11/16 11/17
11/16 11/17
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【マイルCS2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想東海S2012予想一覧カタストロフィの予想

京都11R 東海S 2012年5月19日(土)
ダ1900 4歳上GII 晴良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
151413121110987654321馬番













































































































馬名



牡6 牝6 牝5 牡4 牡5牡5 牡7 牡5 牡4 牡5 牡7牡5 牡5 牡5牡5性齢
57 54 54 56 5657 56 56 56 56 5756 56 5656斤量























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順着順

サニーのす

BC爺

編集長おく自信度C 3
ヒラボクキング
京都は5勝の巧者。
そして非常に綺麗な大飛びの馬で、
広いコース向きではないかと思っていて、
残りの1勝は阪神2000でちぎったもの。
つまり、広い京都の1900は一番適性がある舞台ではないかと思う。

ミラクルレジェンド
これも飛びが大きいので広いコースでのパフォーマンスに期待。
JDDでは大井2000で、牡馬相手に最速で上がるかなり強い内容で僅差の競馬ができている。
ガサがないので久しぶりの54キロも大きい。
京都は無敗。

シビルウォー
飛びが大きく広いコース向き。流れがはまったときの末脚は強烈。昨年は10着だったが35.5の良い脚で上がっており、良馬場だっ…
一気呵成自信度C 3
バーディバーディ:松岡騎手との相性が良い、中山もマーチSは58kgで3着と好走、前走は1番人気だったが三浦騎手なのでしかたない。今回は狙い目です。

デスペラード:重賞では1枚下、力不足は否めないが、京都の良馬場は走るので面白い。OPで揉まれてきたので、そろそろです。

ニホンピロアワーズ:地方で好走してきたが中央では相手が違う、ここは抑えまで。

ワンダーアキュート:JCD、東京大賞典、FEBと素晴らしい成績、問題なく伸びてくると思います。勝つならあっさりだが、勝利の美酒を暫く味わっていないのが気がかり、昨年の再現? だけど1番人気が中々勝てないレース、抑えまで。

買い目 …
やまっくす「強い馬が勝つコース」自信度S 3
京都D1900mという特殊な条件下で行うレースなので、単純に強い馬か勢いがある馬、もしくは1900mを得意としているのが好走すると見ている。

まず、今のダート路線は相変わらず世代交代はなく、去年からの力関係が今も続いているという印象。
そうなれば、昨年のG1戦線で好走しているのから行くのが普通かも。

まずはワンダーアキュートは、間違いなく外せない。
昨年のこのレースの勝ち馬だし、勝ちから遠ざかっているとはいえ、G1で好走している。ダートでもかなりのスピードがある馬なので、前走は、地方のダートがあわなかったのと距離が長いのが敗因と見る。
中央のダートなら巻き返しは出来るし、調教の動きも抜…
××djbea自信度S 2
4枠2頭がペースを上げる。それに追走するのが13,15,10の実績馬。おのずとペースは上がり、差し馬天国に。
外枠の実績馬は苦しい展開になる。
56キロの馬で決まると見た。
筆頭は上がりが速いデスペラード。穴にはヤネが当該コース
絶好のグリッターを推す。
詳しくは
http://blog.livedoor.jp/djbeattaka/
京都小川コンピレーションまで
はまちん「走れる条件が揃ったニホンピロアワーズ( ゚∀゚)」自信度B 6
東海ステークスは京都で行われるのが通例になっちゃったのか? そんなことよりもほとんど行われない1900mのレース自体疑問なのに、重賞まであるんだから。。。中京の時も2300mという微妙な距離だったんだっけ。。。

 本命は総合的に判断してニホンピロアワーズ。地方の交流重賞のお得意様の存在になってはいるが、中央でも、みやこステークスで3着、前走のアンタレスステークスでは人気を裏切った形にはなるが5着。父ホワイトマズルは芝orダ兼用で消耗戦を好むタイプ。母父アドマイヤベガはサンデー系の中でも鈍重タイプで、斬れよりも持続力に長けているタイプだがら、これを合わせるとダートの消耗戦向きの馬になる…
BC爺「今どきのダート重賞」自信度C 2
ワンダーアキュートは結局相手なりキャラを脱することができず、
1番人気ではあまり買いたくありません。

ニホンピロアワーズは前走きつい競馬で堅いかと思いましたが、
追い切りが全く集中できておらず、きつい競馬の反動の方が出るかも。

ミラクルレジェンドはこの距離で外枠だと体力的に不安があり、
ヒラボクキングは休み明け。危なっかしい雰囲気が漂うレースです。

◎グリッターウイングはダートの長めの距離が得意なクロフネ産駒。
前走は昇級の重賞で外枠引いて後方から動けませんでした。
クラス慣れ、内枠、距離延長と揃う今回は随分と追走が楽になるはずで、
2走前のように早めに仕掛けて粘り込む競…
絶対の本命「京都負け無しのこの馬で!」自信度A 5
◎ミラクルレジェンド
地方で出走回数がとても多いこの馬だが、二桁着順が今までになく、とても安定した成績を残している。それに、注目すべき点は、前走にある。ジャパンカップダートからの久々のレースで、休み明けなのにあっさりと重賞勝利をしている。G1ではなかなか勝てていない馬だが、ここ数戦で更に能力を伸ばしているように感じる。騎手変更も裏目には出ないと思うし、京都コースとの相性もいいので人気があってもなくても買い。

○ヒラボクキング
デビューから見てみると、二桁人気であっても必ず掲示板に入っている素質馬。重賞でも人気以上の結果を出してとても根性がある馬。人気の有無に関わらず今回も掲示…

タイム 1:56.4 4F 48.8 3F 36.5
単勝4番690円(4人気)
複勝4番290円(4人気)10番200円(3人気)1番1160円(11人気)

カタストロフィ<10期 西前頭二枚目>
「ニホンピロアワーズが100mの延長で力発揮@東海S2012」
ニホンピロアワーズ2着/3人気
○アイファーソング▲デスペラード  
    
2705
9拍手

【最終結論】
◎ニホンピロアワーズはダートでも決め手を活かすタイプの馬。その上で、ある程度のスピードも持っていて、ベスト距離は1900以上でペース自体が落ち着きやすい舞台が良いと思われる。前走でも12.1 - 12.2 - 12.1 - 13.0とL1落ち込む競馬の中で、最速地点のコーナーで一気に押し上げているように、トップスピードへの切り替えの早さと、そこからの切れ味が非凡。名古屋大賞典のレース内容を見直しても強烈。一鞭で反応して突き放しちゃう凄いパフォーマンス。やっぱり緩んで切れ味勝負になった方が良さが活かせる。また1800mのタフな平均ペースで崩れるというようなタイプでもなかったわけで、この距離に伸びればまず期待通りのパフォーマンスを見せてくれると思っている。


〇アイファーソングは前走の厳しいロンスパ戦でもしっかり粘れていた点を評価。強敵相手にしっかりと自分の競馬を貫いて時計勝負に持ち込んで2着なら重賞でも通用する目途を立てたと言って良い。桜島特別では緩めて12.9 - 12.0 - 12.1 - 11.8 - 11.8の流れで突き放す完勝を見せているように、1900の切れ味勝負にも対応できる競馬。前々走は道悪でスピード不足といった感じだしペース自体も厳しかった。この距離で緩めて良さがある逃げ馬は怖い。


△デスペラードも緩んだ時に無理なく脚を使って押し上げられそうという京都1900mの適性抜群の馬。ここ2走は3角で加速できずにポジションが絶望的だった。その点でも2角過ぎに緩めやすく、3角の上り坂でペースが上がりにくい、3角の下りでペースを上げやすい京都の舞台は良さそう。団子になれば良さが出る馬で。




【展望】
 去年は中京競馬場が改修のために京都1900mで行われたわけだが、今年は正式に京都1900mで行われることになった。1800mと違って少し緩みやすいコースではあるものの、最近各騎手が1900mのペース配分に慣れてきたせいか、極端な前残りはあまり感じなくなってきている。ただ、1800mよりは割と終いのキレを問われやすいコースということは変わっていないようだ。ここはアンタレスSを連覇した重賞3勝馬を中心に、GIでも勝ち負けでレースを賑わすダート界の名優、ブリリアントSで圧勝の勢いに乗る馬、名古屋の交流重賞で2勝してきた実力馬、芝路線から再びダート路線に戻ってきた馬など、豪華なメンバー構成となっていて、流石はGII競走と言ったところ。この京都1900mの舞台で力を出し切れる馬はどの馬か。


 ◎中心は交流重賞で2勝、特に名古屋大賞典ではダイシンオレンジを千切ったニホンピロアワーズ。アンタレスSでは一番最初に仕掛けて外から押し上げていく競馬。 12.1 - 12.2 - 12.1 - 13.0と4Fの勝負、持続戦で速い地点で外から押し上げていく点で、やはりトップスピードのキレ味に魅力を感じる馬。最後は少し甘くなってしまったが、58kgの斤量もあったし阪神では少し最後が甘くなる傾向もあるので仕方ないか。この馬は地方交流重賞ではあるものの、距離延長によってパフォーマンスを上げてきていて、特に名古屋大賞典の勝ち方は圧巻。常に番手で競馬をし、4角で逃げ馬を捕えると、軽く一鞭でグンと反応し、既に一杯に追われていたダイシンオレンジをあざ笑うかのような加速力で突き抜けた。この馬の持ち味は、やはりある程度の先行力と、ペースアップの時の反応の良さだろう。番手から競馬し、逃げ馬を常に射程圏内に入れ、反応が良く切れる脚を使える、理想的な馬。1800mだと、基本的にハイペースになりやすい条件でもあり、この馬の持ち味を活かすには、多少なりともペースが緩んで勝負所での動き出しの良さを活かせる競馬になる方が良いだろう。そういう意味でも、やはり緩みやすい京都1900mという舞台はこの馬にとってはベストコースかもしれない。アンタレスSでは出負けしてポジションが少し後ろ過ぎたのもあるが、58kgの斤量でダート坂スタートということも影響しただろう。57kgで京都1900mならもう少し前目につけられそう。この100mの延長で勝ち切れるだけの条件は整ったか。


 相手筆頭ははやはり連勝でアンタレスSを制覇したゴルトブリッツ。ニホンピロアワーズが早めに仕掛けた流れに乗ってニホンピロの後方から進め、12.1 - 12.2 - 12.1 - 13.0のL1で伸びてきて突き抜けたように、基本的にはスピード持続戦でこそ持ち味を活かせる本格派のダート馬。ただし、キレ味がないかというとそういうわけではなく、13.0 - 12.0 - 11.7 - 11.4 - 12.3となった仁川Sでは、中弛みから3角で抑えきれない手ごたえで先頭に立ち、そのまま徐々に加速してトップスピードに入っている。この内容で千切っているので、末脚勝負にも対応できる点が魅力。ただし、現時点では京都1900mで高いパフォーマンスは見せておらず、トップスピードに入ってしまえば速い脚を使えるが、反応という点ではアンタレスSを見てもやや見劣るので、この条件になってくるとやはり序盤の運び方が問われそうだ。ベストはニホンピロアワーズの前だろうが、この位置を確保できるかどうか。ワンテンポ仕掛けが遅れると致命的にもなりかねないコースでもあるので、今回は立ち回りをうまくできるかどうか。ここ数走ダートスタートではテンの速さがあまり感じられないという点でも不安はある。ただし、平均ペースになったり、割とロンスパ戦になるようなら地力という点では最上位の1頭。相手は強敵揃いでも、この馬の素質は流石に見逃せない。あとは、力を出し切れる競馬ができるかどうかだろう。


 3番手にはダート界を引っ張っている力の持ち主である古豪ワンダーアキュート。最強ダート6歳世代の番人というような位置づけで、GIこそ勝てていないが昨年の東海Sの覇者であり、去年から掲示板を外さない抜群の安定感の持ち主。ハイペースのフェブラリーSで中団からジリジリ伸びてきて、東京大賞典ではスマートファルコンが刻むハイペースを番手の内ポケットで追走して、最後の最後で並んできた。ここからも、持ち味はやはりタフな持続力。JCDでは最内に拘って12.7 - 12.3 - 12.2 - 12.0 - 13.2の流れ。緩んだ3角で凝縮した分、前との差は詰められたし、勝負どころで脚を使わずに済んだ。ただ、直線序盤でかなり窮屈になっており、ワンテンポ遅れる仕掛けにL1での伸びを考えると、惜しい競馬だったともいえる。基本的には持続戦が望ましい馬なのは確かで、昨年の京都1900mアルデバランSで格下のピイラニハイウェイに敗れた時も12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.4という中弛みからの3F勝負という競馬だった。レースレベルを考えても、やはり敗因は脚を出し切れなかったことにあるか。1600~1800mではこのレベルだとややスピード不足、1900mはベスト条件だと思うし、本質的には2000mぐらいの平均~ハイペースで持続力を活かすのがベストのように感じる。ここは強敵揃いで、ここ数走安定しているとはいえ油断はできない相手。積極的に捕まえに行くぐらいの競馬が欲しい。昨年同様道悪で緩まない展開になるようだと不安は解消しそうだが。実力はここでは一番上のはずで。


 ▲穴どころからはデスペラードを推奨。もともとこの馬が勝ち上がってきた条件がこの京都1900mという舞台。この時に見せた素晴らしい切れ味は記憶に新しい人も多いと思われる。ただし、仁川Sでは後方過ぎて、良い脚を使ったところで勝負にならなかった。前走アンタレスSでは前半がそこまで早くなく、道中でペースが上がってしまう競馬で仕掛けで後手を踏んだ。もともと位置取りは最後方で競馬をする馬だけに、基本的には前よりも先にトップスピードに入れないことにはどうにもならないが、前走はニホンピロあたりが先に仕掛けてしまって位置取り的に苦しい競馬になった。京都1900mで浮上してくる可能性としては、やはり序盤それなりに早いペースになりやすいという所と、2角過ぎで1800mよりも緩みやすい傾向があり、ペースが落ちた向こう正面で無理なく差を詰めていけるという点。更にもう一つ言えば、緩めて再加速しないといけない前に対して、こちらは平均的な競馬をして前の馬と比べるとスピードを殺さずに仕掛け所に迎えるという点。この辺りが京都1900mでは恵まれやすい条件の一つにあるだろう。勝ち負けいずれのレースでも、脚を使い切ったレースというのは雅Sぐらい。重賞でも通用しているし、後は仕掛けひとつで上位に食い込んでくる余地は十分にある。そろそろ人気も落ち着いてくるころで、京都1900mに替わるなら積極的に狙いたいところ。平均的な競馬になった時は未知数ではあるが、アンタレスSで終い最後まで伸びていたところを見ても、まだ可能性はあるかなと思っている。いずれにせよ、現段階だと中弛みのある展開待ちの立場ではあるだろう。嵌れば。


 芝路線からダート路線に再び舵を切ったトウショウフリークも圏内。1800mの舞台では道悪でスピードを活かす競馬。連勝の勢いで挑んだ昨年のみやこSでは平均ペースを刻んで古豪エスポワールシチーに完敗。しかし、ここで中心を担うニホンピロアワーズやワンダーアキュート、ゴルトブリッツと言った実力馬は完封していて、力は通用するものはあるはずだ。しかし、上位と違うのは、基本平均ペースでスピードの高さを活かして押し切ってきた馬。それだけに京都1900mという舞台で良馬場になったときに、これまでのように積極的にペースを緩めず進めるかどうかというのも一つのポイントだろう。ただ、良馬場で実績が乏しいのは確かだが、JCDで見せたテンのスピードはなかなかのもので、藤田トランセンドが無茶なことをしなければ、ハナを切っていたのはこの馬だったと思われる。良馬場でも十分やれるだけの要素は見せていることを考えれば、ここは面白い存在だろう。ここ数走芝を使ってきて、ここは出戻りのダート。人気も意外としていない印象で、このメンツならハナを切れても良い。緩めて良いかどうかはまだ分からない馬で、不気味な要素が多い。地力はここの中心馬にも引けを取らない。積極的に推せる要素がないだけで、全てがプラスに転じればパフォーマンスを上げてくるかもしれない厄介な馬だ。人気次第と言ったところか。


 〇そのトウショウフリークとハナ争いを演じそうなのがアンタレスSで逃げて2着のアイファーソング。前走は3角で仕掛けられた分、苦しい展開となったが想像以上にしぶとく、むしろ直線序盤で先行勢は突き放す競馬。ゴルトブリッツには敗れたものの、確実に力をつけてきている印象だ。そして、馬柱を見ると一見ただのスピードタイプに見えがちなのだが、3走前桜島特別がなかなかのもの。中弛みがあって12.9 - 12.0 - 12.1 - 11.8 - 11.8の流れを逃げて突き放すという圧巻の競馬。4Fの勝負で早めに仕掛けてそのままラップも落とさず突き放す内容は、京都1900mでも面白そう。少なくとも緩めてペースを上げると言った作業を苦にしない逃げ馬であり、これはこの条件下では重要な要素。前走も相手関係を考えるとフロックの一言で片づけてはいけないレベル。ここはトウショウフリークという厄介な同型はいるのだが、桜島特別ではテン0.5Fで6.8という速さの中で大外枠から行き切れるだけのスピードなら戦えるだろう。できれば内枠を引きたいところ。川須もこの馬の脚の使いどころを分かっている感じで、京都なら怖い。また同時にデスペラードの結果を左右する馬ともいえそう。ここに入っても見劣ることは一切ない。


 偉大なる善戦マンのバーディバーディも登録。おそらく出られるだろうが、賞金が足りずに除外対象ではある。何とか賞金を加算してもらいたい馬なのだが、前走オアシスSでは伸びきれずにナムラタイタンに完敗。持ち場である3着争いもクビ・ハナで届かないという、自分らしさも見せなかった。しかし、マーチSでは12.2 - 12.0 - 12.5 - 12.4 - 12.7とL4最速苦しい流れで押し上げて勝ちに行く競馬。58kgのハンデとラップ推移からも一番強い競馬ができているので、調子自体は一時期の不調は確実に脱しているはず。実力的にもここで上位に連ねておかしくない馬。何かが一つかみ合えば変わってきてもいいのだが…。スピード勝負でもキレ味勝負でもあと一歩が何かが足りない。


 ブリリアントSで驚くほどの圧勝を見せたソリタリーキング。ヴァーミリアン、キングスエンブレム、古くはサカラートと言ったダートの一流どころを生み出してきた血統だけに驚きはしないが、それにしても圧巻で唐突な印象。ただし、要素は今までも見せていて、JCDでもしぶとく脚を使って粘っていたし、仁川Sでは位置取り負けで底は見せていない。前走はラップ的にも平均ペースで突き抜けていることになり、12.1 - 12.3 - 12.6 - 12.2 - 12.8とL5最速の持続戦でもある。ここで好位から抜け出し圧勝というのはちょっとすごい。それでもレースレベルを考えるとここでまだ勝ち負けというほどのものは見せていないし、京都の1900mで器用さが問われた時の不安もある。人気次第ではあるだろうが、脚を出し切りたい馬だけに、そういったロンスパ戦になってくるかどうかだろう。良馬場では少し物足りなかった馬が前走で激走しているわけであり、今までの傾向を鵜呑みにはしない方が良いだろうが、やはり緩いペースからすっと動けるかどうかが問われやすい舞台でもあるので、前走のパフォーマンスが持続戦によるものであれば、過大評価だけは避けたいところ。


 △最後に南関東で勢いに乗って中央重賞へ再びのミラクルレジェンド。今回はクレイグ・ウィリアムズ騎乗ということで必要以上に人気をしそうな感はあるのだが、マリーンCではクラーベセクレタを抑え込んでいて力はある。マリーンCはラップタイムがないので難しいところだが、4角ですっと反応して直線序盤で一気に捕えているだけに、反応とそこからの加速力はなかなかのものがあるかもしれない。ただ、ややハイペース気味であったことも確かで、この辺りはあまり参考にならないか。JCDは平均ペースで差し馬有利の流れではあったが、上位の顔ぶれをみると決してフロックというわけでもなさそうで、窮屈な競馬、最後は外を回したが、脚色的には最後のワンダーアキュートと差のない競馬。うまく捌けていれば、更に上の着順は十分にあったと言える内容。基本的にはL5-4あたりから仕掛けられてペースアップしてのバテ差しという印象があり、この辺りが京都1900mの条件に合うかどうかだろう。能力的には通用するだけのものはある。あとは適性だろう。ウィリアムズがこの馬で序盤をどこで運ぶかも一つの見どころ。


http://blog.livedoor.jp/catassan/
05/19 12:28

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【マイルCS2019最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

スプリンターズSはタワーオブロンドンから
馬連1260円的中!

ローズSはダノンファンタジーから
馬単2300円的中!

太秦Sはヴェンジェンスから
3連複4780円的中!


▼マイルCS2019最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




カタストロフィ

予想歴15年
回収率%
各馬の特徴を見分けつつ、そのレースに問われる要素を展開から弾きだし、その適性を持っていてかつ力関係から基礎能力が高い馬を狙います。 http://blog.livedoor.jp/catassan/ 総拍手獲得数:6132
過去のベスト予想
 AJCC2015

◎クリールカイザー○フェイムゲーム
49拍手

20,860

新着回顧東海S2012回顧一覧カタストロフィの回顧
カタストロフィTM競馬歴15年 回収率%
東海S2012回顧
次走狙い馬:ミラクルレジェンド 次走狙い馬:サイレントメロディ
次走危険馬:デスペラード   
 
0拍手

7.0 - 10.9 - 11.4 - 12.7 - 12.7 - 12.9 - 12.3 - 12.0 - 11.9 - 12.6


 2角過ぎで13秒台とまではいかないものの少し緩み、坂の手前で12.9と一番遅いラップ。そこである程度馬群凝縮してから4Fの勝負。L1が12.6と少し落ちていて、京都にしては割と脚を出し切る競馬にもなったのかなというレース展開ですね。中盤無理なく押し上げられた差し馬の方が競馬はしやすかったと思います。L1も落ちているし。L3-2で12.0-11.9と速い脚を要求されているので、ここで厳しい競馬をしている馬を次走狙いたいところですね。


 1着ソリタリーキングは五分のスタートから押して押して先行集団を追走、最内を確保して好位のポケットまで押し上げた。2角過ぎの緩みで少しブレーキがかかるも問題ない程度。3角でヒラボクキングが邪魔になったので、その外に出して一つポジションを出し、内目好位追走。4角でニホンピロアワーズの後ろを追走するような形で進路を探って2馬身差4番手で直線。序盤で追われるが、ここでジリジリとしか伸びずにニホンピロに一旦突き放される。しかしL1で2番手に上がると、粘るニホンピロを一完歩ずつ確実に詰めて、クビだけ捕えての勝利となった。ん~なかなか強い競馬ではある。緩いペースにも合わせて、勝負どころで少し置かれはしたけども、L1でしっかり伸びてきた。だけども、個人的には恵まれた点が2つあったと思う。1つは内枠。序盤の脚を見ても、やや先行力という点では見劣っていたし、コーナーワークで良い位置に取り付けたというのは大きい。もう一つはL1がそれなりに落ち込む競馬だったこと。勝負どころの反応ではややニホンピロに見劣るところがあったので、この辺りが今後の課題かなと思いますね。序盤の流れからも、1800mだとスピード不足のような気がしますが、持続力は見せた形。1800mでもしっかり伸びてこれれば本格化と言っていいと思います。現状だとまだスピードで物足りない部分があるかな。現状だと1900以上でやや緩みがあってのロンスパ戦向きという印象ですね。ヴァーミリアンまで行くにはもうひと頑張りといったところ。


 2着ニホンピロアワーズは五分のスタートから押されるとすっとスピードに乗って先行争い。外目の好位で満足する形で1角へ。2角過ぎの緩みでもしっかり対応。外目の3~4番手の位置は譲らず。向こう正面でペースが落ちて、馬群凝縮して3角へ。3角で外目から並びかけるような形。4角でも馬なりで内2頭を見ながら半馬身差の3番手で直線。序盤で追われるとぐんと反応して内2頭をあっさり引き離す。L1で抜け出したところにソリタリーキングの強襲を受けて2着に敗れた。負けてなお強しですね。一番強い競馬をしたと言えます。ラップ的にはこの馬の求めている通りの競馬になったと思うけど、最後は落としてしまった。この辺りがやっぱり課題ですね。ただ、12.3 - 12.0 - 11.9 - 12.6のペースアップから最速の地点では勝ちに行った分のロスもあったわけで、それでクビ差なら強い競馬だと思います。やっぱりこの馬は反応の良さとトップスピードを活かす競馬が合っていますね。この距離で競馬させればかなり安定してくると思います。1800mだとスピード面が問われてくるので、長距離に比べると安定性を欠くかもしれませんね。阪神は苦手としている方なんですが、一度阪神2000mを試してみてほしい。この競馬なら多分合うはずなので。今後も1800mだと一つ評価を落とした方が良いかもですね。ゆったり行けた方が良いです。


 3着サイレントメロディはまずまずのスタートから押して押しても追走に苦労し中団まで下がる。1~2角でどうにか好位集団の直後ぐらいにはつけて中団。道中もおっつけ気味に競馬。緩んで凝縮して、最内で3角。3角でも最内を追走、4角で内目に出してソリタリーキングの真後ろにつけて仕掛けられ、4馬身差ほどの中団で直線。序盤から良い脚を使って、内のスペースに目をつけ内に切り込もうとするが壁になる。L1でソリタリーの内に進路を取って追い出されるとしっかり伸びてくるが、勝ち負けには届かずの3着に終わった。ん~直線序盤で勢いがついたときに進路を決めきれなかったのがちょっと痛かったかもなあ。最速地点での脚はソリタリーより良かったので、これは意外。L1は伸びきれなかったんだけど、やっぱり一番いいところでブレーキを少し掛けた分だけ、惰性が抑えられて伸びきれなかったような気がします。藤田らしい競馬で、嵌っていればもっと際どかったかなと思います。まあ、今回は内を立ち回れたし、勝負所でロスなく運べた分もあるとは思うけど、マーチSの内容は決してフロックではなかったと思いますね。なかなかに強い競馬でした。


 4着デスペラードは出負けして後方からの競馬はいつものこと。ポツン最後方で1~2角。2角過ぎでペースが緩み、脚を使わずに徐々に前に取り付いて行くことができ、そのまま3角へ。3角で内に進路を決め、4角で外に出すような形で直線。序盤で大外から凄い脚で伸びてくると、L1でもその脚をしっかりと保って強襲してくるが届かずの4着に終わった。ここからは個人的な感想も入ってくるんだけど、俺が天才武豊に求めているのはこの競馬ではなかったんだよね。まあもちろんこの競馬でも圏内に入ってくる可能性はあったとは思う。今回は相手が強かったけど。ただ、今回はこの馬にとって理想的で、3角手前で凝縮して坂の手前でペースも落ちていた。個人的には向こう正面から仕掛けて一気に押し上げていってほしかった。もちろんラップ的には決してスローというわけではないし、負ければ早仕掛けなのは間違いないんだけど、武が勝負師ならここは大捲りを打ってほしかったなあと思うわけです。L1落ち込みでも伸びてきたし、結局最速地点でも外を回っていたので。まあ、これはかなり高いレベルでの要望になるんだけど、この馬に重賞を勝たせようと思ったら少し工夫が欲しかった。ま、個人的感情はこの辺にしておいて、レースとしては前にも言った通り理想的な展開だったと思います。この馬は終いのキレ味を最大限に活かしたいタイプなので、縦長になると苦しくなる。持続力はそれなりにあるけど、基本的にはこうやって前後半が早い流れがベストだと思います。今回は凝縮したのは良かったけど、相手も強かったしちょっと仕掛けがワンテンポ遅れてしまったのも痛かった。早く仕掛けて最後まで脚を使えたかは分からないんだけど、少なくとも3角であの位置では35.6の上がりを使っても圏内には入れなかった相手関係だったということは間違いないです。それでも3~4角入りまでは内目をロスなく立ち回っていたし、脚を溜めるだけ溜めたのは間違いないですね。この条件ならせめて3着には入ってほしかったかな。ただ上位3頭ともなかなか強敵だったと思うし、重賞で目途は立ったといえそう。それでも1800mでスピード問われるとマイナスになる馬なので、次走は狙いは下がるでしょうね。展開的には嵌った差し込みなので。


 5着ミラクルレジェンドはまずまずのスタートからじわっと押して好位には取り付けていく。2角過ぎの緩みにも対応し、ちょうどニホンピロアワーズの後方につける形。ただ、道中の緩みで馬群凝縮し、中団に取り込まれて3角へ。3角で中目から押して追走、4角で外に持ち出して中団外、4馬身差ほどで直線。序盤で外からグンと伸びてくる。L1でやや脚色を鈍らせると、内3頭には及ばずに、外からデスペラードにも差されての5着完敗となった。結果としては5着になったけど、展開面ではかなり恵まれなかったなあという内容。正直、後ろから行った方が今回は良かったかなと思います。理由は序盤にある程度押して脚を使って前目に取り付いても、結局中盤に緩んだ時に良いポジションを確保できていなかったので中団に取り込まれてしまった。そして勝負どころで外々を回さざるを得ない展開になったし、最速地点で外に出して直線に向かう形。それでも11.9の地点では良い脚を使えていたように、持っている素質という点で考えれば十分混合重賞でも戦えるはずです。今回はウィリアムズの積極性が仇となったような感じですね。テンもそこまでスピードがあったわけでもないので、やはりリズムよく運んで、徐々に加速して終いを活かす競馬が良さそうですが。まあ外枠もあったし、騎乗ばかり責めるわけにはいかないとは思う。いずれにせよ、次走は狙っていきたい1頭。


 10着ワンダーアキュートはまずまずのスタートからじわっと押して好位の外につける。だが、1~2角のコーナーワークで一つぐらい下げて中団外に。2角過ぎの緩みにはしっかり対応し、じわっとポジションを上げていく感じ。3角でニホンピロアワーズの外から仕掛けていくのだが、すっと反応できずにジリジリ、逆にグリッターウイングに前に出られそうになり、4角外目で加速ラップに対応できず、1列下げて5番手2馬身差ほどで直線。序盤で各馬に比べても脚色が目立たず、L1でもそのまま下がるだけで10着完敗となった。まあ結論から言うと阪神向きなんですよね。ただL1の落ち込みがそれなりにあった今回はもう少し頑張れてないとなあ。3角で既に反応が怪しかったし、案の定最速地点で置かれる感じ。エンジンが掛かるのに少し時間がかかるタイプの馬なので、京都のように緩んでからの加速というのが向いていないんでしょうね。3角下りもこの馬にはあまりプラスに働いていない様子。阪神で巻き返してくれそう。平均的な競馬が本質的に得意なので、ある程度度外視していいでしょう。勝負どころで外々回していたし、勝ちに行く競馬でのものなので。いずれにせよ、京都では道悪で平均ペースにならない限り重賞戦線では苦しいと思います。素直に阪神で狙った方が上策でしょう。


 15着ヒラボクキングは好スタートから押して押してハナを窺いに行くがなかなかダッシュがつかずにアイファーソングに先に出られる。1角までに行き切れず、下げて内ポケットでの競馬に。2角過ぎの緩みで若干窮屈になるが問題ない程度。道中も内ポケットの番手で競馬。3角のペースアップで必死に押して追走、4角で鞭が入るがここで一気において行かれて中団に飲み込まれる。直線で勝負にならず、追われず後退していった。ん~不完全燃焼の一戦ですが、敗因はわかりやすいし、直線で追ってなかったので15着という字面は気にしないで良いと思います。テンで行き脚がつかなかったのが大きいんだけど、アイファー川須はそこまで行きたいという感じでもなかったので、藤田なら無理にでもハナを切っていたと思いますね。この辺りが藤岡兄のダメな所。あそこは行き切らないと。内で溜めていい馬ではないので。それと、馬の敗因としてはやはり緩急でしょうね。12.9 - 12.3 - 12.0 - 11.9 - 12.6というラップを見てもわかるとおり、緩いところから加速していくところで置いて行かれているように、基本的にすっと動ける脚はないんだと思います。なので、ハナを切って自分のペースで運ぶ必要があったと。ワンテンポ遅れてこの速度についていける馬ではないと思うので。まあここを叩いてという感じの馬ですし、良馬場ではあまり楽に先行できていない感じもありますし、スピード持続馬という点からもやっぱり道悪向きでしょう。こう緩んでしまうと、勝負どころで置かれてしまう。




http://blog.livedoor.jp/catassan/

05/21 13:13 回顧アクセス:2467

コメント2件

サニーのすけ 2012年05月15日19時13分
デスペラードのコース適性解説、とても心強いです!
しかしゴルトブリッツの回避は残念ですね。

カタストロフィ 2012年05月16日00時51分
>サニーのすけさん

コメントどうもです~

ゴルト回避らしいですね…残念です。ここでも勝ち負けできるようなら本物だなあと思っていたんですが、馬券的には消して妙味かなとも思っていたので、色々な意味で残念でした。

デスペラードはやはり仕掛け所でしょうね~。重賞級のレースでも脚は使えているので、緩みやすい京都1900で狙いたいですね。仁川Sでも大分緩んだとは思うのですが、やっぱり淀の3角の坂がこの馬には良いのかなと思います。期待しています。


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
あみー
11/10 17:14

ラッキーライラックとスミヨン騎手に助けてもらいました<(_ _ )> ここまでスローとは思いもよらず。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

はやと>>

>>はやと


11/14 06:11

@エリザベス女王杯 ありがとうございます。



14
エリザベス女王杯
◎ラヴズオンリーユー
○ラッキーライラック
三連複2-6-11番
4,060円 的中

はやと
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社