オークス、それは日本一過酷な競走 ノースサンデーの斜行を思う


オークスと聞くと決まって、ある年の、あるシーンを思い出す。
エアグルーヴが勝った年、最後の直線でノースサンデーという馬が、右に左に蛇行するシーン。




馬がこれほど苦しがってもがき、それでも頑張るというシーンを、ぼくは初めて見た。




日本競馬で最も過酷な競走といわれるのが、オークス。



3歳春の牝馬に、GⅠ競走で55キロを背負わせて、東京2400を走らせるというのは、
どうみても過酷な条件。


トウカイローマン・ノアノハコブネ・メジロラモーヌ・エイシンサニー

オークスを勝った馬がいずれも子だしが悪いのは、
「オークスという過酷なレースで力を出し過ぎると、繁殖能力に影響が出るからだ」
などという説がまことしやかに囁かれるほど。


本当に2分半の間に、生命力・繁殖能力まで削って走ることが可能なのか・・
そこまで一途で純粋で従順な生き物が存在するのか、にわかには信じがたい。
本当にそうなのであれば、そんなことをさせている我々としては胸の痛くなるような話である。



そんなオークスだが、現代競馬ではちょっと様相が異なってきたかもしれない。


というのは、2400走るのだが、みんなが距離を意識してスローペースで流れるから、
結局残り800mくらいの瞬発力勝負になることが多いからだ。


それならわざわざ2400でやらなくてもいいのでは。


1800mくらいににしたら?
といった疑問も差し挟みたくなる。



いずれにしても矛盾を抱えた競走であることは間違いない。

現行のオークスが、他のレース体系から突出して外れていて、厳しいレースであることも確かである。


そして矛盾と戦わなければならない3歳牝馬は大変だ・・。

しかもこの道悪馬場・・


これから行われる競走が、そんな凄まじいレースなのだと心して見たいと思います。


競馬ナンデトップへ


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: オークス、それは日本一過酷な競走 ノースサンデーの斜行を思う

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://keibanande.net/blog/mt-tb.cgi/27

コメントする

 

編集長プロフィール

おくりばんと:大学院卒業後、競馬文化の発展を目指し「競馬ナンデ 予想・回顧アーカイブス」を制作。一般予想家に<WEB論壇>を提供し、競馬知識の集合知化することにより、「知的推理ゲーム」としての競馬文化向上を図る。

2011年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
競馬本専門書店 ナンデ堂 馬場編 展開編 騎手編 総合編 血統編 調教編 パドック編

リンク