サンアディユに続いて、アストンマーチャンも急死 "競馬という娯楽、唯一の欠点"


アストンマーチャンが死亡したとのこと。



こういった有力馬の死亡や故障が相次いでいますね。

サンアディユが謎の死を遂げたのもつい先月のことです。
これで昨年のスプリンターズSの1、2着の牝馬がいずれも死んでしまったことになります。
アドマイヤキッスが死んだのもつい先日です。
キャプテントゥーレは故障で今年絶望。ダイワスカーレットも脚部不安でしばらく戦線離脱。


いずれも非常に高いスピード能力を持った馬たち。



レース中の事故で死亡したサイレンススズカもそうでしたが、
極限にも近いスピード能力を持った馬というのは、それだけ生死スレスレのところまで力を出し切ってしまっているということなのでしょうか。


いずれにしても、競馬という娯楽の唯一の欠点は、こういうことだと思います。
ファンを楽しませてくれる馬たちが余りにも脆い存在であるという。何度となく、こういった胸の痛くなる思いをさせられてしまうという。



そう考えてみると、
今週末、競馬場でまた私たちを楽しませてくれる馬たちの、その走っている姿というのも当たり前のものではないはずで。
彼らが見せてくれる生死ぎりぎりのところのスピードを、もっと有り難味をもって見ることができるのでは。
そう思いました。

競馬ナンデトップへ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: サンアディユに続いて、アストンマーチャンも急死 "競馬という娯楽、唯一の欠点"

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://keibanande.net/blog/mt-tb.cgi/9

コメントする

 

編集長プロフィール

おくりばんと:大学院卒業後、競馬文化の発展を目指し「競馬ナンデ 予想・回顧アーカイブス」を制作。一般予想家に<WEB論壇>を提供し、競馬知識の集合知化することにより、「知的推理ゲーム」としての競馬文化向上を図る。

2011年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
競馬本専門書店 ナンデ堂 馬場編 展開編 騎手編 総合編 血統編 調教編 パドック編

リンク