6/29 6/30
6/22 6/23
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【宝塚記念2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想桜花賞2015予想一覧スカイポットの予想

◎単勝 6番:1,020円的中

阪神11R 桜花賞 2015年4月12日(日)
芝外1600 3歳GI 晴良 平均レースレベル2.3

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番


















































































































馬名



牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3牝3牝3 牝3 牝3 牝3 牝3牝3性齢
55 55 55 55 55 55 55 55 55 55 555555 55 55 55 5555斤量






























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順着順
×

BC爺

尾張のうつ

クライスト

夏影

邦彦

ムトト

編集長おく「忘れえぬ史上最低の凡戦の記憶…」自信度C 12
みなさんはもう忘れてしまっただろうか?
2010年の日本ダービーを。

あのときめちゃめちゃ盛り上がっていたんですよね
今ふりかえって成績表を見てみると、
なんでこのメンバーでそんなに沸いてたんだ?という感じですけれど

私は忘れません

戦前は日本競馬史上最強メンバーの最高に盛り上がるダービーという感じだったんです


結果的には、開けてみれば、
何にも行く馬がいなく、
アリゼオという馬が押し出されて仕方なく逃げて、
ただただ何事も起こることなく団子状態で淡々と時が流れて、
直線に向いて各馬追い出しましたが、
全体の上がりが33.4というドスロー
最内ぴったりを回った1枠1番エイシ…
×ぽん自信度C 2
時間がないので省略します。

ルージュバックはここで勝ってほしい馬。

アンドリエッテはディープ産駒で。

レッツゴードンキはココロノアイに巻き返し可能だと。

クイーンズリングは問題ないと思います。
koren「素人なりに考えてみたら」自信度C 2
数時間まえまでは
◎ココロノアイ
○レッツゴードンキ
▲キャットコイン
△ルージュバック
でしたが

キャットコインの馬体重の減り方がきになり
この印で。。。

すきなんだけどなー

今回に関しては ルージュバック絶対では
ないような気がします 未知の要素が多い f(^_^;

クイーンズリングは

更に馬体重減らしてて 嫌いたいとおもいます
××飲兵衛「桜街道ぶっちぎり!」自信度B 2
本命にしようと思っていたミッキークイーンが除外、


◎ルージュバック
凱旋門への期待も込めて!


◯アンドリエッテ
ディープ産駒。前走は1番強い内容で阪神外回りではさらにパフォーマンスを上げてくれる事を期待。母系はダートよりで重いのとクインーンC→チューリップ賞からの連戦がやや気がかり。


▲ローデッド
穴馬ディープ産駒。前走フラワーCは大きく出遅れながらの5着で、今回も脚を上手くためられれば、阪神外回りなので馬券内までは納得。


△レッツゴードンキ
脚をためたほうが強い!前走は度外視。



×先行馬は全て消し
×馬体細化のクイーンズリング、キャットコインの無敗馬2頭も消し…
××ムトト自信度C 2
ルージュバックが人気一本被りだが既に方々で指摘されている通り初マイル、初多頭数、負かした牡馬のレベルが云々と死角はある。圧勝続きというのも逆にひっかかる。
と言っても混合重賞を勝っているのは大きな強みで、脚質も昨年のハープスターのように追い込み一辺倒でもなく自在性があり、負けはあっても馬券外に飛ぶことは考えにくい。能力そのものは疑いなく高い。

誰がルージュバックに一杯食わせるか、となればムーンエクスプレスに一票投じたい。
阪神JFでは大外枠から3,4番手に押し上げ、4角ではコースロスを強いられながらまくって見せ場たっぷり。これだけやれればマイルが長すぎるということはない。
今回…
「桜花賞 2015」自信度C 2
参った。
全く記事が間に合わず。
印だけ。


◎ココロノアイ
○キャットコイン
▲レッツゴードンキ
☆クイーンズリング
△アンドリエッテ
△ルージュバック
△アンドリエッテ

チューリップ賞組を中心に構成。
ルージュバックは人気背負いすぎゆえ、評価を下げた形。
その分、キャットコインが人気せずなので、プレッシャーがない分、走りやすいはず。
minom「ルージュバックの素質と他馬の経験値」自信度S 2
無敗で3連勝の馬が3頭もいる桜花賞。それ以外にも馬券圏内を外していない馬も多く予想を難しくしている。このレースの予想こそがギャンブルの本質という感じですね。

ここまで牡馬相手に重賞を制しているルージュバックが圧倒的な人気を集めています。しかし、倒した牡馬が百日草賞3着のミュゼエイリアンが毎日杯を勝った以外、その後の戦績がよくない。また、ルージュバックが厳しい競馬を戦っていない印象もあり、素質は認めるも落とすならこのレースじゃないかと考えて、▲まで落とします。

本命は接戦なら強そうなココロノアイ。牝馬の王道を歩んで来た。阪神JF3着から休み明けのチューリップ賞快勝なら、ルージュバ…
カタストロ自信度C 28
 土曜の段階でかなり回復しているし、当日まで雨も降らず晴れそうなので、恐らくパンパンの良馬場まで回復してくるだろうと。高速馬場想定でいいと思う。


 展開だがこれに関しては相当読むのは難しい。まず内枠に逃げ馬が揃った。内からノットフォーマル、トーセンラーク、ムーンエクスプレス辺りは逃げないにせよある程度出して行くしかない。ノットフォーマルはここで小細工する感じは前走でイマイチだったし、恐らく正攻法でハナを切っていく展開かなと。これに外枠から武豊のレオパルディナがどういう競馬をしてくるかは結構面白い。内がノットフォーマルでスッとハナを取り切りペースを下げようとしたところに外…

タイム 1:36.0 4F 46.0 3F 33.5
単勝6番1020円(5人気)
複勝6番260円(3人気)7番610円(7人気)1番750円(8人気)

スカイポット<14期 東前頭八枚目>
「上位拮抗の激戦(資料追加)」
レッツゴードンキ1着/5人気
○ルージュバック▲ココロノアイ△クイーンズリング
×コンテッサトゥーレ  
2863
26拍手(+54)

◎単勝 6番

1,020円的中

【2015年】(調整指数順)
印 番 馬名        着順(天・血・人・馬)の印 調整指数  上がり実績
  6 レッツゴードンキ    ( ・ ・+・○)3  62.9  JF(2)
  8 ルージュバック     ( ・ ・+・ )1  62.6  きさ
  9 アンドリエッテ     ( ・ ・ ・×)-2 62.5∵ チュ
  15 ココロノアイ      ( ・ ・△・○)1  62.4  チュ(2)、JF(3)
  13 クイーンズリング    ( ・ ・+・×)-1 62.4↓ フィ
  2 ムーンエクスプレス   ( ・×・ ・×)-4 62.0
  11 キャットコイン     ( ・ ・△・○)1  59.8
  17 レオパルディナ     ( ・ ・ ・×)-2 59.3
  7 クルミナル       ( ・ ・ ・○)2  59.1NS
  5 ペルフィカ       ( ・ ・ ・×)-2 58.1↓ 追込
  3 ノットフォーマル    ( ・×・△・×)-5 57.6  先行
  12 ローデッド       ( ・ ・ ・○)2  57.0  フラ
  10 アースライズ      ( ・ ・ ・ )0  57.0
  18 クールホタルビ     ( ・ ・+・×)-1 50.3
  14 テンダリーヴォイス   ( ・ ・ ・○)2  56.5  フェ
  1 コンテッサトゥーレ   ( ・ ・+・×)-1 56.5↓ 紅梅
  16 メイショウメイゲツ   ( ・ ・△・ )-1 55.5
  4 トーセンラーク     ( ・ ・△・ )-1 54.8

◇スカイポットによる予想(天星指数及びリスク)の見方
http://baryutensei.com/008tenseiindex.htm

 桜花賞はデータアート作成レースのため、そちらの評価をベースに右に指数リスクを記入しています(その他の記載は予想文を見ればわかるかと思います)。
(参考)桜花賞データアート → http://baryutensei.com/31ouka.htm

 データアートで好評価となったのはレッツゴードンキ、クルミナル、ローデッド、テンダリーヴォイスですが、指数リスクの観点から信頼できそうなのはレッツゴードンキのみ。ルージュバック、ココロノアイは上位に見るべきでしょうし、クイーンズリングも前走指数は高いです。
 指数が高いものの、BPR(ベストパフォーマンスレース)が1400m以下かつ先行というムーンエクスプレス、レオパルディナは桜花賞では消えるパターンです。

 阪神改修後の過去8年で、馬券に絡んだ24頭中、上がり連対経験がなかった馬はゼロ。1位が22頭と圧倒的です(2位の2頭はダイワスカーレットとエフティマイア)。

 血統系統的には、過去8年24頭の3着以内馬中、SS系が18頭、ND系が16頭、MP(ミスプロ)系が6頭、RO(ロベルト)系が4頭という分布でした。SS系×ND系(あるいはND系×SS系)という組合せが13頭と半数以上を占めています。ココロノアイ、クイーンズリング、ルージュバック、キャットコインがこの組合せです。

 今年の予想時TBIは40.7と過去8年で最低となった。昨年は53で、結局は100程度まで上昇し、基本的に事前に把握できる数値よりも外差しが通用しやすくなる傾向があるのですが、展開も踏まえると昨年のように前傾ラップになるとも思えず。外枠及び追込&持続タイプは評価を下げます。

 展開については、新しい予想ツール「展開指数」にて計算したところ標準の値であり、極端に速くなったり遅くなったりということもないと考えています。
http://baryutensei.com/report/1504bt-oukadoc.pdf

○ルージュバック
 牝馬ながら、牡馬クラシックに直結するきさらぎ賞を勝って無敗の3連勝、ダービーに出ても勝ち負けできる逸材とも言われており、人気の中心になるでしょう。
 もちろん強いのですが、指数は上記のとおり2位であり、これまで軽い馬場の新潟、東京、京都しか走っていないので、パワーの要る阪神でパフォーマンスを落とすおそれがないとも言えません。マイル経験なしというのも異例のローテーションです。
 データアートでは現状1ポイントにすぎませんが、シンザン記念連対で◎(+5)というデータがあるので、きさらぎ賞もこれに加えることに合理性があり、実質的には6ポイントのトップと考えてしまうほうが妥当という修正も想定され得ます。
 この馬は過去3走が全て上がり1位です。先に書いた通り、阪神マイルは末脚の破壊力が重要でして、過去8年の3着以内馬24頭中、OP以上で上がり1位または阪神マイル重賞で上がり3位以内経験のあった馬は下記の18頭と多数います。

2014-1 ハープスター   (チューリップ賞、阪神JF、新潟2歳S)
2014-2 レッドリヴェール (札幌2歳S、阪神JF(3))
2014-3 ヌーヴォレコルト (チューリップ賞(3))
2013-1 アユサン     (アルテミスS)
2013-2 レッドオーヴァル (チューリップ賞)
2013-3 プリンセスジャック(ききょうS)
2012-1 ジェンティルドンナ(チューリップ賞(3))
2012-3 アイムユアーズ  (函館2歳S)
2011-1 マルセリーナ   (エルフィンS)
2011-2 ホエールキャプチャ(阪神JF(2)、ファンタジーS)
2011-3 トレンドハンター (フラワーC)
2010-1 アパパネ     (阪神JF(2))
2010-2 オウケンサクラ  (チューリップ賞(2))
2009-1 ブエナビスタ   (チューリップ賞、阪神JF)
2009-2 レッドディザイア (エルフィンS)
2009-3 ジェルミナル   (チューリップ賞(2))
2007-1 ダイワスカーレット(チューリップ賞(3))
2007-2 ウオッカ     (チューリップ賞、エルフィンS、阪神JF)

 残る6頭中、マイル重賞を先行(5番手以内)から3着以内に入った実績のある馬が4頭(ヴィルシーナ、エーシンリターンズ、エフティマイア、カタマチボタン)。残るレジネッタとソーマジックはBPRは追込馬(10番手以降あり、5番手以内なし)でした。

 このデータによりムーンエクスプレスはやはり軽視となりますが、追加の根拠として、過去8年で、阪神JFを4角5番手以内に先行して5着以内に粘った馬(1400m以下の距離で実績のあった馬が多い)は、以下のとおり桜花賞でほとんど消えています。おそらく、開催時期による馬場の重さが影響していて、スピード馬がより台頭しにくくなっていると見ています。自身が最高指数を出した秋明菊賞も1400mであり、厳しいと見ています。

2014-8 フォーエバーモア (3番人気:阪神JF3着 6-5)
2013-4 クロフネサプライズ(1番人気:阪神JF2着 2-2)
2012-3 アイムユアーズ  (3番人気:阪神JF2着 4-4)
2012-4 サウンドオブハート(5番人気:阪神JF3着 3-3)
2011-12ライステラス   (5番人気:阪神JF3着 7-4)
2009-18ショウナンカッサイ(13番人気:阪神JF4着 2-3)
2008-12オディール    (3番人気:阪神JF4着 6-2)
2007-7 アストンマーチャン(2番人気:阪神JF2着 3-3)

◎レッツゴードンキ
 ルージュバックが期待値と比べてオッズ妙味がないことから、チューリップ賞での凡走で期待値の上がったこの馬は狙い目と考えています。調整指数はメンバー1位。前走は抑えがきかずに掛かるように逃げる形となって目標にされてしまいました。ゴール前はだらしない印象でしたが、着差としては0.3秒差にすぎません。
 この馬は過去4走が全てマイル以上の重賞戦で、離された最大着差も0.3秒です。過去8年で、ここまで善戦格っぽい実績馬はいません(2012年のアイムユアーズは、過去4走が重賞(重い馬場3戦)で、離された最大着差は0.2秒と優秀で、前述のデータなどのマイナス材料がありながら本番で3着に好走しました)。
 血統系統の配合は完璧ではありませんし、前走逃げたことの影響は不明ですが、前に馬を置ける枠順かつ岩田騎手が乗るのは心強く、データアートや指数理論からも本命に推して問題なしと見ます。

 なお、3枠は内枠なので軽視という考え方もされますが、今回枠も分析しましたので、問題ないと考えています。
http://baryutensei.com/report/1504bt-oukadoc2.pdf

△ココロノアイ
 阪神JF3着、チューリップ賞1着と、この条件は問題なし。今回も上位入線の期待できる馬です。ただ、アルテミス賞時の出遅れと残り1200mから動いて3番手まで上がってしまった荒削りなレースぶりも記憶にあり、外枠で抑えが効かないおそれもないわけではありません。
 ちなみに、阪神JFとチューリップ賞をいずれも3着以内に入っている馬の桜花賞成績は、過去8年で下記のとおり。

2014-1 ハープスター   (1番人気:阪神JF2着0.0差、チューリップ賞1着)
2013-4 クロフネサプライズ(1番人気:阪神JF2着0.0差、チューリップ賞1着)
2012-6 ジョワドヴィーヴル(1番人気:阪神JF1着、チューリップ賞3着0.5差)
2011-12ライステラス   (5番人気:阪神JF3着0.2差、チューリップ賞2着0.7差)
2010-1 アパパネ     (1番人気:阪神JF1着、チューリップ賞2着0.1差)
2009-1 ブエナビスタ   (1番人気:阪神JF1着、チューリップ賞1着)
2008-8 トールポピー   (1番人気:阪神JF1着、チューリップ賞2着0.0差)
2007-2 ウオッカ     (1番人気:阪神JF1着、チューリップ賞1着)

△アンドリエッテ
 ディープインパクト産駒の中でどの馬が一番可能性が高いかを考えたところ、クイーンCの内容が4角の位置取りから連対馬よりも上であったと考えられ、また、チューリップ賞では道中、すぐ前にいたレッドカーラが後退した煽りを受けて無駄に後方に下がってしまう不利がありながら、上がり1位の速さで豪快な追込みで2着に入りました(勝ったココロノアイと同等以上の評価ができる内容と見ています)。馬場への対応はもちろん、成長もありそうということで、データアートは重馬場での実績を除くことになっていて-2となっていますが、この馬を上位に抜擢しました。正直、やっぱりディープ産駒かという結果になっても驚けません。
 馬場と展開から評価を下方修正しました。

△クイーンズリング
 3戦3勝、前走のフィリーズレビューでは、外が伸びない馬場差の条件で外を回して勝ち切っていて、指数は上位と並んでいます。能力がトップクラスの馬にデムーロ騎手が乗れば多少の粗があっても乗り越えて好走してきそうに思いますが、気になるのが手応えの良さと振り出しピッチの走法。血統が父マンハッタンカフェで、1800m勝ちもあるので気にする必要はないのかもしれませんが、この走法では現状、短距離及び直線が短いコースのほうが良いと判断します。
 データ的な不安材料としては、過去8年で前走フィリーズRの馬の馬券圏はアイムユアーズとレジネッタだけであること。アイムユアーズは阪神JF2着経験や函館2歳S2着経験があり、重い馬場への適性があったと言えます。レジネッタは少し難しいですが、阪神JFでは、激流に近い流れを先行した中でかなり粘っており、元々G1で通用できる能力があったと考えます。
 持続・追込のアンドリエッテ、外枠のココロノアイ(クイーンズリングも外枠だが、鞍上がペース判断で動ける)の評価を下げたところ、期待値的に同じくらいになってきたように思います。走法に問題があっても、2,3着程度ならあっても不思議ではありません。

 キャットコイン
 こちらも3戦3勝の無敗馬であり、父ステイゴールドなら重い馬場で上昇する余地もあると考えられ、おさえても良いと思いますが、ここまでおさえると参戦妙味がなくなってくるので割り切って消すのもありと考えます。
 桜花賞では、3番人気以内に支持されながら馬券圏外に消えた馬が以下のとおりいますが、前走が軽いコース条件又は1400m以下の軽いコース条件での勝利(条件戦以上)の経験馬が多く、クイーンC経由は不安材料とも考えられます(もっとも、キャットコインは3番人気以内には入らないでしょうが)。

2014-8 フォーエバーモア (3番人気:前走クイーンC、サフラン賞勝ち)
2013-4 クロフネサプライズ(1番人気:りんどう賞勝ち)
2013-7 トーセンソレイユ (3番人気:前走エルフィンS)
2012-6 ジョワドヴィーヴル(1番人気:?)
2011-7 ダンスファンタジア(3番人気:前走クイーンC)
2010-5 アプリコットフィズ(2番人気:前走クイーンC)
2009-8 ダノンベルベール (3番人気:前走クイーンC)
2008-8 トールポピー   (1番人気:?)
2008-5 リトルアマポーラ (2番人気:前走クイーンC)
2008-12オディール    (3番人気:ファンタジーS勝ち)
2007-7 アストンマーチャン(2番人気:ファンタジーS勝ち、小倉2歳S勝ち)

 アンドリエッテの評価を下げ、クイーンズリングの評価を上げました(同じくらいの期待値)。
 ということで、ドンキ、ルージュ>ココロ>クイーンズ、アンドリという期待度合で考えています。

 皆さまの予想の参考になれば幸いです。
04/11 23:06


レイデオロ!?キセキ!?リスグラシュー!?

≪≪宝塚記念の絞りに絞った3頭を教えます!≫≫


■■■■■■■■■■■■■■

ダブル万馬券的中のダービーよりも自信アリ!!!


▼『サートゥル1強にあらず!』と予告通りの決着で▼
―――――――――――――――
【馬 連】1万1200円的中⇒112万円獲得!
【3連複】1万2050円的中⇒60万円獲得!
―――――――――――――――

■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――
宝塚記念で厚く買うべきはこの3頭!
―――――――――――――――

絞りに絞った3頭を教えます!





スカイポット

予想歴18年
回収率129%
この度、私スカイポットは、競馬ナンデから独立した情報発信サービス「若駒予想の乱」という有料メルマガへ、予想情報提供を行うこととなりました。これに伴いまして、競馬ナンデへの予想掲載を停止させていただきます。こちらに参加させていただいた2014年以降、多数の表彰を頂きました。御礼申し上げます。 総拍手獲得数:2688
過去のベスト予想
 皐月賞2014

◎ワンアンドオンリー○クラリティシチー
83拍手

新着回顧桜花賞2015回顧一覧スカイポットの回顧
スカイポットTM競馬歴18年 回収率129%
展開と条件に大きく影響を受けた1戦
次走狙い馬:アンドリエッテ 次走狙い馬:ココロノアイ
次走危険馬:コンテッサトゥーレ 次走危険馬:クルミナル
4
9拍手(+13)

 桜花賞は本命に推したレッツゴードンキが勝利したものの、2着にクリミナル、3着にコンテッサトゥーレが入ったことから予想としては残念サイドだったと思います。しかし、予想できない展開とレッツゴードンキの勝利が濃厚に見えた直線は見ごたえがありましたね! そして、結果的に何が起きたのかが理解できると、競馬はより愉しくなります。

 結果だけ見て、馬券が外れて、では愉しくないと思います(特に、初心者の方は)。しっかり回顧していきますので、馬券を外した方は是非、学びを得て次に活かしましょう。

 今回の桜花賞は、逃げ馬不在と言われていて、それでもノットフォーマルが逃げるのかなと思っていたのですが、フタを開けて見ればレッツゴードンキが逃げる展開に。私もですが、多くの方が想像していなかった展開だったと思います。しかし、それで終わったと見るのは早計で…。

 スタート後10秒くらいの出来事ですが、ノットフォーマルが折り合ってしまい、ムーンエクスプレスの松山騎手が抑えているところ、スタートの良かったレッツゴードンキに行く気があると見るや、岩田騎手は迷わずに行きました。チューリップ賞では外枠でスタートも良かったわけではなかったので、馬が我慢できず、騎手の制止を振り切っていく感じで、実際先頭に立つまで25秒くらいかかっていましたが、今回はスムーズに逃げの形に入れました。

 岩田騎手は3F目で早くもペースを落として、後続を封じていきます。ここでスローペースでは勝ち目のない馬の騎手が前に行けばよかったのですが、行ける位置にいたノットフォーマルの黛騎手、アースライズの幸騎手、ローデッドの川島騎手(レオパルディナの武騎手は距離不安があるので抑えたのかも)は行かなかったですね。そもそもムーンエクスプレスの松山騎手もスロー勝負ではダメなのでハナを主張したほうが良かったと思います。デムーロ騎手は進路があれば行ったと思いますが、フタをされてしまっていました。

 それで超スローペースが生まれたのですが、スローでも単騎で逃げているレッツゴードンキにとっては気分良く走れますからラストも止まりません。刻んだラップは以下のとおり。
12.7 - 11.7 - 12.7 - 12.9 - 12.5 - 11.3 - 10.7 - 11.5

 テン3Fは過去8年よりも遅い37.1秒、上がりは33.5秒です。その差3.6秒となる超スローの上がり勝負になりました。1頭抜けたレッツゴードンキを見ながら、横一線で追い比べをする各馬という、残り200mからの映像が全てを物語っています。

 2着から12着までが0.4秒差ですから、2,3着はたまたま、良馬場の加速勝負なら脚を使えたクルミナルと、内の良い条件で末脚も速いコンテッサトゥーレが来たという感じ。展開と条件に大きく影響を受けた1戦でした。

 予想の印では本命しか当てられなかったのですが、データアートの評価は1番手のレッツゴードンキが勝ち、2番手のクルミナルが2着に入るという、去年に続いてアナログ重視がデータアートに敗れる結果に^^;(「天」の評価を加えると、レッツゴードンキが4点、クルミナルローデッドが2点、ルージュバックキャットコインテンダリーヴォイスが1点、ココロノアイアースライズコンテッサトゥーレトーセンラークが0点の順でした)

 予想の過程においては、内枠不利の常識について、少なくとも3枠は悪くないことを明らかにできました。結果的には1枠の馬も今回来ましたし、こういったジンクスは崩れる時に一気に来るものです。バイアス判定について、今回は詳細のデータを公表しませんでしたが、昨日の阪神牝馬Sでは極端な内先行有利な馬場(追込みも来ているので、横は極端な内有利&縦はフラットという感じです)でした。

 また、展開はミドルのスロー寄りと想定していました。展開指数計算時にレッツゴードンキのBPRを、阪神JF時のものを採用していれば6ポイント下がって23ポイントとなり、スローへの注意を高められたと思いますが、その上で、BPR逃げ馬が1頭以下の時には極端なスローになる可能性も留意すべきということかと。

 インバイアスと超スローが組み合わさって、予想だにしなかった結果となりましたが、今回の予想ツールは来年も継続して使えそうなこと、本命馬がぶっちぎって勝ってくれた(評価を下げたルージュバックが負けた)こと等、一応の収穫があったレースでした。

 狙い馬は今回脚を余したアンドリエッテと、外差し不利の条件で消えたココロノアイ、危険馬はインバイアスに助けられたコンテッサトゥーレと、混戦の2着で字面上妙味の落ちるクルミナル

04/12 21:59 回顧アクセス:2383


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
スコット
06/24 13:09

またよろしくお願いいたします。

スコット
06/24 13:08

皆さまお久しぶりです。調子を崩しておりましたが、落ち着いてきたので予想をぼちぼち再開していきます。

雨龍泥舟
06/20 20:48

今年のPOGの注目馬は…今週出走のブルトガング!

雨龍泥舟
06/20 20:46

キンカメ、種牡馬完全引退だそう。 ディープも怪しいし、カナロアはノイローゼ気味。やらせ過ぎだな。。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

あみー>>

>>あみー


06/24 20:40

のび犬>>

>>あみー


06/24 10:35

夏影>>

>>夏影


06/23 09:40

クライスト教授>>

>>夏影


06/21 22:08

のび犬>>

>>アキ


06/17 07:09



14
宝塚記念
◎リスグラシュー
○キセキ
三連単12-1-11番
14,560円 的中

クライスト教授
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社