の馬場になるようであれば、先行力があって競馬が上手なトウカイパラダイスにそれなりの評価を与えるべきである。

一方で第58回産経大阪杯で1番人気に推されたエピファネイア(福永祐一)は3着に敗れてしまった。

競馬理論の競馬予想では、先行馬不在のメンバー構成で好位を追走できそうな脚質面を重視し、エピファネイアを連軸という意味で本命に予想してしまった。

レース中、エピファネイアは後方集団を追走し直線に向いたが、キズナにはあっという間に交わされ、その後もジリジリとしか伸びず、3着止まりであった。

エピファネイアの第58回産経大阪杯の3着という結果は、仕掛けが遅れたにせよトウカイパラダイスすら交わすことができない残念な内容であった。

そのため今後のG1戦線の競馬予想においては、エピファネイアキズナより下の評価が妥当だが、仕上がりが万全でなかったことも確かであったため、体調や展開次第では差を詰めてもおかしくないと判断すべきである。

以上のように、第58回産経大阪杯は、キズナの強さだけが目立つ一戦となった。
競馬理論のファンの方は、今後のキズナの走りに大いに期待して頂きたい。

以下のURLから2013年以前の産経大阪杯の関連記事がご覧いただけます。

http://www.keibariron.com/database/sankeioosakahai

産経大阪杯のコースやレースの特性が知りたい方には大変好評をもらっています。

予想屋マスターhttp://www.keibariron.com/

04/10 15:43 回顧アクセス:1237


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
朝霧博人
10/22 21:35

天皇賞秋は予想よりも馬券の買い方が難しい。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

あみー>>

>>あみー


10/21 19:51



15
菊花賞
◎ワールドプレミア
○ヴェロックス
三連単5-14-13番
23,510円 的中

ぐつん
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社