5/28 5/29
5/28 5/29
モナコイン
tipmonaとは
新着予想ヴィクトリアM2022予想一覧軍神マルスの予想

東京11R ヴィクトリアM 2022年5月15日(日)
芝1600 4歳上GI 曇良 平均レースレベル3.3

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番









































































































馬名



牝5 牝6 牝5 牝4 牝5 牝5 牝5牝4 牝6 牝5 牝5牝5 牝4牝4 牝5 牝5 牝4 牝5性齢
55 55 55 55 55 55 5555 55 55 5555 5555 55 55 55 55斤量


































駿



騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

クライスト

FUNNY

編集長おく自信度C 0
90 ソングライン
90 レシステンシア
89 デゼル
89 デアリングタクト
89 ファインルージュ
88 マジックキャッスル
88 ミスニューヨーク
88 テルツェット
87 レイパパレ
87首高 シャドウディーヴァ
87 アンドヴァラナウト
87 ディヴィーナ
87 クリノプレミアム
86 ソダシ
86 アカイイト
86 アブレイズ
85 メイショウミモザ
84 ローザノワール

枠順が出ましたね!

第一感としては、有力馬が内に集まったなと

13番のレイパパレとて前目に行ってしまうと思うので直線走るのは内目かもしれません

これは外伸び馬場になると、、大波乱なんてことも妄想しますが、やはり5強の力が抜けているか

5…
××ぴろり金「荒れてほしい!」自信度C 0
◎デゼル。
能力は足りるはず。
展開がはまれば・・・。

〇ソングライン。
東京マイルが一番合うはず。

▲レイパパレ。
復活勝利も十分。
外目の枠もラッキー。

△アカイイト。
GⅠホースの意地で連がらみもあるか!?。

×デアリングタクト。
ここは様子見。

×ソダシ。
ピークは過ぎた感。
ムトト自信度C 0
◎アブレイズ

近年の傾向で見ればジュールポレール・母父エリシオやレッドヴァンセ・母父ダンシングブレーヴなど、凱旋門賞馬、すなわち欧州血統が来ている。昨年2着のランブリングアレーなどもサドラー持ち。
アブレイズは母父ジャングルポケットのトニービン持ち。東京はメイS勝ちがあり、Vラインの上がり最速。東京コースは父がキズナということもあり、合うはず。2走前の中山牝馬2着も強い内容だったし、まだまだ走る気がある。

○マジックキャッスル
昨年3着。リピーターレースで、前走内容も悪くないことから。

▲ディヴィーナ
母父ディープに父はロベルト系と当該レースに今後合いそうなタイプ。あがり馬の…
ハショタ自信度C 5
今年は豪華メンバーだが抜けて強い馬はいない。
この中で牡馬混合G1,G2で勝ち負けできる馬を狙いたい。また、逃げて重賞勝ちをしたことのある馬が毎年掲示板にのる穴好走に注意したい。


◎レシステンシア
逃げて重賞勝ち、G1連対実績がある。昨年は休み明け3戦目。今年は2戦目。馬体も絞れて態勢整う。

○レイパパレ
▲ソングライン
△ソダシ
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・
・・…
index自信度C 0
~~~~~


対角に人気馬を配置しない枠順な為、
無条件で1番人気馬が狙い目。


◎レイパパレ


流れ的に1着はどうかと思うが、
3着以内として◎にしました。



このレースは見送りですね。
難しい。

~~~~~



21①父母父系リファール
  ②父母父系リファール
  ③父母父系リファール
20②父母父系リファール
19②父母父系リファール
18①父母父系リファール
  ③父母父系リファール
17②父母父系ダンシングブレーヴ
  ③父母父系リファール
16②父母父系リファール
  ③父母父系リファール
15
14①父母父系リファール
13①父母父系リファール
12②父母父系リファ…
クライスト自信度A 0
、、、自信度A
三冠牝馬の能力に期待。
相手は混戦なら順調さとマイル戦適応力重視。

◎=デアリングタクト
長期休養も三冠牝馬の底力に期待。

○=ソダシ
桜花賞馬の実力に期待。

▲=レシステンシア
好走期待なら十分出来る馬。
懸念は傍に親が居ないので鞍上が実力以上の期待が出来ない点。

△=レイパパレ
順当なら好走必至の馬。
懸念はまだ今年1番人気が勝ってない事。
まじん自信度B 3
◎2番ソングライン
〇7番レシステンシア
▲13番レイパパレ
△16番デゼル
音は手広く3,4,5,6,8,11,14

豪華メンバーになった。G1馬が5頭もそろっているけど穴気配で虎視眈々なコース適正が高そうなところも多い。荒れるレースのイメージなので実力があるのに人気のないところを狙いたい。

本命はソングラインに期待する。人気がどうなるかだけど、少し落としてほしいところ。府中のマイルは得意で2戦前には凡走したが、前走レースレベルは何とも言えないけど世界に名を知らしめた。こういう流れの乗り代わりで怖い鞍上も魅力。

対抗はレシステンシア。昨年のこのレース6着からスプリントばかり…
だるま「東京11R【ヴィクトリアM】」自信度C 0
東京11R【ヴィクトリアM】
芝 左 1600m Bコース

お札付きお馬さん
13 レイパパレ 前走大阪杯2着○的中 奴 

お気に入りお馬さん
1 デアリングタクト 1年ぶり 香港3着 怪我明け初戦 松山
4 マジクキャッスル 前走阪神牝馬S 5着▲ 昨年3着 替 戸崎戻
17 シャドウディーヴァ 前走金鯱賞12着 福永さん→坂井替

【ヴィクトリアM】以下のように予想する
◎ 2 ソングライン
○ 11 ファインルージュ
▲ 5 ソダシ
△ 13 レイパパレ
X 8 15
レ 1 4 17

【ヴィクトリアM】買い目
馬単
2=11 5
馬連
13=1 4 17
3連複
13ー1 4 17-1 11 5
3連単
2-13-11 5 8 15
2…

タイム 1:32.2 4F 45.9 3F 34.2
単勝5番570円(4人気)
複勝5番230円(4人気)11番190円(2人気)7番360円(6人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「ヴィクトリアM 牝馬クラシック好走歴とディープインパクト系」
レイパパレ12着/1人気
○ファインルージュ▲ソダシ△アンドヴァラナウト
    
37
0拍手

★傾向分析★
2017年 タイム 1’33”9 (稍重) 1FAve=11.74 3FAve=35.21
テン35.6-中盤24.5(3F換算36.75)-上がり33.8 『加速・中弛み』
1着アドマイヤリード・・・ステイゴールド×Numerous=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔22-a〕 12-7
2着デンコウアンジュ・・・メイショウサムソン×マリエンバート=サドラーズウェルズ×ニジンスキー 〔8-a〕 9-11
3着ジュールポレール・・・ディープインパクト×エリシオ=ディープインパクト×ノーザンダンサー 〔9-h〕 6-7

2018年 タイム 1’32”3 (稍重) 1FAve=11.54 3FAve=34.61
テン35.2-中盤23.1(3F換算34.65)-上がり34.0 『加速』
1着ジュールポレール・・・ディープインパクト×エリシオ=ディープインパクト×ノーザンダンサー 〔9-h〕 8-8
2着リスグラシュー・・・ハーツクライ×American Post=サンデーサイレンス×レイズアネイティヴ 〔1-l〕 13-13
3着レッドアヴァンセ・・・ディープインパクト×ダンシングブレーヴ=ディープインパクト×リファール 〔9-f〕 4-4

2019年 タイム 1’30”5 (良) 1FAve=11.31 3FAve=33.94
テン33.7-中盤22.4(3F換算33.60)-上がり34.4 『前傾』
1着ノームコア・・・ハービンジャー×クロフネ=ダンチヒ×ヴァイスリージェント 〔20-a〕 7-7
2着プリモシーン・・・ディープインパクト×Fastnet Rock=ディープインパクト×ダンチヒ 〔6-e〕 10-10
3着クロコスミア・・・ステイゴールド×ボストンハーバー=サンデーサイレンス×ボールドルーラー 〔14-c〕 5-5

2020年 タイム 1’30”6 (良) 1FAve=11.33 3FAve=33.98
テン34.2-中盤22.5(3F換算33.75)-上がり33.9 『一貫』
1着アーモンドアイ・・・ロードカナロア×サンデーサイレンス=キングマンボ×サンデーサイレンス 〔8-f〕 4-4
2着サウンドキアラ・・・ディープインパクト×アグネスデジタル=ディープインパクト×ミスプロ 〔22-d〕 3-3
3着ノームコア・・・ハービンジャー×クロフネ=ダンチヒ×ヴァイスリージェント 〔20-a〕 7-6

2021年 タイム 1’31”0 (良) 1FAve=11.38 3FAve=34.13
テン34.3-中盤23.3(3F換算34.95)-上がり33.4 『加速・中弛み』
1着グランアレグリア・・・ディープインパクト×Tapit=ディープインパクト×エーピーインディ 〔3-o〕 9-10
2着ランブリングアレー・・・ディープインパクト×シンボリクリスエス=ディープインパクト×ロベルト 〔17-b〕 11-10
3着マジックキャッスル・・・ディープインパクト×シンボリクリスエス=ディープインパクト×ロベルト 〔16-f〕 9-7

 流れは、『前傾』や『一貫』の厳しい流れになりやすく、『中弛み』も複合するが、基本的には末脚の上がり勝負になりやすい傾向。そのため前にて展開して、速い上がりでまとめられるタイプが向いていると思います。位置取りとしては、4コーナー5番手以内の馬の好走が多い。

 血統の傾向は、とにかくサンデーサイレンス系。フジキセキ、スペシャルウィーク、ステイゴールド、ディープインパクトなどが好走している点より、スピードとスタミナのバランスが取れているタイプ向き。特に近年はディープインパクト産駒が好走する事が多く、ディープインパクト産駒は特注。
 桜花賞・オークス・秋華賞と牝馬クラシックでの好走馬が強く、特に4歳馬が良く好走しています。桜花賞好走馬は先行してスピードの持続性能で押し切れるタイプ、オークスや秋華賞好走馬は後方から鬼脚を繰り出すタイプが好走。
 またヴァイスリージェント系も好走馬が多く、こちらもクラシック好走歴があるタイプやセカンドシーズン突入のタイプに注目。

 ちなみにヴィクトリアMで好走した牝馬クラシック好走馬は、06年1着ダンスインザムード(=04年桜花賞1着)、06年2着エアメサイア(=05年オークス2着・秋華賞1着)、06年3着ディアデラノビア(=05年オークス3着)、07年1着コイウタ(=06年桜花賞3着)、07年2着アサヒライジング(=06年オークス3着・秋華賞2着)、07年3着デアリングハート(=05年桜花賞3着)、08年2着・09年1着ウオッカ(=07年桜花賞2着・秋華賞3着)と10年1着・11年2着ブエナビスタ(=09年桜花賞1着・オークス1着・秋華賞3着)、11年1着アパパネ(=10年桜花賞1着・オークス1着・秋華賞1着で10年牝馬3冠)、12年1着→13年2着ホエールキャプチャ(=11年桜花賞2着・オークス3着・秋華賞3着)、12年3着マルセリーナ(=11年桜花賞1着)、13年1着→14年1着ヴィルシーナ(=12年桜花賞2着・オークス2着・秋華賞2着と牝馬準3冠)、14年2着メイショウマンボ(=13年オークス1着・秋華賞1着)、16年2着ミッキークイーン(=15年オークス1着・秋華賞1着)、16年3着ショウナンパンドラ(=14年秋華賞1着)、18年2着リスグラシュー(=17年桜花賞2着・秋華賞2着)、20年1着アーモンドアイ(=18年桜花賞1着・オークス1着・秋華賞1着)、21年1着グランアレグリア(=19年桜花賞1着)、21年3着マジックキャッスル(=20年秋華賞2着)と毎年好走馬が非常に多し。牝馬クラシック好走馬が好走しやすいレースと考えます。

 リピーターの好走も多く、前年好走馬も近走不振でも復活があるので、注意が必要です。

★予想★
ヴィクトリアMのポイントは、
①『中弛み』が基本の流れ。前にて展開して速い上りを繰り出せるタイプが狙い目。『加速』、『一貫』、『前傾』などはオプションとして考えるが、東京芝1600mは基本テンが厳しい流れになりやすい傾向にあることから、逃げ馬には厳しい流れ。
②サンデーサイレンス系が中心。サンデーサイレンス系×大系統ノーザンダンサー系の好走が多い。
③牝馬クラシック好走歴に注目。好走が多ければ多いほど信頼性は上がる(=必ずしも1着好走である必要はなく、2・3着の好走が多い馬でも能力を評価出来る)。その中でも好走数が多い4歳馬は軸としての信頼性が高い。
④牝馬クラシック好走歴>GⅠ好走歴>近走の重賞好走歴と重視すべし。格を重視すること。
⑤中山牝馬S好走馬や福島牝馬S好走馬は連下候補に最適。
⑥阪神牝馬S組は好走馬よりも、敗退馬の方が期待値が高い。
⑦4歳・5歳馬が好走が多く、6歳以上は割引が必要。
⑧リピーターの好走があるが、「老馬の法則」は活きる。前年好走馬は近走内容をよく再考し、好走可能かを考えること。

◎レイパパレ・・・ディープインパクト×クロフネ=ディープインパクト×ヴァイスリージェント 〔3-l〕
 前走大阪杯2着(=阪神芝2000m:0.1秒差)。東京芝コースは初で、芝1600m戦は(2-0-0-0)。牝馬クラシック好走歴はないが、20年大阪杯1着、21年大阪杯2着と古馬混合GⅠ好走歴がある馬。ディープインパクト産駒の好走が多いGⅠで、ディープインパクト産駒の好走には勢いが必要な点で、久しぶりのマイル戦という鮮度の高さも考えて、堅軸として評価する。母父ヴァイスリージェント系で、セカンドステージ突入にも期待できる馬で、血統的にも合う馬として好走に期待する。
 ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、広いコースで加速をつけながら全開になる末脚が武器で、スローで脚を溜めてキレキレの瞬発力を繰り出す。一瞬でトップスピードに乗れるタイプと点火に時間がかかるタイプがいて、前者は馬体重が軽い馬、後者は馬体重の重い馬が多い。それから母系がスピード型だと一瞬の反応が速く、母系がスタミナ型だとトップスピードに乗るまで時間を要する。また道中が速いペースだと脚をなし崩しに使わされて末脚が鈍るので、距離短縮の速い流れの時には過信禁物。逆に距離延長で緩い流れとなるときには狙い目。スローでしか好走歴のない馬の距離短縮時は、疑って掛かる方が良い。ゆったりローテーションに強く、間隔が詰まるのも良くない。母父クロフネはヴァイスリージェント系で、鮮度と勢いが好走に非常に重要なポイントとなる。芝もダートも走れる兼用型だが、同系のフレンチデピュティと比べるとややパワー型で、持久力も豊富。勢いがある時には連勝も多く、上昇馬はクラスの壁を突き抜けて短期間にまとめて稼ぐ特性を持つ。“ダートから芝に転じて急上昇”や“詰めの甘かったマイラーが地力先行勝負で本格化”という成長パターンを示す。充実期は連勝が多く、積極的に狙える。重不良の成績も抜群で、“雨のダートのクロフネ”には要注意。
 No.〔3〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。直線の長いコースでの末脚勝負にも強く、東京や京都芝コースでの好走も多い。分枝記号lは、クラシックで特注の記号で、能力が高くトップクラスのポテンシャルを秘めていて、成長力も豊富。

◯ファインルージュ・・・キズナ×ボストンハーバー=ディープインパクト×ボールドルーラー 〔4-r〕
 前走東京新聞杯2着(=東京芝1600m:0.3秒差)。東京芝コースは(1-1-0-1)、芝1600m戦は(1-1-1-0)。21年桜花賞3着、秋華賞2着と牝馬クラシック好走歴がある馬。
 キズナ産駒はディープインパクト系で、牝馬は芝1600m、牡馬は芝2000mの勝ち鞍が多く、パワー型血統の兆候がでている産駒が多い。レース間隔は詰めた時に好走が多く、間隔を詰めてガラッと一変するのはキズナの母父ストームキャットの影響が出ているものと思われる。間隔をあけて好走する馬もいるので、産駒の変わり身を狙うなら「叩き2戦目」が買いになる。母父ボストンハーバーはボールドルーラー系で、早熟のスプリンター血統で、2歳夏の早い時期から好走は多いのだが、成長力やスタミナに乏しい。高速決着には強いが、スタミナは劣るので、骨っぽい相手や距離が延びると苦戦し、降級や再び短距離戦など元の距離に戻って好走する傾向がある。もまれ弱いため、外枠での好走が多く、前走内枠でもまれて惨敗した馬が、外枠に入った時は穴の狙い目。また休み明けや叩き2戦目の好走が多く、仕上がり安い血統でもあり、使い詰めのローテーションは下降線を描く。
 No.〔4〕の牝系は、2歳時にも好走可能だが、3歳春から力をつけてクラシックでも好走することの多い牝系。成長能力に優れ、スタミナも豊富。2歳時はもともとの素質で走る感じだが、3歳春シーズンになると実が入り始める。分枝記号rは、あらゆる条件を平均的にこなすタイプ。様々な経験が活きやすいタイプでもある。

▲ソダシ・・・クロフネ×キングカメハメハ=ヴァイスリージェント×キングマンボ 〔2-w〕
 前走フェブラリーS3着(=東京D1600m:0.5秒差)。東京芝コースは(1-0-0-1)、芝1600m戦は(3-0-0-0)。21年桜花賞1着と牝馬クラシック好走歴がある馬。
 クロフネ産駒はヴァイスリージェント系で、鮮度と勢いが好走に非常に重要なポイントとなる。芝もダートも走れる兼用型だが、同系のフレンチデピュティと比べるとややパワー型で、持久力も豊富。勢いがある時には連勝も多く、上昇馬はクラスの壁を突き抜けて短期間にまとめて稼ぐ特性を持つ。“ダートから芝に転じて急上昇”や“詰めの甘かったマイラーが地力先行勝負で本格化”という成長パターンを示す。充実期は連勝が多く、積極的に狙える。重不良の成績も抜群で、“雨のダートのクロフネ”には要注意。母父キングカメハメハはキングマンボ系で、格の高いレースで究極のスピード競馬(=レコード決着)になるほど凄味をきかす血統。厳しい展開ほど持ち前の底力が活き、2歳から走れる完成度の高さと成長力がある。本格化前は詰め甘な点があることには注意が必要だが、ダービーの時期からは実が入り、成長力も豊富。また馬場悪化時にも好走が多く、これはキングマンボ系特有の道悪の上手さに起因するものと考える。
 No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。古馬での成長力も豊富。直線の長いコースでの末脚勝負に強い。分枝記号wは、典型的なローカル巧者が多いが、中央なら固く時計の速い馬場での好走が多い。

△アンドヴァラナウト・・・キングカメハメハ×ディープインパクト=キングマンボ×ディープインパクト 〔8-f〕
 前走阪神牝馬S2着(=阪神芝1600m:0.1秒差)。東京芝コースは初で、芝1600m戦は(1-3-0-0)。21年秋華賞3着の牝馬クラシック好走歴がある馬。
 キングカメハメハ産駒はキングマンボ系で、格の高いレースで究極のスピード競馬(=レコード決着)になるほど凄味をきかす血統。厳しい展開ほど持ち前の底力が活き、2歳から走れる完成度の高さと成長力がある。本格化前は詰め甘な点があることには注意が必要だが、ダービーの時期からは実が入り、成長力も豊富。また馬場悪化時にも好走が多く、これはキングマンボ系特有の道悪の上手さに起因するものと考える。母父ディープインパクトはディープインパクト系で、広いコースで加速をつけながら全開になる末脚が武器で、スローで脚を溜めてキレキレの瞬発力を繰り出す。一瞬でトップスピードに乗れるタイプと点火に時間がかかるタイプがいて、前者は馬体重が軽い馬、後者は馬体重の重い馬が多い。それから母系がスピード型だと一瞬の反応が速く、母系がスタミナ型だとトップスピードに乗るまで時間を要する。また道中が速いペースだと脚をなし崩しに使わされて末脚が鈍るので、距離短縮の速い流れの時には過信禁物。逆に距離延長で緩い流れとなるときには狙い目。スローでしか好走歴のない馬の距離短縮時は、疑って掛かる方が良い。ゆったりローテーションに強く、間隔が詰まるのも良くない。
 No.〔8〕の牝系は、2歳~3歳春シーズンも好走は可能だが人気の時には詰めが甘い特性があり、本領発揮は3歳秋以降で古馬で真価を発揮するタイプが多い。叩き良化型で、高速時計にも強い。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面、叩いて一変が少ないタイプ。前走好走だと調子は維持と考えて好走が期待できる。また不器用だが、決め手鋭く瞬発力勝負に強い特性がある。
05/15 11:08

■■■■■■■■■■■■■■■

≪JRA馬主・佐々木主浩本人≫
【日本ダービー2022最終結論】

▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

▼日本ダービー2022最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/




軍神マルス

予想歴24年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3705
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
まじん
05/07 15:50

マイネルクリソーラやった

ラインマスター
04/28 15:38

2強は8枠か。面白い枠順だな。

ラインマスター
04/17 17:17

キムテツ皐月賞ワンツーおめ。パワハラ問題もあったが、キムテツのやり方は正しかった

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>夏影


02/18 10:43

クライスト教授>>

>>編集長おくりばんと


02/14 12:03

南川 麒伊知郎>>

>>南川 麒伊知郎


01/22 18:05



9
オークス
◎スターズオンアース
○アートハウス
馬単18-2番
12,750円 的中

はやと
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社