6/2 6/3
5/26 5/27
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【安田記念】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想スプリンターズS2010予想一覧一気呵成の予想

中山11R スプリンターズS 2010年10月3日(日)
芝外1200 3歳上GI 晴良 平均レースレベル3.2

87654321枠番
16151413121110987654321馬番






















































































































馬名



牝7 セ6牡7 牡6 セ6 牡7 牡7 牡6 牝4セ8 セ7 牡6 牡8牡4 牡3 牡7性齢
55 5757 57 57 57 57 57 5557 57 57 5757 55 57斤量



























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順着順
×

BC爺

軍神マルス

はまちん

pipop

牛島キング

タキオン

編集長おく自信度C 5
ここまでのレースを考慮して、今の馬場としては、内であることとスピードがあることが求められるような感じを受ける。
とするとダッシャーゴーゴー。
サンダルフォン、ファイングレインも速い時計のときの差しが得意だ。前がやり合えば・・

--------------------------------------------------
どうやら馬場はもつ模様。
となると昨日のように、非常に軽い速い馬場で、前に行くことがアドバンテージになりそう。
しかしこのレースは前に行く馬があまりに多くて、、難しい。。かといって後方一気が決まるとも思い難い。

中途半端に、先団の直後あたりからレースをする馬で、かつ、速い時計に対応できるスピード能…
もんまっち「ビービーついにGIだ!」自信度C 5
秋GIが開幕。6歳以上が大半を占め、路線停滞を象徴するかのような混戦ムード。

昨年のこのレースで1cm差2着のビービーガルダンは、春の高松宮記念でも2着。59キロの函館SS2着後のキーンランドCは1番枠から勝負処でスムーズさを欠き、4着に。決して力負けではなく、流れ一つで上位に来られるレベルだった。内枠を引き、先行勢を見る形の競馬が可能。今週はチーフベアハート産駒が中山芝で活躍しているのも後押しとなる。

せん痛取消明けのキンシャサノキセキは外枠がカギ。

◎ビービーガルダン
〇キンシャサノキセキ
▲ワンカラット
△ローレルゲレイロ
△サンカルロ
△グリーンバーディー
△ダッシャーゴーゴー…
××たけぼぉ自信度B 3
◎⑥グリーンバーディー
・最内で斤量を背負った前走は直線でこじ開けながら力だけで二着まで突っ込む。能力は高そうだが、後手を踏んだ際のリスクはある。
○⑤ビービーガルダン
・前走は内枠が響いて切れる脚が無いだけに厳しかった。短距離重賞では勝ち切れないが安定した力を発揮している。
▲⑮ジェイケイセラヴィ
・余裕のあるローテーションで、まだ上積みも見込めそう。ただし道悪になるとこの枠がどうか。
△⑭キンシャサノキセキ
・疝痛の取り消しによりぶっつけになったが、それ程問題は無さそう。
△⑧ワンカラット
・サマースプリントを制して短距離では底を見せていない魅力はあるが、前走までの馬まかせの競馬…
チョット「重馬場の場合のスプリンターズステークス展望」自信度B 7

スプリンターS結論

雨の時間が遅くなったため、良馬場の超高速決着となると予測します。
馬場の状態は速く、レコードが出てもなんら不思議ではありません。

馬券的には高速馬場ということで、内枠先行重視で考えたいと思います。

やはり、本命には高速馬場にも適正がありそうなグリーンバーディを推します。
前走のパフォーマンスはバツグンで、ここでも強いと思います。

対抗には、前走セントラルS勝ちのダッシャーゴーゴー。
父サクラバクシンオーは、スプリンターSは不向きですが、
今年の野芝の高速馬場なら、乗り切れる可能性に期待します。
また、調教が超抜で仕上げは万全。


◎グリーンバー…
タキオン「日本の総大将」自信度A 22
スプリントなら世界最強レベルの香港馬2頭が参戦。
しかしながら、最強王者セイグリッドキングダムが来たわけでない。
グリーンバーディーは、6・5・4走前にセイグリッドと一緒に走り、4・4・6着。
ウルトラファンタジーは、5・4走前で2・4着。
どちらも、セイグリッドを揺るがすほどの結果とはいえないもの。
大将の来ない香港勢に、ホームで負けるわけにはいかない。

迎え撃つ日本の総大将は、春のスプリント王キンシャサノキセキ。調教からも、調子落ちの様子は無く、前走も取り消しとはいえ、追い切りまで消化しており、休み明け2戦目として、予定通りの調整過程。59kg背負って厳しいレースをしなか…
××BC爺「荒れるだろう、JK(常識的に考えて)」自信度B 4
×グリーンバーディーは前走の位置が後ろ過ぎ。
無難に叩いたのがテイクオーバーターゲットと被るから人気なんでしょうが、
前哨戦で先行していたあの馬とは全然違います。

×キンシャサノキセキは休み明け。
現状はフジキセキ産駒らしい渋い差し馬なので、
叩いた方が良いですし、このレース向きの破壊力に欠けます。

×ビービーガルダンは今年に入って外枠好走、内枠凡走が続き、
ピーク過ぎて精神的な我慢強さが無くなってきているように見えます。
外枠ならともかく、今回も内枠では巻き返し疑問。

×ローレルゲレイロはさすがに前走が前に行けなさ過ぎ。
たとえ今回前に行けたとしても、あのテンションで頑…
ANA「日本の意地。」自信度D 14
色々ありますので、このタイミングで香港勢には負けたくないですし、
迷いましたが・・・日本の意地、大将キンシャサの奇跡を信じます。

相手はダッシャーゴーゴーとビービーガルダン。
(名前がなんとなく似てますね^^)

グリーンバーディーが1番人気の理由はまあ分かりますが、
それに勝ったダッシャーゴーゴーの評価が低すぎるような。。

そもそもセントウルS組はさほどハイレベルでもなかったような印象はありますが、斤量と勢いとオッズでダッシャーゴーゴーを狙います。


ちなみにウルトラファンタジーはグリーンバーディーに過去3戦3勝ですね・・・


後は、できれば早めに雨が降って欲しいで…

タイム 1:07.4 4F 45.0 3F 34.1
単勝7番2930円(10人気)
複勝7番900円(10人気)14番240円(3人気)3番450円(6人気)

一気呵成<10期 東十両五枚目>
「今年の夏」
ワンカラット5着/2人気
○グリーンバーディー▲プレミアムボックス  
×ダッシャーゴーゴー  
2583
6拍手

ワンカラット
夏のスプリントを制し、今の出来なら軸です。落鉄しても函館を制していることから力は断然です。
レース運びも先行して上がりタイムもメンバー中1、2番です。牝馬が絡むレースなので狙ってみます。

グリーンバーディ
前走からの末脚は、やはりスプリントでは香港馬は強いことを立証しています。問題は、前走でも捌くことに苦労したので、16頭立てでどうかな? 香港では経験が無いだけに、末脚届かずも有ると思います。

プレミアボックス
昨年の阪神カップでの2着は価値があります。当時の絶好調馬のキンシャサノキセキの2着であり、今回のような1200mの厳しいレースは1400mの実績が反映すると思います。
久しぶりなのが心配ですが・・・。

キンシャサノキセキ
実績通りですが、前走の取り消しが気になりますので押さえです。

ウルトラファンタジ
グリーンバーディーに先着していることから、相当強いと思います。

買い目 三連複で⑧⇒⑤⑥⑦⑨⑪⑭
10/03 14:56

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【安田記念最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼安田記念最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




一気呵成

予想歴1年
回収率%
人気と過去走のデータ 総拍手獲得数:822
過去のベスト予想
 阪急杯2011

◎サンカルロ○ガルボ
28拍手

3,300

新着回顧スプリンターズS2010回顧一覧一気呵成の回顧
一気呵成TM競馬歴1年 回収率%
やはりつよかった
次走狙い馬:サンカルロ 次走狙い馬:ワンカラット
次走危険馬:ビービーガルダン   
4
3拍手

思ったよりスローで、ウルトラファンタジにまんまと逃げられてしまった。ウルトラファンタジは人気薄だけに、日本騎手はグリーンバーディーを警戒してのレース運び、やはり馬の力を引き出す騎手が展開の読み違いではないでしょうか?。

挑戦的なダッシャーゴーゴーサンカルロは思い切ったレースで上位に来ているのは立派です(降着は残念ですが)。

本命のワンカラットは、切れ味が悪かったと思われるレースでしたが、本来は先行しての直線勝負のレースが持ち味です、もう少し前目で運べば直線向いて抜け出していたのではと悔いが残りました。休養して次走期待したいと思います。

10/03 18:05 回顧アクセス:2583


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき

05/28 05:33

ステルヴィオの消し材料は…

まじん
05/20 15:06

興奮したわ

競馬ナンデ編集部
05/11 00:10

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

クライスト教授
05/10 00:43

私感ですが、人気の単騎でも大野の逃げはほとんど見た記憶がなく、正直巧いとは思えません。残り目はあっても勝ち負けは疑問です。...

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>編集長おくりばんと


05/27 22:14

ネオニア>>

>>ネオニア


05/27 19:35

編集長おくりばんと>>

>>ネオニア


05/27 18:18

ムトト>>

>>ネオニア


05/27 17:34

ま。ゼミ塾長>>

>>ネオニア


05/27 17:23

@目黒記念 これはお見事!

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社