10/19 10/20 10/21
10/12 10/13 10/14 10/15
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【菊花賞2019】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想函館記念2019予想一覧あみーの予想

函館11R 函館記念 2019年7月14日(日)
芝2000 3歳上GIII 曇良 平均レースレベル1.5

87654321枠番
16151413121110987654321馬番







































































































馬名



牡6 牡4 牡6 牡6 牡8 牡7牡4 牡5 牡6 セ6牡4 セ6牡5 牡7 牡5 牡5性齢
58 52 56 54 57.5 5557.5 55 57 5454 5656 55 55 56斤量
























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
××

BC爺

クライスト

アキ「穴目から。」自信度C 0
◎ゴールドギア
○ドレッドノータス
▲アーバンキッド
△カルヴァリオ


◎ゴールドギアは結果最軽量というとこで上に取ったとこ。乗り替わりはマイナスという訳でもないのと、小回りコースは元々去年このコースでレッドローゼスと互角の内容。NZT3歳Sもスローバランスとはいえ悪くない。オリエンタル賞の様に高速馬場でタイムトライアルになると脆いけど、それ以外は一応安定しているし、ここはどの馬も一長一短なだけに脚を出し切れば通用していいかな。
○ドレッドノータスは巴賞組では距離延長は大丈夫だし、上位陣に比べてやや詰まりつつの競馬で脚を出し切れているわけではないので逆転の要素は一番あるかなと。…
雨龍泥舟自信度C 4
ハンデは重い方から、
58.0 エアスピネ
57.5 スズカデヴィアス
57.5 ステイフーリッシュ
の順
エアスピネルは実績から妥当なハンデだが、長期休み明け、夏の目標は次のG2と考えれば人気ほどの評価はできない。4番目か5番目の評価としたい。
スズカデヴィアスは前走59Kgでの勝利は見事だった。1.5Kgの減量、状態も良いようだし、馬券の対象にはなりそう。
ステイフーリッシュは実績から仕方がないのかもしれないが、4歳でもあり0.5Kg盛られたという気がしないでもない。これは買いたい弱気かもしれないが。

ダービー4着馬(エアスピネル、マイスタイル)に2Kgのハンデ差がつ…
スコット「レッドローゼスとドレッドノータスって何か似てる」自信度C 0


数字だけ見ると、追走力も瞬発力も上位のエアスピネルから行きたいところですが、不安要素満載。

そこで、レッドローゼスから入ります。2番人気で、追走力50オーバーで瞬発力は60オーバー。

相手はアーバンキッド、ナイトオブナイツ、ドレッドノータス。
マイスタイルやエアスピネルは押さえ、3連系のヒモ扱いでいきます。

馬名 追偏差値 追順位 瞬偏差値 瞬順位
マイネルサージュ 65.4 1 54.0 6
エアスピネル 61.1 2 62.1 3
マイスタイル 58.3 3 47.9 8
アーバンキッド 55.6 4 44.0 9
アメリカズカップ 55.0 5 39.5 15
ブラックバゴ 54.8 6 41.7 13
ナイトオブナイツ 54.7 7 69.3 1
マイネルファンロ…
ムトト自信度C 0
◎スズカデヴィアス
函館に強いキンカメ産駒。前走巴賞は59を背負って上がり最速の差し切り勝ち。出来過ぎの感はあるが不振脱出。ここはマイスタイルをはじめ、そこそこ前が揃ったし、前走と同じ競馬をすればまたあっても。

◯ゴールドギア
函館に相性良く。キンカメ系で洋芝巧者なら、多少相手が格上でも。

▲ドレッドノータス
あとは、ハービンジャー産駒で。
前走でオープンにめど。こちらも洋芝が向いている。
あとは前走巴賞2着のナイトオブナイツ。…
ドリームパ自信度C 0
◎スズカデヴィアス
勝浦君です。
年齢的にどうかなと思うけどハンデは重ためですね。能力は高いはず。細江さんが函館入りしているのも後押しになりますね。

◯レッドローゼス
蛯名さんです。
相変わらず顔が怖いです。
めっきり騎乗数が減っていますが決めるところは決めますね。
とりおやこ自信度C 1
函館記念は巴賞組が多いし、
巴賞の結果が直結しないことでもおなじみなので、
つい、巴賞からの妙味を狙いたくなるものですが、
意外と素直に攻めた方がいいのかも知れないです。

というのも、巴賞組は、負けた馬の巻き返しが多いものの、
負けた馬というのがあまりにも多いので、絞りにくい。

反面、別路線の重賞組は、それほど意外な馬が来ることはなく、
ほぼ、前走の成績のとおりに走ることが多いです。

記憶としては、どうしても穴で好走した馬が頭に残りがちで、
函館記念というのはそういうレースだと思ってしまうけど、
実は、ここしばらくの勝ち馬はずっと重賞上位組。

素直にステイフーリッシ…
ぷみを自信度C 0
荒れるハンデ重賞
荒れ前提で挑むことにします。

ドレッドノータス
 今回矢作厩舎の親子丼を狙う1頭。
鞍上菱田は299勝で足踏み状態。ここで300勝達成を目論む。

ステイフーリッシュ
 親子丼のもう1頭。
こちらの鞍上中谷はジョッキー歴22年目のベテラン域だが重賞は取ったことがない。ここが試金石。
はやと自信度C 0
◎ドレッドノータス

洋芝は合う。
巴賞では外からナイトオブナイツ、スズカデヴィアスに行かれたことで仕掛けが遅れたし、外に持ち出せず脚を出し切れなかった。もしスムーズならと思わせる内容だったし、脚を溜める競馬が出来たことも収穫。

タイム 1:59.6 4F 47.9 3F 35.9
単勝4番500円(1人気)
複勝4番200円(2人気)6番440円(10人気)10番230円(3人気)

あみー<14期 東幕下九枚目>
「Robertoと米国・ダート色の風味付け」
ポポカテペトル10着/5人気
○ステイフーリッシュ▲メートルダール  
×エアスピネル×マイスタイル
1085
0拍手

函館記念はコース形状などから額面の上がりが掛かる前掛かりの一貫ラップになりやすく、底力・持続力上位馬の期待値が高くなりやすいレース。
 重賞~古馬OP実績で劣る馬(≒底力の裏付けが弱い馬)の期待値は軽ハンデでも低いこと、近年は内枠有利の傾向が強まっていること(馬場の耐久性向上、高速化などが影響)、雨の影響がほぼ無さそうなこと(良馬場前提の予想に変更)...などに注意。(土曜現在の予想)

 ◎ ポポカテペトル
 ○↑ ステイフーリッシュ
 ▲↑ メートルダール

 消↓ ブラックバゴ


買い目はなるべくシンプルに。
馬連:◎○▲


 ◎○▲の3頭はいずれも母系にRoberto持ち。ポポカテペトルはおじ:クロフネ、メートルダールは父:ゼンノロブロイ...と、ダート色のアクセントあり。(ステイフーリッシュは母母母父が米国G1馬)


函館競馬場 : 開催5/6週目(=A8+B4日)、A→Bコース変更・使用1/2週目。金夜雨?土夜雨?日少雨?

 (少し前・内有利~)内外フラットで、時計レベルは土曜:少し早い??(前週比:ほぼ変わらず?) 好走している血統は(土曜12Rまで、計7レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×13、Mr. Prospector系×5、Northern Dancer系×2、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1で、推測される芝質は「標準的な芝(前週比:少し軽くなる)」

 5週目 土曜現在の函館芝をまとめると、「(少し前・内有利~)内外フラットの標準的な芝(前週比:少し軽くなる)で、時計レベルは土曜:少し早い??(前週比:ほぼ変わらず?)」

 明日にかけての天気は、土曜夜に一時雨で日曜の昼間は曇り。これまでの雨予報はどこへやら、雲こそ多いも雨の影響はほとんどなさそうです。時計レベルは先週と同程度ですが、SS系の好走割合が増しているあたり、末脚の重要度が増しているかもしれません。



メートルダール
※ 重い芝・洋芝でこそ!...と、思える血統。天気予報が変わり、良馬場での開催が見込めそうなので評価を上げます。好走している距離・ペースが中距離(~中長距離寄り)に変化していて、以前より持続力が増し、キレが目立たなくなっている可能性あり。加齢や平均馬体重の増加による影響?



#函館記念 函館芝2000mは福島の中距離と好走馬が重なることも。しかし、函館はスパイラルカーブでないため、福島より小回りのコーナリングをしながら末脚を伸ばす必要があります。米国型やダート向きの血のアクセントが効くそうで、欧州型に偏ると不利になりそう= #レッドローゼス




---------- 以下、道悪想定だった予想 ----------

予想タイトル:「道悪・外伸びに期待して」


函館記念はコース形状などから額面の上がりが掛かる前掛かりの一貫ラップになりやすく、底力・持続力上位馬の期待値が高くなりやすいレース。
 重賞~古馬OP実績で劣る馬(≒底力の裏付けが弱い馬)の期待値は軽ハンデでも低いこと、近年は内枠有利の傾向が強まっていること(馬場の耐久性向上、高速化などが影響)、金~日に雨の予報が出ていること(道悪馬場を前提に予想)...などに注意。(枠順確定前・木曜現在の予想)

 ◎ ポポカテペトル
 ○ ブラックバゴ
 ▲ ステイフーリッシュ

買い目はなるべくシンプルに。
馬連:◎○▲



○ ブラックバゴ(55.0kg)
短評:(函館記念2019 予想)
 底力・持続力に偏った中距離馬?
 ここで狙いたい理由は、力の要る芝2000mへの適性の高さ。
 父バゴ(欧州型Nasrullah系)×母父ステイゴールド×母母父ホリスキー(菊花賞馬。その父マルゼンスキー)という血統通り、パワー・底力(=ハイペース耐性)や持続力に偏った能力を持っています。しかし、気性・折り合いが難しく、追い込み馬ゆえの前後・内外の不利も受けやすく、7歳という年齢からトップスピードの質も低下している心配がある...と、狙い難いにも程があります。ただ、今年は金~日の雨や人気上位馬に先行馬がいるというメンバーから、函館記念2018より馬場・展開ともブラックバゴに向く可能性があります(※ 下記参照)。昨年と違って休み明けでないことも気性面からプラスに見たい要素で、道悪馬場なら積極的にマークしたいです。
適性チェック:(晩成?マイナス修正に注意。 最終更新:19'鳴尾記念 56.0kg)
 ツナギは長さ普通(脚はやや長い)、やや太い、やや立ち(蹄はやや寝る)。直飛節。 重めの芝の中距離向き、血統は中距離向き(??)+気性難で、重めの芝の2000m◎?(2200m▲+?? 1800m▲~△??) 荒れ馬場・道悪○? 先行力:G+(甘め)?? 底力(=ハイペース耐性):E(甘め)? キレ:F(甘め)? 持続力:E(甘め)? 総合力:E(甘め)?相当 急坂:▲+??(パワー≧やや頭高い走り+前脚の捌きから)


※ 函館記念2018と比較する、馬場と展開に関する要素

馬場 = 金~日の雨で道悪馬場になる可能性が高い ≒ トップスピードの重要度が下がる&ペースの前傾度が高まる要素
 昨年は高速馬場(+例年より非常に緩いペース)

展開 = 人気・実績上位の先行馬が昨年より多い ≒ 後続の仕掛けが早くなる要素
 昨年は1~4人気の3角通過順が10番手以下。
極端な中弛みラップ=例年より非常に緩いペースとなり、4→3番手で進めた5人気エアアンセムが優勝



ステイフーリッシュ
※ 良馬場の洋芝なら人気に見合う走りを期待できそうですが、函館競馬場は金~日曜に雨の予報。道悪で滑りやすい足回り+道悪馬場は未経験なので、評価を少し厳しくします。


メートルダール
※ 重い芝・洋芝でこそ!...と、思える血統ですが、足回りは良馬場向き+稍重馬場で5戦して連対なし(重以下は未経験)。



スズカデヴィアス(57.5kg)
短評:(巴賞2019 回顧)
 斤量差不利、前後かなり有利、展開-馬場と適性(能力-馬場)がやや一致? 前傾ラップを後方から進めたことで、位置取りの利を得つつ、持続力優位の末脚を発揮できたと思われます。函館記念ではマクリでの好走歴の乏しさ≒高いレベルでの「底力(=ハイペース耐性)+持続力」不足が響きそうで、期待値は低そう。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:19'巴賞 59.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い(胴は長さ普通)、やや細い、角度普通?曲飛節気味? 血統は中距離向き(??)で、軽めの芝の2000m◎↑??(重い芝▲-? 2200m▲+↓↓??) 荒れ馬場・道悪▲-? 先行力:G+?(差しに変化) 底力(=ハイペース耐性):E-↓? キレ:F? 持続力:E(甘め↓)? 総合力でE(甘め↓)?相当 平坦○?急坂▲-?(首使い不安定)



ナイトオブナイツ(56.0kg)
短評:(巴賞2018 回顧)
 内外やや有利、展開と能力適性がやや一致?? ハービンジャー産駒としては珍しくキレ(=トップスピードと急加速力)と持続力のバランスが良い&ややキレ優位の馬で、今回の展開は能力を発揮しやすいものだったと思われます。タフな条件での好走例は少なく、マクリ・持続力(≒距離延長への適性)優位の末脚を要求される条件ではパフォーマンスの低下に注意したいです。例えば、函館記念あたりでは苦戦しやすそう。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'巴賞 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴は少し短い)、太さ普通、角度普通(蹄はやや寝る?)。標準飛節? 標準的な芝のマイル~中距離以下向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1800m◎??(マイル○-?? 2000m▲+??) 荒れ馬場▲??道悪▲-?? 先行力:G+? 底力(=ハイペース耐性):F? キレ:E-(甘め)? 持続力:F?? 総合力でE-(甘め)??相当 斤量注(やや小柄↑+ややキレ優位) 急坂▲??(小柄+フットワークから) おば:シャイニンルビー




---------- 以下、プレ予想 ----------

プレ予想タイトル:
「高速化しても人気馬の期待値が低い重賞」


函館記念はコース形状などから額面の上がりが掛かる前掛かりの一貫ラップになりやすく、底力・持続力上位馬の期待値が高くなりやすいレース。
 函館記念の傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。


ステイフーリッシュ、エアスピネル、レッドローゼス、マイスタイル、メートルダール、ポポカテペトルまで追加(7/7 21:44)



結果から考える狙い方「函館記念」
[期待値:E~E-?]=展開のブレに注意も、妙味大きい。
※ 6人気以内の馬が上位3頭のうち2頭以上を占めず(2011年~)
内枠同士の枠連(=内枠非常に有利+混雑リスクを意識)や、
適性上位馬のワイド・馬連(=的中率の低さと妙味の大きさを意識)など、買い目に注意すること。

 ○:底力・持続力上位馬
    → 先行力:F~F-↑? 底力(=ハイペース耐性):D-~E↑? キレ:F~F-↑? 持続力:D-~E↑?
   (≒ 重賞~古馬OP実績上位馬。
     → 条件馬などは軽ハンデでも非常に苦戦しやすい。
    期待値は「持続力≧先行力 > キレ」
     → 好位から長くいい脚を使える馬がもっとも有利
    先行力:G+?以下 かつ マクリに耐えられる能力がない場合、期待値ダウン
     → 前後・内外の不利や混雑のリスクが大きくなりやすい)

特注:枠順の影響=内枠非常に有利・外枠非常に不利
   (近年はA→Bコース替わりなど良好な馬場で開催されやすく、影響が非常に大きい。
     → 2011~2016年+2018年の連対馬のうち6~8枠は0頭/14頭。5枠もダークシャドウの2着のみ。
    馬場が悪い場合は、底力の要求度が大幅にアップ&前後ともバテて前有利?
    馬場の耐久性向上・高速化とコース形状などが原因と推測。2011年~)
 注:斤量差の影響=小さい~やや小さい
   (底力の基準を枠順の影響も含めてクリアした馬のみ、影響を考慮)
 注:向正面が上り坂の競馬場での重賞実績上位馬
   (福島、新潟・京都外回り、展開次第では東京も該当。馬場適性の検証は別途に必要)
少注:小回りへの適性


 コース形状(テンが下り坂、2角中間付近~3・4角中間まで上り坂、全10場でもっとも短い直線)などから額面の上がりが掛かる前掛かりの一貫ラップになりやすく、底力・持続力上位馬の期待値が高くなりやすいレース。
 重賞~古馬OP実績で劣る馬(≒底力の裏付けが弱い馬)の期待値は軽ハンデでも低いこと、近年は内枠有利の傾向が強まっていること(馬場の耐久性向上、高速化などが影響)...などに注意。

珍しい決着:
18'函館記念 勝ち馬:エアアンセム
 極端な中弛みラップ=このレースとしては非常に緩いペースで、前・内に付けた馬やキレ優位の末脚を持った馬が好走。

17'函館記念 勝ち馬:ルミナスウォリアー
 外枠・二桁馬番の馬で1~3着独占。これは2000年以来のことで、1~2着でも2001年以来。レース当日の大雨で時計の掛かる馬場・決着になったこと(+内枠に適性・能力上位馬がいなかったこと)が影響?



ステイフーリッシュ(想定ハンデ56.5kg)
短評:(函館記念2019 予想)
 やや持続力優位の末脚のバランスに優れる千八巧者~中距離馬??
 ここでの不安は、ありません。
 近走では先行力に少し成長が見られ、以前より前の位置から末脚を発揮できるようになっています。加えて、やや持続力優位の末脚(=他場ではキレ(=トップスピードと急加速力)が不足しがちな末脚)は函館芝2000mにピッタリで、ペースに合わせた位置取りから終いまでしぶとく伸びてくれるのでは。持続力を生かす騎乗に優れる中谷 雄太騎手とのコンビも楽しみで、中谷 雄太騎手の重賞初制覇が叶っても。人気でも上位に評価したいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:19'鳴尾記念 56.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、太さ普通、角度普通(蹄は寝る)。直飛節気味。 標準的な芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝の2000m前後◎?? 荒れ馬場・道悪▲+??(血統からプラス修正) 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):E?? キレ:F(甘め)?? 持続力:E?? 総合力:D-~E??相当 斤量注(小柄) おじ:ブラックホーク、おば:ピンクカメオ



エアスピネル(想定ハンデ58.0kg)
短評:(函館記念2019 予想)
 全体的なスピードを中心とした総合力に優れるマイラー~千八巧者?
 ここでの大きな不安は、持続力不足。
 マイル重賞で安定した成績を残している通り全体的なスピードに優れますが、持続力の重要度が高い条件ではパフォーマンスを落としていて、函館芝2000m(=向正面が上り坂+全10場で最短の直線などから持続力の重要度が高い)はこの弱点が出やすいと思われます。2歳G1から活躍しただけに加齢による衰えも不安で、厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:18'マイルCS 57.0kg)
 ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、やや太い?角度普通?標準飛節? 重めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝のマイル~1800m◎?(2000m▲?) 荒れ馬場○-?道悪▲+?(レース内容からプラス修正) 先行力:E-? 底力(=ハイペース耐性):D-? キレ:E-? 持続力:F? 総合力:D-?相当 おじ:エアシェイディほか



レッドローゼス(想定ハンデ54.0kg)
短評:(函館記念2019 予想)
 持続力・底力に優れる中距離馬??
 ここでの不安は、位置取りの不利+底力(=ハイペース耐性)不足。
 血統=父ステイゴールド×母父Galileo×母母父Nashwan通りのスタミナ指向の末脚に優れますが、先行力の裏付けが非常に弱く、前後・内外の位置取りが不利になる可能性が高いと思われます。その不利な位置取りからマクれば底力(=ハイペース耐性)不足が響きそうで、人気なら期待値が低くなっているのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(誤差の大きさに注意。 最終更新:19'福島民報杯 54.0kg)
 ツナギは長さ普通、太い、やや寝る。直飛節気味? 重めの芝の中距離向き、血統は中距離向き(??)で、重めの芝の1900m◎前後??(軽い芝▲+??) 荒れ馬場・道悪○??(道悪適性にレース振り+血統でプラス修正) 先行力:G+?? 底力(=ハイペース耐性):E-?? キレ:F? 持続力:E-? 総合力でE-?相当



マイスタイル(想定ハンデ56.0kg/やや小柄×逃げ馬)
短評:(函館記念2019 予想)
 ワンペース気味の全体的なスピードに優れる中距離馬??
 ここでの不安は、芝2000mでの末脚不足、距離の長さ。
 母:ファーストナイナーが芝1200mで2勝を挙げた短距離馬だったように、父:ハーツクライのスタミナが加わっても高いパフォーマンスを示しているのは芝1800m~マイル。芝2000mでは末脚の重要度が低い「馬場状態や展開」などでしか好走していません。函館芝2000mでの2連勝が函館記念の基準ではいずれもスローペースで強調できないこと、近走のマイル重賞での好走が距離不安を強めていること...と、函館記念では厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(最終更新:19'巴賞 58.0kg)
(ツナギチェックなし) 血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の1800m◎??(マイル▲+↑?? 2000m▲↓??) 荒れ馬場・道悪○??(レース振りからプラス修正) 先行力:D-(甘め)~E? 底力(=ハイペース耐性):D-~E? キレ:F(甘め)? 持続力:E-(甘め)~F↓? 総合力でD-(甘め)~E?相当 平坦○?急坂▲?(首使い不安定) 斤量注(やや小柄×逃げ馬)



メートルダール(想定ハンデ57.0kg/ややキレ優位)
短評:(函館記念2019 予想)
 ややキレ優位の末脚に優れる中距離馬?
 ここでの不安は、高いレベルでの持続力不足。
 重賞での好走は芝1800m寄りのキレ・急加速力を問われる条件が多く、芝2000m以上で持続力の重要度が高まるとパフォーマンスを落としています(アメリカジョッキークラブカップ2019は例年より緩急がかなり大きい展開=キレが生きる展開)。洋芝が得意そうな足回り+血統ですが、函館芝2000m(=持続力の重要度が高くなりやすい)では持続力不足によるパフォーマンスの低下に注意したいです。控えめな評価から。
適性チェック:(最終更新:19'新潟大賞典 57.0kg)
 ツナギはやや長い、太さ普通(蹄は大きい)、やや寝る(蹄は寝る)。標準飛節? 重めの芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の2000m◎↑??(1800m○↓?? マイル▲↓??) 荒れ馬場○?道悪△?? 先行力:F-~G+? 底力(=ハイペース耐性):E-? キレ:E? 持続力:E-? 総合力でE~E(甘め)?相当
 斤量少注(ややキレ優位)



ポポカテペトル(想定ハンデ54.0kg)
短評:(函館記念2019 予想)
 パワー・底力・持続力に優れる(~偏った)中距離~中長距離馬??
 ここで狙いたい理由は、函館芝2000mベストに思える適性。
 菊花賞2017(=酷い道悪馬場)で3着、全兄:マウントロブソン(=スプリングステークス2016優勝)、おじ:クロフネなど母系の影響が強いパワータイプ。ディープインパクト産駒らしい軽いスピードやキレ(=トップスピードと急加速力)はなく、目黒記念2019(=ほぼ一貫ラップ・この条件としては非常に早いペース×父SS系ばかり好走する高速馬場の軽い芝)を2・3番手から&長期休養明けで好走するのは困難でした。それが今回はパワー・底力(=ハイペース耐性)・持続力を同時に生かせる函館芝2000m替わり。前走のハイペースの先行経験から追走の不安が距離短縮でも軽減されそうで、中団から押し上げて終いまでしぶとく伸びる競馬が叶うのでは。伏兵人気なら積極的に狙いたいです。
適性チェック:(誤差の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:19'目黒記念 55.0kg)
 ツナギは長い、やや太い、角度普通。直飛節気味。 重めの芝の中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の2200m◎?? 荒れ馬場○?道悪▲?? 先行力:F-? 底力(=ハイペース耐性):E-? キレ:F-? 持続力:E-? 総合力:E-?相当 全兄:マウントロブソン、おじ:クロフネ
07/13 22:02


――――――――――――――
先月は3戦3勝で1万円が約10万円に!
―――――――――――――
マル乗りOK!誰でもカンタンにできる!

『確かな情報があれば勝てる!』
ダービージョッキー大西直宏もオススメ
――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■

【菊花賞当日】コロガシ対象レース×2鞍を無料公開

■■■■■■■■■■■■■■

さらに!菊花賞を含むGI限定コンテンツを
≪毎週無料で完全提供!≫

★★★★★★★★★★★★★★

菊花賞当日『リアル馬券コロガシ』無料公開!






あみー

予想歴11年
回収率106%
あみー競馬予想 http://rankeiba.jp/amy/ ラップタイム分析を中心とした複合適性予想 総拍手獲得数:494
過去のベスト予想
 天皇賞(春)2014

◎フェノーメノ○ウインバリアシオン
24拍手

5,670


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
朝霧博人
10/14 17:59

菊花賞は難しいが、買いたい馬は人気馬ばかりどうしようか

朝霧博人
10/14 01:08

今から天皇賞秋の予想を始めます。 時間をかけてラップ予想をしたいところ。

編集長おくりばんと
10/11 15:24

【!】台風に伴い土日の東京競馬は不開催です。サイト上にはレースが表示されるかもしれませんが、投稿はお控えください。代替競馬にデータが引き継がれない可能性があります。...

クライスト教授
10/10 01:13

カレンブーケドールの消し材料は…2000mと言う微妙な距離と遠征競馬と鞍上の拙さ。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

だるま>>

>>だるま


10/14 16:43

クライスト教授>>

>>だるま


10/14 15:55

クライスト教授>>

>>クライスト教授


10/12 13:37

ぐつん>>

>>クライスト教授


10/11 18:29

ムトト>>

>>ムトト


10/06 22:25



13
府中牝馬S
◎スカーレットカラー
○フロンテアクイーン
馬単8-6番
11,550円 的中

だるま
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社