6/29 6/30
6/22 6/23
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【宝塚記念2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想朝日杯FS2014予想一覧スカイポットの予想

馬単 2-6番:20,260円的中

阪神11R 朝日杯FS 2014年12月21日(日)
芝外1600 2歳GI 晴稍重 平均レースレベル3.9

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番






























































































































馬名



牡2 牡2 牡2 牡2牡2 牡2 牡2 牡2 牡2 牡2 牡2 牡2牡2 牡2 牡2 牡2牡2 牡2性齢
55 55 55 5555 55 55 55 55 55 55 5555 55 55 5555 55斤量

























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順着順

BC爺

アキ

アルコセニ

クライスト

index

×編集長おく「爆発力に賭ける!」自信度C 9
ケツァルテナンゴ
硬い回転で走るフットワークで道悪は上手いのではと思う。休み明けで前走は引っかかって、後方からで展開も向かず、力を出していない。

タガノアザガル
前走は開幕週で内がかなり残る馬場だったので、見た目よりかなり強い競馬だったと思う。相手なりに走れるし、内乾きの馬場で内をロスなく回れば面白い。

--------------------------------
残念ながらレベルが低いのではと思う。
ずっとホープフルステークスとどちらに使うか迷っていたコスモナインボールがこちらに矛先を向けてきたのも頷ける。
この世代はけっこう良い馬はいると思うのだけれど、
出ない馬、出られない馬、に良い馬が多い…
一気呵成自信度C 0
コスモナインボール:馬場状態から、先行馬・1800mで勝っていることからスタミナもありそうなコスモナインボールを推します。ダートに強そうな感じがしますのでスピード競争は厳しそうですが今回は運が味方しそうです。

ペプチドウォヘッド:同じく、馬場状態と先行でしのぎそうです。騎手がRムーアで昨年の再来です。スノーフェアリーが馬場が悪い中勝ちましたが、ムーア騎手の手綱にかけます。外国人騎手とこのレースは相性が良いので推します。

ダノンプラチナ:ディープインパクトの仔で走ってくれるでしょう、蛯名騎手が乗れているので期待が持てます。

ブライトエンブレム:負けていない強み、昨日から田辺騎…
カピバラ「人気急落」自信度C 13
◎アルマワイオリ
デイリー杯2歳Sではスローペースで内に閉じ込められたまま直線まで動けない苦しい展開。直線で前が空いたところで、ラスト3Fを1F11秒台前半でまとめられてしまえば追いつけない。
もみじSは少し仕掛けを遅らせての差し切りで余裕が有った。
人気急落なので狙う。
邦彦「パドック見たら」自信度A 7
直前変更
◎ブライトエンブレム
馬体増え、落ち着いてどっしりしている。たまの休みで観られているのでパドック予想で変更してみる。
圧勝する期待も込めて、単勝も買います。

最終決断
◎アッシュゴールド
当初、ダノンプラチナを本命にしていたが、2週続けて蛯名に勝たすのもどうよと思い直し、次に馬場が荒れてきたのなら、やっぱり札幌2歳Sを勝ったブライトエンブレムだろうと決めかけていたが、これもやめた。

なぜなら、せっかくこのレースを阪神に移行したのに、阪神JF同様、関東馬に勝たれてしまうのではカッコがつかないと思ったからだ。

ということで、荒れ馬場に対応でき、なおかつ前走が東京の…
×仮面ライダ「兄や父の実績より、母でしょ!」自信度C 0
7,12共に短距離型でスタミナ温存の逃げ。
早目に捕まえてしまう人気薄馬の背後に人気ダノン。
勝ち馬はその直後あたりか?
二歳だけに血統と仕上がりが重要。
穴は馬場を味方につける馬か?

◎ネオルミエール
母樫女王。兄NHKマイルC3着。
○ブライトエンブレム
母は秋華賞馬。荒れ馬場合う。
▲アッシュゴールド
兄ドリジャニとオルフェ。
△ダノンプラチナ
唯一のDI産駒も調教疑問で過剰人気。
△クラリティスカイ
父パワー型。前走強い勝ち方。
△タガノエスプレッソ
実績有りも8人気低評価で妙味。
△ジャストドゥイング
新潟とはいえOPで上り32.0の斬れ味。
△コスモナインボール
好枠先行。馬場悪化歓…
××ばっじょ「東京優駿でも買いたい馬で」自信度C 0
朝日杯FSの予想です。

阪神競馬で行われるので
能力重視、血統配合重視で予想を立てていきたいと思います。

その点からも阪神JF同様に狙いは「東京優駿」でも狙いたい馬になります。

本命 タガノエスプレッソ 牡2 菱田

父:ブラックタイド
母父:キングカメハメハ(内包トニービン)

になります。

母系統をみるとキングカメハメハ産駒の狙いたい配合である対配合にNasrullahを配合し柔らかさを配合しています。
基本的に母父SSで柔らかさを補点するよりはキングカメハメハ産駒で正攻法の配合だと考えており

ルーラーシップなどが代表産駒です。

ここにディープインパクト全兄である父:ブラ…
アルコセニ自信度C 13
こんにちは!よろしくお願いします!!

根拠を書く時間が残念ながらほとんどないので印だけ。

◎タガノエスプレッソ
不当に人気を落としてますね。脚質自在、菱田くんも楽しみです。

○アルマワイオリ
これはちょっと攻めてみました笑 しっかりと折り合えば。

▲クラリティスカイ
△ダノンプラチナ
△ブライトエンブレム
△ケツァルテナンゴ
△ナヴィオン

こんな雑な予想は普段したことないですが笑、こんな感じです!…
ぷみを「決まり」自信度C 9
仕事早く終了。
ダノンプラチナ、こなせそうな馬場のようなので評価アップ。
堅い決着と見た。

明日は書けそうにないので、最終です。
やはり、京都デイリーはレベル的に良くない。
バッサリ切ってみる。

12/20
やはり軸はクラリティスカイが揺るがない。

12/17
やはり収得賞金400万円は消えますね。
900万円がタガノアザガル・ダノンプラチナ・ペプチドウォヘッド・メイショウマサカゼ・レンイングランドの5頭でこの中から1頭が消えるのかな?
さあ、JRAはどうする?

12/15
予備登録から少し変更が出てきた。
ペプチドウォヘッドにムーア。
レイングランドにビュイック。
シンキングロージスに秋…

タイム 1:35.9 4F 48.6 3F 36.1
単勝2番460円(1人気)
複勝2番190円(2人気)6番1060円(14人気)14番180円(1人気)

スカイポット<14期 東前頭八枚目>
「馬場の影響が心配だが」
ダノンプラチナ1着/1人気
○ブライトエンブレム▲アルマワイオリ△アッシュゴールド
    
4883
71拍手(+34)

馬単 2-6番

20,260円的中

12月21日(日)阪神11R 朝日杯FS 阪神1600m外 

 長期に亘り、中山1600mで行われてきた伝統の朝日杯だが、今年から阪神で開催されることとなった。主催者の意図は不明だが、このような条件変更は昔馴染みのファンやデータで予想しているファン離れにつながると思われ、あまり行ってほしくないものだ。ただ、このレースを使ってクラシック3冠へという流れが近年少なく、実績もあまりないため(朝日杯を勝利しながらクラシック3冠を達成した馬は、1994年のナリタブライアンしかいないのではないか)、能力が結果に反映されやすい阪神マイルに変わるのは、悪いことではないのかもしれない。

 したがって、これまで蓄積してきた朝日杯の予想データが使えないことから、同条件である阪神JFの予想過程をそのまま流用することとする。

 このコース条件で求められるのはスタミナと末脚。スタミナに関しては、距離実績(とその内容)である程度の判断が可能である。ベストパフォーマンスレース(BPR)とセカンドパフォーマンスレース(SPR)の距離実績が1200m以下までの馬は消しで、1400m以下の馬は、これまでに0.5秒差以上の楽勝経験があるか、外国人騎手、指数1位馬を除いて消しとする。、

※BPRは一番近走の重賞3着以内、OP連対、条件戦以下勝利に該当するレースのことであり、SPRは二番目に近走のレースである

 スタミナ判定の次に末脚の分析を行う。阪神マイルは、外回りコースができてから末脚が非常に重要となっているが、中団で折り合って、流れに乗った上で速い末脚が使えることが望ましい。第一に、上がり連対経験を必要とする。

 末脚の力を測る具体的な判断基準として、1.BPRまたはSPRにおいて、3角12番手以降または4角11番手以降の追い込みではなく、2.当該レースにおいて上がり2位以上経験がある(1.が1番手の場合は3位まで可)、とする。

 続いて、能力である。これは、暫定的ではあるが阪神JFと同じく指数1位を有力視する。なお、1800m以上からの臨戦馬の指数は多少低くても軽視してはならない。

 次に、未知馬や1800m以上での低指数馬の手応えを確認する。手応えが並み以下だった馬については、指数1位、中弛み超スロー勝利、重馬場等のリスク、持続SHPに注目したい。

 血統については、2006年以降の阪神JFで馬券に絡んでいる馬の多く(20/27)の種牡馬が、自身が2400mのG1(JC)を優勝しているか、既に産駒が同条件を優勝しているクラシック血統である(下記)。なお、例外の7頭中2頭はこの時期完成されたスピードを有する指数1位馬(アストンマーチャン、エイムアットビップ)。
※先週、人気薄で4着に来たムーンエクスプレスの父アドマイヤムーンもJC馬。

アグネスタキオン(4)(ディープスカイ)
ディープインパクト(3)(自身ダービー・JC馬、キズナ、ディープブリランテ、ジェンティルドンナ)
キングカメハメハ(2)(自身ダービー馬、ローズキングダム、アパパネ)
ステイゴールド(2)(自身ドバイシーマC馬、オルフェーヴル)
ネオユニヴァース(2)(自身ダービー馬、ロジユニヴァース)
ファルブラヴ(2)(自身JC馬)
ハーツクライ(1)(自身ドバイシーマC馬、ワンアンドオンリー、ヌーヴォレコルト)
ゼンノロブロイ(1)(自身JC馬、サンテミリオン)
スペシャルウィーク(1)(自身ダービー・JC馬、ブエナビスタ、シーザリオ)
ジャングルポケット(1)(自身ダービー・JC馬、トールポピー)
タニノギムレット(1)(自身ダービー馬、ウオッカ)
クロフネ(3)
ソングオブウインド(1)
ウォーエンブレム(1)
アグネスデジタル(1)
アドマイヤコジーン(1)

 馬場(枠順とバイアス)については、開幕3週目となると外差しも決まりやすくなってくると思われるが、折り合いの面から、やはり11番より外枠の快速馬はリスクがあると考える。11番より外枠で軽視すべき馬は、「BPRまたはSPRで、マイル以下の距離をBPR3以内の逃げや番手で優勝経験のある馬(ただし、中弛み超スローペース勝ち経験馬及び外国人騎手又は地方出身騎手を除く)」。

 さて、ここからは2014年のメンバーを上記の予想過程によって分析していきたい。

 スタミナの土台として、BPRとSPRが1200mというまず消しで良い馬は、アクティブミノル、ペイシャオブロー、メイショウマサカゼ。

 BPRとSPRが1400m以下という馬に該当するのは、セカンドテーブル、タガノアガザル、ワキノヒビキ。除外項目に当てはまるのは、セカンドテーブルの1頭。他の馬はマイナス評価をつけておく。

 続いて、末脚を確認する。まずは、上がり連対経験がこれまでにない、コスモナインボールを消しとする。残っている馬で、BPRまたはSPRにおいて、3角12番手以降または4角11番手以降の追い込みではなく、当該レースにおいて上がり2位以上経験がある(逃げの場合は3位まで可)を満たせない馬はなし。

 指数について。まず、指数下位である1600m56、1400m58のラインを割り込んでいるケツァルテナンゴ、タガノアガザル、セカンドテーブル、ワキノヒビキは消しで良いだろう。また、指数がぎりぎりのネオルミエール、ナヴィオン、ジャストドゥイングは少し評価を下げ、持ち指数上位のブライトエンブレム、ダノンプラチナは評価を上げる。

 さて、このレースの中心軸となる指数1位馬はブライトエンブレムである。

16.ブライトエンブレム
 前走が追込み判定をぎりぎりで免れていること、札幌2歳Sで追込みをしたミュゼエイリアンが中央開催で指数を下げていること、休み明けであること、札幌が得意で距離短縮は向かないオユニヴァース産駒であり条件は評価を下げるべきであること等から完全に信頼することもできない。
 先週のコートシャルマンの分析の使いまわしだが、2006年以降の阪神JFで、BPRやSPRが1200m以下を除くと、2戦2勝以上の無敗馬は下記のとおり(2.1.2.2.0.4)。

2007年5番人気10着 ラルケット(指数自体が高くなかった)
2008年10番人気4着 ショウナンカッサイ(前走先行、差し返し)
2010年1番人気1着 レーヴディソール(前走追込、指数1位。持続SHP)
2010年2番人気9着 ダンスファンタジア(前走先行、残り200mから追い出し。加速SHP)
2011年1番人気3着 サウンドオブハート(前走先行、指数1位)
2011年5番人気4着 イチオクノホシ(前走追込、残り500mから追い出し。持続SHP)
2013年5番人気1着 レッドリヴェール(前走差し、残り350mから追い出し。持続SHP)
2013年1番人気2着 ハープスター(前走追込、残り550mから追い出し。持続SHP)
2013年8番人気3着 フォーエバーモア(前走差し、残り500mから追い出し)
2013年2番人気7着 ホウライアキコ(前走番手、残り350mから追い出し。加速SHP)
2014年3番人気10着 コートシャルマン(前走差し、残り300mから追い出し。指数自体が高くなかった)

 スピードSHP(加速SHP)が優位の馬が末脚を溜められない又は使える末脚自体が短いために敗れているということと、距離実績が1400mまでだと3,4着止まりであることが言える。この観点で前走を見ると、後方からレースを進めて3~4コーナーで大外を回り、まだコーナーの途中である残り350mから追い出して最後まで伸びていること、平坦ラップであることから、持続SHPはそれなりであるという印象を受けた(ただし、直線が短いので確たるものではない)。

 さて、前走の手応えが楽だった馬からはダノンプラチナ。血統的にスピードタイプではないのでプラス評価をしておく。中弛み超スロー勝ち経験馬はタガノエスプレッソ(未勝利戦時)。デイリー杯でその効果を使ってしまった気もするので消せないくらいで評価には影響せず。

 血統的に、父自身が2400mのG1(JC)を優勝しているか、既に産駒が同条件を優勝している、ネオルミエール、ダノンプラチナ、ナヴィオン、アッシュゴールド、ジャストドゥイング、ペプチドウォヘッド、ブライトエンブレムはプラス評価。

 馬場(枠順とバイアス)については、「BPRまたはSPRで、マイル以下の距離をBPR3以内の逃げや番手で優勝経験のある馬(ただし、中弛み超スローペース勝ち経験馬及び外国人騎手又は地方出身騎手を除く)」に該当するペプチドウォヘッドは軽視材料。

 消しに至らなかった馬(既に記述したブライトエンブレムを除く)について、減点材料が少ない順にコメントする。

2.ダノンプラチナ
 前走が楽勝であったこと、先週同条件G1を制したディープインパクト産駒であること等から、上位人気に支持されている。関東からの輸送についても、抽選対象である中、11日には既に栗東入りをしており、調教ではブライトエンブレムと併せて楽に先着していて調子も良さそう。指数上位かつ内枠にも恵まれたことから能力計算でも最有力と言えるし、前走はまだ手応えに余裕がありつつ、ディープインパクト産駒なのでスピード寄りという判断も不要だろう。蛯名騎手にも勢いがまだあり、素直に優勝に一番近い馬と評価する。

9.アッシュゴールド
 ドリームジャーニー、オルフェーヴルの全弟という良血。初戦は惨敗したが、未勝利戦、デイリー杯と指数を上昇させ続け、素質の片鱗を見せてきた。デイリー杯組はこれまで10月に行われており、朝日杯では上位人気で馬券圏外に飛ぶことも珍しくないのだが、今年は11月となり、朝日杯が阪神に変わるので何とも言えない。指数上はまだ中位の1頭であり、妙味は感じられないのだが、ソエが治ったとの噂もあり、素質で更に上昇してくる可能性もある。また、ステイゴールド産駒は京都より阪神を得意にしているので、適性によるパフォーマンス上昇もありえ、相手には買う必要がある。

1.ネオルミエール
 前走のいちょうSでは、後方からレースを進めて残り450mから追い出し。残り400mまでは外に出そうか少し迷いがあったようだが、内に決めてからは鋭く脚を伸ばし、最後までも伸びているから持続SHPもそれなりに感じられる内容だった。クラリティスカイとの比較では、今回こちらが内枠を引き、相手が外枠を引いたので、道中のロスを織り込めば逆転できる可能性も出てきた。指数は特筆できず、休み明けでもあるが、相手には入れたい。

6.アルマワイオリ
 前走のデイリー杯ではスタート直後から引っ掛かり、残り600mまで鞍上が抑え込んだままというヘグリ騎乗になりながら、直線もそこそこ伸びてナヴィオンと僅差でゴール。前々走のもみじSでの指数はここでも中の上という位置におり(札幌2歳Sの指数は58.2で指数4位)、折り合いがつけば上位に食い込んでも不思議ではない。鞍上が関西での実績に乏しく、前走同様折り合いをつけられないおそれのある勝浦騎手であることと、東京2400mG1は適性が全く合わなかった父マツリダゴッホという点は懸念されるが、悪い所を出した後だけに狙ってみたい。

14.クラリティスカイ
 指数3位。前走のいちょうSではレコードを更新し、時計的には最上位と言っても良いのかもしれないが、最内から抜け出すロスのない競馬だったことから、やや妙味に薄い気がする。それでも、残り400mから追い出して残り50mくらいまでは伸びていたので持続SHPもそこそこは感じられる。岩田騎手が乗るし、クロフネ産駒はこの条件で好走が複数回あり、相手に選んでおくべき。

15.タガノエスプレッソ
 前走のデイリー杯はスローペースとなったが、しっかり抑えられながら外目の好位、4角3番手につけ、先に抜け出した分、アッシュゴールドを退けることに成功した。先行力はあるが、今回は外枠を引いてしまったが、中弛み超スローペース優勝経験馬であること、能力的にアッシュゴールドと大差ないことを踏まえれば、この馬もおさえておくべき。

8.ナヴィオン
 手応えは良いがピッチ走法で短距離向きと思っている。指数はこのメンバーでは中の下。前走はアルマワイオリに前に入られて位置取りが悪くなり、直線も進路が開くまで少し手間取ったが、追われてからの末脚は長くなかった印象。差し有利なコースだが、長く良い脚が求められる条件のため、人気と比較すると妙味はなく、おさえまで。

13.ペプチドウォヘッド
 前2走はダートで後続を突き放す楽勝。ダート実績馬にムーア騎手と言えば昨年の覇者アジアエクスプレスを思い出すが、今回は昨年ほどは人気にならないようだ。走法はダート向きであり、昨年の好走もあくまでもレアケース。フィリーズレビュー等、1400mの条件ではダート実績馬の好走例も多く見られるが、阪神マイルではあまりイメージがない。ダービー馬であるキングカメハメハ産駒なので可能性はあるが、今回は割り切って軽視する。

10.ジャストドゥイング
 今年も東スポ杯はレベルが高く、着順は悪かったが指数は56.4と芙蓉Sほぼ同水準をキープしている。持続SHPは新潟戦で証明しているが、前走の上がり順位(9位)は評価微妙。ゼンノロブロイはJC勝ちのある種牡馬であるので、これだけ人気が落ちれば妙味はあるのでおさえても良いという程度か。

結論
◎ダノンプラチナ(調整指数1位。重馬場適性不明なのが唯一の不安)
○ブライトエンブレム(指数1位。重い馬場は実績あり)
▲アルマワイオリ(前走の敗因は明確。修正できれば穴の可能性)
△アッシュゴールド(重い馬場への適性に期待でき)
△ネオルミエール(本命馬の後ろからうまく捌ければ)
△クラリティスカイ(指数上位の1頭で)
△タガノエスプレッソ(中弛み超スローペース勝ち経験あり。デイリー杯勝ちも評価)
注ナヴィオン(加速SHP馬だと思うのでやや軽視)
注ジャストドゥイング(人気薄の中では能力はあるので)
12/20 22:18


レイデオロ!?キセキ!?リスグラシュー!?

≪≪宝塚記念の絞りに絞った3頭を教えます!≫≫


■■■■■■■■■■■■■■

ダブル万馬券的中のダービーよりも自信アリ!!!


▼『サートゥル1強にあらず!』と予告通りの決着で▼
―――――――――――――――
【馬 連】1万1200円的中⇒112万円獲得!
【3連複】1万2050円的中⇒60万円獲得!
―――――――――――――――

■■■■■■■■■■■■■■
―――――――――――――――
宝塚記念で厚く買うべきはこの3頭!
―――――――――――――――

絞りに絞った3頭を教えます!





スカイポット

予想歴17年
回収率129%
この度、私スカイポットは、競馬ナンデから独立した情報発信サービス「若駒予想の乱」という有料メルマガへ、予想情報提供を行うこととなりました。これに伴いまして、競馬ナンデへの予想掲載を停止させていただきます。こちらに参加させていただいた2014年以降、多数の表彰を頂きました。御礼申し上げます。 総拍手獲得数:2688
過去のベスト予想
 皐月賞2014

◎ワンアンドオンリー○クラリティシチー
83拍手

新着回顧朝日杯FS2014回顧一覧スカイポットの回顧
スカイポットTM競馬歴17年 回収率129%
来年のクラシックに繋がりそう
次走狙い馬:ダノンプラチナ   
次走危険馬:ネオルミエール   
4
9拍手(+24)

 阪神の開催となり、スタミナと差し脚のある馬に有利(逆にスピード馬に不利)となった特殊性はあるものの、基本的には今後クラシックを戦っていく適性に繋がる、実力通りの結果になったと思います。結果指数も予想時の指数にかなり近くなりましたし、まともです(下記リンク参照)。
http://baryutensei.com/img/2014asahihaifs.JPG

 横のバイアスはデフォルト想定のままで、前日不良となり懸念された馬場の悪化も稍重まで回復し、影響は小さく済みました。

 勝ったダノンプラチナはかなり外を回ってきてロスもありましたが、抜けていた指数でお釣りがきたという勝利。まだ、余裕もありましたね。2着は内を通ったアルマワイオリ。メンコの効果か、今日は折り合いがついていましたが、穴馬を持ってくる勝浦騎手らしい思い切った内抜きでした。クラリティスカイは外を回す距離ロスがありつつ、地力での3着確保、ネオルミエール(4着)にもまだ先着できる程度のロスで済みました。

 デイリー杯の連対馬が惨敗していますが、これは実力が拮抗しているところで距離ロスを甘くみていた陣営の認識誤りかと。内を捌けていれば、3着か4着あたりのラインまでは来れた計算になります。ブライトエンブレムはミュゼエイリアンに続く「札幌のまぼろし」発動でしょうか。やはり北海道戦の指数の信頼度は落ちますね。ナヴィオンは想定通りの負け。短距離や平坦では見直しが必要です。ジャストドゥイングは内を通ったのでもう少し頑張ってほしかったですが、新潟での実績なので、馬場の重さが堪えたでしょうか。

次走狙い馬:ダノンプラチナ(少なくともトライアルでは崩れなさそう)
次走危険馬:ネオルミエール(実力以上の着順のため)

12/21 23:34 回顧アクセス:4084

コメント12件

スコット 2014年12月21日15時47分
いつもながらお見事です!!

ぷみを 2014年12月21日15時51分
狙い通りで素晴らしい❗

カピバラ 2014年12月21日15時51分
お見事です!

TERRY 2014年12月21日15時57分
TERRYです。スカイポットさん、お見事!!

ちっく 2014年12月21日16時01分
メルマガも読ませていただいていますが、今回の的中は心から爽快でした!

上がり3ハロン 2014年12月21日16時03分
おめでとうございます!

スカイポット 2014年12月21日20時56分
スコットさん、ぷみをさん、カピバラさん、TERRYさん、ちっくさん、上がり3ハロンさん、コメント頂きありがとうございます。最近は調子が落ちていたのでとても嬉しい勝利でした。お互いに頑張りましょう!

2014年12月22日00時36分
おめでとうございます!
お見事としかいいようがありません。非常に勉強になります。

クライスト教授 2014年12月22日06時38分
アルマW予想指名はお見事です。美味しい狙い目で羨ましい!笑

ミッキー 2014年12月22日14時50分
いつものように読み応えのある予想記事、しっかり読ませて頂きました。お見事です。

スカイポット 2014年12月22日19時34分
雀さん、クライスト教授さん、ミッキーさん、コメントありがとうございます。最近は記事を書く時間があまり取れませんが、特にG1は可能な限りしっかり書きたいと思います。引き続き、よろしくお願いします。

らぷらす 2014年12月27日11時03分
お見事です!


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
スコット
06/24 13:09

またよろしくお願いいたします。

スコット
06/24 13:08

皆さまお久しぶりです。調子を崩しておりましたが、落ち着いてきたので予想をぼちぼち再開していきます。

雨龍泥舟
06/20 20:48

今年のPOGの注目馬は…今週出走のブルトガング!

雨龍泥舟
06/20 20:46

キンカメ、種牡馬完全引退だそう。 ディープも怪しいし、カナロアはノイローゼ気味。やらせ過ぎだな。。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

あみー>>

>>あみー


06/24 20:40

のび犬>>

>>あみー


06/24 10:35

夏影>>

>>夏影


06/23 09:40

クライスト教授>>

>>夏影


06/21 22:08

のび犬>>

>>アキ


06/17 07:09



14
宝塚記念
◎リスグラシュー
○キセキ
三連単12-1-11番
14,560円 的中

クライスト教授
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社