12/7 12/8
11/30 12/1
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【阪神JF2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想毎日王冠2012予想一覧軍神マルスの予想

東京11R 毎日王冠 2012年10月7日(日)
芝1800 3歳上GII 晴良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
16151413121110987654321馬番












































































































馬名



牡4 牡4 牡7 牡5 牡6 牡4 牡4 牡5牡6牡3 牡5 牡5牡3 牡6 牡5 牡7性齢
56 57 56 57 58 56 57 585654 56 5656 56 57 57斤量


























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

予想屋マス

月下の素顔

雨龍泥舟

pipop

BC爺

イズリント「開幕から雨が降るとややこしい」自信度C 9
せっかくの開幕週なのに、見事に降りましたね。
移動性の雨だったので府中にどれほどの雨が降ったのかわからんのですね。ただ、午前中は小雨発表でしたので、少なからず水は含んでますよ。
私はあんまり時計とかわかりません(超高速ぐらいわかるかも)。
なので、こういう馬場っていうのは困ったものです。


◎エイシンフラッシュは父キングズベスト×母父プラティニという血統。実に重い血統であることは以前から書いてきたような気がするが、それでいてダービーでは32.9という脚を使うことができる馬だ。といってもそのダービーは2年前。以降勝ててないが、レベルは相変わらず高い。重厚さと末脚を兼ね備えた異端児の…
サニーのす「強振します」自信度C 4
今年の毎日王冠は好メンバーが揃いそうだと言われ続けてきましたがまさに好メンバーですね。G1馬もいますしダービー馬もいますしね。
でもみんな休み明けなんですよね。3歳馬も出ていて力の比較が難しく状態面の見極めも必要になってくるところです。
それからここ最近の東京開催は内伸びばかりで一介の追い込み馬が苦しい競馬をしていましたが土曜日のレースを見た印象ではここ最近ほどではなかった印象。ずっと内枠の馬ばかり買っていたのですけど全然ダメで・・・日曜日の新馬戦では横一線の決着だったので意外とフラットなのかなと。


◎ネオサクセス
そこで現在シンガリ人気のネオサクセスに期待。
この馬はい…
BC爺「惨敗は好走フラグ」自信度C 0
中距離組、欧州血統が強いスタミナ寄りのレースです。
マイルしか経験のない、欧州要素も乏しいカレンはどうなのか。
無敗とはいえ負かしてきた相手もかなり弱いですし。

ここも勝たれたら恐れ入るしかないですけど、
今回はどう考えても買う気にはならないです。

◎シルポートは高齢でも巻き返しがあるホワイトマズル産駒。
前走は外枠から猛烈なペースで逃げて惨敗も仕方ないですし、
むしろ惨敗後の方が期待できるタイプの馬でもあります。
内から楽に行ければ一変があるのでは。

○フェデラリストは次走危険馬にしていたと思いますが、
今思うと前走は春に頑張った疲れも大きかったか。
舞台は向くので、…
カノープス「休み明けの馬ばかりですが」自信度C 0
休み明けの馬ばかり!!

狙いは次回と思いつつ、このメンバーでは勝ってしまいそう・・

 エイシンフラッシュ切り!
G1連戦も1800はちょい足らずか

カレンブラックヒルは、おじさんたちに混じると弱そうに感じるが
4連勝負け無しなら、期待するしかない

シルポートは勝つか負けるか
人気がないなら押さえるべき

福永のストロングリターン
ビンナのトーセンレーヴも押さえる
タッチミーノットは2着になら届くかも

1.4.8.12.16のBOX…
カタストロ自信度C 7
【予想】
展開としてはシルポートの単騎逃げを予想。カレンやリアルと言った番手馬がどこまで突くかによるけど、基本東京1800mはハイペースにはなりにくい舞台なので、仕掛け所がL3になるかL2になるかはともかく、恐らくスロー、ある程度シルポートが離す競馬で進むだろう。超高速馬場なので、ある程度飛ばしたつもりでも、馬場の割にはペースが上がらないという形になり、瞬発力とトップスピードが問われる競馬になると想定した方が良いだろう。


◎エイシンフラッシュはここでは瞬発力で一枚上。持ち味はトップスピードと抜群の反応。またある程度ペースが上がっても対応できるという基礎スピードも高い。反面でト…
dayan「メンバーはGIでも豪華といえますね」自信度C 3
 天皇賞秋の前哨戦。今年の春東京のマイルGIを勝利した2頭が出走。

 カレンブラックヒルは古馬との対戦こそまだですが、4戦全勝、タイム差もつけており、まったく底が見えません。

 ストロングリターンは安田記念を2年連続連対。58kgを背負いますが走れるだけの地力があります。

 他にもダービー馬、マイルCS馬と、すごい面子が揃っていますが、あくまでも天皇賞に向けての前哨戦ですので、付け入る隙が無いわけでも?

 その隙に入り込めるとすれば、既に調子がピークの馬となるかと思います。

 最内に入ったシルポートが逃げ、カレンブラックヒルも追う。外枠からも積極的に行きそうな馬もい…
××たけぼぉ自信度C 0
◎⑬エイシンフラッシュ
・ここでは格上の存在で、中段につけられれば末脚を活かせるだろう
○②フェデラリスト
・シルポートが行けば楽に良い位置が取れそうだが、速い上がりが必要になると不安も
▲⑪ダノンシャーク
・出遅れなければ能力はある馬だが、差し届くまで切れる脚が使えるか微妙
△⑫ストロングリターン
・追い込み一辺倒な馬だが、シルポートが飛ばせば展開が向きそうではある

④カレンブラックヒル
・開幕週を活かせる展開になれば良いが、初の古馬との対戦ではやはり半信半疑
⑥ネオサクセス
・上がりの掛かる馬場にならないと届かないが、前崩れなら差し込めないか
⑯トーセンレーヴ
・前走は力の要る馬…

タイム 1:45.0 4F 47.2 3F 35.4
単勝4番350円(1人気)
複勝4番190円(2人気)7番1170円(12人気)8番620円(8人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「毎日王冠 マイラー寄りの適性とスタミナ型血統。」
フェデラリスト16着/4人気
○エイシンフラッシュ▲カレンブラックヒル△ダノンシャーク
    
2617
2拍手

★傾向分析★
2007年 タイム 1'44"2 (良) 1FAve=11.58 3FAve=34.73
テン34.4-中盤35.0-上がり34.8 『一貫』
1着チョウサン・・・ダンスインザダーク×サッカーボーイ=サンデーサイレンス×ファイントップ 〔5-h〕 9-8
2着アグネスアーク・・・アグネスタキオン×ベリファ=サンデーサイレンス×リファール 〔4-r〕 5-5
3着ダイワメジャー・・・サンデーサイレンス×ノーザンテースト=サンデーサイレンス×ノーザンテースト 〔4-d〕 3-2

2008年 タイム 1'44"6 (良) 1FAve=11.62 3FAve=34.87
テン35.8-中盤35.0-上がり33.8 『加速』
1着スーパーホーネット・・・ロドリゴデトリアーノ×エルセニョール=ノーザンダンサー×レイズアネイティヴ 〔8-f〕 5-5
2着ウオッカ・・・タニノギムレット×ルション=ロベルト×ネヴァーベンド 〔3-l〕 1-1
3着アドマイヤフジ・・・アドマイヤベガ×Be My Guest=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔1-l〕 3-3

2009年 タイム 1'45"3 (良) 1FAve=11.70 3FAve=35.10
テン35.8-中盤35.9-上がり33.6 『加速・中弛み』
1着カンパニー・・・ミラクルアドマイヤ×ノーザンテースト=グレイソヴリン×ノーザンテースト 〔9-a〕 5-5
2着ウオッカ・・・タニノギムレット×ルション=ロベルト×ネヴァーベンド 〔3-l〕 1-1
3着ハイアーゲーム・・・サンデーサイレンス×Law Society=サンデーサイレンス×リボー 〔12-e〕 8-8

2010年 タイム 1'46"4 (稍重) 1FAve=11.82 3FAve=35.47
テン35.5-中盤35.4-上がり35.5 『一貫』
1着アリゼオ・・・シンボリクリスエス×フジキセキ=ロベルト×サンデーサイレンス 〔19〕 6-6
2着エイシンアポロン・・・Giant's Causeway×Sadler's Wells=ストームバード×サドラーズウェルズ 〔1-l〕 4-3
3着ネヴァブション・・・マーベラスサンデー×Mill Reef=サンデーサイレンス×ネヴァーベンド 〔14-f〕 8-8

2011年 タイム 1’46”7 (良) 1FAve=11.86 3FAve=35.57
テン36.1-中盤37.0-上がり33.6 『加速・中弛み』
1着ダークシャドウ・・・ダンスインザダーク×Private Account=サンデーサイレンス×ダマスカス 〔A4〕 9-9
2着リアルインパクト・・・ディープインパクト×Meadowlake=サンデーサイレンス×セントサイモン 〔5-h〕 3-3
3着ミッキードリーム・・・キングカメハメハ×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔4-m〕 7-7

 基本は『加速』の流れで、徐々にスピードがあがり、残り4Fからの持続勝負。09年・11年は中盤が弛む『中弛み』の流れで、3Fの上がり勝負になり、その流れを得意とするサンデーサイレンス向きの流れに。対して07年・10年の『一貫』の年は、ロングスパートの傾向と考える。
 展開は開幕週ということもあり、逃げ・先行馬が有利。ただ東京芝1800mということなので、逃げ残りが難しいようで、好走の可能性が高いのは先行馬。
だが過去の連対馬は差し・追込もいて、馬番は内枠が多いので内枠の差し馬はまだ狙えると思います。

 血統の傾向は、スタミナ型サンデーサイレンス系の好走が多く、ダンスインザダーク、ディープインパクト、アドマイヤベガ、マーベラスサンデーなどの好走から、スタミナ型に向くと考えます。
またトニービン系も好走が多く、アドマイヤベガやタニノギムレットなどトニービン系の特徴を内包するタイプも好走が多く、欧州型スタミナ血統向きの傾向。欧州型スタミナタイプは持続型に強い特性があり、向いていると考えます。
 欧州型スタミナ血統という点では、大系統ノーザンダンサー系(=サドラーズウェルズ系、ノーザンテースト系、ニジンスキー系など)も相性良し。

 牝系の傾向は、No.〔4〕の牝系が好走馬が多いです。No.〔4〕の牝系は、古馬にて本格化するタイプが多く、前走で好走している馬ならなお良し。
No.〔1〕や〔5〕や〔8〕も複数好走馬がいます。
分枝記号は、d・f・h・lが複数好走馬がいます。

 また過去に連対した馬は、着順を下げる傾向があります(=エイシンプレストン:01年1着→03年3着、バランスオブゲーム:03年1着→05年4着、テレグノシス:04年1着→05年2着→06年6着、ローエングリン:04年2着→06年3着、ウオッカ:08年2着→09年2着、エイシンアポロン:10年2着→11着4着など)。そのため老馬の法則は活きると思います。
 逆に以前に毎日王冠で負けた馬が、本格化で巻き返すことはありますが、着順は下げています(ダイワメジャー:05年5着→06年1着→07年3着)。

 それから近年はマイルGⅠ好走馬の好走が多く、安田記念やマイルCSや朝日杯FSや桜花賞などいろいろなマイルGⅠ好走歴のある馬が好走しやすい傾向。このレースはややマイラー寄りの適性が必要と思われる。

 ステップの傾向としては、前走安田記念からの休み明けでの好走が多い。特に上位好走馬でマイルGⅠ好走歴があるような馬なら要注意。
前走宝塚記念からのステップ馬なら、5着前後からの好走が多いようです。

★予想★
◎フェデラリスト・・・Empire Maker×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔7〕
 前走宝塚記念10着(=阪神芝2200m:3.3秒差)。東京芝コースは(1-0-0-0)、芝1800m戦は(2-0-0-1)。前走は初めてのG1挑戦で惨敗だったが、先行して好走していた馬が後方に位置しての内容。それ以前は重賞連続好走など本格化と思える内容でした。休み明けは(1-0-0-1)で、前走の惨敗で人気が落ち、なおかつ内枠の先行馬ということで、今回は狙い目と考える。また母ダンスパートナーはダンスインザダークの全姉で、このレースがダンスインザダーク産駒と相性が良いことも本馬にとってプラス要因と考えて、好走に期待する。
 Empire Maker産駒はミスプロ系で、先行力があり、なおかつ溜めても良い脚を使えるタイプ。ミスプロ系の中では底力を持っていて、中距離レースに向く。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性がある。瞬発力を武器に上がり特化のレースで強く、勢いのあるときには重賞挑戦はプラス要因。前走重賞好走から、この特性に期待できると考え期待する。
 No.〔7〕の牝系は、京都コースや阪神コース、東京コースなどでの好走が多くやや広いコースに向く牝系。間隔を詰めて使ったり距離変更のショックが効きやすい特性も有している。分枝記号なしは、産駒ごとに得手不得手ははっきりしているものの、平均的に能力を発揮しやや晩成傾向。

○エイシンフラッシュ・・・King's Best×Platini=ミスプロ×ハンプトン 〔8-a〕
 前走宝塚記念6着(=阪神芝2200m:1.6秒差)。東京芝コースは(1-0-0-3)、芝1800m戦は(0-0-1-1)。今回は2歳時以降久しぶりの芝1800m戦となるが、逆に久しぶりにて鮮度の高さを活かせると考えて好走に期待する。これまでGⅠで戦ってきた相手などを考えて、能力は最上位と考えるが、東京芝コース成績と久しぶりの距離ということで割り引いた分、対抗評価に。
 King's Best産駒はキングマンボ系で、全体的なスピードを武器に距離は問わず淀みないペース向きの自力勝負血統。キングマンボ系なので2歳戦から走れる仕上がりの早さを持ち合わせるが、3歳春クラシックシーズンまでは詰めの甘い点がある。ダービーの時期は実が入る時期でもあり、それ以降に本格化を始め成長力は十分。キングマンボ系は、レコード決着のようなスピード競馬にも対応可能な上、道悪馬場も得意な進化系。距離の融通性も持ち合わせている。母父Platiniはハンプトン系で、重厚なドイツ血統でのスタミナ型のタイプ。ハンプトン系はスタミナの鬼。肉体的にも精神的にもタフで、2400mに強いが、マイラーも排出。使われながら成長し、一度強くなるとその能力を維持して安定する。
 No.〔8〕の牝系は、早い時期から走るが人気を背負うと少し信頼性に欠ける点がある。小回りコースよりは広いコース向き。3歳春シーズンよりも秋シーズンに期待が出来る成長力を秘めた牝系で古馬にて本格化する。また叩き良化型が多い。分枝記号aは、気性的には素直な産駒が多いが父親よりはスケールが小さくなる傾向。

▲カレンブラックヒル・・・ダイワメジャー×Grindstone=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔25〕
 前走NHKマイルC1着(=東京芝1600m)。東京芝コースは(1-0-0-0)、芝1800m戦は初。芝1600m戦(4-0-0-0)で、12年NHKマイルC1着好走のマイラーで、傾向的には本命にしてもよい馬。しかしNHKマイルCから約5か月ぶりとなる休み明けのローテーションが、近年好走例がないため、その分を割り引いて評価しました。
 ダイワメジャー産駒はサンデーサイレンス系で、力強いスピードを持ち、芝1600~2000mを得意とするマイラーや中距離型。フジキセキに近いイメージで、自身がダートを圧勝した実績もあるのでダートの得意な馬力型のタイプと、芝で鋭く斬れる脚を使うタイプと存在するはず。ダイワメジャー自身が中山芝コースで好走が多かったように、また古馬で本格化するまでは直線の長い東京芝コースや京都芝コースなどで最後につかまるレースが多かったことからも、キレよりもスピードの持続性能を活かしたレースに向くと考えますが、現時点での完成度は高い。おそらく古馬になり本格化すると鋭く斬れる脚も使えるようになると思います(=父母父ノーザンテーストの成長能力で引き出される感じと思います)。事実、直線の短い中山・阪神芝コースでは1着も多いが、東京・京都芝コースになると勝ちきれずに2・3着になることが多い。今回は東京芝コースはマイナス要因になると考えて、評価を下げました。母父Grindstoneはミスプロ系で、芝・ダート兼用の中長距離血統。2歳夏からいきなり走るタイプではないが、マイル・中距離戦の始まる時期には走り始め、3歳~4歳時が成長曲線の山となる。脚を溜めて直線勝負に賭けると弾けるアンブライドルド系ではある。
 No.〔25〕の牝系は、活躍馬が近年では本馬だけで、やや衰退気味の牝系。特性は不明。分枝記号なしにて、やや晩成気味ながらも、平均的に能力を発揮するタイプと考える。

△ダノンシャーク・・・ディープインパクト×Caerleon=サンデーサイレンス×ニジンスキー 〔1-u〕
 前走エプソムC2着(=東京芝1800m:0.0秒差)。東京芝コースは(0-1-0-2)、芝1800m戦は(3-2-0-0)。芝1600m戦は(1-4-1-2)とマイラーの要素はあるが、とにかく詰めが甘く、突き抜けないが相手なりに走れる点に期待して連下候補と評価する。
 ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、広いコースで加速をつけながら全開になる末脚が武器で、スローで脚を溜めてキレキレの瞬発力を繰り出す。一瞬でトップスピードに乗れるタイプと点火に時間がかかるタイプがいて、前者は馬体重が軽い馬、後者は馬体重の重い馬が多い。道中が速いペースだと脚をなし崩しに使わされて末脚が鈍るので、距離短縮の速い流れの時には過信禁物。逆に距離延長で緩い流れとなるときには狙い目。スローでしか好走歴のない馬の距離短縮時は、疑って掛かる方が良い。母父Caerleonは、種牡馬の持ち味を活かしつつ持続するスピードや豊富な成長力を伝える能力に優れている。特に東京と京都外回り、阪神といった直線の長いコースの重賞には強い。2歳戦でも戦える仕上がりの早さと高齢でも侮れないしぶとい成長力も有す。
 No.〔1〕の牝系は、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。3歳秋以降は緩やかに成長する。分枝記号uは、時計の掛かる馬場でのみ力を発揮することが多く、また早熟傾向。
10/07 12:19

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【チャンピオンズC2019最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

マイルCSはダノンプレミアムから
3連複3200円的中!

スプリンターズSはタワーオブロンドンから
馬連1260円的中!

ローズSはダノンファンタジーから
馬単2300円的中!

太秦Sはヴェンジェンスから
3連複4780円的中!


▼チャンピオンズC2019最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/




軍神マルス

予想歴14年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3484
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

新着回顧毎日王冠2012回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴14年 回収率137%
毎日王冠 天皇賞秋に向けて②。
次走狙い馬:カレンブラックヒル 次走狙い馬:ジャスタウェイ
     
 
0拍手

2012年 タイム 1’45”0 (良) 1FAve=11.67 3FAve=35.00

ラップ
①12.7-②10.8-③11.0-④11.5-⑤11.8-⑥11.8-⑦11.5-⑧11.7-⑨12.2
1FAveとの誤差
①+1.0 ②-0.9 ③-0.7 ④-0.2 ⑤+0.1 ⑥+0.1 ⑦-0.2 ⑧±0 ⑨+0.5
テン34.5-中盤35.1-上がり35.4 『前傾』

『前傾』・・・逃げ× 先行△ 差し○ 追込◎

1着カレンブラックヒル・・・ダイワメジャー×Grindstone=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔25〕 3-3
2着ジャスタウェイ・・・ハーツクライ×Wild Again=サンデーサイレンス×ニアークティック 〔2-n〕 8-9
3着タッチミーノット・・・ダンスインザダーク×Mr. Prospector=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔2-n〕 8-9

流れは、テン-上がりのラップ差から『前傾』の流れ。今年は例年と異なり『前傾』の厳しい流れにて、持続したラップが続くことで、よりマイラーに向いた流れと考える。展開的には、追込が最も恵まれ、次いで差し、逃げ・先行には厳しい流れと考える。

1着カレンブラックヒルは、前走NHKマイルC1着(=東京芝1600m)からの約5ヶ月ぶりの休み明けでの好走。東京芝コースは(1-0-0-0)、芝1800m戦は初でした。芝1600m戦(4-0-0-0)で、12年NHKマイルC1着好走のマイラーで、近年のこのレースの傾向的には合致していた馬でした。近年の傾向としては、3歳馬の好走が多く、特にその好走した3歳馬はマイルGⅠ好走歴のあるタイプが好走が多く(=過去5年のうち、3歳馬で好走したのは3頭いたが、10年2着エイシンアポロン:09年朝日杯FS2着馬、11年2着リアルインパクト:10年朝日杯FS2着・11年安田記念1着、と2頭に好走歴有り)、本馬も12年NHKマイルC好走馬でした。また毎日王冠を古馬で好走している馬も、マイルGⅠ好走馬が多く、このレースがマイル寄りの適性が問われやすいレースということと考える。近年は毎日王冠好走馬が次走天皇賞秋でも好走が多い傾向からも、本馬の好走にも期待したいと思います。斤量に恵まれた面はあったが、休み明けで古馬を撃破したことと、不利な展開での好走という点はしっかり評価したいと思います。
 ダイワメジャー産駒はサンデーサイレンス系で、力強いスピードを持ち、芝1600~2000mを得意とするマイラーや中距離型。フジキセキに近いイメージで、自身がダートを圧勝した実績もあるのでダートの得意な馬力型のタイプと、芝で鋭く斬れる脚を使うタイプと存在するはず。ダイワメジャー自身が中山芝コースで好走が多かったように、また古馬で本格化するまでは直線の長い東京芝コースや京都芝コースなどで最後につかまるレースが多かったことからも、キレよりもスピードの持続性能を活かしたレースに向くと考えますが、現時点での完成度は高い。おそらく古馬になり本格化すると鋭く斬れる脚も使えるようになると思います(=父母父ノーザンテーストの成長能力で引き出される感じと思います)。事実、直線の短い中山・阪神芝コースでは1着も多いが、東京・京都芝コースになると勝ちきれずに2・3着になることが多い。しかし本馬は東京芝コースで2戦(2-0-0-0)になったわけで、割引の必要はないのかもしれないと反省します。また天皇賞秋に向けてと考えると、サンデーサイレンス系の好走が多く、その上ノーザンテースト系も相性が良いのが天皇賞秋。ダイワメジャー自身も好走しているし、本格化したダイワメジャー産駒なら抜群の相性ではないかと考えます。この点にも期待したいと思います。母父Grindstoneはミスプロ系で、芝・ダート兼用の中長距離血統。2歳夏からいきなり走るタイプではないが、マイル・中距離戦の始まる時期には走り始め、3歳~4歳時が成長曲線の山となる。脚を溜めて直線勝負に賭けると弾けるアンブライドルド系ではある。
 No.〔25〕の牝系は、活躍馬が近年では本馬だけで、やや衰退気味の牝系。特性は不明。分枝記号なしにて、やや晩成気味ながらも、平均的に能力を発揮するタイプと考える。

2着ジャスタウェイは、前走ダービー11着(=東京芝2400m:1.0秒差)からの約4か月半の休み明けでの好走。東京芝コースは(0-0-0-3)、芝1800m戦は(0-0-0-2)でした。これまでのコース実績や芝1800m実績から12番人気の低評価も納得なのだが、結果2着好走。芝1600m戦は(2-1-0-1)で、11年新潟2歳S2着・12年アーリントンC1着好走と重賞好走実績のあった3歳馬でした。今年も上位2頭が3歳馬の好走から、やはり顕著に3歳馬が好走しやすい重賞なのだろうと認識を改めるが、その上で3歳馬は最低でも重賞好走実績がないとダメと考えたい(=10年1着アリゼオはマイルGⅠ好走実績がなかったが、10年共同通信杯3着・11年スプリングS1着と芝1800m重賞実績があり、本馬もマイルGⅠ好走実績はなかったが芝1600m重賞好走実績はあったので、芝1600m~芝1800m重賞実績が3歳馬の好走最低条件になるかもと思いました)。斤量で有利な点はあったが、上がり最速33秒0にて好走したことは評価したく、またこの時期成長して本格化しつつあると考えて、今後の活躍にも期待したい。
 ハーツクライ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、ハーツクライ自身はサンデーサイレンス×トニービン配合なので、母父トニービンの不器用さをやや受け継ぐタイプが多く、一瞬でエンジンのかかる器用なタイプよりは、助走をつけて末脚が全開になり長く良い脚を繰り出すタイプが本質。ペースが締まるGⅠほど、大駆けが期待できる。また距離が延びて成績が良くなる馬も多く、本質は中距離~クラシックが能力を活かしやすい。またハーツクライ産駒は3歳秋シーズンに身が入る成長力を有していて、11年菊花賞2着ウインバリアシオン、11年秋華賞2着キョウワジャンヌなど、成長力には期待したい。天皇賞秋に向けても、ハーツクライはサンデーサイレンス系で、しかも相性の良いトニービン系も内包している点では、1着馬カレンブラックヒルの父ダイワメジャー同様に適性は合う血統と考える。母父Wild Againはニアークティック系で、ワイルドアゲイン×リボー系という男臭い血統。ペースの緩まないダートがベストで、強気で前にて勝負すると強い反面、たるいペースでは詰めの甘さを出す欠点もある。しかしダートの走りは堅実で、道悪や時計のかかる馬場ならなお良い。ジワジワと成長し、ひとたび本格化するとその部門のヌシ的な存在となり、高齢でも力の衰えは少ない。パワフルな先行力があり、一方で差しに構えると良い脚を使う。
 No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。古馬での成長力も豊富。直線の長いコースでの末脚勝負に強い。分枝記号nは、仕上がり早で素軽いスピードと立ち回りの上手さが持ち味。底力には欠けるが器用さでカバーする。

3着タッチミーノットは、前走新潟記念2着(=新潟芝2000m:0.0秒差)からの好走。東京芝コースは(2-2-1-2)、芝1800m戦は(0-1-1-1)でした。芝1600m戦の経験はなく、芝2000m戦(3-2-2-6)の中距離型の馬でした。休み明けの馬が多い中、前走で好走していたことを評価すべき馬でした。このレースはサマー2000シリーズで夏を使っていた馬の好走が少ない傾向でしたが、左回りで広いコースという点で新潟芝2000mの新潟記念を好走してきた馬は、適性の似る東京芝コースで距離短縮となるこのステップには注意したいと反省します。
 ダンスインザダーク産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、大物を輩出するしスタミナ抜群なのだが器用さに欠け、ギアが入れば迫力満点の長い末脚を使う一方で、トップギアまでに時間がかかり瞬時に反応できないという弱点を併せ持つ。また条件戦では手間取るも能力が引き出される格上挑戦は好走のプラス要因で、産駒が好走していた重賞で産駒が好走することが多いのも特徴。母父Mr. Prospectorはミスプロ系で、完成度の早さと直線的なスピードに優れている。母父としては、マイラー種牡馬との配合ではよりキレのあるスピード、ステイヤー種牡馬との配合では速い時計にも対応できるスピードを伝えている。父系ではここぞの勝負根性は少なかったが、母系に入ると気にせずとも良い傾向。
 No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。古馬での成長力も豊富。直線の長いコースでの末脚勝負に強い。分枝記号nは、仕上がり早で素軽いスピードと立ち回りの上手さが持ち味。底力には欠けるが器用さでカバーする。

毎日王冠のポイントは、
①開幕週の馬場にて、前に位置する馬の好走が多い。しかし直線の長い東京芝コースなので、逃げ馬は厳しい傾向。中心は内枠の先行馬。
②スタミナ型サンデーサイレンス系の好走が多い。
③欧州スタミナ型血統もポイント。トニービン系や大系統ノーザンダンサー系にも注目。
④芝1600mや芝1800m重賞好走歴のある3歳馬は特注。特にマイルGⅠ好走馬なら信頼性が高い。
⑤古馬もマイルGⅠ好走歴のある馬に注目。
⑥安田記念からのステップ馬は好走が多い。
宝塚記念からのステップ馬は5着前後の馬の好走が多い。
新潟記念好走馬にも注目。
⑨老馬の法則が活きる。前年好走馬は着順を下げることが多い。

10/12 00:44 回顧アクセス:2497


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
雨龍泥舟
12/02 14:43

まぁ、ダートの方が層が薄いというのはありますね。後、前目に行く馬が有利とか。逃げ馬が内枠に入ったら印を一つ上げたほうがいいかも。...

OB・PAR
12/01 18:20

結果的に能力順だったんだろう! 傾向からも芝よりもダートの方がわずかに手堅いのかも?

南川麒伊知郎
12/01 18:11

ダート戦の福永祐一は消し

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

index>>

>>index


12/05 19:01

@チャンピオンズC ありがとうございまーす

雨龍泥舟>>

>>雨龍泥舟


12/04 21:44

クライスト教授>>

>>index


12/04 04:48

@チャンピオンズC 3連単的中お見事です!



15
チャンピオンズC
◎クリソベリル
○ゴールドドリーム
三連単5-11-4番
8,980円 的中

雨龍泥舟
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社