11/23 11/24 12/1
11/16 11/17
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【ジャパンC2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想中山金杯2012予想一覧軍神マルスの予想

中山11R 中山金杯 2012年1月5日(木)
芝2000 4歳上GIII 晴良 平均レースレベル3.6

87654321枠番
16151413121110987654321馬番











































































































馬名



牡7 牡5 牡9 牡5牡5牡5 牡7 セ8 牡7 牡9牡5 牡5 牡5 牝6 牡6 牡10性齢
55 54 57 555556 51 53 56 5857.5 57 56 53 55 54斤量

























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

サニーのす

pipop

クライスト

絶対の本命

タキオン「勝負は、アクシオンの複勝。」自信度S 8
単勝・・・フェデラリスト(WIN5:アドマイヤコスモス)
複勝・・・アクシオン

フェデラリストの、田中剛厩舎は、暮れの中山大障害を制覇。調教師としての、天運を引き寄せた。今後の活躍に期待したい厩舎の一つになった。騎手、馬主、血統も金杯辺りでは、申し分ない。馬も、前走の時計も良く、上り調子で、3連勝に期待。

WIN5なら、アドマイヤコスモスと2頭をセットしたい。そのアドマイヤコスモスは、初めての関東遠征。1番人気での、中山2000m。オッズほどの旨みは無い。

面白いのは、アクシオンの複勝。2年前の勝ち馬。札幌記念、毎日王冠、天皇賞と経由しているのは、1級品のレース。札幌記念で2着と、好…
のび犬「2012年の予想方針&辰年だからってわけじゃないです」自信度C 6
新年明けましておめでとうございます。
2012年の初予想の前に、まずは私の予想方針について書かせていただきます。
かなりの長文になってしまいましたので、興味の無い方はとばして、金杯の予想だけでも見ていただければ嬉しいです。

競馬は馬の能力や適性、展開、馬場状態、枠順、スタート、位置取り、折り合いなどなど、数え切れないほど様々な要素によって勝敗が左右されます。これら全ての要素を完全に予想することなど不可能です。競馬予想は外れて元々、当たったらラッキーなものだと思うのです。

ただ、勝敗を左右する要素をある程度把握できれば、的中する確率を上げることは可能だとも思っています。ある1つ…
夜明けのば自信度A 1
アドマイヤコスモスは中山コースを走ったことがない点。ダイワファルコンは2000mがどうかという点。 これ以外はメンバー中2頭とも上位に位置づけられる。

したがって今回は2頭軸で馬券を決める。

トップゾーンは先行勢の中では有利な状況と判断したもの。
BC爺「地味重賞馬の意地(東)」自信度D 2
◎ネオヴァンドームは中山に強いネオユニヴァース産駒。
母父トニービンも中山の中長距離に強く、血統は申し分ありません。
前走で後方から不発に終わった馬が穴になるレースですし、
きさらぎ賞のように上手く内枠を生かす競馬ができれば。

○エクスペディションは小回り向きのステイゴールド産駒。
前走はいかにも休み明けと昇級が堪えたような負け方で、
叩いてクラス慣れしたここが本当の試金石になりそう。

▲トップゾーンもステイゴールド産駒。
前走で先行しているのが穴パターンに合いませんが、
インで脚ためる競馬がハマれば怖い存在です。…
××クライスト「サインも騎手も見所あり!」自信度C 6
◎=エクスペディション
サイン的には、浜中くんが年男であること。
能力的には、休養明けひと叩きした人気の巻返しと、社台系生産馬(白老)及び馬主社台RHという背景面で上位にあるのが利点のため本命とした!

○=コスモファントム
サイン的なものは特にないが、能力的には、昨年の優勝馬であることと騎手が丹内くんに変わっているのが面白いから。
大野くん登録にも関わらず土壇場で丹内くんを起用するのは本来不可解なこと。だが、裏を返せば、敢えて若い丹内くんを起用したことで、暗に「彼の騎手人生の分岐点」であることを示しており、ここで馬券にならないと今後の彼は「負け馬の尻拭き役」になってしまうこと…
××はまちん「藤田騎乗の理由がわからないミステリアス(;・∀・)」自信度B 4
 明けましておめでとうございます。
昨年、はまちん競馬では年間トータルプラスを達成しました( ゚∀゚)0.1%だけどね。
 予想を的中させることは重要だとは思いますが、ここ競馬ナンデでは理にかなった予想の道筋が一番重要だと考えています。未知の部分に頼ってしまう予想になってしまうこともあるかもしれませんが、少しでも共感していただける回数が増えれば良いなと思っております。本年もどうぞよろしくお願いします。

 さて今年初めての予想。昔の金杯はG3の中で一番売れるレースだと聞いたことがあるけど今でもそうなのかな。まだ正月休みの人もいるだろうし、子供たちにお年玉をあげた分を取り返そうとするの…
絶対の本命「ダイワファルコンの巻き返しに期待」自信度A 6
まず、オッズを見てみましょう。

10倍以下のオッズの馬は3頭いて、混戦ムードが漂っている。

現在の1番人気 アドマイヤコスモス

現在4連勝とかなり勢いに乗っている馬だけに、調教のタイムも抜群。不動の軸といえるような状況だ。

2番人気 フェデラリスト

2連勝している馬で、調教のタイムも上々。まずまずの仕上がりだが、過剰に信用するのは禁物。

3番人気 エクスペディション

なぜここまで人気があるのか私は疑問だ。前走4着で重賞は辛そう。調教もまずまずで、坂がある中山コースは厳しいか。

ここで谷間があり、狙える馬のみを紹介する。

4番人気 ダイワファルコン

前走は負けてしま…

タイム 1:59.4 4F 46.4 3F 34.6
単勝12番570円(2人気)
複勝12番220円(2人気)11番290円(4人気)6番350円(5人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「中山金杯 欧州スタミナ型血統と先行馬。」
アドマイヤコスモス16着/1人気
○コスモファントム▲エクスペディション  
    
2478
6拍手

★傾向分析★
2007年 タイム 2'02"4 (重) 1FAve=12.24 3FAve=36.72
テン36.0-中盤48.4(3F換算36.30)-上がり38.0 『前傾』
1着シャドウゲイト・・・ホワイトマズル×サンデーサイレンス=リファール×サンデーサイレンス 〔22-d〕 1-1
2着アサカディフィート・・・パラダイスクリーク×Alydar=ネヴァーベンド×レイズアネイティヴ 〔16〕 16-15
3着ブラックタイド・・・サンデーサイレンス×Alzao=サンデーサイレンス×リファール 〔2-f〕 11-5

2008年 タイム 2'00"7 (良) 1FAve=12.07 3FAve=36.21
テン37.1-中盤48.7(3F換算36.53)-上がり34.9 『加速』
1着アドマイヤフジ・・・アドマイヤベガ×Be My Guest=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔1-l〕 3-2
2着エアシェイディ・・・サンデーサイレンス×ノーザンテースト=サンデーサイレンス×ノーザンテースト 〔4-r〕 7-5
3着メイショウレガーロ・・・マンハッタンカフェ×Carson City=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔7〕 1-1

2009年 タイム 1'58"5 (良) 1FAve=11.85 3FAve=35.55
テン36.2-中盤46.5(3F換算34.88)-上がり35.8 『裏へ』
1着アドマイヤフジ・・・アドマイヤベガ×Be My Guest=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔1-l〕 2-2
2着ヤマニンキングリー・・・アグネスデジタル×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔3-c〕 9-7
3着ミヤビランベリ・・・オペラハウス×ホリスキー=サドラーズウェルズ×ニジンスキー 〔12〕 1-1

2010年 タイム 2'00"8 (良) 1FAve=12.08 3FAve=36.24
テン36.6-中盤48.2(3F換算36.15)-上がり36.0 『加速・一貫』
1着アクシオン・・・サンデーサイレンス×Dixieland Band=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔13-c〕 11-8
2着トウショウシロッコ・・・アドマイヤベガ×ニッポーテイオー=サンデーサイレンス×リファール 〔23-b〕 11-12
3着トウショウウェイヴ・・・ステイゴールド×ニッポーテイオー=サンデーサイレンス×リファール 〔23-b〕 3-6

2011年 タイム 1'59"8 (良) 1FAve=11.98 3FAve=35.94
テン36.2-中盤49.0(3F換算36.75)-上がり34.6 『加速・中弛み』
1着コスモファントム・・・Stephen Got Even×Paris House=ボールドルーラー×ナスルーラ 〔19〕 4-4
2着キョウエイストーム・・・スウェプトオーヴァーボード×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔4-d〕 7-7
3着ナリタクリスタル・・・スペシャルウィーク×ペンタイア=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔1-w〕 6-4

 流れは様々だが、比較的『前傾』や『裏へ』や『一貫』など、テンや中盤がきつくなる傾向。そのため比較的差しが決まる傾向にあるように思えます。逆に逃げ馬はなかなか好走できない傾向。基本で狙うなら先行馬。
これは中山芝2000mコースが厳しい流れになりやすく、持続型のスタミナがいる流れになりやすいが、小回りコースの中山芝コースではなかなか追込が決まりにくい傾向からと考えます。

 血統の傾向はここ数年はネヴァーベンド系(=大系統ナスルーラ系)が強く、好走馬の多くにこの系統が入っています。またネヴァーベンド系は欧州スタミナ型(持続型)の特徴があり、似た適性を持つリファール系(=大系統ノーザンダンサー系)などもよく好走しています。
またブラッドバイアスが発生するのか例年同系統の上位独占の結果も多いようです。
上がり特化型のサンデーサイレンス系はあまりこのレースは得意としていなく、この傾向からも欧州スタミナ型血統有利なレースと判断します。しかし近年の傾向は、サンデーサイレンス系の好走も多く、暮れの有馬記念好走馬と同じようなサンデーサイレンス系の血統配合馬には要注意が必要。

 連対馬のステップは1800mや2000mからの好走が多く、しかも前走上がりの速い競馬で負けた馬が上がりのかかる流れとコース適性で逆転するような傾向があります。ハンデ戦ということもあり軽量のハンデ馬もよく好走しています。

★予想★
◎アドマイヤコスモス・・・アドマイヤマックス×Be My Guest=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔1-l〕
前走福島記念1着(=新潟芝2000m)。中山芝コースは初だが、芝2000m戦は(4-0-0-0)と得意条件。また半兄アドマイヤフジは、08年・09年中山金杯1着好走していて、このレースとは相性の良い牝系。近走は格上挑戦にて連勝を続けて、前走は重賞好走と本格化モード。今回の好走にも期待して、評価する。
 アドマイヤマックス産駒はサンデーサイレンス系で、平坦向きの軽いスピードを備えていて、好位や中団から差させると見所のあるレースをするタイプ。ローカル短距離ならクラスはともかく狙っていけるが、中距離は差して届かずが目立つ。これが突き抜ける脚を使うと本格化の兆しで、父母父ノーザンテーストの成長力によるものと思われる。ノーザンテースト系は丈夫な体とミラクルな成長力を有すが、アドマイヤマックス産駒の成長力も父母父ノーザンテーストによるものと考える。また芝のやや重も得意で、この点も父母父ノーザンテーストの特性によるものと思われる。母父Be My Guestはノーザンダンサー系で、パワー型の中長距離血統。時計がかかる馬場ならマイルでもこなせる。ただし、どの距離でも伸びてはいるのだが、もうひと押しが足りず惜敗を繰り返す。仕上がりは遅く晩成型で、その分高齢になっても走る。ダートはこなす程度。
 No.〔1〕の牝系は、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。3歳秋以降は緩やかに成長する。分子記号lは、クラシックで特注の記号で、能力が高くトップクラスのポテンシャルを秘めていて、成長力も豊富。

○コスモファントム・・・Stephen Got Even×Paris House=ボールドルーラー×ナスルーラ 〔19〕
 前走中日新聞杯1着(=小倉芝2000m)。11年中山金杯1着馬。中山芝コースは(1-0-0-2)で、芝2000m戦は(2-2-0-3)と好走も多い。前走は休み明けでの好走だったが休み明けは苦にしない馬であり、またこの時期は毎年調子を上げる馬でもあり(=09年ラジオNIKKEI杯2歳S2着、10年中日新聞杯2着→11年中山金杯1着、11年中日新聞杯1着と年末年始での重賞好走が多い)、その点にも期待して評価する。
 Stephen Got Even産駒はエーピーインディ系のボールドルーラー系で、瞬発力を活かした一瞬のキレよりも、小回りを先行して粘りこむ競馬が合う中距離型。クラシックの前哨戦を制して、本番でこけるのがエーピーインディ系の特徴。前哨戦の好走や圧勝が当てにならないトライアル型の特性を持つ。母父Paris Houseはナスルーラ系で、スタミナよりスピード色が濃くなったタイプ。真面目なサラリーマンタイプの性格で、人気どおりにコツコツ走るタイプ。
 No.〔19〕の牝系は、淡々と流れる厳しい流れにに強いタフな牝系。分枝記号なしは、産駒ごとに得手・不得手はあるものの平均的に能力を発揮するタイプで、やや晩成傾向。中距離やマイルの速い流れで適性を発揮しやすいタイプが多い牝系なので、ペースの締まりやすい中山芝コースには向くと考える。

▲エクスペディション・・・ステイゴールド×Lyphard=サンデーサイレンス×リファール 〔2-f〕
 前走中日新聞杯4着(=小倉芝2000m:0.2秒差)。中山芝コースは初だが、芝2000m戦は(2-1-1-1)と好走が多い。また前走は休み明けだったこともあり、今ひとつ僅差届かなかった感じだが、今回は叩き2戦目で前進が見込めると考えて評価する。
 ステイゴールド産駒はスタミナ型のサンデーサイレンス系。ステイゴールドは母父ディクタスの特性がでていて、サンデーサイレンスというよりはサッカーボーイに近い特徴があり、夏~秋にかけてよく軌道に乗ることが多い。ディクタスのスタミナ型の特性とまた強敵相手に食い下がる勝負根性は、ステイゴールド産駒の持ち味。1戦燃焼型のタイプも多く、惨敗後から涼しく巻き返す能力も高い。断然人気よりも穴で狙いたいタイプで、人気馬よりもその人気馬をマークする立場の方が好走しやすい。前走は1番人気だったが、今回はマークできる立場に変わることでこの特性を活かしやすいと考えて期待する。母父Lyphardはリファール系で、マイルから2400mを守備範囲とし、得意距離は産駒によって異なるが、底力があり大レースでは一変する。スピードよりも底力を前面に出して勝負するタイプで、成長力があり、力のいる馬場も得意。一完歩ずつ確実に伸びる末脚が武器だが、見方を変えれば詰めが甘い。
 No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。古馬でも成長能力は十分。また直線の長いコースでの末脚勝負にも強い。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面、叩いて一変が少ないタイプ。前走好走だと調子は維持と考えて好走が期待できる。また不器用だが、決め手鋭く瞬発力勝負に強い特性がある。

△エーシンジーライン・・・Giant's Causeway×Danzig=ストームバード×ダンチヒ 〔23-b〕
 前走中日新聞杯6着(=小倉芝2000m:0.3秒差)。中山芝コースは(0-0-0-1)だが、芝2000m戦は(3-3-2-8)と好走も多い。4コーナーまで後続に突かれずに行けた時に好走が多く、今回は単騎逃げも可能なメンバーにて、しぶとく前にて踏ん張ることを期待して評価する。
 Giant's Causeway産駒はストームバード系で、ハイペースで飛ばしても簡単にバテない先行押し切り型。またストームバード系は、好調期にまとめて稼ぐ短期集中型が多く、2~3歳戦で好走できるスピードと完成度の高さがある。好調期には連続好走を続けるのだが、不調期になると崩れ好走できなくなるのがストームバード系。労せずに先行できる内枠か揉まれない外枠で結果を出しやすい。母父Danzigはダンチヒ系で、短距離・マイル向きのスピード血統。緩急のある流れよりも全体的に速いペースに強い。中距離も守備範囲だが、逆に平均ペースに向く。母父としてはサンデーサイレンスやマイラー種牡馬との配合ではスピードを伝え、ステイヤー種牡馬との配合では2200m&2500mの距離が得意となる傾向がある。
 No.〔23〕の牝系は、タップダンスシチーやセイウンスカイなどがいる牝系でスピードの持続する流れに強い特性。分枝記号bは、基本的に晩成傾向で使い減りしないタイプが多く、鮮度と勢いが好走に重要なポイント。決め手には欠けるが自在性があり、格上げ戦に強く、重賞初挑戦など鮮度の高い時は好走率が高い。

△フェデラリスト・・・Empire Maker×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔7〕
 前走1600万条件戦東京ウエルカムP1着(=東京芝2000m)。中山芝コースは(2-0-0-0)で、芝2000m戦は(2-0-0-1)と好走も多い。今回は初の重賞挑戦となるが、近走の勢いを考えると好走も十分可能と考えて評価する。
 Empire Makerはミスプロ系で、先行力があり、なおかつ溜めても良い脚を使えるタイプ。ミスプロ系の中では底力を持っていて、中距離レースに向く。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性がある。瞬発力を武器に上がり特化のレースで強く、勢いのあるときには重賞挑戦はプラス要因。今回はこの母父の特性も期待できると考えて、評価する。
 No.〔7〕の牝系は、京都コースや阪神コース、東京コースなどでの好走が多くやや広いコースに向く牝系。間隔を詰めて使ったり距離変更のショックが効きやすい特性も有している。分枝記号なしは、産駒ごとに得手不得手ははっきりしているものの、平均的に能力を発揮しやや晩成傾向。
01/04 23:08

■■■■■■■■■■■■■■■

2017覇者シュヴァルグランが出走! “大魔神”の愛称でお馴染み
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【ジャパンC2019最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

マイルCSはダノンプレミアムから
3連複3200円的中!

スプリンターズSはタワーオブロンドンから
馬連1260円的中!

ローズSはダノンファンタジーから
馬単2300円的中!

太秦Sはヴェンジェンスから
3連複4780円的中!


▼ジャパンC2019最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




軍神マルス

予想歴14年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3473
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

新着回顧中山金杯2012回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴14年 回収率137%
中山金杯 先行できる中山芝巧者は侮るべからず!
次走狙い馬:フェデラリスト 次走狙い馬:コスモファントム
     
 
6拍手

2012年 タイム 1'59"4 (良) 1FAve=11.94 3FAve=35.82

ラップ
①12.5-②11.3-③13.1-④12.0-⑤12.4-⑥11.7-⑦11.8-⑧11.7-⑨11.4-⑩11.5
1FAveとの誤差
①+0.6 ②-0.6 ③+1.2 ④+0.1 ⑤+0.5 ⑥-0.2 ⑦-0.1 ⑧-0.2 ⑨-0.5 ⑩-0.4
テン36.9-中盤47.9(3F換算35.93)-上がり34.6 『加速』

『加速』・・・逃げ◎ 先行○ 差し△ 追込×

1着フェデラリスト・・・Empire Maker×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔7〕 6-4
2着ダイワファルコン・・・ジャングルポケット×サンデーサイレンス=グレイソヴリン×サンデーサイレンス 〔4-d〕 4-4
3着コスモファントム・・・Stephen Got Even×Paris House=ボールドルーラー×ナスルーラ 〔19〕 4-4

流れは、テン‐上がりのラップ差と中盤の締まった流れから『加速』の流れ。展開的には、逃げが最も恵まれ、次いで先行、差し・追込には厳しい流れ。好走した上位馬は前に位置した馬が多く、後ろで脚を溜めていた馬はコース形態からもノーチャンスだったと考える。

1着フェデラリストは、前走1600万条件戦東京ウエルカムP1着(=東京芝2000m)からの好走。中山芝コースは(2-0-0-0)で、芝2000m戦は(2-0-0-1)と好走も多い馬でした。近走は33秒台の末脚や中山芝コースでも34秒台前半の鋭い末脚を連発し、今回も出走馬中最速上がりで好走。本格化と考えて今後の活躍にも期待する。
 Empire Makerはミスプロ系で、先行力があり、なおかつ溜めても良い脚を使えるタイプ。ミスプロ系の中では底力を持っていて、中距離レースに向く。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性がある。瞬発力を武器に上がり特化のレースで強く、勢いのあるときには重賞挑戦はプラス要因。今回は重賞初挑戦にて、この母父の特性も活きたと考える。
 No.〔7〕の牝系は、京都コースや阪神コース、東京コースなどでの好走が多くやや広いコースに向く牝系。間隔を詰めて使ったり距離変更のショックが効きやすい特性も有している。分枝記号なしは、産駒ごとに得手不得手ははっきりしているものの、平均的に能力を発揮しやや晩成傾向。

2着ダイワファルコンは、前走ディセンバーS9着(=中山芝1800m:0.7秒差)からの好走。中山芝コースは(5-1-1-2)で好走が多いが、芝2000m戦は(0-0-1-3)とやや距離適性的には不安のある馬でした(=本馬は芝2000mよりも芝1800mが得意な馬)。11年中山金杯2着馬キョウエイストームに近いものがあり(=キョウエイストームは芝2000mより芝1600mで好走の多い馬でした)、中山金杯の本質は距離適性に不安があってもとにかく中山芝コース巧者なら評価すべしということと考えます。また距離適性をカバーするのに、先行し少しでも内に入り距離ロスをなくす必要も生じるので、先行できるか!?も重要なポイントと思います。
 ジャングルポケット産駒はグレイソヴリン系で、小回りコースが得意なタイプと広いコースで末脚を繰り出すタイプとがいる。本馬は中山芝コースのスペシャリストというような成績で、本質は小回りの持続型タイプと思うが、速い上がりも繰り出せるので広いコースで末脚を活かすことも可能なタイプ。ただし東京芝コースでは詰め甘。緩い流れで瞬発力勝負より、持続した流れでスタミナを活かす方が強さを発揮しやすい。ジャングルポケット産駒は菊花賞でも好走しているし、スタミナの豊富な馬が多くステイヤータイプも輩出する。母父サンデーサイレンスは、勢いに乗じて連続好走しやすい特性を持ち鮮度の高い時によく好走する。
 No.〔4〕の牝系は、3歳春から力をつけてクラシックで好走するような成長力もあるが、さらに3歳秋から古馬にかけて成長力が著しい。またスタミナを活かしての好走が得意。分子記号dは、精神的にタフなタイプが多く、遠征や重馬場は苦にしない。また前走好走だと次走でも好走しやすい特性も持つ。この特性より、次走も中山芝コースなら侮れないのではと考える。

3着コスモファントムは、前走中日新聞杯1着(=小倉芝2000m)からの好走。11年中山金杯1着馬。中山芝コースは(1-0-0-2)で、芝2000m戦は(2-2-0-3)と好走も多い馬でした。前走は休み明けでの好走だったが休み明けは苦にしない馬であり、またこの時期は毎年調子を上げる馬でもあり(=09年ラジオNIKKEI杯2歳S2着、10年中日新聞杯2着→11年中山金杯1着、11年中日新聞杯1着と年末年始での重賞好走が多い)、その点にも期待して評価し、結果3着好走。
 Stephen Got Even産駒はエーピーインディ系のボールドルーラー系で、瞬発力を活かした一瞬のキレよりも、小回りを先行して粘りこむ競馬が合う中距離型。クラシックの前哨戦を制して、本番でこけるのがエーピーインディ系の特徴。前哨戦の好走や圧勝が当てにならないトライアル型の特性を持つ。母父Paris Houseはナスルーラ系で、スタミナよりスピード色が濃くなったタイプ。真面目なサラリーマンタイプの性格で、人気どおりにコツコツ走るタイプ。
 No.〔19〕の牝系は、淡々と流れる厳しい流れにに強いタフな牝系。分枝記号なしは、産駒ごとに得手・不得手はあるものの平均的に能力を発揮するタイプで、やや晩成傾向。中距離やマイルの速い流れで適性を発揮しやすいタイプが多い牝系なので、ペースの締まりやすい中山芝コースには向くと考える。昨年は次走AJCCにて4着でしたが、今年も上位に好走はありうると考えて次走にも期待する。

中山金杯のポイントは、
①中盤が締まる流れになりやすく、小回り芝2000m好走実績が重要。
②中山芝コース巧者なら芝2000mの距離実績が不足しても好走があり 得る。ただし2・3着の可能性が高く、本命にはするべからず。また 距離適性をカバーするのに先行し、距離ロスは少なくする必要が生 じる。
③大系統ナスルーラ系(=ネヴァーベンド系、グレイソヴリン系など) や大系統ノーザンダンサー系(=リファール系、ノーザンテースト  系、サドラーズウェルズ系など)の欧州スタミナ型血統が前面に出 ている馬。スタミナ型サンデーサイレンス系の好走もあるが、より 前者を重視すること。
有馬記念好走馬の血統配合も重視。

01/11 00:45 回顧アクセス:2385


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
あみー
11/10 17:14

ラッキーライラックとスミヨン騎手に助けてもらいました<(_ _ )> ここまでスローとは思いもよらず。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

はやと>>

>>はやと


11/14 06:11

@エリザベス女王杯 ありがとうございます。



6
平場戦
◎メイショウカッサイ
○ビアイ
馬単2-14番
1,740円 的中

ヨルゲンセン
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社