9/21 9/22 9/29
9/14 9/15 9/16
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【ローズS2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想マイルCS2012予想一覧予想屋マスターの予想

京都11R マイルCS 2012年11月18日(日)
芝外1600 3歳上GI 晴稍重 平均レースレベル3.3

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番












































































































馬名



牡5牝4 牝4 牝3 牡6 牡6 牡7 牡3 牡4 牡5 牡5牡4 牡3 牡5 牡4 牡8 牡6牡4性齢
5755 55 54 57 57 57 56 57 57 5757 56 57 57 57 5757斤量

































騎手
単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順着順

軍神マルス

BC爺

まじん

真骨頂

サニーのす

編集長おく「安田記念の再戦のメンバーでストロングリターンGⅠ連覇?」自信度C 3
エイシンアポロン
カンカン泣きのところがあるのではないか。急に57キロに増えたときに大敗し、ここのところも58キロの競馬続きで大敗続きだったが、57キロに戻れば。そして昨年同様に渋り気味のちょうど良い馬。ミスターやや重の血が騒ぐ。

サンカルロ
回転で走る馬だから、内の悪いところを回っても大丈夫のはず。ここのところずぶくなってスピードについていけなくなったところへきて、1600で重い馬場というのはちょうどよいと思う。不良馬場で勝ったこともありこういった馬場は得意。

---------------------------------------
ほとんど今年の安田記念の再戦というメンバー。
当時からいなくなったのは外国馬と…
××三面大黒天「昨年の再現」自信度C 2
混戦模様に拍車をかける雨。
土曜はまるで芝もダートも田んぼでしたね。
先週のレインボーダリアのようなことがあるかもしれないので、血統と重実績で選んでみる。

不良、重、稍重全部ひっくるめた成績をみてみました。

①サダムパテック(0001) 
唯一走ったのはダービー。重馬場が×なのではなく距離の壁。

②サンカルロ(1000)
さすがシンボリクリスエスはパワーも有る。内は荒れてはいると思うがパワー型である同馬がイン突きしてくる可能性が高い。

③テイエムアンコール(1201)
血統だけみると超絶的に重馬場が得意そう。休み明けでなければなあ。

④ダノンシャーク(0111)
ディープは重馬場苦手では…
711「オッズ4倍以上の1番人気。危険と呼ぶか。冒険と呼ぶか。」自信度C 4
 ;-ω-) 昨日の雨の影響で、今日12:14時点の馬場状態は芝・ダートともに重馬場となっている。おそらくレースはこの状態で行われると思うが、混戦といわれるメンバーに加え、この馬場条件を考慮、と輪をかけて難解なことに。

 7-ω-) 軸馬は、前走京都G2スワンS芝1400で、NHKマイルC以来、1年半振りに勝利したグランプリボス。

 7-ω-) グランプリボスの過去を振り返ると・・・叩き3戦目は以下のとおり2.2.0.0と、100%の連対となっている。
  デイ2歳(7着)→京王2歳(1着)→朝日杯(1着)
  スプリングS(4着)→NZT(3着)→NHKマイル(1着)
  スワンS(8着)→マイルCS(13着)→阪神C(2着)
  マイラーズC(12…
イズリント「馬場はどこまで回復するの?」自信度C 5
馬場がどこまで回復するかでしょうが、良馬場には程遠いですかね。

なんて前日に下書きしてたら今重馬場ですか…
稍重…ぐらいでとまるよね?造園課の底力は見たくないよ?

ということで、先週みたいに重馬場巧者がうまく競馬をすることに期待したいですね。
重馬場の鬼といえばエイシンアポロン。父も母父も重馬場を得意とする血統というだけあって、去年は不良馬場の富士Sと稍重馬場のマイルCSを連勝と強さをみせた。ところがそれ以降パッとしないもんだから今回ばかりは本命には推し辛いなぁ…。となれば別の重馬場巧者血統といえば…オペラハウス。

傾向からすると、ここ2年ほど米国型ND系であるストームキャ…
BC爺「闘魂注入」自信度C 5
やっと1番人気が飛びそうなG1が回ってきました。
それだけで荒れるというわけではありませんけど、
他の上位人気も怪しく、久々に面白いG1です。

◎リアルインパクトは母系がダート寄りでこのレース向き。
昨年は毎日王冠が超スローでギャップに戸惑いましたが、
今年はハイペースを先行して良い負け方をしてきました。

やや闘志が足りない馬で、しばらく勝てていませんが、
ここ2走の厳しい競馬とムーア騎手騎乗が刺激になれば。
こんな人気に甘んじるほど衰えは無いと思いますし。

○サダムパテックは混戦内枠得意のフジキセキ産駒。
天皇賞で豪華な一叩きをしてローテも良いです。
マイルで結果が出ていな…
カタストロ自信度C 6
【予想】

雨が降って道悪になったこともあり、シルポートが自分のペースでレースを作れる条件が整った。シルポートが出遅れたりしない限りこの馬がハナ。川田に替わってどこまでペースを刻めるかということはあるが、少なくとも緩むことはないだろう。平均ペース~ハイペースでタフな馬場でも維持できる平均的なスピード持続力と馬場をこなせるパワーが必要ではないか。


◎ダノンシャークはタフな展開なら確実に差しこんでくるポテンシャルタイプの実力馬。京都金杯では平均ペースから11.9 - 12.0 - 11.5 - 11.8のラップ推移で大外からグンと伸びての2着。タフな馬場でハイペースだったマイラーズCでも11.3 - 11.2 -…
真骨頂「日本維新の会でございま~す。」自信度S 16
想定:ハイペース。パワーがあるのが実はこの馬。
京都競馬場は前日は雨が降り、日曜日のレースを確認すると、ダートだが不良となっており、
芝の方もある程度、雨が残りそうな感じ。
ある程度のパワーが必要な馬場を想定。
スピードの持続とパワー型の馬で勝負したい。
牝馬で勝てるのか!?ドナウブルーを本命で勝負する。
レコード勝ちがあったりする馬だが、かなりのパワーを持っている。
それが分かるのが、2011/11/19の1000万下のレース。
ラップが
13.0-11.6-12.4-12.8-13.1-12.1-11.5-11.3-11.7=1:49.5(34.5)
翌日のマイルCSが
12.4-10.8-11.2-12.3-11.9-11.8-11.6-11.9=1:33.9(34.9)
馬場状態も少し異…
やまっくす「混戦なら適正で逆転できる」自信度C 5
今のマイル路線は中心となる馬もいないので、非常に混戦で難解なレースばっかり。
マイルCSは、昔は1番人気が結果を出せるし、あんまり荒れないレースだったが、近年は人気薄が絡むように、その傾向が崩れている。

ただ、過去10年の馬券対象馬から見たレース傾向からは、一つ言えることは、6歳以上で馬券になったのは勝ち馬であるトウカイポイント、ダイワメジャー、カンパニーの3頭のみで、馬券の中心は基本的には4,5歳馬となりそう。

また、牝馬で買える要素と言えば、牡馬との対戦成績もあるが、とりあえずはマイルGⅠで3着以内の実績があるかないかなので、今年の牝馬は一応は全て買えるということになる。

ま…

タイム 1:32.9 4F 46.0 3F 34.7
単勝1番1050円(4人気)
複勝1番370円(6人気)7番180円(1人気)17番330円(4人気)

予想屋マスター<12期 東十両八枚目>
「グランプリボスが3つ目のG1制覇なるか?」
◎未定  自信度C
○ストロングリターン    
    
3414
7拍手

今週のメインレースは、第29回マイルチャンピオンシップである。
第29回マイルチャンピオンシップは、混戦のマイル戦線を象徴するように中心馬不在の混戦模様である。
そこで競馬理論の競馬予想では、第29回マイルチャンピオンシップに出走する有力各馬の能力を分析する。

スワンステークス組からは、1着のグランプリボス(内田博幸)、3着のアドマイヤセプター、4着のダノンシャーク、8着のサンカルロ(吉田豊)、9着のレオアクティブ(横山典弘)及び14着のエイシンアポロン(池添謙一)が第29回マイルチャンピオンシップに出走する。

グランプリボスのスワンステークスの勝利という結果は、インが少し有利な馬場状態である上にテイエムオオタカが2着に逃げ粘るスローな展開を差し切ってのものであり、レース内容としては着差以上に強い内容であった。

よって第29回マイルチャンピオンシップの競馬予想においても、グランプリボスにはスワンステークス組で最も高い評価を与えて当然である。

アドマイヤセプターのスワンステークスの3着という結果は、スローペースを2番手追走から流れ込んだだけであり、レース内容としては着順ほどの高い評価は不要である。

よって第29回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、アドマイヤセプターを軽視すべきと判断している。

ダノンシャークのスワンステークスの4着という結果は、前残りの展開でも直線ではジリジリと伸びており、悲観すべき内容ではないものの、グランプリボスには力負けであった。

よって第29回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、ダノンシャークに、グランプリボスを本命に予想した場合のみの2着候補といった評価を与えれば十分である。

一方、サンカルロ、レオアクティブ及びエイシンアポロンは、スワンステークスの見所のないレース内容を見る限り、第29回マイルチャンピオンシップの競馬予想で高い評価は不要である。
唯一注目する必要があるとすれば、スワンステークスでは4コーナ最後方で脚を余したレオアクティブであろう。

ただしレオアクティブは、京成杯オータムハンデで古馬相手に重賞制覇を果たしている。実績的には大きな差がないといえるが、これは開幕週の馬場で内枠からロスのない競馬に恵まれたものでもあり、過大評価は禁物である。

よって第29回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、レオアクティブに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

富士ステークス組からは、1着のクラレント(岩田康誠)、2着のファイナルフォーム(ルメール)、6着のガルボ(石橋脩)、8着のコスモセンサー(和田竜二)、11着のダノンヨーヨー(浜中俊)及び14着のフラガラッハ(高倉陵)が第29回マイルチャンピオンシップに出走する。

クラレントの富士ステークスの勝利という結果は、中団の外目をスムーズに追走してのものだが、NHKマイルカップ3着の実績がフロックではないことを証明した内容であった。

よって、第29回マイルチャンピオンシップの競馬予想においても、富士ステークス馬クラレントにもそれなりの評価を与えるべきである。
ただし富士ステークス組の評価は、先週のオープン特別オーロカップにおいて、富士ステークス3着のヒットジャポット及び5着のスピリタスが敗れていることを考慮して下すべきとも、競馬理論の競馬予想では判断している。

一方、ファイナルフォームの富士ステークスの2着という結果は、直線で前が狭くなる不利を受けてのものであり、クラレントに力負けということではない。

よって、第29回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、馬券圏内を外したことがなく能力的に底を見せていないファイナルフォームに、クラレントと互角又はそれ以上の評価を与えるべきである。

一方、ガルボ、コスモセンサー、ダノンヨーヨー及びフラガラッハは、富士ステークスの見所のないレース内容を見る限り、第29回マイルチャンピオンシップの競馬予想において高い評価は不要である。
ただしガルボ及びコスモセンサーは、イン有利の馬場で好位のインを走った時にのみ能力を最大限に発揮するので、第29回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、イン有利の馬場で内枠を引いた場合にの、みそれなりの高い評価を与えるべきである。

天皇賞組からは、8着のサダムパテック(武豊)及び12着のシルポートが第29回マイルチャンピオンシップに出走する。
サダムパテック及びシルポートの天皇賞・秋の結果は全く見所がない。第29回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、天皇賞・秋よりもかなりメンバーが弱化する点を考慮してもサダムパテック及びシルポートに高い評価は不要である。

毎日王冠組からは、4着のリアルインパクト(ムーア)及び7着のストロングリターン(福永祐一)が第29回マイルチャンピオンシップに出走する。

リアルインパクトの毎日王冠の4着という結果は、2着のジャスタウェイを除きラチ沿いを走った馬が上位を独占する走りを見せてコースロスのない競馬をしたものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。

ただし、毎日王冠6着のグランプリボスがスワンステークスを圧勝しているように、毎日王冠組はレベルが高い。
よって、第29回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、レベルが高い毎日王冠組のリアルインパクトにも押さえ程度の評価は与えるべきである。

一方、ストロングリターンの毎日王冠の7着という結果は、終始外目を回らされてのものであり、0秒5の着差を考えると悲観すべき内容ではない。

これは、毎日王冠で終始外を回らされて9着に敗れたエイシンフラッシュが次走で天皇賞・秋を制覇したことからもわかる。
またストロングリターンは、イン有利の馬場でラチ沿いを走った馬が2~5着を独占した安田記念において、外から追い込んでの勝利をおさめており、マイル戦線では力が上と見ることもできる。
よって第29回マイルチャンピオンシップの競馬予想においては、叩き2走目で本領を発揮するストロングリターンに本命級の高い評価を与えて当然である。

秋華賞組からは、6着のアイムユアーズ(メンディバザル)が第29回マイルチャンピオンシップに出走する。
アイムユアーズの秋華賞の6着という結果は、

イン有利の馬場で終始外を回らされてのものであり、悲観すべき内容ではない。
またアイムユアーズは、桜花賞3着、オークス4着の成績が示すように、レベルの高い3歳牝馬世代では3番手グループの評価が妥当である。
よって、第29回マイルチャンピオンステークスにおいては、アイムユアーズに押さえ程度の評価は与えるべきである。

以上のように競馬理論は、第29回マイルチャンピオンシップに出走する有力各馬の能力を分析した。
この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第29回マイルチャンピオンシップの最終的な予想を決断する。
競馬理論のファンの方は、第29回マイルチャンピオンシップの予想をお楽しみに。

以下のURLから2012年以前のマイルチャンピオンシップの関連記事がご覧いただけます。
http://www.keibariron.com/database/milechanpionship
マイルチャンピオンシップのコースやレースの特性が知りたい方には大変好評をもらっています。

予想屋マスターhttp://www.keibariron.com/
11/13 16:32


【先週】新潟2歳Sは1万2250円完全的中!

■■■■■■■■■■■■■■■■

≪この夏の重賞も的中ラッシュ≫

◎アイビスSD   2万7100円【的中】
◎エルムS     2万1140円【的中】
◎ラジオNIKKEI賞 6240円【的中】
◎七夕賞        2380円【的中】

★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の新潟記念も自信アリ!

レイエンダ×ルメールで本当に大丈夫!?

新潟記念の≪絞りに絞った3頭≫を無料で教えます





予想屋マスター

予想歴23年
回収率%
競馬を財テクにできる人はいるのか? 私は素人が行う投資(株式投資、債権投資などマルチ商法も含む)のすべてが、ギャンブルであると考えている。最近、競馬で財テクという広告をよく見る。利殖、投資などの文句が多い... 続きは以下のURLにて http://www.keibariron.com/keibariron/zaiteku-2.html 総拍手獲得数:369
過去のベスト予想
 宝塚記念2012

×ビートブラック
15拍手

新着回顧マイルCS2012回顧一覧予想屋マスターの回顧
予想屋マスターTM競馬歴23年 回収率%
武豊騎手がほぼ2年ぶりにG1制覇
次走狙い馬:サダムパテック   
     
3
6拍手

第29回マイルチャンピオンシップは、4番人気のサダムパテックが差し切り、武豊騎手が2年ぶりのG1勝ち星をゲットした。
競馬理論の競馬予想では、クラシック戦線で上位を賑わせた実力と、好位のインを走れそうな1枠を引いたことを考慮して、サダムパテックに本命級の高い評価を与えていたが、前日の大雨の影響で外の差しも届く馬場を想定し、穴馬としての対抗評価にとどめてしまった。
レースでは、サダムパテックは想定通り中団のインを追走し、直線では狭い馬群を割って抜け出すと、ゴール寸前ではグランプリボスの追い上げを退けて、第29回マイルチャンピオンシップを制覇した。

サダムパテックの第29回マイルチャンピオンシップの勝利という結果は、去年のクラシック戦線でも常に人気になった実力を発揮したものだが、シルポートが4着に残ることからもわかるように、平均よりもやや遅い流れを好位のインで脚を溜める、ロスのない競馬に恵まれたものでもある。

よって今後の重賞戦線の競馬予想においては、第29回マイルチャンピオンシップの勝利だけで完全復活したと判断してサダムパテックを過信すべきではない。

一方、第29回マイルチャンピオンシップで1番人気に推されたグランプリボス(内田博幸)は2着に敗れてしまった。
競馬理論の競馬予想では、前残りの展開を差し切り着差以上に強かったスワンステークスの内容から、グランプリボスにも高い評価を与えていた。
レースでは、グランプリボスは勝ったサダムパテックと並ぶような位置から競馬を進めた。
そしてグランプリボスは、直線に向くと外に持ち出されようとしたが、外から押し込められる形となってしまい一旦は減速した。しかし、再度外に持ち出されると鋭い差し脚を披露して2着にまで追い込んだ。

グランプリボスの第29回マイルチャンピオンシップの2着という結果は、直線で行き場を失う大きな不利を受けてのものであり、レース内容としては、勝ったサダムパテックを大きく上回る。

よって第29回マイルチャンピオンシップ以降のマイル重賞戦線の競馬予想においては、グランプリボスサダムパテック以上の高い評価を与えるべきである。

第29回マイルチャンピオンシップでは、牝馬のドナウブルー(スミヨン)が3着に入った。
競馬理論は、スローで先行する競馬で好走を繰り返してきた点を考慮し、シルポートがある程度のペースで逃げそうな第29回マイルチャンピオンシップでは、ドナウブルーの評価を下げていた。
レースでは、ドナウブルーは外枠からの発走ということもあり中団の外目を追走し、直線でも外からジリジリと伸びて3着を確保した。

ドナウブルーの第29回マイルチャンピオンシップの3着という結果は、インが極端に有利という馬場ではなかったものの、牡馬相手に終始外を回らされてのものであり、レース内容としての価値は高い。

よって第29回マイルチャンピオンシップ以降のマイル重賞の競馬予想においても、スローで先行する競馬以外でも好走できたドナウブルーに、それなりの高い評価を与えるべきである。

一方、第29回マイルチャンピオンシップで2番人気に推されたストロングリターン(福永祐一)は8着に敗れてしまった。
ストロングリターンは、中団の馬群の中を進んだが、直線でいつものような脚を使えず、8着に敗れてしまった。
ストロングリターンの第29回マイルチャンピオンシップの8着という結果は、大きな不利があったわけでもなく見所のない内容であった。
ただしストロングリターンは、春の安田記念で、着差以上に強い内容で勝利を収めていることから、第29回マイルチャンピオンシップの結果は、体調が万全でなかったことによる影響が大きかったものと見ることができる。
よって第29回マイルチャンピオンシップ以降のマイル重賞戦線の競馬予想においては、体調さえ立て直されれば、ストロングリターンの巻き返しに要注意と判断している。

以上のように第29回マイルチャンピオンシップは、混戦のマイル戦線を象徴するように、展開に恵まれたサダムパテックの勝利で幕を閉じた。
第29回マイルチャンピオンシップ以降のマイル重賞戦線も、中心馬不在の混戦模様が続きそうなので、競馬理論のファンの方は展開や馬場状態を考慮して穴馬券を狙って頂きたい。

以下のURLから2012年以前のマイルチャンピオンシップの関連記事がご覧いただけます。
http://www.keibariron.com/database/milechanpionship

マイルチャンピオンシップのコースやレースの特性が知りたい方には大変好評をもらっています。

予想屋マスターhttp://www.keibariron.com/

11/22 18:52 回顧アクセス:2887


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
ぷみを
09/16 09:44

中山メイクデビューミアマンテ複勝200万大口購入あり

クライスト教授
09/14 20:02

スイープセレリタスの消し材料は……関東馬の遠征競馬である事。

アキ
08/11 12:20

昨日投稿できなかったんで今日は7R以降とりあえず全印挙げますか・・

クライスト教授
08/10 23:33

復旧して良かったです。予想が載せられないかと一瞬焦りました。(ほっ)

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>ハショタ


09/16 17:54

@セントライト記念 ルークス指名お見事。

クライスト教授>>

>>はやと


09/15 23:45

はやと>>

>>はやと


09/09 07:52

はやと>>

>>はやと


09/09 07:48

クライスト教授>>

>>はやと


09/08 22:14



14
ローズステークス
◎ダノンファンタジー
○ビーチサンバ
馬単4-11番
2,300円 的中

はやと
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社