7/27 7/28
7/20 7/21
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【中京記念2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想有馬記念2013予想一覧予想屋マスターの予想

中山10R 有馬記念 2013年12月22日(日)
芝2500 3歳上GI 晴良 平均レースレベル3.3

87654321枠番
16151413121110987654321馬番













































































































馬名



牡7 牡5牡4 牡6 牡3 牡4 牡5 牡5 牡3 牡3牡5 牡5牡5 セ5 牡5 牡5性齢
57 5757 57 55 57 57 57 55 5557 5757 57 57 57斤量






























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

軍神マルス

カピバラ

radia

minom

サニーのす

編集長おく「all you need is ラチ again!」自信度S 6
ダノンバラード
天皇賞秋のときに、all you need is ラチと書いたが、ラチを頼ると本当に強い馬。あのときは最悪の16番枠で力を出せなかったが、今回は絶好の1番枠を引けた。口向きから右回りに変わるのも大きなプラス。そして、行く馬もいないメンバー構成で、宝塚記念のように、良い位置の最内ぴったりを回ってこれそう。先ほどのレースを見ていても。内を回った人気薄馬3頭が伸びてきていて、内側の馬場状態も絶好。
全てにおいて条件揃った。この馬を今回買わなくていつ買うのか!ダノンバラードで勝負!

トゥザグローリーは、母も子も、この中山2500が滅法得意。ここまでの不振を度外視してこのコースなら狙いたい…
尾張のうつ自信度C 0
本命はオルフェーヴル。
 今更いうことはない。デキに不安で不覚を取る可能性は否定しないが、陣営のプライドを信じる。

対抗はヴェルデグリーン。
 有馬記念で穴をあけるのは天皇賞からの直行組。今年は2頭いるが、その内の1頭がこの馬。距離不安のあるダノンバラードとは違い、父母とも不安はない。中山巧者。内でセコく運んで。

後はアドマイヤラクティ。
 秋3走というのは多い気がするが、左回りよりは右回りの馬。前走よりも期待できそう。
 強い外国人騎手と来場する田中投手にあやかって。…
東海帝王「新鮮さで選ぶ。」自信度C 0
有力馬はそれぞれに不安を抱えているので、ここは新鮮な馬を選びます。今回は事情により馬券は買えませんがたぶんオルフェーヴルもゴールドシップも勝てないでしょう。
××仮面ライダ「相手はヴェルデ!」自信度C 0
実績も能力も断然のオルフェーヴル
GⅠ4勝の昨年度覇者ゴールドシップ
本当にこの二頭で勝ち負けになるのか?

以下、気になるポイントまとめ!
①池江厩舎5頭出し
②三歳クラシック馬が不在(三歳×3、四歳×2、五歳×9、六歳×1、七歳×1)
③キズナ、エイシンの回避…ジェンティルもジャスタもマンボもいない。
④オルフェのイマイチな追切りは?
⑤ゴールド謎の大敗…立ち直った?
⑥ディープ産駒1頭に対してステゴ産駒とハーツ産駒が各3頭エントリー
⑦不動のリーディングサイアーなのに中山の中~長距離はダメダメなディープ。逆に全体では9位もこの舞台だけはリーディングのステゴ。
⑦典型的な逃げ馬がいない

こん…
×カピバラ「理詰めの結論はゴールドシップ」自信度A 8
・傾向
基本的には中盤で12秒台後半から13秒台までラップが緩む。
追走が緩くなって恵まれるのは、中距離馬よりも脚の遅い長距離馬になるだろう。

中長距離で底力を活かしていたタップダンスシチーが好走することは有っても、中距離でスピード持続力・底力を活かしていたアーネストリーが好走するのは難しい、そんなイメージがピタリと嵌る。


・ステップレース見解

アルゼンチン共和国杯
少し内有利な馬場。少し緩急ある流れからのロングスパート戦。
アドマイヤラクティは2頭分外。
ルルーシュは最内。
デスペラードは2頭分外。

ジャパンカップ
内外フラットな馬場。スローからの4Fスパート戦。
トー…
めんぼう自信度C 6
おそらく相当なスローペースになるだろう。スローペース=2500m以上のスタミナが要求されるステイヤー向きの馬がくるという認識。これを踏まえての予想。


『ヴェルデグリーン』
何かの記事でこの馬は爪の状態が悪く、出世が遅れてしまったと書いてあった。ダートを使った後の成績がこの馬の本来の力が発揮され始めたのだろう。しかしそもそもこの馬はマイルや中距離がベストな距離ではない。ヴェルデグリーンは飛節の伸びやトモの筋肉、馬体の長さがを総合すると、ステイヤーに近いものがある。2400m以上でこの馬は力を発揮できると思う。前走も距離が短かった。そして、外枠という不利な枠のなかであの着順…
×やまっくす「人気の盲点になっている馬を探そう」自信度S 13
いよいよ今年最後のGⅠ有馬記念です。
過去5年の馬券対象馬から見た傾向になりますが、過去5年で毎年9番人気以下の人気薄が絡んでおり、固いレースという印象でなく、今年の負け分を全て取り返せる一発大逆転も期待できるレースです。

では、まず過去5年の馬券対象馬から見た消去データになります。

○前走GⅡ以下敗退馬
過去5年の馬券対象馬15頭のうち13頭が、前走GⅠからの参戦で、残る2頭については、GⅡ以下からの参戦でした。ただ、この2頭に共通することは、重賞を勝って臨んでいるということ。
前走GⅡ以下のレースから参戦してる馬で、前走負けている馬は消しとなる。
(該当馬)
ウインバリアシオン、タマ…
ばっじょ「ステイゴールドと激流の経験値」自信度A 0
有馬記念の予想です。

(血統面)

SS系統馬
Kingmanbo系統

(実績面)

長距離実績よりもマイル~中距離実績
2000m戦の持久力レースを好走した馬

-結論-

本命 : オルフェーヴル 牡5 池添 
対抗 : カレンミロティック セ5 戸崎
単穴 : ゴールドシップ 牡4 ムーア
ヒモ穴: ラブリーデイ 牡3 蛯名


本命はオルフェーヴルに有終の美を期待します。
血統面でも狙いのSS系統で自身の勝ち鞍を含め
2009年・2011年・2012年と3勝、2012年は2着も父:ステイゴールドになります。
中距離戦、マイル戦での実績もあります。
前走が凱旋門賞というのが気にはなりますが、まぁ有馬記念、池…

タイム 2:32.3 4F 49.0 3F 36.7
単勝6番160円(1人気)
複勝6番110円(1人気)4番250円(4人気)14番170円(2人気)

予想屋マスター<12期 東十両八枚目>
「オルフェーヴルが有終の美を飾れるか?」
◎未定  自信度C
○オルフェーヴル    
    
2901
3拍手

第58回有馬記念は、オルフェーヴルの引退レースということもあり例年以上の注目を集める。そこで、競馬理論の競馬予想では、第58回有馬記念に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

凱旋門賞組からは、2着のオルフェーヴル(池添謙一)が第58回有馬記念に出走する。

オルフェーヴルの凱旋門賞の2着という結果は、勝ったトレヴが強すぎただけであり、日本ダービー馬キズナにはきっちりと先着している。また、オルフェーヴルは、去年のジャパンカップで2着に敗れてはしまったが、コース取りの差によるものであり、現役最強馬であることは疑いの余地がない。

よって、第58回有馬記念の競馬予想においては、オルフェーヴルに本命級の高い評価を与えて当然である。

一方、ジャパンカップ組からは、3着のトーセンジョーダン(内田博幸)、4着のアドマイヤラクティ(ウィリアムズ)、6着のルルーシュ(福永祐一)、9着のナカヤマナイト(柴田善臣)、10着のエイシンフラッシュ(ミルコ・デムーロ)及び15着のゴールドシップ(ムーア)が第58回有馬記念に出走する。

ジャパンカップは、レースの全体時計が500万下よりも遅くなるくらいの超スローペースであり、ジャパンカップの着順が第58回有馬記念に直結しない可能性が高い。

トーセンジョーダン、ルルーシュ及びエイシンフラッシュのジャパンカップの結果は、超スローペースを先行してのものであり、レース内容としては着順ほどの価値はない。

また、アドマイヤラクティ及びナカヤマナイトのジャパンカップの結果は、コースロスのない競馬をしてのものであり、こちらもレース内容としては着順ほどの価値はない。また、ゴールドシップのジャパンカップの15着という結果は、負け過ぎである。

よって、トーセンジョーダン、アドマイヤラクティ、ルルーシュ、ナカヤマナイト、エイシンフラッシュ及びゴールドシップは、ジャパンカップの冴えないレース内容を見る限り、第58回有馬記念の競馬予想において押さえ程度の評価を与えれば十分である。ただし、第58回有馬記念はオルフェーヴルを除けば冴えないメンバー構成なので、過去の実績を再度振り返って、オルフェーヴルの相手候補を探すべきである。

であれば、日本ダービー馬のエイシンフラッシュ、グランプリ2連覇中のゴールドシップの実績が浮かびあがるが、ゴールドシップはジャパンカップの内容が悪すぎるので、人気になるようであれば押さえ評価にとどめるべきである。

一方、金鯱賞組からは、1着のカレンミロティック(戸崎圭太)、2着のラブリーデイ(蛯名正義)、3着のウインバリアシオン(岩田康誠)及び4着のトゥザグローリー(ルメール)が第58回有馬記念に出走する。

カレンミロティックの金鯱賞の勝利という結果は、G2にしては冴えないメンバー構成に恵まれたものではあるが、2着のラブリーデイに2馬身半もの差をつける快勝であった。

よって、第58回有馬記念の競馬予想においては、カレンミロティックにも相手候補の評価は与えるべきである。

一方、ウインバリアシオンの金鯱賞の3着という結果は1年半ぶりの長期休養明けを考えれば立派である。

よって、第58回有馬記念の競馬予想においては、どんな相手でも確実に追い込むウインバリアシオンの叩き2走目による一変に注意を払うべきである。

一方、ステイヤーズステークス組からは、1着のデスペラード(横山典弘)が第58回有馬記念に出走する。
デスペラードのステイヤーズステークスの勝利という結果は、長距離ならば力が上であることを示した。しかしながら、メンバーが強化して距離が短縮する第58回有馬記念の競馬予想においては、デスペラードが好走するためにはかなりの展開の助けが必要と判断すべきである。

一方、天皇賞・秋組からは、8着のヴェルデグリーン(田辺裕信)が第58回有馬記念に出走する。

ヴェルデグリーンの天皇賞・秋の8着という結果は、不利な外枠からの発走ではあったが、力負けであった。

よって、第58回有馬記念の競馬予想においては、オールカマー勝ちを考慮してもヴェルデグリーンに押さえ程度の評価を与えれば十分である。

以上のように、競馬理論の競馬予想では、第58回有馬記念に出走する有力各馬の能力を分析した。

この分析結果に、枠順、展開、調教及び馬場状態などの様々な要素を加味して、第58回有馬記念の最終的な予想を決断する。

競馬理論のファンの方は第58回有馬記念の予想をお楽しみに。

以下のURLから2013年以前の有馬記念の関連記事がご覧いただけます。http://www.keibariron.com/database/arimakinen 有馬記念のコースやレースの特性が知りたい方には大変好評をもらっています。予想屋マスターhttp://www.keibariron.com/
12/17 13:04


レイデオロ!?キセキ!?リスグラシュー!?

≪≪宝塚記念の絞りに絞った3頭を教えます!≫≫


■■■■■■■■■■■■■■

ダブル万馬券的中のダービーよりも自信アリ!!!


▼『サートゥル1強にあらず!』と予告通りの決着で▼
―――――――――――――――
【馬 連】1万1200円的中⇒112万円獲得!
【3連複】1万2050円的中⇒60万円獲得!
―――――――――――――――

■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――
宝塚記念で厚く買うべきはこの3頭!
―――――――――――――――

絞りに絞った3頭を教えます!





予想屋マスター

予想歴24年
回収率%
競馬を財テクにできる人はいるのか? 私は素人が行う投資(株式投資、債権投資などマルチ商法も含む)のすべてが、ギャンブルであると考えている。最近、競馬で財テクという広告をよく見る。利殖、投資などの文句が多い... 続きは以下のURLにて http://www.keibariron.com/keibariron/zaiteku-2.html 総拍手獲得数:369
過去のベスト予想
 宝塚記念2012

×ビートブラック
15拍手

新着回顧有馬記念2013回顧一覧予想屋マスターの回顧
予想屋マスターTM競馬歴24年 回収率%
オルフェーヴルが8馬身差でラストランを飾る
次走狙い馬:ウインバリアシオン   
     
3
0拍手

第58回有馬記念では、単勝1.6倍と断然の人気に推されたオルフェーヴルが人気にこたえて楽勝した。
競馬理論の競馬予想では、グランプリにしてはかなり寂しいメンバー構成であることから、現役最強馬のオルフェーヴルを自信の本命に予想した。
レースでは、オルフェーヴルは、後方3~4番手からレースを進めた。
そして、オルフェーヴルは、2週目の3コーナーで一気に加速すると、4コーナーでは早くも先頭に並びかけ、そこからは後続との差を広げる一方で、第58回有馬記念を制覇した。

オルフェーヴルの第58回有馬記念の勝利という結果は、凱旋門賞からの遠征帰りにもかかわらず8馬身もの着差をつけ、日本国内では敵なしであることを証明した。

この強さを見ると引退は残念だが、オルフェーヴルの種牡馬としての活躍にも大いに期待したい。

第58回有馬記念では4番人気のウインバリアシオン(岩田康誠)が2着に追い込んだ。
競馬理論の競馬予想では、長期休養明けで開幕週の馬場ながらも2着に追い込んだ金鯱賞の内容から、ウインバリアシオンオルフェーヴルの相手候補の高い評価を与えていた。
レースでは、ウインバリアシオンは、後方のラチ沿いでじっくりと脚をためた。
そして、ウインバリアシオンは、勝負どころに入ると、オルフェーヴルをマークするように動いていき、直線でもきっちりといい脚を使って、2着に追い込んだ。

ウインバリアシオンの第58回有馬記念の2着という結果は、オルフェーヴルにこそ力負けであったが、一線級相手でも確実に追い込む能力を証明した。

オルフェーヴルが引退する2014年のG1戦線の競馬予想においては、外の差しが届く馬場や展開になるようであれば、ウインバリアシオンが悲願のG1制覇を果たしてもおかしくないと判断すべきである。

グランプリ3連覇を狙った2番人気のゴールドシップ(ムーア)は3着に敗れてしまった。
競馬理論の競馬予想では、グランプリ2勝の実績には敬意を評しつつも2013年秋競馬の内容があまりにも悪いゴールドシップを押さえ評価にとどめていた。
レースでは、ゴールドシップは、中団よりやや後方の外目を追走し、2周目の4コーナーではオルフェーヴルにあっさりと交わされてしまったものの、そこからはジリジリとしぶとい脚を使って、3着を確保した。

ゴールドシップの第58回有馬記念の3着という結果は、ジャパンカップよりは走っており復調気配をうかがわせたが、オルフェーヴルを除くとグランプリにしては寂しいメンバー構成に恵まれたものとみることもできる。

よって、2014年のG1戦線の競馬予想においては、過去の実績で人気になるゴールドシップを過信すべきでないと判断している。

以上のように、第58回有馬記念は、オルフェーヴルの歴史的な強さだけが目立つ一戦となった。

競馬理論のファンの方は、オルフェーヴルの子どもたちの活躍に大いに期待して頂きたい。

以下のURLから2013年以前の有馬記念の関連記事がご覧いただけます。
http://www.keibariron.com/database/arimakinen

有馬記念のコースやレースの特性が知りたい方には大変好評をもらっています。

予想屋マスター
http://www.keibariron.com/

12/26 20:14 回顧アクセス:2210


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
編集長おくりばんと
07/17 12:26

スコットさんご指摘ありがとうございます。修正しておきました。何かありましたらまたぜひ言ってください

クライスト教授
07/16 03:30

函館記念一点的中でもやはり自信度Eではダメな模様!(認識)

スコット
07/13 13:53

プロフィールのところで、6月7月の予想が見れないのはなぜ…?

雨龍泥舟
07/12 17:11

入札方式のPOG、持ちポイント2億5000万Pのうち1憶5000Pを使って落としたのがブルトガング。泣きたい。他に大した馬は取れていない。...

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>クライスト教授


07/18 05:02

編集長おくりばんと>>

>>クライスト教授


07/18 00:17

あみー>>

>>あみー


06/24 20:40

のび犬>>

>>あみー


06/24 10:35

夏影>>

>>夏影


06/23 09:40



10
中京記念
◎プリモシーン
○キャンベルジュニア
ワイド5-7番
390円 的中

ゼータ
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社