7/20 7/21
7/13 7/14
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【中京記念2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想ローズステークス2011予想一覧軍神マルスの予想

◎単勝 8番:280円的中

阪神11R ローズステークス 2011年9月18日(日)
芝外1800 3歳GII 晴良 平均レースレベル2.6

87654321枠番
1413121110987654321馬番
















































































馬名



牝3 牝3 牝3牝3 牝3 牝3牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3牝3 牝3性齢
54 54 5454 54 5454 54 54 54 54 5454 54斤量






















騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順着順

サニーのす

スナフキン

minom

巫女れいむ

信じる♪

minom「あえて、穴をいけば・・・」自信度C 10
上位3頭は堅い気がしますが、あえて、穴へ行きます。

この時期のステップレースの狙いとしては、上がり馬よりも春に強い馬と戦ってきたけど、力不足だったながらも、重賞連対など一瞬だけでも夢が見れた馬。

ということで、マイネイサベルから流します。もちろん、勝てないと思いますが、連下に入れれば・・・入る可能性はあるかなと。

マイネイサベルは意外と人気がなくて、ここから人気3頭へ馬連、ワイドで流しても十分勝負ができます!…
影虎「阪神11R ローズS」自信度C 8
==過去の分析==

距離が1800mに変更されてからの過去4年、桜花賞若しくはオークスに出走せずに、ここで馬券になったのはレインダンスとクーデグレイスのみ。連対馬は1頭もいません。着順の変化はあってもメンバー的な大幅な変化は無いと見る方が良さそうです。

馬券になった距離短縮馬の前走は全てオークス。また、同距離はクイーンSの2頭と、上記の2頭が条件戦から。距離延長は15頭が出走して桜花賞から直行のダイワスカーレットが勝ったのみ。距離延長は相当力が無いと苦しそう。今年は先週のセントウルSの勝ち時計がかかったように、タフな馬場状態で距離延長が例年以上に厳しいのでは。


==狙う馬==
マッサ「人気は微妙でもオークス馬!」自信度C 3
◎エリンコート
オークス馬なのに現段階で3番人気。先週の紫苑Sでのオークス2着馬ピュアブリーゼ、5着馬スピードリッパーが共に12,13着と惨敗した事も原因か?
オークスの走りを見てもまだ成長する要素があったので、夏を越してひと回りパワーアップしている様なら完勝の場面もありそうだが。
逃げ馬不在でペースも速くはないと思うので、好位追走からオークスの様なしぶとい走りをすれば崩れる事はないと思う。

○マルセリーナ
オークスは距離が敗因と割り切れば、今回の1800mはかなり条件は良い。
松田調教師は後方で脚を余す競馬は大嫌いな印象があるので、福永騎手に変わった事で後方一気の競馬はし…
巫女れいむ「瞬発力重視」自信度C 12
ポイント

①瞬発力とスピードのある馬を選ぶ(差しが良い)
 阪神1800、ここは切れで勝負するコース。コース実績もあればなお良い。差し系が良いだろう。
②上がり馬より前走GⅠ馬を重視
 夏の上がり馬は、なかなか活躍できない。桜花賞・オークス組を中心視。
③オークス馬の扱い(難しいところ)
 オークス馬は勝てない。でもオークス組は勝っている。
 オークス組は、大半が桜花賞もしくはそれらのトライアルから臨んでくる。そういった馬の武器はやはり切れ。スピード・瞬発力に優れた馬達が、桜花賞を経てオークスに挑戦している。そしてそういう馬は力上位。だからオークス組はこのレースで活躍する。
 オ…
×チョット「ジャンヌに惚れた!」自信度A 3
ローズS 展望

去年の展望を参考にして予想したいと思います。
http://oregry.blog90.fc2.com/blog-entry-50.html
簡単にポイントをまとめて、修正を加えると、

1.速い上がりに対応できる事。

2.SS系有利

3.オークス実績よりも桜花賞実績

の3点を重視しました。

今年は2項目目の内枠先行有利を、SS系有利に変更しました。


◎マルセリーナ
能力最上位。適正もピッタリ。
無理に消す勇気はない。


○キョウワジャンヌ
買う理由は、近2走のパフォーマンスがすごい。
あの末脚に惚れました。
距離不安はあるけど、あの後方からのレースぶりなら伸びても問題ないと思うし、
能力的…
競馬鹿自信度B 0
牝馬戦は勝負するレースではないので何とも言えないが、ホエールが馬券を外すことはないような気がする。

エリンコートは自身というより、笹田調教師の要素のみで勝ってるのだろう。
はまちん「力はあるけど賞金が足りない馬を狙うレース( ゚∀゚)」自信度C 3
1勝馬も出られるメンバー構成なだけに、春の実績馬の有利なレースか。
といっても有力馬の本番は次なだけにここをメイチに仕上げてくるはずがない。狙うのは力はあるものの本番への出走へ賞金が足りない馬。今年はドナウブルーがピッタリ。

 新馬→500万と連勝して、勝ちっぷりの良さから牡馬相手のシンザン記念にぶつけたが5着に敗退。フィリーズレビューで桜花賞の出走権利獲得を目論んだが届かず4着。そしてクラシックに出走できずニュージーランドトロフィーに出走も出遅れて展開も向かず0.3差の6着。個人的にはシンザン記念で賞金を加算して、桜花賞へじっくり調整して臨む予定だったのが負けたことで歯車がく…

タイム 1:48.1 4F 46.4 3F 34.1
単勝8番280円(1人気)
複勝8番130円(1人気)11番850円(10人気)2番570円(8人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「ローズS クラシック好走歴と瞬発力。」
ホエールキャプチャ1着/1人気
○マルセリーナ▲ビッグスマイル  
    
2280
11拍手

◎単勝 8番

280円的中

★傾向分析★
2007年 タイム 1'46"1 (良) 1FAve=11.79 3FAve=35.37
テン35.6-中盤36.9-上がり33.6 『加速・中弛み』
1着ダイワスカーレット・・・アグネスタキオン×ノーザンテースト=サンデーサイレンス×ノーザンテースト 〔4-d〕 1-1
2着ベッラレイア・・・ナリタトップロード×Baldski=ファイントップ×ニジンスキー 〔3-o〕 5-5
3着レインダンス・・・ダンスインザダーク×Bob Back=サンデーサイレンス×ロベルト 〔1-s〕 3-3

2008年 タイム 1'47"3 (重) 1FAve=11.92 3FAve=35.77
テン34.4-中盤36.7-上がり36.2 『前傾・中弛み』
1着マイネレーツェル・・・ステイゴールド×サクラユタカオー=サンデーサイレンス×プリンスリーギフト 〔9-c〕 7-6
2着ムードインディゴ・・・ダンスインザダーク×Sharpo=サンデーサイレンス×ネイティヴダンサー 〔1-l〕 14-11
3着レジネッタ・・・フレンチデピュティ×サンデーサイレンス=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔4-m〕 7-6

2009年 タイム 1'44"7 (良) 1FAve=11.63 3FAve=34.90
テン34.5-中盤35.0-上がり35.2 『前傾・一貫』
1着ブロードストリート・・・アグネスタキオン×Cozzene=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔6-b〕 7-8
2着レッドディザイア・・・マンハッタンカフェ×Caerleon=サンデーサイレンス×ニジンスキー 〔16-b〕 11-12
3着クーデグレイス・・・ホワイトマズル×トニービン=リファール×グレイソヴリン 〔19〕 2-2

2010年 タイム 1'45"8 (良) 1FAve=11.76 3FAve=35.27
テン34.1-中盤37.4-上がり34.3 『中弛み』
1着アニメイトバイオ・・・ゼンノロブロイ×フレンチデピュティ=サンデーサイレンス×ヴァイスリージェント 〔19〕 7-7
2着ワイルドラズベリー・・・ファルブラヴ×サンデーサイレンス=ノーザンダンサー×サンデーサイレンス 〔3-o〕 11-11
3着エーシンリターンズ・・・キングカメハメハ×キャロルハウス=ミスプロ×ターントゥ 〔8-c〕 10-7

ここ3年は07年が『加速・中弛み』と08年が『前傾・中弛み』、09年は『前傾・一貫』、10年は『中弛み』の流れ。牝馬のトライアルレースと言うことで、中盤弛んでの瞬発力勝負になりやすい傾向にあると思うが、逃げ馬のタイプで好走馬の位置取りが決まりやすいかも。好走馬の位置取りからは4コーナー5番手前後が好走ポイント。後ろから届くには『前傾』の流れが必要。

血統の傾向は、瞬発力勝負に強いサンデーサイレンス系(=アグネスタキオン、ステイゴールド、母父サンデーサイレンスが好走しているので)が非常に強い傾向。また07年・08年と2年連続してダンスインザダーク産駒も好走している。ダンスインザダーク産駒は瞬時の加速は苦手だが、ギアが入れば長い末脚を繰り出し、春はまだ成長が追いついていないところがあるが、秋にはしっかり成長して好走するのだと考える。マンハッタンカフェ産駒なども好走しているので、ややスタミナ型サンデーサイレンス向きと思われます。

好走馬の傾向としては、これまで桜花賞やオークス、それらのトライアル好走馬がそのまま好走しやすい実績馬のレースと思います。

★予想★
ローズSのポイントは、
①瞬発力勝負になりやすく、サンデーサイレンス系向きの重賞。
②牝馬春クラシックシーズンの実績が活きやすい。実績最重視。
③スタミナ型サンデーサイレンス系で春シーズンに、マイル路線を距離不足で泣いていた馬の反撃が可能。

◎ホエールキャプチャ・・・クロフネ×サンデーサイレンス=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔12〕
前走優駿牝馬3着(=東京芝2400m:0.0秒差)。11年桜花賞2着馬(=阪神芝1600m:0.1秒差)でもあり、クラシック好走歴は十分。瞬発力勝負も得意で、毎回上がりは鋭い。今回は約4ヶ月の休み明けとなるが、休み明けは2戦2勝で苦にしないタイプと考え、堅軸として評価する。
クロフネ産駒はヴァイスリージェント系で、鮮度と勢いが好走に非常に重要なポイントとなる。芝もダートも走れる兼用型だが、同系のフレンチデピュティと比べるとややパワー型で、持久力も豊富。勢いがある時には連勝も多く、上昇馬はクラスの壁を突き抜けて短期間にまとめて稼ぐ特性を持つ。母父サンデーサイレンスは、勢いに乗じて連続好走しやすい特性を持ち、鮮度の高い時によく好走する。重賞挑戦など格上相手にもよく好走し、重賞初挑戦などは特にプラス要因となる。今回は、父×母父ともに前走GⅠ好走から勢いはあると考え、また今回は休み明けということで鮮度は高いと考え期待する。
No.〔12〕の牝系は、早い時期から走る馬もいるが、3歳秋から古馬にかけて本格化する馬が多い牝系。また高齢でも衰えが少なくタフな馬が多い。分枝記号なしは、やや晩成気味ながらも、平均的に能力を発揮するタイプと考える。成長に期待できる牝系でもあり、春シーズン以上の活躍に期待する。

○マルセリーナ・・・ディープインパクト×Marju=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔9-f〕
前走優駿牝馬4着(=東京芝2400m:0.4秒差)。11年桜花賞1着馬でクラシック好走歴はある。阪神芝コースは(2-0-0-0)で、上がりも鋭く瞬発力勝負にも対応可能。
ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、広いコースで加速をつけながら全開になる末脚が武器で、スローで脚を溜めてキレキレの瞬発力を繰り出す。一瞬でトップスピードに乗れるタイプと点火に時間がかかるタイプがいて、前者は馬体重が軽い馬、後者は馬体重の重い馬が多い。道中が速いペースだと脚をなし崩しに使わされて末脚が鈍るので、距離短縮の速い流れの時には過信禁物。逆に距離延長で緩い流れとなるときには狙い目。スローでしか好走歴のない馬の距離短縮時は、疑って掛かる方が良い。母父Marjuはノーザンダンサー系で、距離は1600m~2400mまで幅広くこなし、また活躍馬は2歳から古馬までと年齢層も厚い。特に高齢馬をなめてかかると痛い目に合う(=セニョールグループの特性で、地味にしっかりと力をつけて高齢でも衰えが少ない)。海外ではGⅠ馬も多数輩出しているが、前哨戦やトライアル的なレースに向いた血統でもある。スピードの持続力があり、時計勝負も得意。
No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースは鬼門だが、広いコースは好走が多い。人気よりもやや人気が落ちて伏兵の立場のときの方が好走しやすい特性もある。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面、叩いて一変が少ないタイプ。前走好走だと調子は維持と考えて好走が期待できる。また不器用だが、決め手鋭く瞬発力勝負に強い特性がある。

▲ビッグスマイル・・・タニノギムレット×サンデーサイレンス=ロベルト×サンデーサイレンス 〔3-l〕
前走500万条件戦鳥屋野特別1着(=新潟芝1800m)。阪神芝コースは(0-3-0-2)で、クラシック好走歴はないが、速い上がりが使えるため瞬発力勝負には向くタイプ。
タニノギムレット産駒はロベルト系だが、父母父グレイソヴリン系の影響なのか直線の長いコースとの相性が良い。またロベルト系なので叩き良化型のタイプでもある。京都→東京のコース替わりで上昇の見込める種牡馬で、長い直線、急坂のないコースで、後方から33秒~34秒台のカミソリの切れ味で差してくる。自分から動くと末脚をなくしてしまうので、展開が向かなければ不発の危険はあるが、嵌った時の能力の高さには期待。重馬場はやや割引が必要。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性がある。また重賞初挑戦など鮮度の高い時には好走も多く、前走好走の勢いと重賞挑戦の鮮度に期待して評価する。
No.〔3〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。スタミナは豊富。分枝記号lは、クラシックで特注の記号で、能力が高くトップクラスのポテンシャルを秘めていて、成長力も豊富。

△エリンコート・・・デュランダル×Bluebird=サンデーサイレンス×ストームバード 〔1-l〕
前走優駿牝馬1着(=東京芝2400m)。クラック好走歴があるが、速い上がりの裏付けがなく、速い上がりの瞬発力勝負にはやや不安が残るため少し評価を下げました。
デュランダル産駒はサンデーサイレンス系で、走ることに前向きな性格で、2歳戦から走り、芝・ダートを問わず走れるパワーも秘めている。古馬の成長力は、父母父ノーザンテーストということもあり期待できる。本領発揮は古馬になってからで、鋭く斬れる中堅級のマイラーで、特に直線の長い京都・新潟・東京で切れ味を発揮する。母父Bleubirdはストームバード系で、仕上がりは早く2歳から走るが、3歳以降はオープン特別が似合うような成長能力。古馬は渋った馬場の短距離か、ローカルのダート1200m&1700m。またストームバード系は、好走には勢いが重要なポイントとなり、好調期にまとめて稼ぐ。
No.〔1〕の牝系は、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。分枝記号lは、クラシックで特注の記号で、能力が高くトップクラスのポテンシャルを秘めていて、成長力も豊富。この牝系の成長能力と分枝記号特性も侮ってはいけませんでした。反省です。3歳時はまだ成長能力的には優れた牝系なのだが、いまいち今後の成長能力という点では不安が残るので、中心には据えずヒモ候補に。

△ドナウブルー・・・ディープインパクト×Bertolini=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔16-f〕
前走NZT6着(=阪神芝1600m:0.3秒差)。阪神芝コースは(0-0-0-2)で、クラシック好走歴はなし。速い上がりは使えるので、適性は向くと考える。
ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、広いコースで加速をつけながら全開になる末脚が武器で、スローで脚を溜めてキレキレの瞬発力を繰り出す。一瞬でトップスピードに乗れるタイプと点火に時間がかかるタイプがいて、前者は馬体重が軽い馬、後者は馬体重の重い馬が多い。道中が速いペースだと脚をなし崩しに使わされて末脚が鈍るので、距離短縮の速い流れの時には過信禁物。逆に距離延長で緩い流れとなるときには狙い目。スローでしか好走歴のない馬の距離短縮時は、疑って掛かる方が良い。母父Bertoliniはダンチヒ系。産駒の詳細な傾向は未知数だが、母の血統配合はダンチヒ系×リファール系から、スピードの持続性能に優れた配合と考える。またサンデーサイレンス系×ダンチヒ系配合は安定度の高い配合から、重賞で人気なら好走の信頼性は高いと考えて期待する。
No.〔16〕の牝系は、早い時期から走るのだが3歳春以降に成長を始め、距離が延びて本領発揮が多いステイヤー特性を持つ牝系。叩き良化型も多い。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面、叩いて一変が少ないタイプ。前走好走だと調子は維持と考えて好走が期待できる。また不器用だが、決め手鋭く瞬発力勝負に強い特性がある。
09/18 12:14


レイデオロ!?キセキ!?リスグラシュー!?

≪≪宝塚記念の絞りに絞った3頭を教えます!≫≫


■■■■■■■■■■■■■■

ダブル万馬券的中のダービーよりも自信アリ!!!


▼『サートゥル1強にあらず!』と予告通りの決着で▼
―――――――――――――――
【馬 連】1万1200円的中⇒112万円獲得!
【3連複】1万2050円的中⇒60万円獲得!
―――――――――――――――

■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――
宝塚記念で厚く買うべきはこの3頭!
―――――――――――――――

絞りに絞った3頭を教えます!





軍神マルス

予想歴13年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3436
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

新着回顧ローズステークス2011回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴13年 回収率137%
ローズS 秋華賞に向けて。
次走狙い馬:ホエールキャプチャ 次走狙い馬:マイネイサベル
     
 
3拍手

2011年 タイム 1'48"1 (良) 1FAve=12.01 3FAve=36.03

ラップ
①13.0-②11.6-③12.1-④12.6-⑤12.4-⑥12.3-⑦11.2-⑧10.9-⑨12.0
1FAveとの誤差
①+1.0 ②-0.4 ③+0.1 ④+0.6 ⑤+0.4 ⑥+0.3 ⑦-0.8 ⑧-1.1 ⑨±0
テン36.7-中盤37.2-上がり34.1 『加速・中弛み』

『加速』・・・逃げ◎ 先行○ 差し△ 追込×
『中弛み』・・・逃げ◎ 先行△ 差し× 追込○

1着ホエールキャプチャ・・・クロフネ×サンデーサイレンス=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔12〕 2-3
2着マイネイサベル・・・テレグノシス×サンデーサイレンス=グレイソヴリン×サンデーサイレンス 〔4-d〕 7-8
3着キョウワジャンヌ・・・ハーツクライ×Seeking the Gold=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔17-b〕 5-5

流れは、テン-上がりのラップ差から『加速』と中盤の弛みから『中弛み』の複合ラップ。牝馬限定ということもあり、阪神芝コースの馬場改修以後の07年以降で今年を入れて5年中4年で『中弛み』の流れ。『中弛み』の流れにはなりやすい傾向と考える。展開的には逃げが最も恵まれ、次いで先行、差し・追込には厳しい流れと考える。

1着ホエールキャプチャは、前走優駿牝馬3着(=東京芝2400m:0.0秒差)からの好走。11年桜花賞2着馬(=阪神芝1600m:0.1秒差)でもあり、クラシック好走歴は十分で傾向に合った馬でした。瞬発力勝負も得意で、毎回上がりは鋭く今回も33秒8の上がりを繰り出して好走。今回は約4ヶ月の休み明けだったが、休み明けはこれで3戦3勝で苦にしないタイプと証明。このあたりは父系のヴァイスリージェント系の特徴と思われる。また今回は展開は向いたと考えるが、春シーズンに後方からぶち抜くような競馬が多かったのに対し、先行し早めに仕掛けるような正攻法できっちりと好走したことを評価したい。秋華賞は特に前につけてそのまま押し切るようなタイプの好走が多く、次走に向けてのよい叩き台になったと考え、次走にも期待する。現時点では本命候補。
クロフネ産駒はヴァイスリージェント系で、鮮度と勢いが好走に非常に重要なポイントとなる。芝もダートも走れる兼用型だが、同系のフレンチデピュティと比べるとややパワー型で、持久力も豊富。勢いがある時には連勝も多く、上昇馬はクラスの壁を突き抜けて短期間にまとめて稼ぐ特性を持つ。母父サンデーサイレンスは、勢いに乗じて連続好走しやすい特性を持ち、鮮度の高い時によく好走する。重賞挑戦など格上相手にもよく好走し、重賞初挑戦などは特にプラス要因となる。父×母父ともに今回の好走から勢いはあると考え、また鮮度も高いと考え次走に期待する。
No.〔12〕の牝系は、早い時期から走る馬もいるが、3歳秋から古馬にかけて本格化する馬が多い牝系。また高齢でも衰えが少なくタフな馬が多い。分枝記号なしは、やや晩成気味ながらも、平均的に能力を発揮するタイプと考える。成長に期待できる牝系でもあり、春シーズン以上の活躍に期待する。

2着マイネイサベルは、前走優駿牝馬6着(=東京芝2400m:0.4秒差)からの好走。春シーズンはクイーンC2着好走(=東京芝1600m:0.1秒差)など重賞好走もしていて、傾向には合致していた馬。阪神芝コースは(0-0-0-2)と好走がなく、東京や新潟芝コースの直線の長いコースでの好走が多い馬でしたが、毎回僅差に好走するタイプで相手強化はプラス要因になるタイプの馬で、侮ってはいけないタイプだったと反省する。今回は不利な位置取りからの好走なので好走は評価したい。次走秋華賞については、広いコースの京都コースではあるが内回りの小回りコースが京都芝2000mなので、末脚ははしっかりしているが京都芝コースで多いトニービン系のやや届かずの結果になるのでは?と考え、ヒモ候補の一頭と考える。
テレグノシス産駒はトニービン系のグレイソヴリン系で、初年度産駒。初年度産駒なので未だ未知数なところは多いが鮮度は高いし、トニービン系ということで考えるならば、ややエンジンの掛かりは遅いがいざ点火すれば末脚を長く使えるタイプ。直線の長い東京コースや新潟コースに向くタイプが多く、テレグノシス自身の戦績のように広いコース向き。また父母父ノーザンテースト系なので、仕上がりも早いが成長能力にも優れていると思われ、本馬の今回の好走もその成長力によるところも多いと考える。母父サンデーサイレンスは、勢いに乗じて連続好走しやすい特性を持ち、鮮度の高い時によく好走する。今回好走したことで勢いはあるので、次走の好走にも期待する。
No.〔4〕の牝系は、2歳時にも好走可能だが、3歳春から力をつけてクラシックでも好走することの多い牝系。成長能力に優れ、スタミナも豊富。分枝記号dは、精神的にタフなタイプが多く、遠征や重馬場は苦にしない。また前走好走だと次走でも好走しやすい特性も持ち、特にトライアルレースなど前哨戦快勝→GⅠは必殺のローテーションとなる。母系の成長能力と分枝記号特性からは次走に期待する。

3着キョウワジャンヌは、前走1000万条件戦エクセル浜松開設記念1着(=新潟芝1400m)からの好走。これまでは重賞好走歴はなく、傾向的には合致しない馬でしたが、近走の勢いにて好走。近走は上がり33秒台などを連発し本格化モードいうのは見て取れたのだが、これまで短距離~マイルまでの実績しかなく、また兄姉なども短距離で活躍した馬が多く、その点で侮ってしまった点は反省したい。
ハーツクライ産駒はサンデーサイレンス系で、ハーツクライ自身はサンデーサイレンス×トニービン配合。母父トニービンの不器用さをやや受け継ぐタイプが多く、一瞬でエンジンのかかる器用なタイプよりは、助走をつけて末脚が全開になり長く良い脚を繰り出すタイプが本質。ペースが締まるGⅠほど、大駆けが期待できる。また距離が延びて成績が良くなる馬も多く、本質は中距離~クラシックが能力を活かしやすい。母父Seeking the Goldはミスプロ系で、仕上がりの早さと軽快なスピードを持つ短距離・マイル血統。時計勝負に強く、芝の良馬場や湿ったダートを得意とする。人気での信頼性が高い反面、大敗からの巻き返しは少ない。母父としてもスピードを主張する。
No.〔17〕の牝系は、好調期に連続好走しやすい特性を秘めた短距離~マイル向きの牝系。分枝記号bは、鮮度と勢いが好走に重要なポイント。重賞初挑戦など鮮度の高い時は好走率高し。決め手には欠けるが自在性があり、格上げ戦に強い。母系からも距離延長の中距離タイプ向きではなさそうな感じがしますが、分枝記号の特性の勢いの面からは怖い存在。

09/22 23:53 回顧アクセス:2208


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
クライスト教授
07/16 03:30

函館記念一点的中でもやはり自信度Eではダメな模様!(認識)

スコット
07/13 13:53

プロフィールのところで、6月7月の予想が見れないのはなぜ…?

雨龍泥舟
07/12 17:11

入札方式のPOG、持ちポイント2億5000万Pのうち1憶5000Pを使って落としたのがブルトガング。泣きたい。他に大した馬は取れていない。...

雨龍泥舟
07/11 08:41

ブルトガングは今年の主力馬で、どのPOGでも選んでいただけにショックは大きい。合掌

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

あみー>>

>>あみー


06/24 20:40

のび犬>>

>>あみー


06/24 10:35

夏影>>

>>夏影


06/23 09:40

クライスト教授>>

>>夏影


06/21 22:08

のび犬>>

>>アキ


06/17 07:09



11
函館記念
◎マイスタイル
○マイネルファンロン
三連単4-6-10番
52,140円 的中

クライスト教授
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社