12/16 12/17 12/24
12/9 12/10

>>新規登録ページへ

競馬ナンデのご利用イメージ

競馬ナンデに”書く方”へ

競馬をある程度知ってくると、さらに、もっと深く知りたくなってくる。
それほど競馬は奥深く、心を惹きつけて止まないものです。

自分なりの競馬の予想スタイルを確立してくると、

「さらに多くの知識が得たい」「他の理論・考え方による刺激が欲しい」

といった気持ちが沸いてきます。
自分の理論を整理し、さらに高めていきたくなるものではないでしょうか。

少なくとも私はそうでした。

そこで私は多くの猛者たちが集う、巨大掲示板に自分の予想を投稿してみることにしました。
書きまくりました。こういう考え方に間違いはないか、自分は正しいだろうか、問うてみるつもりでした。
しかし、まず最初に言われるのは・・・
「長文うざい」

いわゆる掲示板というところは、長文うざいのです。
掲示板というのはみんなで作り上げていくものであり、流れがあり、
縦にずるずるっとなんとなく読み流すものであり、
一人の人間がその場を自由に使って意見表明するような場ではないからなのだと思います。


では次に、
自分で自分の好きなように予想を書きまくってやろうと、
ブログを作りました。
ここなら誰にも文句は言われまい。書きまくりました。
誰にも「長文うざい」などとは言われないので筆が進みます。
しかし、途中でふと立ち止まってしまいました。
「これ、誰が読んでくれているのだろうか?」

それはそうです。
一般の競馬ファンが急に人知れずブログを始めでみても、誰にも知られることはありません。
それを多くの競馬ファンに知らせるというのは大変なことです。

(これは競馬ナンデを始めてから理解したことでもありますが、)
日本に恐らく数兆とあるWEBサイトの中で、自分のサイトに目を向けさせるということは、
並大抵の努力ではできません。
努力とお金と時間と様々な助けを得なければできることではないのです。

誰からも反応が無ければ、書いていても虚しさが募ってしまいます。
私は結局ブログも続かなくなってしまいました。


じゃあしょうがない!
掲示板でもブログでもない、新たなメディアを作ろう。作るしかない。
そこで作ったのが、「予想コミュニティー」競馬ナンデです。

競馬ナンデは、その根拠を大切にするというコンセプトですので、長文大歓迎です。

書けば書くほど喜ばれます。

拍手されます。
そして、多くの方のご協力のおかげさまで、
今では月間200万PVに達しました。
数千人の競馬ファンたちが予想を見ており、コメントや拍手が寄せられ、
そこから多くの気付きを得ることもできます。
さらには個人的にメールを送り合ったり、チャットで意見交換することまでできます。


これからますます多くの方にご利用していただき、もっと機能も充実させ、
より多くを学び合える場にしていきたいと思っています。

掲示板で「長文うざい」と言われてしまった全ての競馬予想家の皆様!
よければ競馬ナンデに集っていただけませんか?
誰もうざいと言いませんので、思う存分ここに書いてください!
もしも趣旨にご賛同いただけたら、より良い予想コミュニティーへの発展のために、お力を貸していただければ幸いです。

競馬ナンデを”読む方”へ

競馬新聞を読んでいると、ときおり、

「ん?なんでこんな馬に◎打ってるんだ?」



ということがありませんか?
近走2桁着順続き、調教内容も冴えない感じ、もう8歳馬、そんな馬になぜ?
ということがたまにあります。

そんなとき「ナンデ?」と理由を知りたくなるのは人間にとってごく自然な衝動だと思います。
そこで我々はその理由を探します。競馬新聞を隅から隅まで見渡してその根拠を探します。

しかし、残念ながら競馬新聞には、「根拠」は載っていません。
ちょっと言いすぎました。
90%くらいの確率で載っていません。
予想印(=結論)に対して、その根拠を書いているのは、10個印があったらそのうちの1個、
本紙記者の書いたものくらいでしょう。
しかも、その根拠も50字程度が精一杯です。
メインレースは数百字の見解が載ることがありますが、
残りのレースの印にはほとんど根拠は書かれていないといってよいでしょう。

よって、私たちは競馬新聞を読むとき、
非常に高い確率で、もやもやを抱えます。
「なんかよくわからないけど、この馬怖い存在らしいなあ。どうしたよいものか・・・。理由を教えてくれればいいのに・・・。」





競馬ナンデの趣旨はシンプルです。
「そういったもやもやを解消する。」
のです。



競馬ナンデ上の全ての印は、クリックすることができ、
その飛び先には、

その根拠がしっかりと

書いてあります。
時にはいやになるくらい、数千字に渡って書いてあることもあるでしょう。
そこには、書き手の熱い思考が込められています。

しかし、私はそれが自然だと思うのです。
それこそが読み手の求めるものであり、
それこそが書き手の責任であり、
メディアとしての誠実さであり、
そして、本来の競馬の楽しみ方でもあると思うのです。


競馬ナンデは他とはちょっと違うサイトですが、
そういう意味では、普通のこと、自然なことをやって、
競馬予想を、より一層面白いものにしていきたいと思っています。
競馬新聞には紙幅の制限があるのに対し、
WEBには無限の容量があるため、
その自然なことを、自然に実現できたのです。


「なんでだろう?
 なるほど。
 そういう考え方もあるのか。」
読み手は納得した上で、自分の予想の参考にすることができる。
やっていることはシンプルですが、
それによって、競馬予想のより奥深いところを、楽しんでいただきたく思っています。

(1)競馬ナンデは、ユーザーの皆様の投稿により、予想・回顧のアーカイブ(書庫)が形成されていく、参加型・集合知型競馬サイトです。

(2)競馬ナンデは、「地方競馬のあり方に係る研究会」中間報告書の精神に則り、「知的推理ゲーム」としての競馬の面白さを追求し、競馬文化の発展に寄与すべく努めます。

(3)考える賭け事=「ベッティング」であり、「知的推理ゲーム」である競馬の面白さは、「印」と競走結果との一致不一致だけでなく、その「印」に至るまでの過程=「予想の根拠」にあると考えます。

(4)しがらみがなく、それぞれに専門性を高めている「一般予想家」による予想には優れたものが多いと考えます。

(5)多くの「根拠つきの予想」の流通により、競馬の新たな楽しみ方を提供していきます。

>>新規登録ページへ

競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
クライスト教授
12/11 23:28

ダノンキングダム4着…馬に凡走する要素はなかったので人事の不手際確定。正直、勘弁して欲しかったです。

   つぶやきだけ全て見る

メアド
パ ス
 

ナンデPOG2018セリ開始  

コメント

雀>>

>>雀


12/10 21:29
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社