3/23 3/24 3/31
3/16 3/17
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【高松宮記念2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想宝塚記念2015予想一覧アキの予想

阪神11R 宝塚記念 2015年6月28日(日)
芝2200 3歳上GI 晴良 平均レースレベル2.8

87654321枠番
16151413121110987654321馬番




















































































































馬名



牡5 牡6 牡4 牝5 セ7 牝4 牡7 牡5 牝5 牡4牝5 セ7 牡5 牡7 牡4牝4性齢
58 58 58 56 58 56 58 58 56 5856 58 58 58 5856斤量



























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順着順
××

BC爺

ぶらすぽ

minom

にゃんこ先

××編集長おく「斤量経験のない馬が多く危険馬が多い!」自信度C 2
ネオブラックダイヤ
58キロを背負いこなせている貴重な存在の一頭。ガサがあるので気にしないのだと思う。
前走は、逃げられず押して行ったら、道中何度も引っかかってしまう非常に悪いパターンだったが、それでも最後は伸びてきていたので、7歳にして力を付けてきたと実感させられた。かつてはもっと首が高い馬だったのだが、前走あたりはちゃんと首で反動をつけられる走り方になっていた。
今回こそは前へという気持ちがあり、それで折り合えれば、今日は先ほども続けて逃げ馬が勝っているように、パワーが必要でダートっぽく、結構差しにくい馬場だと思うので一発あるのでは!

アドマイヤスピカ
相手なりに走るタイ…
ムトト自信度C 2
ゴールドシップの乱ペースに惑わされず、追い込み一手のディアデラマドレが軸。阪神3.0.0.0で距離もエリ女3着ありむしろ歓迎。スイープトウショウの再現。

相手筆頭はトーホウジャッカル。菊以来も地力では上位。

デニムも阪神よし、距離よし。2走前の内容も強い。

ゴールドシップは前走の乗り方が逆にここで悪影響とならないか。
スコット「勝つなら…ともかく4頭はこれ」自信度C 2
 ▲カレンミロティック
 ○ラキシス
 ◎ゴールドシップ
 △トーセンスターダム、ヌーヴォレコルト、ワンアンドオンリー
 注ディアデラマドレ


 宝塚記念のポイントは、


 1.キレないディープ
 2.地力系
 3.ステイゴールド
 4.伏兵は前走2400m以下から
 5.穴血統は、ノーザンテースト・ダンチヒ



 宝塚記念でまず言えるのは、

 近5年でステイゴールド産駒が4勝しているということ。
 あとは、ファミリーナンバーでいうと地力系がやたら来ること。
 ディープ産駒で来るのは、クラシックで勝てなかった馬。母父ミスプロ系は特注。


 指数も出したけど、週初めにパッとインスピ…
カタストロ自信度C 1
 恐らくJRAなのでいつもの良馬場発表なのに全然時計が掛かってるがな、というようなパターンになるだろうと。土曜でも稍重表記だがとてもそうは思えないほどに時計は掛かっていた。日曜でどの程度回復するかだが、府中や淀と違って阪神の内回りは雨の影響が顕著に出るし、この時期は雨中の開催で馬場そのものも悪くなりがち。開催後半になると時計がかかるケースが多いから、普通に時計がかかる馬場を想定しておくべきだろうと。60秒のペースで行ったとしても恐らく13秒台ぐらいの決着になると想定してタフな馬場適性が問われるだろうと。


 展開面は読みにくいのであまりあてにはしない方が良い。ひとまずヌーヴォレコ…
雀巽「2015年 宝塚記念」自信度C 2
◎ゴールドシップ
得意の阪神で3連覇をみてみたい。
G1 7勝もかかってるし記録がかかってると個人的に応援したい。ただ、ゴールドシップにはいつも悪い意味で期待を裏切られてるので不安。

◯ラキシス
こちらも阪神は得意な印象。産経大阪杯では牡馬相手にも勝利しているし、ルメール騎手にも期待。

▲カレンミロティック
阪神大賞典、天(春)と長い距離を使ってきたが、距離の短縮はプラス。昨年宝塚は2位とコースも問題ない。

△菊花賞ぶりのレースではあるが、個人的に応援したい馬。…
東海帝王「牝馬で56キロを背負って勝っているのはこの馬。」自信度D 1
ラキシスに騎乗するルメールは、かなりゴールドシップを意識しているのだが、あまりゴールドシップに意識を集中させてしまうと思わぬ伏兵に足許をすくわれてしまう可能性もあるのでルメールには、自然体で乗って欲しい。流れはかなりスローペースになりそうなので、そうなると前に行けそうな馬に勝機が出てきそうではある。面白そうなのは、トーセンスターダム。内枠を利して、競馬をすれば馬券圏内にこれそうではある。…
ぷみを「不動◎考える余地なし」自信度C 2
当日
馬場が緩いですね。
かなりタフなレースになりそう。
当初の予定通りゴールドシップから。
ここは思い切ってディープ産駒は切ります。
アドマイヤスピカ
無欲の後方一気で3着に突っ込んでくる!(希望)

6/23
考えずにはいられない。
やはり牝馬の連対は考えづらい。
良くて3着でデニムアンドルビーだけ。

次に、角居VS池江 各3頭出し。
角居厩舎はデニムアンドルビー
池江厩舎はラブリーデイが筆頭か。

他に菊花賞馬のトーホウジャッカル。
長欠明け、古馬との初対戦、58㎏と不安材料はてんこ盛り。
しかし調教の動きはまずまずだと思うんだけど。
(水曜)どうでしょう?(水曜は関係なし…
××夏影「ダービー馬、オークス馬には呪われたレース(笑)」自信度A 9
過去20年ダービー馬、オークス馬の宝塚記念での成績は次の通り。

1995年 チョウカイキャロル 12着
1996年 ダンスパートナー  3着
1997年 ダンスパートナー  3着
1998年 エアグルーヴ    3着
     メジロドーベル   5着
1999年 スペシャルウィーク 2着
2003年 ネオユニヴァース  4着
2004年 スティルインラブ  8着
2005年 スティルインラブ  9着
2006年 ディープインパクト 1着
2007年 メイショウサムソン 2着
     カワカミプリンセス 6着
     ウォッカ      8着
2008年 メイショウサムソン 2着
2009年 ディープスカイ   3着
2010…

タイム 2:14.4 4F 46.7 3F 35.0
単勝16番1420円(6人気)
複勝16番470円(6人気)6番640円(8人気)1番1630円(11人気)

アキ<14期 西大関>
「(ちなみに出てきたら◎はハープスターだった)」
ヌーヴォレコルト5着/3人気
○ワンアンドオンリー▲ゴールドシップ△デニムアンドルビー
×トーホウジャッカル×ラキシス
3390
8拍手(+5)

◎ヌーヴォレコルト
○ワンアンドオンリー
▲ゴールドシップ
△デニムアンドルビー
□カレンミロティック・ディアデラマドレ・トウシンモンステラ・トーセンスターダム
×トーホウジャッカル・ラキシス


◎ヌーヴォレコルトはメンツ見て速攻で本命は決まった。まあとりあえずハナを切るメンツが去年以上に明確にいなくて、スロー気味の流れは想定したい。天候も雨続きからの当日曇りなので馬場の判断が難しく積極的に動く事は難しい。そう考えた中でのこの馬、というより岩田の消極的なレースメイクを想定した形。まあ桜花賞のレッツゴードンキみたいな形を想定したわけなんだけど。まず前走に関しては根本的にマイルでのスピードは不足していたしその上で番手からの決め手の持続戦で11秒フラット近い脚を求められてはどうしようもない。レッドリヴェールとの比較からすれば3歳よりパフォーマンスは落としていないけど上がってもいない。その上でオークスを見ると後半が12.5 - 12.0 - 12.0 - 11.3 - 11.8で直線半ばからのやや仕掛けの遅いレース。これを要所のギアチェンジと一脚で抜け出してハープスターの猛追を抑えた。距離的にはこれくらいではっきり消耗戦か、仕掛けの遅いレースで最も高いパフォーマンスは見せられる馬。エリザベス女王杯ではラキシスに差しきられたが12.9 - 12.2 - 11.5 - 11.3 - 11.3と仕掛けは京都外回りで補正してもそれよりやや早くここで一気に脚を使った、そしてしまいラップが落ちない流れの分強襲を喰った形で力負けかは微妙。仕掛けはやや早かったと思うし、今回この馬は多分前目だろうと。その上でゴールドシップが動くにしても前までとりつけるかは微妙で内回りのコーナー最速の流れでインを衝く岩田だし外目の馬を振る事はできる。まあそういうレースメイクを意識してできる騎手ではないけど結果オーライ的な形になる事まで読んでの◎。
○ワンアンドオンリーはまあ単純に動けるデムーロという点でこの条件ではプラス。まあノリでも変わらないんだけどルメールとか乗るとマイナスだったので助かる。その上で今回メリットは阪神2200mのコースで内回りの分スタートしての直線距離が長い。この点は出負けするデムーロで考えれば万一なってもその後挽回できる条件だし地味に効く。その上でこの馬はもともと消耗戦でも強い馬で、古い話弥生賞になるが11.9 - 11.9 - 12.3 - 11.9 - 12.2とロンスパ戦でトゥザワールドには届かなかったが前半そこそこ流れた上でこのラップで大外回してしまい落とさず強襲と内容は濃い。その分ポジショニングが後ろになっても溜めれる馬だし、動くタイミングも神戸新聞杯考えても融通は利く。まあ展開を握るまでいかない分相手だけどここは条件はいい。
▲ゴールドシップは説明不要にこの条件では強いし騎手も心配ないんだけど今回はメンツ的に相性は良くないかな。これがカレンミロティックとかがペース引っ張って消耗戦なら別だけど逃げが読めないしコーナーで出し抜かれるリスクは雨で削がれそうなんだけど必要以上に前の騎手が意識しちゃってドスローになる危険性が高い。そうなるとさすがに上位2頭は厄介だし敢えてここは嫌っての相手。
△デニムアンドルビーはスローで動けるかという点で天皇賞で全くだったのが不満だけどこれはレース自体が流れていて動く箇所と距離適性的に自信がなかったと考えればまあ納得はできる。その上で今回はスローからの捲れる点、そして決め手の持続力という点で警戒しときたい。2走前見ても岩田の拙い騎乗とはいえゴールドシップをヒヤリとはさせたし相対的に評価はしたいかなと。
□カレンミロティックは天皇賞はこれまでのレースとは違った印象で12.0 - 11.7 - 11.8 - 11.5 - 12.0の後半でじわじわインからロンスパに持って行きつつ坂の終わりで一気に出し抜くレースだった。今回の勝てるパターンの騎乗はできたし、正直言えば雨が降りすぎると良くない馬でそれが引っ掛かるけどペース自体が遅くなる分相殺はできるしここは去年同様ある程度は評価したい。
□ディアデラマドレは切ればかりクローズアップされるけど去年のマーメイドSでの完勝など中長距離での消耗戦でもやれていて、その上での3走前だが中京の重い馬場・雨交じりで要所の手応えも良くない割にバテ差しで突っ込んでの完勝。レースレベルはまあ微妙なんだけど少なくとも序盤のスピードは求められないしその上で差し込み警戒で押さえ。
□トウシンモンステラは大穴で。まあ前走は不満なんだけどよく考えればラップ的に最遅12.5の平均ペースを好位で追走して甘くなったんだから追いかけすぎた感はある。この馬は序盤捨てて後半の総合力で伸びてきた。特に持続力はそれが最も効いている分野で、その上で去年夏の中京戦、12.7 - 11.6 - 12.6 - 13.9 - 13.8 - 12.6 - 11.8 - 12.4 - 11.7 - 11.6 - 12.1と重馬場を意識しての序盤ドスローからのロンスパ戦。これを後方待機からしまい落としてないラップで突き抜けた。もちろん外目をしっかり動く前提はあるけど和田だし有力どころマークして食いついてくれれば面白い。押さえで。
□トーセンスターダムは迷うけど一応押さえかな。操縦性は良くない馬でスローでだらだら流れて出し抜かれると良くはない馬だと思う。ただしここ2戦タフな馬場適性を見せているのは不気味だし、去年のヒットザターゲットもそうだけどこういう馬でリスク覚悟で賭けて乗ってくる武豊はやはり不気味だし無視はできないかな。
×トーホウジャッカルは迷うとこなんだけど、まだこの距離でポジション獲って行く競馬は未知数だし、4走前のレースなんかはこのケースの勝ちパターンなんだけど次走よりはっきり序盤落ちる展開で小倉1800mの最内枠で先行できる条件が揃っていた。それをここでやれるかは微妙だし、やはり阪神大賞典を回避した誤算は考慮したい。他に狙いたい馬も多かったので優先順位的に消し。
×ラキシスは一番迷う扱いだけど、馬と言うより騎手(ルメール)を嫌っての消し。まあこの3ヶ月見てきてルメールはとにかく動かない。それが流れるレースでは結果は出てくるけど動くレースだとここというタイミングでも動いてくれず差し届かないリスクがある。その上でこの馬自体との相性も良くはないと思う。大阪杯は完勝に見えてやはりその危険性もあって、キズナが動いた4コーナーでキングズオブザサンを挟んでインにいたわけだけどキングがバテてくれてスペース空いたわけで普通なら間違いなく詰まっていたしそこを完璧に想定したとは思えない動きだった。際どいところを拾った形だし、そこまで仕掛けを待っていた上でこの馬の要所の脚が嵌った印象。少なくともこれなら動いてくれる・はっきりやろうとしている事がわかるデムーロとワンアンドオンリーの方が上だし、前走で変に前に出して行かない癖も出てくるかもしれないので今回は思いきって消したいかな。
06/22 21:27

【PR・オススメサイト】━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業38年【ホースメン会議】の
  実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━

高松宮記念(GI) 連複10点勝負

過去10年で3連複平均配当1万2908円
  注目GIでプロが買う馬券

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
3/10 中京12R    6万5880円的中
3/9  中山12R    6万8900円的中
3/3  中山6R    1万6340円的中
3/2  小倉9R    3万7910円的中
2/24 中山7R    2万1840円的中
2/23 中山8R    1万1240円的中

高松宮記念の無料閲覧方法




アキ

予想歴19年
回収率%
「政治騎手」一連の分析が好きなのでそこから。プラス、3歳から競馬見ていたおかしな子供時代からのある程度の経験則で。 乗り替わりチェック+展開+馬場状態馬の適性や戦略にヤマを張って狙います。 総拍手獲得数:8242
過去のベスト予想
 日本ダービー2014

◎ワンアンドオンリー○イスラボニータ
65拍手

103,300

新着回顧宝塚記念2015回顧一覧アキの回顧
アキTM競馬歴19年 回収率%
個別回顧+α
次走狙い馬:トウシンモンステラ   
次走危険馬:ショウナンパンドラ   
2
10拍手

12.2 - 11.6 - 12.2 - 13.4 - 13.1 - 12.7 - 12.5 - 11.7 - 11.0 - 11.6 - 12.4


まず想定通りというか、やはり逃げ馬不在でスロー。9R見ても内回りは思ったより時計が出てて、その上13秒2回刻む展開だったしね。まあゴールドシップの大出遅れはあったけどこのレースの問題点は別にあって、レースレベルは低い。これは有力どころの騎手の糞騎乗もあるし、レースレベルを低い展開に持ち込んだ騎手の好騎乗もある。距離が短いと思っていたトーホウジャッカルが食い込めるレベルというのがその証明だとは思うけど。


ラブリーデイ 川田 10
まあ川田とすれば面白いくらいに自分の理想通りに運んだんじゃないかな。何より馬場も回復したのも大きかった。スタートからのポジショニングは想定通りだしレッドデイヴィスがペースを引き上げきれなかったのはやや誤算だったけど、このレースで特に良かったのは残り3Fを最速地点に選んだレースメイク。この馬はあまり脚は長く使えないしはっきり消耗戦か仕掛けどころをよく考えないといけない。ただし有力どころが動かない今回はそれを見越して先に動いて一気に各馬のスイッチを入れさせた。その上で全力では動かず直線半ばまで脚を我慢させたのは見事だと思う。仕掛けがまだ遅ければポジショニングを詰められてデニムアンドルビーには差されていた可能性は高いし、あの仕掛けで得たリードは大きかった。まあモーリスでもそうだし先行してのレースメイクははっきり日本でもトップクラスだと思う。あとは後ろから。ハープスターで痛い目あったんだし、後方から主導権を握る仕掛けの腕を磨けば文句無しかな。

デニムアンドルビー 浜中 8
まあ評価は難しいけどペースが一気に上がった4コーナーで焦らなかったのは大きかったね。インで温存できたし、その上でゴールドシップの脚を見切ってインから弾き飛ばしてスペース確保しての追い込みだしね。内容的には勝ったレースで川田の完璧な騎乗に屈した形。馬自体はスローからの後半の総合力。特にこういう仕掛けがやや早めでバテ差しも効く展開では屈指だと思う。理想的な競馬はできたし、浜中も去年苦い経験をした中でしっかり我慢して捌いたと思う。

ショウナンパンドラ 池添 8
まあ、内容的にはフロックで、この馬もこのレースレベルがここまで来れた証拠かなというとこ。池添の序盤の出方だとペースを見切った上での位置取りたったし死んだふりするには理想のポジション。その上この馬スローからの後半勝負では隠れた実力馬だしそれをフルに活かしきった内容。ただしそれでもデニムアンドルビーにははっきり劣ったし能力的にはやはり劣るね。

トーホウジャッカル 酒井 7
まあこの馬の着順がこのレースの本質。絶対来ないと思っていたし焦った。この距離ではスピード的に足らないと思っていた馬で、それがスローでかつ馬場が良くなって一気に弱点が解消された。もちろん前目につければ面白かったけどテンははっきり速くない馬だしこの馬は仕方ない。要所でも仕掛けは我慢できたし、この馬の場合やはりじっくり待っての後半の総合力タイプなんだろうと。その意味で言えば秋は楽しみやね。ジャパンカップ有馬記念といい条件はできたと思っている。

ヌーヴォレコルト 岩田 3
まあ悪いけど厳しく行く。スタート後のポジショニングで岩田のヴィクトリアマイルの捉え方が理解できて、前に行きすぎたという解釈なんだけどその
解釈を間違えてる時点で今日は負けだった。はっきりラブリーデイの背後あたりでレースを進めてれば勝てたレースで、緩んだ箇所でも動けず外を終始回った。その上出し抜かれて甘くなっての内容だしね。動ける位置にいながら動かないのは騎手の責任だしその分今回は騎手で負けたレースだったと思う。ラブリーデイは勝ったけど、じゃあこれが岩田のままでこのレース勝てたかと言われると多分ない。それだけ前でのレースメイクの意識が川田と岩田で差があるし桜花賞でもそうだけど行かざるを得ない、騎手の責任外でなければ岩田は行かない。これははっきり騎手の分析で考えていた方がいいと思う。岩田だからといって過信しない為にね。

ディアデラマドレ 藤岡康 5
うーん、ペースが遅くポジションはとっていったのはわかるし嵌りかけたんだけど、ヌーヴォの後ろにまともに入って加速準備ができなかった分ギアチェンジにまともに焦った反応で持続力を削がれた形かなあ。これはギャンブルだし仕方ないけどやはりこれくらいは走るし、窮屈なレースをしてしまったのはやや反省点かな。

レッドデイヴィス 松若 6
まあ京都記念比較で言えばラブリーデイとは差は変わらないし同じようなレースはできたかな。これがベストかはわからないけどレースレベルを引き下げての競馬ならまだ通用するメドは立てたと思う。鳴尾記念がイマイチだったし展開はヤマ張って考えたほうがいいかな。

ラキシス ルメール 2
これもはっきり糞騎乗と言えるレベルで想定通りの結果を招いてしまったかな。まあ出負けもあったけどペースが上がらない中で外目にいたわけだし展開を動かせるチャンスはあった。ここで動かないのは騎手の責任だしルメールもこの馬の解釈は間違えている。エリザベス女王杯でもそうだけど本質は器用なタイプでレースに合わせてポジショニングを替えて対応している馬。それが今回全く活かせなかった。その上で流れが速くなりそうなコーナーで焦って動いて餌食になったし、ノリは出遅れでペース判断は難しいし仕方ないんだけどこっちはもっと重症だと思う。言うちゃ悪いけど福永レベル。流れが緩い中で動けない・動きどころをわかっていない。レースが流れれば差し込めるという騎手。福永と違う点は前でのレースメイクは流石なんだけど最近何でも待機策に徹しすぎるしね。メッキは完全に剥がれたといっていい。これも騎手で負け。

ネオブラックダイヤ 秋山 7
馬自体は高速馬場でのギアチェンジ戦で厄介な馬だったのでレースの中でしっかり反応できたし展開は嵌っていた1頭。それでこれだしはっきり能力の差かな。

トウシンモンステラ 和田 6
まあ結果動かないルメールの内につけてしまった事が動けなかった分かな。和田としても動き出す機会はうかがっていたけどここまでまわりが動かなければ・・・それでもパフォーマンスは差はないし今後も狙いたいかな。

ワンアンドオンリー デムーロ 6
まあ有力どころではまだマシな方。馬群につける競馬は想定通りだし手綱は早めに動いていたからまだこの展開の危険を察知していた方だと思う。そこで動けなかったしどちらかといえば状態面かな。ただこういう器用な競馬では底を見せたかなという面もある。

トーセンスターダム 武豊 6
先行策はある程度想定通りだったんだろうけど、オーシャンブルーの先行策が結果痛かったかな。あれでスペース潰されてインベタしてこの出し抜きだしダービーみたいな展開で、この馬急加速できない馬で今回も置かれたし位置取りが裏目に出たかな。ギャンブルとしては有りだけどインを意識し過ぎたと思う。

カレンミロティック 蛯名 5
スタート後フラットにインを意識するはずが挟まれて下がったのは痛かったかな。あれで全て後手に回ったし、でも仕掛けてハナを叩いても良くない馬だったのでこれもやること見て取れたけど裏目に出た形。

オーシャンブルー 松山 7
あそこまで積極的な位置を取りに行ったのでいい騎乗じゃないかな。消耗戦に持ち込むも良し、敢えてスローに付き合う作戦を選んだしそれは結果展開は掻き回せた。

ゴールドシップ 横山典 5
出負けはトーホウジャッカルが暴れた分はあったし想定外としか言いようはない。その上でじわじわ加速していって前が潰れるのを待つギャンブルに出た訳だしコーナーの様子でも展開が想定外なのを察知していた分マシだと思う。

アドマイヤスピカ 幸 5
ただ単純に力負けかな。



以上をふまえつつ、一応上半期の騎手ランキング


1.M.デムーロ
2.田辺裕信
3.横山典弘
4.武豊
5.川田将雅
6.浜中俊
7.蛯名正義
8.北村宏司
9.酒井学
10.柴山雄一

06/29 19:18 回顧アクセス:2455


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
ラインマスター
03/13 14:02

船橋11R ダイオライト記念 3連単 1⇄14-469、1-469-14(計9点) ①川田のイン戦信頼。

まじん
03/03 13:03

編集長お疲れ様です。ありがとうございます。

編集長おくりばんと
03/03 12:42

まじんさんご指摘ありがとうございます。対応いたしました。ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

まじん
03/03 11:33

今日の馬柱の表示と3月のマイページ表示出来ません。まだ復旧作業中でしょうか?

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

アキ>>

>>アキ


03/17 16:41

ま。ゼミ塾長>>

>>アキ


03/17 16:07

リトル>>

>>編集長おくりばんと


03/09 17:41

@中山牝馬S お見事です!

ぐつん>>

>>index


03/03 07:28

@報知杯弥生賞 来年もパクります♪

とりおやこ>>

>>とりおやこ


03/02 17:16



24
阪神大賞典
◎ロードヴァンドール
○カフジプリンス
三連複1-7-10番
27,560円 的中

アキ
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社