5/25 5/26 6/2
5/18 5/19
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【日本ダービー】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想皐月賞2019予想一覧クライスト教授の予想

ワイド 4-12番:270円的中

中山11R 皐月賞 2019年4月14日(日)
芝2000 3歳GI 曇良 平均レースレベル5.0

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番































































































































馬名



牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3性齢
57 57 57 57 57 5757 57 57 57 5757 57 5757 57 57 57斤量
































騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
×

BC爺

ぐつん

雨龍泥舟

index

編集長おく自信度C 1
トラックバイアスですが、私はやはり外伸びと取りました。
4Rの逃げ切りは武豊騎手が絶妙なペースで逃げたもので、例外のはず。
9Rのダンサールも道中は外を回っていましたから。

そして時計は、やや速めでしょうか。
ナイママが来れるような重さはなく、ファンタジストにアシストするほど軽くはない。
サートゥルナーリアとしては今まででは一番速い馬場を経験することにはなります。

まとめとして簡単に説明しますとサートゥルナーリアの走法が素晴らしすぎるゆえ、
斤量や時計や瞬発力という不安材料を度外視してここから買います。

https://www.youtube.com/watch?v=K6fEx-erVIU

相手にタガノディア…
浪花の赤い「皐月賞 2019 予想」自信度C 0
年 Time テン-中盤-中盤-上り 4F 5F 前後差
'14 1:58.0 = 34.1-23.9-24.1-35.9 45.7 58.0 +2.0
'15 1:58.2 = 35.2-24.0-24.3-34.7 47.0 59.2 △0.2
'16 1:57.9 = 34.2-24.2-23.9-35.6 45.9 58.4 +1.1
'17 1:57.8 = 35.1-23.9-24.3-34.5 46.8 59.0 △0.2
'18 2:00.8 = 35.5-23.7-24.3-37.3 47.0 59.2 +2.4 (稍重)
──────
Ave 1:59.0 = 34.9-23.9-24.1-35.8 46.6 58.7 +1.2

ハイペースが基本で瞬発力勝負にはなりづらく、4~5F勝負になりやすい。

逃げるのは⑤ランスオブプラーナか?
本質的に先行したい馬が比較的多いので、前がガシガシ行くようなら例年どうりハイペースになりそうですが、前半は5F6…
ムトト自信度C 0
◎ランスオブプラーナ
父ケープブランコ、母父マンカフェと距離延長が活きそうな血統。皐月賞は改修後もいわゆる凱旋門血統が走っていて、父ガリレオ系の当馬に合致。
やや走り過ぎなローテも、毎日杯からアルアインが勝っているし、若干時計のかかる馬場も合う。前走の最終ラップが優秀で先行勢が多かろうが踏ん張りの利くスタミナがある。

○クリノガウディー
かかってハナを切った前走の6着は仕方ない。
同じスクリーン産駒のジャネラーレが残った昨年のようにメンツが揃って流れた方が底力が活きる。

▲ブレイキングドーン
母父ホワイトマズルにエルコン、トニービン持ちのもろ凱旋門血統。当該コースで実績があ…
××大うつけ弾「第79回 皐月賞 G1」自信度E 4
本当によく分かりません。
これで、サートゥルナーリアが来れば、データを越えてアーモンドアイに匹敵する新鋭として、手放しで称賛するしかないと思います。

この皐月賞は、先行か差しで関西馬、重賞を着内していて、主に共同通信杯組が良く来ていて、キャリアは4~5戦あたりが良いらしい。


単勝 各1,100円
4
7
8

複勝 各1,100円
7
8
3
6
16
15

ワイド 各1,400円
4,7,8 - 3,4,6,7,8,15,16
リトル「ここは賭けても!」自信度C 0
皐月賞の本命はシュヴァルツリーゼでいきたいと思います!
正直に言えば、不安要素は多々あります!
中山のコース自体が合わない、前残りの決着…
しかし!
この馬の潜在能力からしたら、今のオッズは非常に美味しいです。

そして今回相手は弥生賞組でいきたいと思います。

サートゥルナーリアの能力は認めるもののオッズ的には手が出ない数字なので見送りにします!
×南川麒伊知「どの馬も否めない存在」自信度E 2
サートゥルナーリアは、前走のホープフルステークスから直行して、初の年明け初戦勝ちを、狙っている。狙おうとした馬は2017年のレイデオロ(後のダービー馬)は、当初の予定では前哨戦の弥生賞を経て、本番の皐月賞に臨むというローテーションを組んでいたが、ソエの症状が芳しくなく馬体にも疲労が蓄積していたことから、弥生賞を回避して皐月賞へ直行することとなった。2月1日、馬主は自身のホームページにおいて「フレッシュな状態で本番へ向かいたい」と唆した。迎えた皐月賞では、休み明け直行が不安視され、最終オッズ10.4倍の5番人気に留まった。レースでは後方からの競馬を選び、直線に至るまで自らのポジションを保…
ドリームパ自信度C 2
◎サートゥルナーリア
ルメールさんです。
連勝に土を付けないように来ましたね。
まず負けないかな。

◯ファンタジスタ
武さんです。
何だかんだ持ってきますよね。
1着を狙わないレースは長けています。
ハショタ「ノーザンダンサー系に注意」自信度C 1
土曜日の芝レースは勝ち馬全てがノーザンダンサー系だった。日曜は芝のレースが少ないので土曜日の傾向を重視したい。

◎サートゥルナーリア
本命はノーザンダンサー系ではないが、とにかく化け物的に強い可能性がある。ノーザンFとしてもJRAとしてもディープ以外の種牡馬としてロードカナロアの価値を世界に見せつけたい。そのためには牡馬の強い馬が出てこないことには意味がない。2冠は濃厚か!?

〇ニシノデイジー
ノーザンダンサー系はこの馬と⑤番のみ。重賞2勝馬の力をここで示す。ハービンジャー産駒は人気薄でこそ買い。

▲ファンタジスト
重賞4戦2勝3連対。距離延長が嫌われるなら買っておきたい。

タイム 1:58.1 4F 46.9 3F 34.7
単勝12番170円(1人気)
複勝12番110円(1人気)7番200円(4人気)4番160円(2人気)

クライスト教授<10期 東関脇>
「サートゥルナーリア序章!」
サートゥルナーリア1着/1人気
○サトノルークス▲ダノンキングリー△アドマイヤマーズ
×ラストドラフト  
854
3拍手(+2)

ワイド 4-12番

270円的中

自信度S、、、サートゥルナーリアの相手探しは変わらず。
残りの2強(ダノンキングリーとアドマイヤマーズ)に何が穴になるかを考えてもSは変わらず。

◎=サートゥルナーリア
今の所でもまだ全力で走ってない印象で、一体本気で走ったらどれだけ能力があるのか量り切れない。
この印象から受けるのは、もしかするとこの馬がみんなの夢「凱旋門賞制覇」を果たす馬なのかも知れないとの期待。
おそらく抜けた人気に推されるだろうが、同馬の夢に賭けてみたいと思わせるほどでもちろんダントツの本命に指名する。

○=サトノルークス
デビュー戦2着を見て、2強の一角を崩せるのはこの馬と判断。
当時は重馬場。鞍上ルメールが前の馬と武豊の好騎乗で行き場を無くして踏み遅れたため負けてしまったが、踏み遅れても重馬場も熟しての僅差2着で、追い上げた脚は明らかに抜けていた。
その後3連勝するのも道理で、特に全走でのアドマイヤジャスタを封じたのは大きな収穫だった。
問題は池添謙一である事だが、サートゥルナーリアが抜けて強ければ池添でも2強の一角なら崩せる可能性あると診て対抗に抜擢した!

▲=ダノンキングリー
サートゥルナーリアと同じく3戦3勝馬。
アドマイヤマーズを負かしている点を評価して単穴と判断。
問題は戸崎が鞍上なので、綺麗な競馬をすると3着を取れない怖れが強い事。
それでも、共同通信杯でアドマイヤマーズを負かして後続を千切った能力は侮れないので単穴と評価した。

△=アドマイヤマーズ
桜花賞馬グランアレグリアに土を付けた馬も、全走ではダノンキングリーに敗れているので伏兵までと判断。
巻き返しならミルコ騎乗なので文句なしだが、ダノンキングリーと同程度とすればサートゥルナーリアに見劣りするのは否めないし、何より朝日杯FS2着のクリノガウディーが評価落ちしているのが懸念。

消し=ラストドラフト
最大の伏兵としてシュヴァルツリーゼか同馬かと考えたが、シュヴァルツリーゼはまだしもラストドラフトが仮に入賞しては、いくら土壇場乗り変わりにしても田辺裕信の面目丸潰れになってしまうので消しと判断した。

また、以下は伏兵視が精一杯と評価。
いつも好枠に当たるファンタジスト(武豊)も、クラシックなど縁のないニシノデイジー(勝浦)では勝負にならないと判断。
はっきり言って、サートゥルナーリアが正真正銘の怪物であれば「1強・3弱・他番外」の争いまでと評価した。
04/14 00:12

――――――――――――――――
クラシック開幕戦・桜花賞は任せて下さい!
――――――――――――――――

【$】さらに桜花賞は過去5年で4勝のドル箱!【$】

2014年 ◎ハープスター     2540円的中
2016年 ◎ジュエラー    2万0330円的中
2017年 ◎ソウルスターリング  5020円的中
2018年 ◎ラッキーライラック   830円的中

■■■■■■■■■■■■■■■■

 本当にダノンファンタジーの相手探し?
―――――――――――――――――――――――――
【無料公開】大きく狙える『絞りに絞った3頭』はこれ!

■■■■■■■■■■■■■■■■

――――――――――――――――
≪毎週のよう高配当続出!当たってます≫
――――――――――――――――

┌─────────────────┐
≪昨年の阪神JFも絞り絞って獲った!≫

【1着】ダノンファンタジー
【2着】クロノジェネシス
【3着】ビーチサンバ

1点5000円購入で⇒払戻し65,500円獲得!
└─────────────────┘

配当妙味はさらに上!桜花賞の3頭も見逃せない!

ダノンから買う方も!他から買う方も!!





クライスト教授

予想歴40年
回収率125%
騎手の実力を最も重視。ここに調教師・生産地レベル・馬の脚質を絡めて予想。 総拍手獲得数:3821
過去のベスト予想
 札幌記念2014

◎ハープスター○ゴールドシップ
38拍手

19,780

新着回顧皐月賞2019回顧一覧クライスト教授の回顧
クライスト教授TM競馬歴40年 回収率125%
接戦も名手は負けない!
次走狙い馬:サートゥルナーリア 次走狙い馬:アドマイヤマーズ
次走危険馬:ヴェロックス 次走危険馬:サトノルークス
5
0拍手

レースレベル5、、、予想外の接戦も順当にサートゥルナーリアが勝ってまず1冠制覇。
これで無敗のダービー馬誕生はほぼ確定と見て良いだろう。

大健闘だったヴェロックスは惜しい2着もダノンキングリーを負かしたのは立派。
問題はこれを続けられない川田の技量が心配な事。

3着にもダノンキングリーがハナ差入賞。
問題は戸崎のままでは今度は3着も危うい事。

馬を譲らされたミルコはそれでも4着入線。
サートゥルナーリアには敵わないものの、ダービーでは2着候補有力になりそう。

鞍上のだらしなさを見せたのが期待したサトノルークス
道中も満足に位置も上げられず最後は馬群にも付いて来れなかった。
もちろん馬も悪かったが、池添の無策同然の騎乗にはもっと不甲斐なかった。

次走狙い馬=サートゥルナーリア
まず1冠。
ダービーよりも皐月賞が心配だったが、それでも勝つのだからさすがの一語。
これでダービーはもっと強い競馬を見せてくれるはず。

次走狙い馬=アドマイヤマーズ
今回は4着入線だったが、ミルコの騎乗もあるので次走狙い馬は同馬と判断。
サートゥルナーリアには敵わなくても、長距離になれば川田や戸崎より腕は上なので次の2着は同馬が有力視。

次走危険馬=ヴェロックス
サートゥルナーリアにアタマ差大健闘も、これを続けられないのが競馬学校低レベル鞍上の性。
ダービーでは次順に推されるだろうが、名手と名馬に健闘した次のレースは他馬に喰われる可能性が高いので次走危険馬の筆頭と判断。
何より本当に川田に実力があるならダノンファンタジーが4着になる訳がない!

次走危険馬=サトノルークス
まず鞍上の無策さが目立った。
腕もない癖に馬群に入れて蓋を開ければ追走に四苦八苦。
勝負所では後続馬に外から交わされて満足に追うことも出来ず、結局後方のままで仕掛ける事も出来なかった。
武豊や福永と同じく縁故のお陰で良い馬に乗せて貰ってばかりいる低レベル鞍上のらしい実力で、こんな騎乗をしているからバカ息子と言われるのである。海外でオルフェーヴルに乗せて貰えないのも当たり前。
その意味ではサトノルークスは可哀相だった。
先行してなんぼの鞍上が下手なくせに馬を抑えて走る気を無くし、しかもコースすらもまともに取れずではサトノルークスの方が「いい加減にしろよ、バカ息子!」と言いたくなっただろう。
そんな状態ではいくら馬が良くても勝ち負けなど出来る訳がないので次走危険馬と評価した。
ブラストワンピースが人気でコケまくるのも此奴たち競馬学校のせい!

※名馬に名手が乗れば負けたりしない!
ルメールは名手だが、今回はミルコからの乗り変わりだったのでまさかもあると思った。だが、さすがは期待を裏切る事はなかった。これが本物の「ジョッキー」である。
予想外の接戦になったが、やはりサートゥルナーリアは実力が抜けていた。
ダービーでもその能力を奈何なく発揮して欲しい!

ヴェロックスも大健闘したが、やはり川田ごときでは落鉄でもない限り勝てるはずもなく、同じくダノンキングリーも良く走ったが、こちらも綺麗競馬の戸崎では川田にも勝てなかった。
小差ではあったが、やはり日本人は「騎手」ではなくて「鞍上」である事を今回ほど思い知らされた事はない。
もしもサートゥルナーリアに川田が乗っていたら、きっと勝ったのはルメールとミルコのどちらかだったろう。

名手が良い馬に乗るのはクラシックなら当たり前な事だが、これまで日本人鞍上が如何に作られた基準(中央競馬の年功序列&出来レース)だったか思い返して無性に情けなくなった。
川田も、まるでダノンファンタジーの2着取り返しのようにミエミエで却って情けなさが増した皐月賞だった。

04/14 17:43 回顧アクセス:368


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
編集長おくりばんと
05/19 00:10

まじんさん ご心配かけ申し訳ありません。反省します!また何かありましたらぜひ教えていただけると大変助かります

まじん
05/18 21:26

編集長対応ありがとうございます。このところサイトの更新少し心配です。お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。

編集長おくりばんと
05/18 08:30

まじんさん失礼いたしました!昨晩更新しました。宜しくお願い致します。

まじん
05/17 21:58

編集長。お忙しいところ誠に申し訳ありませんが、サイトの更新をお願いします。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

manapapa>>

>>manapapa


05/18 15:52

雨龍泥舟>>

>>index


05/16 19:41

index>>

>>index


05/16 18:26

index>>

>>index


05/16 18:19

index>>

>>index


05/16 18:18



8
メイS
◎ダイワキャグニー
○ベルキャニオン
馬単2-6番
4,780円 的中

ゼータ
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社