11/28 11/29
11/28 11/29
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【ジャパンC2020】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想マイルCS2020予想一覧夏影の予想

阪神11R マイルCS 2020年11月22日(日)
芝外1600 3歳上GI 曇良 平均レースレベル4.0

87654321枠番
1716151413121110987654321馬番














































































































馬名



牡3 牡4 牡6 牝5 牡3 牝4 牝5 牡8 牡5牡5牡4 牡3 牡5牝4 牡5 牝3 牡8性齢
56 57 57 55 56 55 55 57 575757 56 5755 57 54 57斤量






























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
××

BC爺

FUNNY

ハショタ自信度C 2
G1馬多数の強豪メンバーが揃い、どこからでも勝負できそうなワクワクするレースが期待できそうだが、馬券勝負は非常に難解。

今年のG1は(※3歳限定G1は除く)
①G1連対実績
②牡馬混合G2勝ち
③前年の同レース連対
上記を満たす馬がのみしか3着にこれていない。
今回のマイルCSも強豪揃いで生半可な実績では勝ち負け出来ない。

条件を満たすのは、
グランアレグリア、アドマイヤマーズ、インディチャンプ、サリオス
人気上位馬で仕方ない。この中から本命馬は

◎アドマイヤマーズ
マイルチャンピオンと名が付くからにはマイル実績を重視したい。デビューから4戦全てマイル戦に使われ、ここまでマイル重賞4勝は…
軍神マルス「マイルCS マイラー適性を素直に評価。」自信度A 6
★傾向分析★
2015年 タイム 1’32”8 (良) 1FAve=11.60 3FAve=34.80
テン34.6-中盤24.4(3F換算36.60)-上がり33.8 『加速・中弛み』
1着モーリス・・・スクリーンヒーロー×カーネギー=ロベルト×サドラーズウェルズ 〔10-d〕 9-8
2着フィエロ・・・ディープインパクト×Danehill=ディープインパクト×ダンチヒ 〔10-a〕 8-8
3着イスラボニータ・・・フジキセキ×Cozzene=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔4-n〕 12-13

2016年 タイム 1’33”1 (良) 1FAve=11.64 3FAve=34.91
テン34.4-中盤23.1(3F換算35.84)-上がり35.6 『前傾・中弛み』
1着ミッキーアイル・・・ディープインパクト×Rock of Gibralt…
ドリームパ自信度C 15
◎グランアレグリア
ルメールさんです。
かなり強いですよね。内に包まれる感じもないので勝ちますよね。

◯インディチャンプ
福永君です。
マイル王です。
休み明けでも体勢は整っていますね。
今年はこの2人です。
しろ自信度C 0
4:グランアレグリア

レース後半の持続力を積極的に引き出すことが出来れば手がつけられないほど強いが、受けに回ると脆さを出すタイプ。
今回は内枠で動けなくなったり、前走で1200mを走ったことにより行きっぷりが良くなりすぎてそれを抑えることに必死になって仕掛けのタイミングが遅れてしまうということが不安点として考えられる。ただ、両隣が後ろから行くタイプなのでスタート直後から余裕を持ってポジションを選ぶことが出来ると思いますし、レシステンシアがいることからある程度は流れるはずで、そうなれば折り合いを欠いたり仕掛けのタイミングを逃すという可能性も低くなる。
そつなく勝つのではなく、圧勝…
ぷみを自信度C 2
インディチャンプ
 一時は引退まで考えられた当馬。
スタッフの頑張りによって立て直された。立て直したどころかグランアレグリアにも勝てそうなまでになっている。

グランアレグリア
 天皇賞秋ではアーモンドアイ忖度のため出走はかなわないほど力がある。もしかしたら最強かもしれない。
×FUNNY「少し捻って」自信度C 0
土曜の競馬をみるとかなり強烈に外差し傾向になっていると見れますね。というか内枠が痛みだしてきたのか。

印変更
本命サリオス
この馬場なら外枠の方が良いだろう。調教が特に良く見えた。

対抗グランアレグリア
逆にこちらは調教というか何で最終芝追いなのか。前の予想では馬体ができていると述べたが、疲れ自体が取れていないのか。枠自体も難しいところになったので捻って対抗に

三番手インディチャンプ
高速馬場適正ならこっちか

穴目は差し足強烈なスカーレットカラー

大幅変更したがこんなに急に外差し傾向になるとおもわなかったので


金曜予想
高速馬場想定
内馬場もまだまだ大丈夫だろ…
とりおやこ自信度C 1
ペルシアンナイトは、言うまでもなく前3年全てで馬券になっていて、
マイルCSとの相性がいい馬です。

過去のステップを見ても、前哨戦ではあまり振るわず、本番で調子を上げているので、

前走が4着と言っても、それは過去と同じというか、むしろ良いくらい。

それなのに、単勝100倍超なんだから、買わない手はないと思います。
(さすがに単勝は買わないと思いますが)

ご覧の方の中には「相性がいいっつってもそれ京都じゃん」って言う方もいるでしょう。

確かに、今年のマイルCSは阪神でやりますけど、
京都と阪神でそんなに違いますかね?


こんなこと言うと、競馬に詳しい人から非難轟々だと…
カピバラ「「溜めて末脚の持続力勝負」なら」自信度B 3
◎7アドマイヤマーズ
何と言っても安田記念が強かった。
強力なスプリンターが先行する流れを2頭分外の3番手で追走して6着。勝ったグランアレグリアの次に強い走りをしたのは間違いない。
元々はスローや中弛みで脚を溜めてから末脚の持続力を発揮するタイプで、近2走の先行策はこの馬の適性に合っていない。
また、叩き良化型&1400mのペースは合わないので、前走の敗戦は度外視出来る。
阪神1600mはキツい3角でペースが緩みやすく直線も長いため、「溜めて末脚の持続力勝負」が得意なこの馬の適性に合っている。
(勝手な推察だが、他馬と競り合う状況下の方が能力を発揮しそうなので、中枠もプラス)

▲17サリオス

タイム 1:32.0 4F 45.1 3F 33.5
単勝4番160円(1人気)
複勝4番110円(1人気)8番190円(3人気)7番200円(4人気)

夏影<14期 東十両八枚目>
「前残り馬場を想定し、トキオリアリティの血に注目」
ラウダシオン15着/6人気
○レシステンシア▲インディチャンプ△アウィルアウェイ
×グランアレグリア×サリオス
307
1拍手

「馬場読み」

土曜競馬の10R瀬戸内特別(2勝クラス)は、トウケイミラが4角6番手の位置取りから差し切った。
1.21.1の勝ち時計で1着、同馬の上がりは34.7。
父はトウケイヘイロー、母父はサクラバクシンオー。

開幕週に行われた道頓堀S(3勝クラス)は、33秒台の上がりを駆使した人気薄の2頭が1〜2着。
勝ち時計は1.20.7だった。
勝ったジョーアラビカは、ジョーカプチーノ×ダンスインザダーク。
2着のステイオンザトップはステイゴールド×インザウイングス。
内回りの短距離戦だったにも関わらず、共にヨーロッパ色に片寄った配合の馬で、且つ速い上がりを駆使したところが特徴だった。

開幕週は、直線での伸びが目立った明らかな「高速差し馬場」だったが、今週はズレを感じる結果にシフトしている。
トウケイヘイローといったマイナー種牡馬の産駒で、母父は最速スプリント血統のサクラバクシンオーで上がりが明らかに遅くなっている。

そこで、別のレースにも注目。
3Rの平場未勝利戦。
勝ったのはキズナ産駒のロードリスペクト。
勝ち時計は1.21.2、同馬の上がりは35.4の逃げ切り勝ち。
3着馬のマリーナもキズナ産駒の先行馬だった。

アンドロイドS(オープン)はディープインパクト×ゴーンウエスト系のアドマイヤビルゴが1着。
4角8番手の差し競馬だったが、前半59.3秒は速いペースでもない。
勝ち時計は1.58.8、上がりは34.7で共に平凡なものだ。

開幕週に比べると、明らかに終いのスピードが乗らない傾向。
キズナ産駒の活躍も気になる。
キズナ産駒は母母父のダマスカス系の特色が強調される傾向にあり、ダート質のパワーと体力を持ち合わせる馬が多い。
そんな未勝利クラスのキズナ産駒の逃げ馬が、2勝クラスの差し馬と、ほぼ変わらない勝ち時計を見せている。
少なくとも、内回りコースはパワーをスタート時の加速に費やし、レース中盤以降は惰性で残る競馬をした方が吉と出そうな傾向を見せている。
毎週行なわれる散水と中間の降雨、そして2週使われた事により、ある程度路盤が踏み固められているように感じる。

今回のマイルCSは、外回りコース使用と未知の部分はあるが、前残り馬場にヤマを張って予想してみたい。

◎ラウダシオン
高速差し馬場なら位置取りを下げた方が良いと思ったが、今現在の馬場ならいつも通りの先行策が良いだろう。
前残り馬場+レシステンシアの環境で強さを発揮するのは、NHKマイルCで実証済み。
父母ラインから受け継ぐインリアリティ系の究極のスピード、父父から受け継いだ気の良さがあり、前残りのマイル戦でベストパフォーマンスを発揮する。

○レシステンシア
NHKマイルCは桜花賞の疲労を抱えた状態。
それが無ければ、もっと際どい結果が得られたであろう。
今回は休み明け、体力充填が出来て馬体が戻っていれば、パフォーマンスアップが見込める。

▲インディチャンプ
母系の血の影響強く、追走スピードとトップスピードに長けた馬。
一瞬しか使えないものの、追い出してからの反応は現役最速クラス。
ラウダ、レシスをまとめて交わす事も十分に考えられる。

△アウィルアウェイ
1200→1600㍍距離延長を利用した「追い込み→先行」なら。

◎、▲、△はトキオリアリティの血を保有。
この血が、この馬場での競馬に何らかの影響を与えると見ている。

馬場読みが正解ならば、グランアレグリアの「追い込み→先行」位置取りショックは、独り競馬の出来ない環境になり不向きなショック。
サリオスは、枠順が致命傷に。
波乱の競馬を期待する。
11/22 07:55

■■■■■■■■■■■■■■■

≪JRA馬主・佐々木主浩本人≫
【ジャパンC2020最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

神戸新聞杯はコントレイルから
馬単620円的中!

七夕賞はブラヴァスから
馬連4730円的中!

函館SSはダイアトニックから
馬連5710円的中!

スプリンターズSはグランアレグリアから
馬連530円的中!


▼ジャパンC2020最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/




夏影

予想歴37年
回収率%
予想のベースになっているのは、今井雅宏氏考案の『Mの法則』。 総拍手獲得数:932
過去のベスト予想
 NHKマイルC2020

◎ギルデッドミラー○ラウダシオン
38拍手

19,620

新着回顧マイルCS2020回顧一覧夏影の回顧
夏影TM競馬歴37年 回収率%
やっぱ勝負師
次走狙い馬:サリオス   
     
 
0拍手

インディチャンプの勝ちパターンは、ラスト2ハロンがキモとなっている。
1ハロンで唸るような末脚を駆使して先頭に躍り出る事を目標にし、ラスト1ハロンは父ステイゴールド譲りの粘り腰で踏ん張るといった感じになる。
インディチャンプがマイルG1で強いのは、こういうレースが出来るから故。
福永ジョッキーは、それを良く理解しているからこそそういったレースをさせる。
そして、今回も100点満点の騎乗だった。

私は昔、実はネット対戦大富豪の名人として君臨していた人間である。
当時、ネット対戦大富豪を参加していた方ならば、「うるるん」というハンネは知っている事だろう。
セット終盤で上がり手を臭わせた3枚シークェンス出しでジョーカーを使わされ、上がり寸前で手の内をなし崩しにさせられたプレイヤーは多かったはずだ。
貧民、大貧民と弱い立場にいる場合は、わざと富豪プレイヤーをアシストし上がりを促す。
大富豪プレイヤーの焦りを誘い、富豪プレイヤーの上がりを阻止させようと強いカードを無駄に使わせる事が目的だ。
上手くいけば、大富豪と富豪プレイヤーは潰し合いとなり、両者共に強いカードを失う展開になる。
それで、貧民や大貧民にも上がれるチャンスが出て来る。
そんな戦いを経験してきた私ですら、今回のルメールのカードの切り方の上手さには驚かされた。

レシステンシアがハナを奪う展開。
前半46.9→後半45.1、後半が1.8速い後傾ラップで、前半のラップはNHKマイルCよりも0.9秒遅い。
当然後続を引き付ける事になり、馬群が詰まる事に。
速い上がり勝負でどうこうなる馬でもなく、レシステンシアマイルCSは、レース前半で実質終わった。
北村友は、チューリップ賞での敗戦で何も学習出来ていなかったといった内容。
結局レシステンシアは、生涯で初めて馬券圏どころか、掲示板に馬番を載せる事すら出来なかった。

グランアレグリアは好スタートから、5番手の馬群の中を追走。
正直、グランアレグリアの競馬はここで終わったと思った。
最後の直線で馬体を併せた戦い合いに参加すれば、間違いなく体力負けを喫する。
…そう考えたからである。
実際最後の直線では壮絶な叩き合いとなった。
しかし、ここはルメールの頭脳が光った。
この壮絶な叩き合いには参加せず、追い出しのタイミングを覗い、ただひたすら我慢に徹していた。
残り300㍍地点辺りからインディチャンプが唸りを上げて外から差し込んでくる。
残り200㍍の標識手前で先頭に躍り出ると、粘り込みモードに入った。
ルメールは、このタイミングを見計らってグランアレグリアを外に出しGoサイン。
インディチャンプをバッサリと切り捨てた。
「不利な戦いには参加せず、切り札は最後の最後に見せる」といった完璧な騎乗シナリオで優勝を攫った。
馬の強さ以上に、鞍上の巧さが際立っていたレース内容だ。

次走注目したいのは、やはり枠順が全てだったであろうサリオスだ。
馬券に絡んだのは、全て4角5番手以内の馬。
大外枠が原因でポジションを悪くしての5着なら、強い内容。
有馬記念に参戦する事を願う。
距離延長による「差し→先行」といった位置取りショックが非常に面白い。

11/22 21:24 回顧アクセス:41


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス
土曜・日曜 22時~23時頃  http://twitcasting.tv
ツイッターユーザーの方はコメントで参加できます。



つぶやき
ラインマスター
11/29 18:02

JC負けた方々。蒲郡SG優勝戦あるよ。2連単1-3。

夏影
11/29 08:48

会社の同僚が言っておりました。 アーモンド「アイ」 「コン」トレイル デアリング「タクト」 …「アイコンタクト」。

ハショタ
11/25 17:16

ありがとうございます。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

軍神マルス>>

>>軍神マルス


11/07 19:42

index>>

>>index


11/03 20:18

@天皇賞(秋) ありがとうございま~

クライスト教授>>

>>FUNNYCAT


11/02 11:22



15
マイルCS
◎グランアレグリア
○インディチャンプ
三連単4-8-7番
4,480円 的中

ドリームパスポート
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社