11/23 11/24 12/1
11/16 11/17
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【ジャパンC2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想毎日王冠2015予想一覧夏影の予想

ワイド 4-6番:1,340円的中

東京11R 毎日王冠 2015年10月11日(日)
芝1800 3歳上GII 曇良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
13121110987654321馬番













































































馬名



牡4 牡6 牡4 牡7 牡7 牡4 牡3牡4 牡6牡6 牡6 牡6 牡6性齢
56 58 56 58 58 56 5457 5657 56 56 56斤量























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

れい

月下の素顔

ぶらすぽ

BC爺

邦彦

編集長おく自信度C 0
マーティンボロ
天皇賞は外枠からで、58キロを背負ってのものだったので、内容としてはディサイファより強かった。
小型馬なので56キロに戻るのは大きなプラスで、ディサイファとは1キロ差、枠の有利分もあるので逆転できるはず。基本的に飛びが小さくレースが上手な馬で、内枠で内を回るのも合っていると思う。
ずっと外枠ばかり引いてきて運がなかったが、ここで一発!

グランデッツァ
1800の鬼。東京コースも凡走したのは長い距離や道悪などで、苦手という証拠はない。…
ウォルナッ自信度C 1
今回はパドックを見てギリギリに決めました。

そのなかで、いいんじゃないかと思ったのが、
ヴァンセンヌ
ディサイファ

穴馬で良さそうなのが、
クラレント
リアルインパクト

初めてパドックで判断したので結果がよければ、続けてパドック見てみたい。
ロロ「毎日王冠」自信度E 1
積極的に推せない。
軸を決めるというより、クサい馬から数点買うという印象。

エイシンヒカリは強い馬との小差がない点が不安。枠的に印象がよい点、同厩のモーリスが当レースを回避した点、安田記念でのレース振り、そして今日の人気のなさ、から思い切ってリアルインパクトを◎とした。

調教は全く見どころがないが、堀厩舎はいつもこんな感じなので目をつぶる。
一気呵成自信度C 2
ヴァンセンヌ:安田記念と京王杯ともに上がり最速。東京競馬場は力を出せる舞台、距離も経験済みで問題なし。

ディサイファ:昨年4着で期待以上、札幌記念を制して本格化ではないでしょうか。

アンビシャス:3歳馬で斤量有利、過去にリアルインパクトが連帯しているが当時の相手よりかなり強化されている、鞍上がデムーロで信頼。

エイシンヒカリ:外枠の問題があるので抑えまで、今回は相手強し連まで。

イスラボニータ:前走は案外の結果で残念、G1馬として今回は結果を出したい、本番の天皇賞を見据えて連は外せない。…
カピバラ「雨乾いて想定よりも前が残る馬場」自信度C 17
東京は今夜から朝まで雨が降りそう。

エイシンヒカリ
2015都大路Sはエイシンヒカリがスムーズにタイムアタック出来る状況だったが、グランデッツァも少し控えてしまったとはいえ単騎でスムーズなレース運びであり、キッチリ0.2秒差を付けたのは見事。
エプソムCはサトノアラジンやディサイファに勝利したものの内容としてはギリギリ。
チャレンジCはL3Fのラップが11.0秒と脚を早めに使いすぎ失速。かかっていたのもある。
近走での優位が小さく、押さえまで。

アンビシャス
一線級(ドゥラメンテ、リアルスティール、サトノクラウン)を除いた世代戦では明らかに格上のレースをしているものの、古馬との力関係は不…
index自信度C 2
対角に人気馬を配置しない枠順な為、
無条件で1番人気馬が狙い目。

また奇数頭数な為ド真ん中の馬が穴で狙える。


◎アンビシャス(複勝1番人気ド真ん中)
無エイシンヒカリ(単勝1番人気)


いいかげんにしてほしいオッズ。
◎は変えないがエイシンを抑えなければならなくなった為、せっかくのリアルインパクトに印がまわらなくなった。



他、血統では、今回全頭の父がサンデーですね、
毎日王冠は母がポイントなので、結構絞れますね


ヴァンセンヌやグランデッツァは何か軽い感じなので印は打てないかな。…
ムトト自信度C 2
◎クラレント。
東京は3.1.4.4で、着外の4度の内訳も東スポ杯と安田記念の不良馬場、距離が長かったダービーと敗因が明らか。良馬場なら大崩れはない。2年前の毎日王冠も逃げてわずか0.1差。エプソムC勝ちもあり距離も文句なし。前走含むG1で3着すること2度で、相手が揃って格負けするキャラではなくここは妙味十分。騎手も東京重賞は得意で。

○グランデッツァ。
昨年は当レース5着も内容的にはそう悪くない。枠よしで。

▲イスラボニータ。
東京でこの距離なら崩れない。脚質も文句なし。

△アンビシャス。
この距離なら世代トップクラス。…
naoya「運次第」自信度D 3
 人気が割れすぎて、どれを軸にして良いか。。

 実力がずば抜けていて、もうダントツの1番人気っていう馬がいない限り、私は軸馬なしですべて展開予想です。

 鍵を握るのは対抗の【エイシンヒカリ】です。外枠なのは怪しいですが、逃げ馬も他にいないので楽に逃げられそう。ハイペースにならないことを前提で予想しているのでハイペースにでもなってしまえば、私の予想はすべてオジャンです。

 【ヴァンセンヌ】は安田記念2着を評価します。

 スローペースになって強いのは【ダノンシャーク】です。前回10着だからって過小評価しすぎでしょう。一発ありますね。


枠連 
4-4.5.6.8…

タイム 1:45.6 4F 45.7 3F 34.0
単勝13番490円(1人気)
複勝13番220円(4人気)4番220円(3人気)6番320円(7人気)

夏影<14期 東十両七枚目>
「今年の開幕週はちょっと怪しい」
イスラボニータ3着/7人気
○マーティンボロ▲ディサイファ  
    
1389
8拍手

ワイド 4-6番

1,340円的中

毎年この時期の府中は時計が出やすい高速馬場。
府中の高速馬場は適性距離が実距離よりも2ハロン短めの差し馬に有利に働きやすい。
実際今年のヴィクトリアマイルは、1200㍍を中心に活躍していたストレイトガールが優勝。
昨年のこのレースでは同じ理由から、マイラーズCで好走した経験を持つサンレイレーザーを本命に推してみたところ、あわや逃げ切りか?という場面を見せ2着に入った。

そんな訳で同じ傾向を期待しようと思ったが、今年はどうも勝手が違いそうだ。
JRAの発表では、今週の府中の馬場の洋芝の芝丈が12~16㌢とかなり長めの印象だ。

そんな訳で、今年はスタミナ寄りの馬場にヤマを張って予想してみたい。
2000㍍以上の距離に実績のある馬、洋芝コースに実績のある馬、トニービンの血を持つ馬に注目だ。

春先にも述べたが、ヴァンセンヌはスピードと現役最強クラスのキレを持つタイプ。
このレースは見送って、本番の天皇賞(秋)で思いっきり狙ってみたい。
今回は理想はリズムを崩さない程度の凡走(3~6着辺り)でまとめてもらえると嬉しい(単なる願望です、笑)。
10/10 14:02

■■■■■■■■■■■■■■■

2017覇者シュヴァルグランが出走! “大魔神”の愛称でお馴染み
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【ジャパンC2019最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

マイルCSはダノンプレミアムから
3連複3200円的中!

スプリンターズSはタワーオブロンドンから
馬連1260円的中!

ローズSはダノンファンタジーから
馬単2300円的中!

太秦Sはヴェンジェンスから
3連複4780円的中!


▼ジャパンC2019最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




夏影

予想歴32年
回収率%
予想のベースになっているのは、今井雅宏氏考案の『Mの法則』。 総拍手獲得数:817
過去のベスト予想
 毎日王冠2014

◎サンレイレーザー○ディサイファ
23拍手

4,260

新着回顧毎日王冠2015回顧一覧夏影の回顧
夏影TM競馬歴32年 回収率%
スタート直後に確信したヴァンセンヌの凡走
次走狙い馬:ヴァンセンヌ   
次走危険馬:エイシンヒカリ   
2
3拍手

ヴァンセンヌは変わり種のディープインパクトの牡馬産駒で、牝馬に多い集中力系の性格を持つ馬である。

その性格は東京新聞杯と安田記念の激走、今回の毎日王冠の凡走ではっきり証明出来ている。

まず、東京新聞杯は条件戦からの勝ち上がりのタイミングで前走とは明らかに面子の質が高くなっている。
道中は馬ゴミでの揉まれる競馬を余儀なくされ、直線ではその馬ゴミを捌いての勝利。
安田記念も生涯初のチャンピオン戦で究極の面子が揃った。道中再び馬ゴミで揉まれる競馬で、直線に入っても前が壁になりなかなか苦しい展開となったが、外側が開くとすぐさま加速し、モーリスにクビ差まで詰め寄った。
もう50㍍手前で外側が開いてくれたなら、おそらくモーリスも差し切っていただろう。
この安田記念のレース振りからも、メンバー強化で激しい攻防での競馬、馬ゴミで終始窮屈な競馬を強いられているなど『厳しい環境を突き付けられて』激走している事が解る。

しかし今回の毎日王冠はどうだろう。
スタート直後からゆったりとした流れになり、余裕で2番手を追走。馬ゴミに囲まれ圧迫感を感じる事もない競馬で、何の不利も競馬になると…やっぱり、プッツンした(笑)。
頑張る必要が無くなり、気持ちがキレてしまったのだ。
春先あれほどヴァンセンヌを評価しておきながら、このレースで思いっきり軽視したのは他でもない。こういうリアクションが見え見えだったからである。

本番の天皇賞(秋)では、攻防に激しさを増し性格的にも合うし、現役ドップレベルのスピードと末脚のキレが物理条件的にもピッタリ合う。

このレースの事は度返しして、本番はきちんと評価をしたい。

逆に今回楽をして勝たせて貰えたエイシンヒカリは、本番ではまず要らないでしょう。
天皇賞(秋)は、ダイワスカーレットのようなバケモノクラスの馬でも勝てないレースで、逃げ馬には非常に不利な物理特性があるのです。

10/15 17:33 回顧アクセス:1239


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
あみー
11/10 17:14

ラッキーライラックとスミヨン騎手に助けてもらいました<(_ _ )> ここまでスローとは思いもよらず。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

はやと>>

>>はやと


11/14 06:11

@エリザベス女王杯 ありがとうございます。



6
平場戦
◎メイショウカッサイ
○ビアイ
馬単2-14番
1,740円 的中

ヨルゲンセン
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社