7/21 7/22
7/14 7/15
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【七夕賞2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想NHKマイルC2010予想一覧のび犬の予想

ワイド 3-13番:400円的中

東京11R NHKマイルC 2010年5月9日(日)
芝1600 3歳GI 晴良 平均レースレベル4.0

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番



















































































































馬名



牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牝3 牡3牡3 牡3牡3性齢
57 57 57 57 5757 57 57 57 57 57 57 57 55 5757 5757斤量






























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順着順

BC爺

軍神マルス

KUROS

雨龍泥舟

成田無頼庵

××編集長おく自信度C 6
出走馬が決まってみれば、がんがん行く馬が何頭かいなくなったせいか、どうにもそんなに速いペースにならない可能性もでてきた感じがします。どういった展開になるか正直全然予想がつきません。
そこで、ハーフウェイというか、どっちつかずな結論にしました。速いペースでも遅いペースでも勝てる可能性がある、対応できる馬。

リルダヴァル
皐月賞は、最内枠からずっと窮屈なところを回り、綺麗な跳びのこの馬には可哀想な競馬でしたのであまり気にしません。それよりは、最初からそこそこ速い流れで、あそこまで粘れたこと、57キロを経験できたことを評価したいところです。
ここのところは掛かり気味になるところ…
××KUROS「岩田はテン乗りに限る」自信度C 1
 皐月賞の大敗がやや不可解だが、マイルに戻れば同じ敗戦を繰り返すと思えないエイシンアポロンに◎。注目は特に騎手面で、岩田Jへの乗り替りが大変魅力的。データを集計した訳ではないが、皐月賞のヴィクトワールピサを筆頭にGⅠでの代打騎乗には強いというかイメージは非常に良い。先入観を持って乗らないほうが結果を出せる騎手なのかもしれないが、舞台も馬にとってベストのマイル戦。騎手と馬の歯車がピタリとかみ合うようなら勝算も。

 ニュージーランドTは終始サンライズプリンスの強さばかりが目立ったレース。となれば、評価の対象は道中で外枠から自ら仕掛け、走破タイムを1分32秒台も持ち込んだ勝ち馬だけ…
もんまっち「速い流れも経験済みのプリンス」自信度C 3
<速い流れも経験済みのプリンス>人気2頭ではNZTで今回と同様の流れを経験したサンライズプリンスに分があり。NZTと皐月賞組を上位評価。穴を開けそうなのは先行馬。1枠2頭がコースロスなく進めれば。
××たけぼぉ自信度A 2
◎⑬ダノンシャンティ
・中段あたりに付けられれば、長い直線で末脚を活かせるだろう
△④サンライズプリンス
・外枠からハイペースを追走して速い上がりで勝利した前走は評価できるが、年明け五戦目の点は気がかり
△③リルダヴァル
・皐月賞でもまずまずの競馬で、世代の中で能力の高さを示したがローテーションは厳しい
△⑪エイシンアポロン
・前走は位置取りより距離が原因かもしれないが、走法から東京向きでは無いかも
△①ダイワバーバリアン
・いつも何かに負けるが、展開次第で上位に食い込めそう
△②コスモセンサー
・前走は速いラップの逃げで潰れて、今回は好枠を引けたが前が速くなりそうなメンバー構成でどう…
×影虎「東京11R NHKマイルC」自信度C 2
馬連④-⑬が3倍台…。

オッズが示す通りこの2頭が抜けている気がします。

しかし昨年は1分32秒台の決着となり、その時計でれば人気馬も実績的にまるで保証はありません。

過去5年程度の結果を見ても、うち3年は雨が降り馬場状態が悪化したうえでの結果。今年は天候も良く、昨年と同様に1分32秒台の決着になるのではないかと思います。となると、能力、実績から想像すると必ずしも上位2頭のオッズが適正なものでは無いはず。主観的期待値の匙加減で評価します。

天候が良く非常に速い馬場状態ということで昨年の結果のみ特化して参考にすると昨年はマイルを1分32秒台で走ったような実績の馬は1頭も居ませんでした。…
××スナフキン「なぜか(N)波乱の(H)結末に(K)?そりゃ~マイルわ(苦)」自信度B 7
エイシンアポロンは前走オーバーワークという追い切りの判断から今回は手控えられた坂路追い。すでにクラシック路線に突入している状態で陣営の仕上げ具合が手の内に入っていない。

【アポロンの追い切りから3つ言えることがある】

1.皐月の敗因をデキ下降と見ている陣営が正しいなら、落ちた状態から上げてくる期間が短すぎる。

2.皐月がデキではなく距離だったなら、仕上げ切った状態から上積みはない。

3.弥生賞はラチ沿いの有利さでの距離克服であり、安易に距離大丈夫と踏んだ陣営の皐月からのマイルへの路線変更はやはり距離であり馬の見極めができてない。

こんな状況でテン乗りの岩田君にどう…
マッサ「本物の予感。」自信度C 2
◎サンライズプリンス
前走の走りで感じた本物感を信じてみたい。
初マイルだった前走は全く問題無く、道中の走りや直線の抜け出しなどは一流馬に感じる衝撃を感じた。
スプリングSの敗因はペースの割に位置取りが悪すぎた事に尽きると思う。
東京は初コースだが、まだまだ底を見せていないこの馬に本命評価。

○ダノンシャンティ
この馬は今回が初マイルだが、サンライズプリンスと違って共同通信杯で東京コースを経験している。
負けはしたが鋭い末脚を使って伸びてきた様に、脚質的にも東京コースは適性ありそうで、ある程度ペースが流れてくれれば間違いなく勝ち負け。
戦ってきた相手も強いし、サンライズプリ…
××軍神マルス「NHKマイルC ステップの傾向と血統適性重視で。」自信度A 3
★傾向分析★
2004年 タイム 1'32"5 (良) 1FAve=11.56 3FAve=34.69
テン33.9-中盤23.9(3F換算35.85)-上がり34.7 『前傾・中弛み』
1着キングカメハメハ・・・Kingmambo×Last Tycoon=ミスプロ×ノーザンダンサー 〔22-d〕 9-9
2着コスモサンビーム・・・ザグレブ×Rainbow Quest=ヌレイエフ×レッドゴッド 〔1-n〕 9-9
3着メイショウボーラー・・・タイキシャトル×Storm Cat=ヘイロー×ストームバード 〔10〕 3-3

2005年 タイム 1'33"6 (良) 1FAve=11.70 3FAve=35.10
テン35.5-中盤23.9(3F換算35.85)-上がり34.2 『加速・中弛み』
1着ラインクラフト・・・エンドスウィープ×サンデーサイレンス=ミスプ…

タイム 1:31.4 4F 46.6 3F 35.1
単勝13番260円(1人気)
複勝13番140円(2人気)1番340円(5人気)3番210円(3人気)

のび犬<10期 東十両八枚目>
NHKマイルC2010予想
リルダヴァル3着/3人気
○ダノンシャンティ▲ニシノメイゲツ  
    
2122
7拍手

ワイド 3-13番

400円的中

〈過去の傾向〉
 レースの流れはテン3F34秒台前半の平均~持久力勝負になることが多い。そのため差し、追い込み馬が活躍する傾向がある。

 距離実績が重要。連対するには「1600以上で惜敗〈ダートでも可)」か「1600以上の重賞で好走」した実績が必要で、「前走マイル未満のレースに出走していた馬(距離延長になる馬)」は連対していない。※惜敗、好走はタイム差で判断している

 この条件でザックリと絞ってみるとコスモセンサー、リルダヴァル、サンライズプリンス、サウンドバリアー、ニシノメイゲツ、エイシンアポロン、ダノンシャンティ、ガルボが残る。この中からさらに絞っていく。

〈血統傾向〉
 良馬場ならヘイロー系、重馬場ならノーザンダンサー系

〈展開〉
 控えられないエーシンダックマンが行く。テン3Fは34秒台前半になるだろう。過去10年を見てもテン3F34秒台前半で平均~持久力勝負になることが多い。問題は2番手以降がダックマンを追いかけるのかどうか。コスモセンサーは控える競馬もできるし、逃げ、先行馬が4頭しかいないことを考えれば、ダックマンが大きく逃げて、後方はゆったり流れる可能性も否定できない。逆に去年と同じような結果になることを恐れて、積極的に追いかける馬も出てくるかも知れない。展開による脚質の有利不利は予想が難しい。
 とりあえず、ダックマンはやや持久力勝負の流れを作りそう。
〈馬場〉
 先週土曜日は差し、追い込みが決まる馬場だったが、日曜になると逃げた馬が次々と粘って馬券に絡む前残り内伸び馬場に。時計は出やすい高速馬場。
金曜の雨はほとんど影響が無く、先週の日曜日高速前残り内伸び馬場。
 コースの傾向としては、最後の直線が長いので、長く良い脚が必要。逃げ切りは難しく、中距離もこなせるスタミナがあることが望ましい。枠の有利不利は特にない。近5年中4年は上り最速の馬が勝利しているように、斬れる脚を持っている馬が狙い目。

〈データで残った馬の考察)
・コスモセンサー
 アーリントンCは展開に恵まれた。しかし、後続に早めに来られてそれを振り払ったのだから勝負根性はある。
 かえでSでは高速決着に対応しており、展開次第で一発も。

・リルダヴァル
 骨折後は大崩れはしていないが、インパクトに欠ける競馬が続いた。野路菊Sで見せた斬れが戻っていれば。
 前走は-10㎏で勝負に来ていた。調教後の馬体重は500㎏と戻ってはいたが、ここで大きな上積みはなさそう。
 一方で、皐月賞で先行して踏ん張ったゲシュタルトが京都新聞杯を制覇。同じような競馬をしたこの馬の能力もなかなか高そうだ。

・サンライズプリンス
 NZTではスタート直後に少し遅れるも、早めにポジションを上げて2番手へ。11秒台が続く厳しいラップで無理に先行したように見えたが、楽勝した。非常に強い内容で時計も優秀だが、中山だから出来る芸当とも言える。東京で同じような競馬をしたら差されそうな気もする。
 NZTはトライアルレースにも関わらず、過去10年でNZT勝ち馬が本番でも勝利した例は無い。2着も1回。NZTで負けた馬が巻き返すパターンの方が多く、やはり求められる適性が本番とは違うレースなのだろう。

・サウンドバリアー
桜花賞では見せ場無く敗戦。斬れる脚があるわけではなく、展開待ちのタイプ。この馬よりも前で、より速い上りを使える馬はたくさんいそうだ。

・ニシノメイゲツ
 中山でデビュー2連勝した馬。中山→東京で上積みがあるとは思えない……が、「中山マイルでOPを勝って、重賞で今ひとつ、本番で好走」というのはトーヨーデヘアのパターン。大穴ならこの馬か。

・エイシンアポロン
 前走はビシバシ調教して-6㎏での出走。ここで状態が上向きになることは無さそう。
 レースぶりは残り200まではなかなか良い手応えだったが、パッタリ止まって11着。距離短縮はプラス。東京では京王杯2歳Sで勝利した実績がある。
 ノーザンダンサー系、稍重で馬券に絡む皐月賞組、重馬場実績充分。馬場が渋っていれば本命にしたかったが……

・ダノンシャンティ
 出走したレースは全て瞬発力勝負。厳しいペースを経験していないのが不安要素。
 だが、厩舎の先輩キングカメハメハは厳しいペースでの好走経験が無いままNHKマイルCでレコードの圧勝。ジャンティと同じくマイル未経験だったブラックシェルもテン36秒台以上のレースしか経験していなかったが2着。
 マイルの流れへの対応を不安視するよりも、33秒台を連発する斬れ味を評価した方が良さそうだ。

・ガルボ
 前走は休み明けで+14㎏。皐月賞よりもNHKマイルCに標準を合わせている気がする。

〈結論〉
 展開なんですが、後続がある程度エーシンダックマンを追いかけるのではないかと考えました。去年、ジョーカプチーノに出し抜けを喰らっていますから、楽に逃がしてはもらえないと思います。そうなれば、差し、追い込み馬が台頭する可能性が高いかと。 

 迷いましたが、リルダヴァルを本命にしました。内伸び前残り馬場を考えると、内枠を引き、皐月賞で内を突いた経験を活かせそうなこの馬が有利だと思います。
 インパクトに欠ける競馬を続けていますが、同じアグネスタキオン産駒のロジックもインパクトに欠ける競馬を続けながら本番で内を突いて見事に勝利していますので、目をつむります。
 もちろん叩き3走目で野路菊Sで見せたような強烈な末脚をとりもどす可能性もあります。
 野路菊Sで負かしたコスモファントムと、皐月賞で先着したゲシュタルトが京都新聞杯でワンツーしたのも、この馬の能力の裏付けになっていると思います。

 ただ、皐月賞はメイチの仕上げだったと思うので、大きな上積みは期待しづらいんですよね。下手するとパフォーマンスを下げる可能性もあります。ローテも厳しいですし。状態面で不安要素が多い馬なので、当日のパドックを見て判断したい……のですが、仕事なので無理(泣)

 対抗のダノンシャンティは「マイルの流れに対応出来るのか」がポイントだと思いますが、上に記したように、このレースに関してはマイルの厳しい流れの経験というのはあまり必要ないようです。
 外を回すと厳しいと思いますが、上手く馬場の良いところを通ることができれば、33秒台の極上の斬れ味で突っ込んでくるはずです。

 三番手には大穴、ニシノメイゲツを。中山マイルでOPを勝っている馬は軽視できません。重賞では今のところ見せ場が無いですが、大崩れもしていませんし、NZTは巻き返しが多いステップレースですから、激走する可能性はなくはないと思います。
 無欲の追い込みに期待したいですね……って、そんな私は欲丸出しでこの馬を狙ってるわけですけどね。

 サンライズプリンスはNZTのパフォーマンスが凄すぎます。逆に東京への適性を疑いたくなってしまうくらいに。
 強い馬なのは間違いないので楽勝されても驚きませんが、伸びきれず4着というイメージも浮かばなくはないので、思い切って消しました。

 馬券はリルダヴァルの単と馬連ボックス。◎○は厚めに買います。
05/09 02:21

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【中京記念最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼中京記念最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




のび犬

予想歴7年
回収率67%
TARGETを使用したデータ分析。 総拍手獲得数:915
過去のベスト予想
 朝日杯FS2012

◎コディーノ○ゴットフリート
35拍手

4,530

新着回顧NHKマイルC2010回顧一覧のび犬の回顧
のび犬TM競馬歴7年 回収率67%
NHKマイルC2010回顧
次走狙い馬:サンライズプリンス   
     
5
6拍手

〈レース回顧〉
 揃ったスタートから大外エーシンダックマンがハナへ。テン3F33.4で飛ばし速い流れを作ったが、サンライズプリンスコスモセンサーキングレオポルドは離されずに追走。その後ろは少し切れて、縦長の展開。残り300でサンライズプリンスが抜け出し残り100まで粘ったが、ダイワバーバリアンに交わされ、その外からダノンシャンティが突き抜けた。
 タイムは1:31.4の日本レコード。高速馬場だったことを考慮しても非常に優秀なタイムで、ハイレベルなレースだった。
 
 ダノンシャンティは大外を回したが、馬群が縦長だったおかげで大きな距離のロスは無かった。持久力勝負になっても末脚は鈍ることなく、メンバー唯一の33秒台の末脚を繰り出しての完勝。ダービーではこのレースの反動で体調を崩していないか、調教と馬体重に注意が必要。

 ダイワバーバリアンは最内枠を活かしてロスの無い競馬。データで乱暴に切ったのは失敗だった。NZTちょい負けの馬は来年も注目。

 リルダヴァルもロスの無い競馬。しかし、近走同様インパクトに欠ける内容だった。
 
 先行勢が二桁着順に沈む中、最後まで抵抗したサンライズプリンスは負けて強し。今後は巻き返しがあると思うが、ダービーの舞台が向いているかどうかはしっかり分析してから判断したい。

 ニシノメイゲツはダイワ、リルダと同じ位置で競馬をしていたが、見せ場なく惨敗。ここでは力が足りなかった。

〈感想〉
 凄まじいタイムが出ましたね。かなりの高速馬場だったので32秒台はあるだろうと考えていましたが、まさか日本レコードを更新してしまうとは……
 
 それを完勝したダノンシャンティは一気にダービーの有力候補に。このレースがあまりにもハイレベルだったために「マイラーなのでは?」「反動があるのでは?」と不安もありますが、この馬の斬れ味はダービーの舞台で大きな武器になりそうです。

 サンライズプリンスに対する見解は正しかったかと思います。見事に差されて4着。サンライズプリンスの着順を当てる馬券があれば的中でしたが……

 重賞好走の定義を0.2差としていたために、NZTで0.3差の2着だったダイワバーバリアンは早々に消してしまっていました。高速内伸び馬場を予想しておきながら、最内のヘイロー系を無視してしまうとは不覚でした。NZTで0.3差に負けたマンハッタンカフェ産駒の好走は去年のジョーカプチーノと同じパターンだったのに……来年からは1600以上の重賞で0.3差以内の馬は残し、マンハッタンカフェ産駒は中山マイル→東京マイルでパフォーマンスを上げることを覚えておこうと思います。

 本命のリルダヴァルは中団からロス無くコーナーを回って、直線では割とスムーズに外に出しましたが3着まで。骨折休養後は安定して好走していますが、2歳時のような爆発力はなく、なんだか小さくまとまってしまったような印象を受けました。っていうか、インパクトに欠けると思った馬を単勝を買ってしまってはいけませんよね(汗)

 ニシノメイゲツは……なんで買ってしまったんだろう。ちょっと無理に穴を狙いすぎましたね。予想に書いたようにデータ的には買えなくも無い馬だったのですが、データに頼りすぎて馬の能力や適性を見極めようという努力を怠ってはいけないですね。反省。

〈次走狙い馬〉
 次走狙い馬はサンライズプリンスです。理由は厳しい流れを早め先頭で粘ったから、という単純なものです。
 ただ、ダービーで買うかどうかは決めかねています。控える競馬をするらしいのですが、溜めれば斬れるタイプなのか、持久力勝負で持ち味が活きるタイプなのか、そもそも東京コースは向くのか、しっかり分析したいと思っています。

05/12 16:54 回顧アクセス:2122

コメント2件

2010年05月09日10時23分
>サンライズプリンスはNZTのパフォーマンスが凄すぎます。逆に東京への適性を疑いたくなってしまうくらいに。

同感ですな
私もあれだけ強いと単なる小回り巧者とかひねくれて解釈する天邪鬼でござまいます
それにNZTって中山開催に移動してからここの勝ち馬は一回も勝ってませんから
本命にはしづらいですね

のび犬 2010年05月09日23時41分
サンライズプリンスに関する見解は正しかったようです。
しかし、2着にNZT2着のダイワバーバリアン……NZTでちょっと負けた馬が巻き返すのはどういう理由なんでしょうね。コースの違いによって着順が入れ替わるのはわかりますが、まNZTから巻き返した馬達に共通点が見つからない……


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
編集長おくりばんと
07/17 16:42

まあまあのが獲れました

雨龍泥舟
07/17 10:14

うらやましい


07/16 01:59

凄いの取れた(゜ロ゜;

編集長おくりばんと
07/12 12:06

ぷみをさんありがとうございます!更新しました また何かありましたら言ってください

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>クライスト教授


07/13 13:09

雨龍泥舟>>

>>クライスト教授


07/12 08:12

クライスト教授>>

>>クライスト教授


07/12 00:43

雨龍泥舟>>

>>クライスト教授


07/11 07:43

アキ>>

>>クライスト教授


07/09 03:17

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社