12/14 12/15
12/7 12/8
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【朝日杯FS2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想朝日杯FS2017予想一覧クライスト教授の予想

3連単 1-10-3番:2,630円的中

阪神11R 朝日杯FS 2017年12月17日(日)
芝外1600 2歳GI 晴良 平均レースレベル3.7

87654321枠番
16151413121110987654321馬番



































































































馬名



牡2 牡2 牡2 牡2 牡2 牡2牡2 牡2 牡2 牡2 牡2 牡2 牡2牡2 牡2牡2性齢
55 55 55 55 55 5555 55 55 55 55 55 5555 5555斤量





























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順着順
×

BC爺

ヨルゲンセ

index

雨龍泥舟自信度A 2
◎ ダノンプレミアム
○ タワーオブロンドン
▲ -
△ -
現時点での直感予想。
ここは、◎○二強の争いだろう。ダノンを◎にしたのは、タワーオブロンドンの血統(種牡馬)がよく解らないことからくるもの。
父、レイズンズパスは父イルーシヴクオリティ(ミスタープロスぺクター系)×母父ロードアットウォーという配合。ロードアットウォーはネアルコも、ネイティヴダンサーも経由していないファラリス系。かなりの異系といえる。
母、スノーパインは父ダラカニ(ミルリーフ系)×母父ミスワキ(ミスタープロスぺクター系)という配合。
距離はもちそうな血統だ。自身もイギリスの芝10ハロンとアメリカのオールウェザー…
××「完成度高い馬を評価」自信度S 4
本命はタワーオブロンドン

前走京王杯2歳S連対馬は過去10年で15頭出走して(1,4,1,9)、4頭が11着以下、人気より着順がよかったのは7頭、勝ち馬は1頭のみだが好相性
前走3角3番手以内馬は5頭いて12年4番人気7着ラブリーデイが最高着順、3頭が二桁着順、人気より着順がよかった馬は1頭もいない
前走3角4~8番手馬は6頭いて(1,3,0,2)、着外2頭は9番人気8着、5番人気6着、人気より着順が悪かったのは1頭のみ、好走率が高いのはこのゾーン、流れの中でレースをしていた方が無難

前走が6番手と流れの中でレースをしていて問題ない、2走前に坂があって内回りコースの阪神1400mでハイペースを経験、嫌う理由がない、前走のパフ…
編集長おく自信度C 1
走法研究会ツイキャスでも取り上げたが、走法からここではダノンプレミアムとステルヴィオが抜けているのではないかと思う。

ただ、たしかにアキさんのおっしゃる通りで、ダノンプレミアムが引いてしまった枠は最悪。詰まるリスクもあるし、自分で競馬を作っていけないし、馬場も内が荒れてきているので少し評価を下げた。

カシアスはやはり見た目若干距離が長いと思うが、ここまで人気がないなら。後ろで折り合い専念してy特選勝負の競馬なら。枠も良いところを引けた。…
ぶらすぽ「デイリー杯でそこそこ好走した馬を狙ってみたい」自信度C 0
朝日杯FSの予想を簡潔に。

2歳戦なので人気と実力が適当なのかどうかはわからないが、前哨戦の重賞を快勝したダノンプレミアムとタワーオブロンドンの2頭は素直に評価していいと思う。

ただ狙ってみたいのは、◎フロンティア。

好走している馬の傾向として、デイリー杯でそこそこ好走した馬(掲示板に来ている馬)が絡んでいる(2016ボンセルヴィーソ2着→2着・2014アルマワイオリ4着→2着)ようなので、新潟2歳Sの勝ち馬でもあり、前走若干の不利があったこの馬の好走に期待したい。

対抗には、ここで快勝するようなら来年も期待できそうな〇ダノンプレミアム。

新種牡馬ロードカナロア産駒の▲ダノンスマ…
飼い猫 き「1番人気ですが頑張れダノンプレミアム。。。。」自信度E 2
ダノンプレミアム。。。。前目から動き出しも速くて粘り強い馬で最内を引き当てました。包まれる心配も無いと見ているので圧勝を期待します。ダノンスマッシュ。。。。相手関係がどうかですがここ2戦は強く調教も抜群の動きという事で仕上がりの早いロードカナロアに期待します。ケイアイノーテック。。。。休み明けの前走は+22㎏で3着と言う結果でした。穴をあけるのはこのお馬くんに期待です。ステルヴィオ。。。。前走は16番枠から後方一気の競馬、今回は10番とこのお馬くんにとっては好枠を引き当ててのロードカナロア産駒に期待します。…
カタストロ自信度C 6
◎ステルヴィオ

 このレースは一つポイントになりそうなのが最内にダノンプレミアムが入ったことでどうしたって各馬包みながら仕掛けを遅らせてペースもコントロールしてという意識になりそう、というところ。その中でトップスピードの質、持続力のバランスと枠順を見た時にこの馬から入りたいなと感じた。タワーオブロンドンとの比較でこちらを取ったのはTS持続力が高いレベルで底を見せていない2頭で自由に動けそうなこちらを、というところだが第一。それと流れても良い、マイルも良いと総合的に見て。前走のサウジ戦は46.1-46.9とややハイからの11.8 - 12.2 - 11.5 - 11.5 - 11.7と再加速の流れで後方外から進めて…
スコット自信度C 0
◎ダノンプレミアム

前走は強かった。0.3差は素晴らしい。しかし2歳G1にディープ産駒が2頭というのも悲しい気がする。取捨選択の肝は体重。今回の2頭はどちらもクリアしそうで楽しみ。

○ステルヴィオ

前走は後ろの後ろからよく来たと思う。それを考えれば一つで逆転可能かなとも。しかし、マイルG1でディープVSロードカナロアというのも楽しい。

▲ダブルシャープ

転厩初戦なわけだけど、前走は途中で掛かってしまってそこで終了な感じ。札幌ではタワーオブロンドンに勝ってるわけだしね。調教は一杯だったことを考えれば平凡だけど、良いと思う。

△フロンティア

このレース、このコースなら内枠ダイワメ…

タイム 1:33.3 4F 46.1 3F 34.0
単勝1番230円(1人気)
複勝1番110円(1人気)10番140円(3人気)3番130円(2人気)

クライスト教授<10期 東関脇>
「ダノックスvs外人騎手も低価値G1ならば!」
ダノンプレミアム1着/1人気
○タワーオブロンドン▲ケイアイノーテック△ステルヴィオ
×ムスコローソ  
2508
7拍手

3連単 1-10-3番

2,630円的中

【現時点でも好走候補は絞られる!】
自信度A・・・
現時点でも好走候補は絞られるのでAとする。
なお、現時点ではあくまで目安としてのシルシにて順番は関係なく、要は人気候補。

=ステルヴィオ(木村・前走ルメール)
前走(サウジRC)ダノンプレミアムに敗れているものの物凄い末脚を発揮しており、内容的には人気に推されただけの能力は見せている。
=タワーオブロンドン(藤沢和・前走ルメール)
2走目で敗れている点はいただけないものの取りこぼしはそれだけ。
=ダノンプレミアム(中内田・前走川田)
展開うんぬんにしても前走ステルヴィオを負かしたのは事実。
=ダノンスマッシュ(安田・前走福永)
重賞路線以外からでここでは一番の未知の魅力馬。

以下、デイリー杯勝ち馬のジャンダルムが逸材であった場合の好走候補・・・
=ケイアイノーテック(平田・前走川田)
デイリー杯でフロンティアに先着した点が魅力の複勝候補。
=フロンティア(中内田・前走岩田)
デイリー杯で人気を裏切ったものの巻き返しがあればと思われる複勝候補。

以下、その他の好走候補・・・
=ムスコローソ(手塚・前走戸崎)
新潟2才Sの1番人気でダノンスマッシュと同じく別路線からの魅力馬。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ダノックスvs外人騎手も低価値G1ならば!】・・・決断
自信度S・・・
有力視される4頭(ダノンプレミアム・タワーオブロンドン・ダノンスマッシュ・ステルヴィオ)が騎手動向でも道理に適った臨戦(乗り変わりでも極力騎手力を落とさない配慮ある起用)であるのに、伏兵視されるその他の騎手動向がレベル落ち(特にムスコローソの池添テン乗り)では勝負にならず。
これでは上位4頭の競馬が濃厚のためSと判断。

◎=ダノンプレミアム(川田将雅)
前走において、(福永・四位のコピー騎手である)川田なのに王道の先行抜け出しで重賞勝ちできるという事は如何に馬の能力が高いかの証拠。
ましてや中内田厩舎が重賞勝ち馬2頭出しで同馬の方が有力視される状況で、おまけに2才牡馬G1戦はマイル戦なのでよほどの逸材でなければクラシックに直結しない低価値G1だけに川田が勝ち負けするにはこれほど適したG1はない。
よって、川田が勝つのが最も相応しいため本命とせざるを得ない。
・・・もし、この馬が何かに負けた場合、「やっぱり川田も福永などと同じ作られた期待の若手だった」と評せるほど、はっきり言って助手以上の技術さえあれば馬の実績からも絶対に連対以上には成れるはずで、これだけの馬なら逃げ切り勝ちまであってもおかしくない
先行上手のルメールだったら不動の軸馬に推せる。

○=タワーオブロンドン(ルメール)
今回有力視されるダノン(2頭共)に純粋な騎手力で上回っているのは、同馬とステルヴィオ(Cデムーロ)とフロンティア(岩田)だけ。
よって、ステルヴィオはルメール本人からの乗り変わり、フロンティアはダノンプレミアムと同厩舎でサブ的存在であるため、同馬がダノンプレミアムの相手筆頭と予想。

▲=ケイアイノーテック(幸英明)
デイリー杯でフロンティアに先着した点が魅力。
川田からの乗り変わりで複勝候補ではあるが、前走プラス22kgを叩いての上積みの大きさ、乗り変わりの幸が他馬(ヒシコスマー)を降りての騎乗である事の好材料から複穴と予想。
バ川田が勝ち負け必至なら3着目に同類=競馬学校の騎手が来てもおかしくない。

△=ステルヴィオ(Cデムーロ)
ルメールからの乗り変わりである点が減点材料のため単穴までと予想。
客観的に見て、東京で届かないほど道中の位置取りで差があったのに阪神で届いたら道理に適わないため。

その他=フロンティア(岩田康誠)
前走1番人気からの巻き返しという意味では伏兵筆頭。
だが、中内田厩舎2頭出しのためダノンプレミアムのサブ的立場である点、馬主サンデーRではダノンスマッシュと同じである事を考えると「あっても複勝まで」と予想せざるを得ない。

その他=ダノンスマッシュ(福永祐一)
このレースが低価値であるのは、川田とこの鞍上が有力視される馬に配されている事で一目瞭然。
それでも、誠に不愉快極まりない予測だが、もしもCデムーロが乗り変わりによる凡走もしくは届かず、あるいはルメールが騎手と厩舎の連覇ならずによる凡走が起こった場合は嫌でも同馬は注目せざるを得ない。
同馬は、同馬主である事から「まさかの川田ズッコケ」の際の身代り的立場もあるため、いくら好走すればヤラセだとしても消し馬にはできない。

その他=ダブルシャープ(和田竜二)
マグレであっても過去にタワーオブロンドンに勝ってる事は現状では好材料。
加えて、少なくとも乗り変わりはプラスになるはずで「あっても複勝まで」でも面白い存在と予想。

消し馬=ムスコローソ(池添謙一)
この乗り変わりが今回の中で一番不可解な事柄で、主催者得意の縁故者優遇策と判断。
いくら今回は凡走必至であっても、戸崎を降ろす理由もなければ池添ごときに鞍上弱化させる理由もないだけに、手綱に捕まってただけのエセ三冠ジョッキーが縁故のお陰で優秀な馬に乗せられるこんなザマばかりしているから3流の外人ジョッキーにも勝てないという生きた証拠では消すしかない。
何より、好走したらヤラセになるのが同馬!
12/17 15:31

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【朝日杯FS2019最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

マイルCSはダノンプレミアムから
3連複3200円的中!

スプリンターズSはタワーオブロンドンから
馬連1260円的中!

ローズSはダノンファンタジーから
馬単2300円的中!

太秦Sはヴェンジェンスから
3連複4780円的中!


▼朝日杯FS2019最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/




クライスト教授

予想歴38年
回収率0%
騎手の実力を最も重視。ここに調教師・生産地レベル・馬の脚質を絡めて予想。 総拍手獲得数:3934
過去のベスト予想
 札幌記念2014

◎ハープスター○ゴールドシップ
38拍手

19,780

新着回顧朝日杯FS2017回顧一覧クライスト教授の回顧
クライスト教授TM競馬歴38年 回収率0%
完勝も来春は却って心配。
次走狙い馬:ダノンプレミアム 次走狙い馬:ステルヴィオ
次走危険馬:タワーオブロンドン   
4
3拍手

レースレベル4・・・
下手な騎手でも馬に恵まれればこれだけ完勝するという好例。
ただし、本当に余力があれば逆に着差は詰められてももっと早目に余裕を持ってゴール出来ただけに、余計な着差を付けた感のある鞍上の心理的余裕のなさが将来的には却って心配であるため4と評価。
もちろん同馬の鞍上を外人に変えればクラシックでも◎に推せる存在になる事は断言する。

次走狙い馬=ダノンプレミアム
現時点では世代一番のクラシック候補。
ただし、問題は未熟な川田で騎乗ミスしないかに懸かっておりその点だけが一番の心配。何せ彼のライバルは斜行屋の浜中なのだから!

次走狙い馬=ステルヴィオ
やはりサウジRCで見せた末脚は伊達ではなかった。
それも池添のぬるいブロックに遭っても蹴散らして来たのだから、外人騎手を配したお陰ではあるが素晴らしい末脚である。
ただし、今回2着になれたのは外人であるCデムーロ騎乗だったからで、もしも日本人騎手だったらルメールどころかおそらく幸すら交わせていなかっただろう。
いずれにしても、木村厩舎にとってもこれほどの末脚を持つ馬を管理できるのは希少事なだけに、今後の同馬には相応の腕のある騎手を配してくるはずなので次走狙い馬に指名する。
どうかエセだらけの中央日本人騎手だけは使わない事を願ってやまない。中央の日本人騎手では馬が潰されてしまうだけなので!

次走危険馬=タワーオブロンドン
最後の最後にステルヴィオに差された事で同馬の適性がマイルまでというのが分かった。
よって、同馬はNHKマイルが第一目標となるためクラシック戦線では危険馬と判断せざるを得ない。

その他=ケイアイノーテック
直線であわやのシーンを見せたが、残念ながら騎手力でもう一歩の伸びが出せなかった。
これが幸英明の実力の低さであり、もっと追える騎手であればと悔やまれてならない。
それでもダノンスマッシュより先着出来た事は救いで、追えない幸で2着争い接戦ができるからには鞍上強化すればもっと走れるという期待は持てる。

その他=ダノンスマッシュ
戸崎からの馬泥棒でも掲示板までなのだから如何にこの鞍上がボンクラでしかない事が証明されたのは本当に良かった。
ただでさえダノンの二番手であった同馬がこの鞍上で好走されたら本当にこのレースの価値がもっと下がる事になってたから。
どんな波乱や大穴が出ても競馬は不思議ではないが、福永祐一のような八百長騎手が勝つレースを見せられる事は競馬そのものを侮辱する事になるためこんな騎手ほど一日も早く消えて戴きたいモノと思わずにいられない。
この騎手と丹内祐二、藤田ナナコが好走する事は騎手界にとってはただの恥晒しでしかなく、アスリートであるはずの騎手がタレントと同じでしかない、馬を真っ直ぐ走らせられない凡人でも通用するのが今の中央競馬のレベル、八百長で勝たせて貰っているくせに親父と並んだなどと愚かな事を言うボンクラ息子たちでしかないのだから!

ちなみに、予想における愚痴を言わせて貰えば、
『池添、Cデムーロをブロックするならもっと身体を張ってやれ!お前がキチンとブロック出来ていたら1-3-5のワンツースリーでドンピシャ的中だったのに!!』という事だけ。(笑)

12/17 16:40 回顧アクセス:1981


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
OB・PAR
12/12 05:35

3着以内の中心馬=アーモンドアイは3連系の馬券には欠かせない。積極的に買う気はないなぁ!

まじん
12/08 15:48

年末に向けて調子が良い!

南川麒伊知郎
12/08 15:18

コパノキッキング の未来は…藤田菜七子と海外GⅠ制覇することではなく、菜七子を落馬させないこと。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

スカイポット>>

>>スカイポット


12/11 01:16

編集長おくりばんと>>

>>ハショタ


12/10 21:16

編集長おくりばんと>>

>>ぷみを


12/10 21:14

@阪神JF これはスゴい!



27
阪神JF
◎レシステンシア
○リアアメリア
三連単4-9-10番
86,720円 的中

ぷみを
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社